February 06 [Sun], 2011, 21:11
今日、新車が来た。
免許取りたてで新車を買うのは、なかなか無謀だとは思うが、
なんかピカピカしていていい感じ。

…怖くて運転できないかも。
でも練習しないと。。

なんと

February 06 [Sun], 2011, 21:03
気がついたら、1年以上ほったらかし…

京都に行ってきた 4 (最終回)

May 01 [Fri], 2009, 22:42
もう少々お付き合いを。

次の日は宇治方面へ。
ここは叔父夫婦が住んでいる地であり、何度か行ったことがあった。
今回の目的は……『藤』

<宇治平等院>
ちょうど藤が満開の時期だったので、是非行かねばと思い行った。
前は冬とかだったので、花が咲いている平等院は華やかで活き活きしているようだった。

10円玉〜。 つつじもキレイ。


藤棚。 写真を撮っているおじさんおばさんがいっぱい。



<宇治上神社>
日本最古の木造神社。
ここで叔母の健康回復を祈願。

結構大きい。正面からだと入りきらず。


美人さんな狐


結婚式の準備が


これより時間が来てしまったので、出張先へ。
でも京都を十分堪能したのであった。

京都に行ってきた 3

May 01 [Fri], 2009, 22:21
再び嵐山方面へ

<渡月橋>
名前がいい。
天気があまり良くなかったのが少し残念。
桜の季節に来たらもっと素敵かもしれない。

小雨の渡月橋。寒かった…


<天竜寺>
渡月橋から少し歩いたところにある。
世界遺産。
庭が広く、さまざまな植物があったのでそこが楽しかった。
今はつつじが満開で色鮮やか。

たまに晴れる。新緑が綺麗。


<広隆寺>
国宝第一号があるお寺。
残念ながら国宝第一号の弥勒菩薩像は写真NGだった。
生で見る像は思ったよりも大きいような印象だった。
今回たまたまやっていた特別拝観の桂宮院を見た。
対照的なデザインで美しかった。

桂宮院。 竹林とのコントラストが面白かった。


<蚕の社>
朝鮮から織物技術を伝えた有力豪族「秦氏」が建てた?神社。
全然人がいなく、地元の神社といった感じ。
でもとても歴史のある場所らしい、荘厳な雰囲気はあった。
めずらしい三角の鳥居もあった。

柱が3本で上から見ると三角


この旅行で愛用の靴を履きつぶしてしまい、新しい靴を買った。
とほほ。



京都に行ってきた 2

May 01 [Fri], 2009, 0:40
<龍安寺>

同じ嵐山ながらバスと電車を乗りついでなんとかたどり着く。
着いたのは3時ごろだったが、お昼を食べていないため
おなかがぺこぺこだった。

そこで…


新緑が美しい庭園を見ながら湯豆腐をいただく。

遅い時間だったからか、私たち以外のお客さんは0。
特等席、写真撮り放題でした。雨降ってたけど。
気温が低く、雨風も強かったため、とても寒かったが
湯豆腐が温かくて美味しくて、すぐ元気に。

石庭

とにかく有名。私も中学の修学旅行で来たはずだったが…。
あれ?こんなに小さかったっけ??
記憶があいまいになっていて、初めて来たも同然の
新鮮なリアクションをとってしまっていた。

藤の大木と白い水鳥

大きな藤の木が満開で、池に映る姿ともどなんとも言えぬ美しさ。
雨だったので少し視界が悪く残念だったが、新緑が雨にぬれてしっとりとしていた。
この大きな藤はよくここまで…というくらい大きかった。

京都に行ってきた 1

May 01 [Fri], 2009, 0:23
先週末から今週月曜日にかけて京都に行ってきた。
なぜかというと、一番のメインはお世話になった先輩が
独立するため、お祝い会へ参加すること。
そして次は月曜日の出張がたまたま同じ京都だったことだ。

それをうまく利用する手はない、と急いで宿をとった。

先輩の送別会はそれはそれで感動的だったのだが、
京都もいろいろと観光できたので、そこもうれしかった。

朝食はイノダコーヒで。

美味しかったし、お店も古くて素敵だった。

<六角堂>
京都の「へそ」にあるらしい。
地味ながら生け花発祥の地だとか。


<大覚寺>
京都市の北、嵐山にあるお寺。
あまり聞いたことがなかったけれども、由来を聞くと結構凄い。
かの紫式部も、ここの庭の大池に映る見る月を褒めている。

屋敷内に輿が


天井に金の蝉が…


池が大きい。昔、貴族が舟遊びをしたとか。


勿忘草

April 24 [Fri], 2009, 0:05
忘れな草が咲いた。



青が綺麗。

秋に種を植えたら、あとは毎日水をあげるだけ。
冬の間もぐんぐん葉を茂らせ、ついに春を知らせてくれた。
育てるのが楽な植物はいいなぁ。

スカート

November 16 [Sun], 2008, 23:26
お稽古のフラメンコはまだ続けている。
先週、やっとスカートを買った。
黒くてひらひらしているやつだ。
やっぱモチベーションが上がりますな。

お稽古

September 30 [Tue], 2008, 21:02
フラメンコを始めた。

何でかというと、新宿の某有名なフラメンコを見ながらスペイン料理を食べるレストランに行った時に、踊るダンサーを見て「かぁっこいい」と思ったため。

最寄り駅のカルチャーセンターで週一回一時間。
まだ2ヶ月なので足の動きばかりだけど、タップダンスみたいで楽しい。
(足はよくもつれるが)

いつか発表会とかに出られるまでになれるのかな。
でもそれはそれで恥ずかしいから、やめよう。

12年ぶりの清水寺

June 25 [Wed], 2008, 19:09
今週の月曜日に、出張で京都に行った。
仕事は午後だったので、早めに行ってプチ観光をしようと思い立ち、
朝7時の新幹線で一路京都へ。
こういう時は俄然はりきる私。

向こうに親戚や友人がいたのだが、余り時間も無いことだし
変に気を使わせても悪いと思って何も言わなかった。

なんせフリータイムは午前中のみ。
しかし、京都には行きたい寺社が無数にある。
行ったことがない所やもう一度行きたい所など…。

(この梅雨の時期は観光客が少ないはず。
ここは変にマニアックな所より日頃混んでいるメジャー所に行った方がお得なのではないか…?)

悩んだ挙句、もっともベタな 清水寺 に決めた。

京都駅から比較的近い場所にあるのも魅力だった。

駅からバスで10分弱、そこから徒歩で坂をあがると「清水寺」と書かれた石が。
清水寺は高校の修学旅行で行ったきりなので、実に12年ぶりだ。
でも懐かしい…とか感慨深いものはなく、
まるで初めて来たかのような感激しかなかった。

清水の舞台から見る景色は、京都の街並みとうっそうと茂る木々の緑が重なり合い、この時期特有のしっとりとした空気のなかに溶け込んでいる、そんな感じだった。

もっとも、うっとりと眺めていたかったが、何とも誤算だったのが

修学旅行のガキどもがうじゃうじゃいた ことだ。

景色を眺めている私の左右から写真を撮ったり、全然関係ない話をしてたり。
うるっさいんだよキミたち。
せっかくオバちゃんが風光明媚なキブンに浸ってんのに
しかし、(おそらく中学生)彼らの年のころは私もこんな感じだったんだろな。
本当に京都の良さに気が付くのは、もう少し大人になってからかなー…。
…とか思いながら、初夏の清水寺を後にした。

残念ながら、今回はここまで。
京都駅に戻ってお昼を食べ、京都駅から電車で30分の某会社に向かった。

しかし、時代は変わったね。
駅前のマックが外国人だらけでしたね。
しかも入りきらなくて店の外で地べたに座り込んで食べてましたね。
どんだけマック好きなのさ。
(そーいう問題じゃない?)




2011年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
最新コメント
アイコン画像汁ーんwwwwww
» 京都に行ってきた 4 (最終回) (2009年06月14日)
アイコン画像summer
» お稽古 (2008年10月05日)
アイコン画像blue
» お稽古 (2008年10月01日)
アイコン画像summer
» 下心見え見えですが何か (2008年06月05日)
アイコン画像summer
» 小豆島 (2008年06月05日)
アイコン画像blue
» 小豆島 (2008年06月05日)
アイコン画像yuuhizm
» 下心見え見えですが何か (2008年05月27日)
アイコン画像summer
» Science!! (2008年05月03日)
アイコン画像blue
» Science!! (2008年05月03日)
アイコン画像summer
» そっちは左ですね〜 (2007年12月16日)
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:alice890429
読者になる
Yapme!一覧
読者になる