コラボ小説 INDグレワールド 【1】

April 15 [Sun], 2007, 14:44
教団の任務でイノセンスを回収した帰り、それを狙ってきたアクマ達に襲撃された。

レベル2のアクマが4体、レベル1のアクマが10体以上。

困難を極めた。

アレン、神田、ラビはイノセンスを守りながら戦う。

アレンの後ろには1人の少女と1人の青年。

ここに来る途中、倒れているところを発見し近くの村まで馬車で運んでいくところだった。

だが、アクマの攻撃により馬車は破壊されここで倒れている。


「・・・ん・・。」

少女がゆっくりと体を起こす。





「うわっ!!」

それと同時に、アレンが近くの木に叩き付けられレベル1のアクマが少女に向かう。

「危ない!!」

叫ぶアレン。

銃を向けるアクマ。






次の瞬間、爆風がアレンを襲った。


風がやみ、ゆっくり目を開けると影が2つ。

少女が神田と同じ日本刀を持って、立ちつくしている。

青年は少女のすぐ後ろの立っていた。

その周りにはアクマの残骸。



「あまり無理はしないでくださいって言ったでしょ・・。」

溜息をつく青年も手に剣を持っている。

だか切ってはいない様だ。

「条件反射だ。」

さっき寝ていた少女のはずなのに髪が伸びていた。








数十分後。
アクマを全て破壊した3人は少女と青年を連れ、近くの村にあるカフェへと移動した。

いつの間にか少女の髪も先程と同じ肩より少し長いくらいの髪に戻っていた。


服装からしてここら辺の住人ではない。

特に少女の方は神田の祖国にある浴衣と所々違うところはあるが和服だ。


間を見てアレンが口を開く。

「あなた方、何者ですか?」















歯車が・・・・・・・廻る・・・・・。
  • URL:http://yaplog.jp/alicon/archive/68
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:冬夜 羅雪
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1991年10月8日
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:小中高生
  • アイコン画像 趣味:
    ・読書-もちろんアニメ、漫画関係以外読みません。
読者になる
*職業(?)*
蟻枢神破新の総編集長兼販売係という名の自己中心的な(多分)ツッコミ担当というか大声暴走担当。
ツッコむときは相手がどうなろうとかまいません。(というか、相手の生死は関わりません。)(←鬼だ!!)

*特技*
隠蔽工作《?!》どんなもんだろうと隠しとうす自信はあるゼ。
2007年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
アイコン画像汁ーんwwwwww
» main (2009年06月14日)
アイコン画像こあぁぱおっふwww
» main (2009年05月12日)
アイコン画像へ?
» main (2009年05月06日)
アイコン画像こけし
» main (2008年10月18日)
アイコン画像じゃぶ
» main (2008年10月04日)
アイコン画像よしと
» main (2008年09月30日)
アイコン画像酢だこ
» main (2008年09月26日)
アイコン画像隙間男
» main (2008年09月25日)
アイコン画像50t
» main (2008年09月23日)
アイコン画像嬉々
» main (2007年08月23日)
Yapme!一覧
読者になる