FXのレバレッジ

July 09 [Fri], 2010, 19:30
FXのレバレッジとは、取引金額に対する証拠金の割合と一般的に定義されていますが、簡単に言うと「倍率」のことです。

レバレッジは、証拠金の金額に応じて、各FXの取引会社ごとに設定されています。

例を挙げて説明しますと、証拠金が1万円のとき、レバレッジは、100倍と設定されている場合、取引することができる金額は、1万円×100倍の 100万円になります。この倍率がレバレッジです。

このレバレッジの一般的な活用方法は、ある証拠金の金額でそのレバレッジの倍率まで取引を行うことができるというものです。

上記の例のように1万円の少額の自己資金(証拠金)で100万円という金額の取引が可能になるのです。

一般的に、他の金融商品であれば、10万円の取引を行うためには、10万円の証拠金が必要となりますが、FXはそうではありません。

FXの取引では、証拠金に金額に応じてレバレッジが、あらかじめ決められているケースがほとんどです。証拠金が少額であればあるほど、レバレッジの倍率は低いという傾向が各FXの取引会社の傾向としてあります。

もちろん、レバレッジは、FX取引会社によっても多少の相違がありますので、一つの検討材料にしてください。
知ろう
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:aliceblue284
読者になる
2010年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる