想唄 

2005年08月04日(木) 1時34分
また、何もしないで一日が終わった。考えるのはどうしようもない事ばかり。好きです。好きです。好きです。届いても受け止めてもらえないこの想いが、私の心を支配する。懐かしい過去は儚いものに変わり、私はそれを追い求める。過去に依存し、未来を歩むことを怖がり、現在(いま)を逃げ続ける。気付くと何もなくなり、私は一人ぼっち。現在(いま)に立ち向かおうとする度、腕の傷が私を過去へと引き戻す。疲れたよ、もういいよ。何度思ったことでしょう。その都度、貴方を苦しめる。分かっているのに、苦しめる。逃げることしか出来ないから。何故?って、それは貴方の所為だから。貴方が傍に居てくれないから。ほら、また押し付ける。もういいよ、わかってるから。もういいよ。ほら、また逃げる。自分の事が可愛いくて、自分が傷付くのが怖いから。自己防衛?それは違うよ。弱虫なだけ。卑怯なだけだよ。貴方を傷付けて、私は痛みから逃げ続ける。そんなの、駄目だよ。立ち向かわなきゃ。自分が傷付いても、立ち向かわなきゃいけないの。そしたら、貴方は振り向いてくれるの?私の傍に居てくれるの?怖い。怖い。怖い。一緒に居てよ。傍にずっと。でも、それも駄目になっちゃった。拒絶されてしまったから。それでも、立ち向かわなきゃ駄目?私はそんなに強くない。私はそんなに強くなれないよ。私はやっぱり弱虫で、いつも貴方を苦しめる。ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。私はこれでいいの。私はこれでいいのです。ただ、一つ願いが叶うのなら、祈りが届くのなら、幸せに。どうか、幸せになってください。心の霧は晴れないけれど、目を閉じれば、眠りに付けば、いつもと違う朝が来て、私は現在(いま)を生きられるかな。少しは変われる事が出来るのかな。私が現在(いま)すべき事が見つかるのかな。それなら、現在(いま)は何も考えないで、目を瞑ろう。おやすみなさい。心を静めて、深呼吸。おやすみなさい。

初。 

2005年05月16日(月) 4時48分



朝の散歩。

心地よい風と、小鳥の囀り、なんてこと無い、朝の情景。
今日は線路際を歩いていこう。
どこまでも続いている線路の端を。ずっと、ずっと遠くまで。
2005年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:alicestrada
読者になる
Yapme!一覧
読者になる