それでもボクはやってない

January 26 [Fri], 2007, 21:50
日本の裁判制度は一般市民にとっては馴染みもなく『訴えてやる!』なんて言っても実際に裁判をしたと言う話もあまり聞きません。弁護士料も高いし裁判には長い月日がかかり、敗訴したら庶民は首をくくるしかないよねってイメージがあります。私も海外のドラマや映画での裁判はよく目にするけど日本の裁判に対してはほとんど知識はありませんでした。この映画を見て切に日本の裁判制度は変わらないといけないと実感しました。正義とは何か真実とは公正さとは何か?国家権力に真っ向から立ち向かってくれる弁護士、裁判官は存在するのだろうか?いろいろ考えることばかりでした。

大事な就職の面接を控えた日の朝、大勢の通勤客に混じって満員電車から駅のホームへ吐き出されたところを痴漢に間違われ現行犯逮捕されてしまった金子徹平。連行された警察署で容疑を否認すると、そのまま拘留される。その後も一貫して無実を主張するものの、結局は起訴される事に。徹平の無実を信じる母や友人・達雄の依頼でベテランの荒川、新米の須藤の二人の弁護士が徹平の弁護を引き受け、いよいよ裁判が始まる…。
やってないことをやってないと主張するのは真っ当な事であるはずだ。ところが、逮捕から取調べ、拘留、起訴の過程で、誰もそんな主張には耳を貸さない。これは辛い。疑われた者は端から犯罪者扱いである。ゆえに、たとえ無実であっても無罪を勝ち取るのは難しい。まして被害者は女子学生。片や逮捕された男は就職活動中のフリーターだ。勇気をふるって痴漢を捕まえた少女に当然ながら同情は集まる。果たして加瀬亮演じる主人公・金子徹平は無罪か有罪か。『Shall We ダンス?』の周防正行監督が痴漢冤罪裁判に注目し11年ぶりに放つ新作は裁判を通して矛盾だらけの日本の姿そのものをも浮かび上がらせる。見応え充分の作品である。


周防監督の11年ぶりの映画は準備に何年もかかった法廷物です。日本ではあまり知られていない裁判の現実を目の当たりにして正直苛立ちを感じざるにはいられませんでした。やはり周防監督は素晴らしい監督ですね。
主人公の青年は痴漢と間違えられ身柄を拘留されます。痴漢を認めて罰金を払えばすぐにでも自由の身になれるしかし無罪を主張すれば何ヶ月も拘置所で過ごすことになり、起訴でもされて刑事裁判になれば何ヶ月もかかる上に有罪の可能性は99.9%・・・さてあなたならどっちを選びますか?ってことなんです。彼は自分がやってないんだから罪を認める気なんてさらさらありません。そこからこの物語が始まるのですが正直言ってどんなに弁護士が頑張ってもどんなに有力な証言があっても結局判決は決まっているような気がしました。裁判官の出世争いや検事のプライド、弁護士側にもいろいろ事情があるなどそんな事が判決に左右するようなこんな裁判なんていらない。でも罪を犯した人を裁くのは裁判所だけしかない。。。冤罪も問題だけど罪のある人を無罪と判決するのも大問題であるし・・・いったい日本の裁判制度はどうあるべきなのか私には正直分からないです。人に疑われるようなこともするなと言うことでしょうか?国家権力には屈しないといけないのか?頭が混乱しそうなので考えるのはこの辺で止めておきましょう。

評価:95点(100点満点)→これからの日本の裁判の改革に期待して・・・
私も何回か電車の中で痴漢にあったことがあるけどその痴漢を捕まえるというような勇気はなかったしまた痴漢って触られてるかどうかって微妙でされているほうも痴漢と断定するのは難しいと思うんですよね。最近では電車でも痴漢を見かけたらなんてアナウンスも頻繁にしてるし女性専用車両なんてのもあるから女性は守られてるように感じています。あっ、最近痴漢にあわなくなったのは年のせいかな???(笑)
そんな余談は置いといて痴漢に間違えられた男の人は悲惨ですよね。だって周りは完全に女性側の味方だし言い訳も聞いてもらえない、ましてや無実を証明する手立てだってないだろうし、いったいどうすれば?この映画はそんな身近な犯罪である痴漢を題材にしていたことが私たちにも分かりやすかったんだと思います。誰が見ても裁判のことが良く分かるし多くの人に観てもらって日本の裁判についてみんなで語り合いたいです。

主役はあの硫黄島での記憶が新しい加瀬亮。彼は自然な演技が好印象でこれからの日本の映画業界で活躍する予感!弁護士役は『Shall We ダンス?』で主人公だった役所広司さん。私は渡辺謙より役所さんこそが世界進出するべき俳優だと思うくらいオーラのある演技をする人だと思います。それに新米弁護士は密かに私はファンである瀬戸朝香さん。演技もどんどん上手になって女優の顔になってきましたよね。あと脇を固めていたのも実力のある個性派俳優ばかりで監督の人選びの巧妙さを感じました。それでもボクはやってない控訴篇はないだろうけど金子徹平には勝つまで頑張って欲しいものです。正義は勝つ、信じるものは救われる時代ではないけどやっぱり正義を貫いて生きたいものですね。正直者は損をするのかな?お金で無罪を勝ち取れる時代なんかになってほしくないな。

みんなも映画館で大いに混乱してくださいね。明日は我が身かも知れませんよ。
人が人を裁くことの難しさ、資格があるだけでいいのかな?そんなんで公正な裁判が出来るのかな?裁判官の意見だけで全てが決まってしまう恐ろしさを目の前にしたときに私に出来ることは権力にくっすることなのだろうか?これから実施される裁判員制度に期待が高まるばかりです。

→それでもボクはやってない
  • URL:http://yaplog.jp/alice59/archive/579
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
画像認証  [画像変更]
画像の文字 : 
利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
●なななさん
なななさん、コメントありがとです。

監督の着眼点はすごく鋭いと思いますね。
普通に生きていたら知りえなかった事実なので
かなり勉強になりました。

人が人を裁くという難しさ、裁判員制への不安
などいろいろ考える事がありましたね。
February 12 [Mon], 2007, 4:04
ALICEさん、こんばんわ。

人が人を裁く資格なんてないと思うんですよね。
だからといって裁かないわけにはいかないですし。
でも今度は私たちにその役目が回ってくると思うと・・・難しいですよね。
自分たちが主人公と同じ立場になっても・・・。
この映画を観てとっても勉強になりました。
February 11 [Sun], 2007, 19:13
●orangeさん
こんにちは。

日常でも有り得そうな『痴漢』という軽犯罪に
リアリティがありましたよね。

日本の裁判のあり方に物申す!
という感じでかなりの反響を呼んでいて
最近はいろんなTV企画でも裁判のことが
取り上げられていますね。
私たち日本人が変えていかないとね。

監督のコメディ本当にまた見たいですね。
February 04 [Sun], 2007, 10:02
ALICEさん☆こんにちは。
コメント&TBありがとうございました〜!

明日はわが身・・・かもしれませんね。満員電車に乗る事がたまにあるので、間違われまいと少し気にしてしまいます。
あまりにも杜撰で旧体制のような裁判制度に鋭く切り込んでいく作品でしたね。物語が進んでいくうちに、ボロボロとこぼれ落ちてくる齟齬に静かな怒りを覚えてしまいました。
周防監督の取材力、構成力は見事でしたね。これほど秀逸な作品に仕上がるとは思いもよりませんでした。次回はまたコメディ作って欲しいですね♪
February 04 [Sun], 2007, 9:34
●viva jijiさん
TBちゃんと出来ていましたよ。
こちらからもさせてもらったんだけどどうかな?

本当に素晴らしい作品を見せてもらいました。
バランスのいい映画ですごく安心して
観ることができました。
日本の裁判制については不満がいっぱいですが・・・
February 02 [Fri], 2007, 16:43
ご無沙汰しております。
TBさせていただきましたがうまく届いているかlivedoorは
心配で、心配で・・・(笑)

本作、実に丁寧で真摯で、でも必要以上に暗くなることも
なく、日本映画界、こういう良作がまだ出来るということに
とても安堵して家路を急ぎました。
俳優も演出もその他、素晴らしかったと思います。
February 02 [Fri], 2007, 15:36
●kenkoさん
ご訪問ありがとうございます。

私も本当に日本の裁判については
全く知らなかったのでこの映画を観て
すごく勉強になりました。
裁判員制度のこともはっきり知らないので
もう少し勉強しようと思います。

日本の裁判こんなんじゃいけないですね。
January 29 [Mon], 2007, 18:06
●睦月さん
コメントありがとです。

私が通ってる線は昔はかなり混みこみで
密着状態だったので痴漢がよく出没しましたよ。
なんて卑劣なんだろうかって思いますね。
彼らのせいで関係ない人まで疑われたりしてね。

人が人を裁くんだから裁判官は
どんな圧力にも屈しないで公平に
判決を下してくれないといけないですね。
January 29 [Mon], 2007, 18:04
おはようございます。Cnoteのkenkoです!
TBとコメントをありがとうございました!

私も日本の裁判制度については殆ど知らず(というか、知ろうともせずw)、
この映画を観て初めて知ったことばかりでした。
周防監督の長期にわたる徹底した取材が
映画に深みとリアリティを与えていて素晴らしかったですね。
January 29 [Mon], 2007, 10:52
こんにちわ。
TB&コメントありがとうございます!

ALICEさん、痴漢にあったことあるんですか?!
うわ・・・なんて恐ろしい(泣)。
なんだかんだ言っても、一番怖いのは痴漢なんですよね。
そういう卑劣なことをするヤツがいなければ、傷つく女性も
冤罪の男性も発生しないのに。

この作品は人が人を裁くことの難しさ・・・
ホントにその一言につきると思います。
いつ自分の身に振りかかるとも分からないことなので、
ぜひ多くの方がこの作品を観て、意識的な改革のきっかけに
してほしいなあと思いますね。

January 29 [Mon], 2007, 8:35
●カオリさん
こんばんは。
痴漢って怖いというかなんだか憎いですよね。
だってどうやって仕返ししていいか分からないしね。

ただこの痴漢でも認めなくて裁判になったら
あんな大事になるなんて・・・ね。

痴漢って罰金5万円だけなの?知らなかったよ。
じゃ、主人公の保釈金200万円って破格値だよね。
January 29 [Mon], 2007, 1:26
こんばんは。訪問ありがとうございました。
痴漢って、私もあったことありますが・・・怖いですよね、私は何も出来ませんでした、逃げるのみで。

そういう日常にあり様なかつ許せない「痴漢」と言う犯罪をテーマにしたのも、周防監督のすごいところですよね。

しかし、裁判官や警察、検察の私利私欲とかは言語道断ですよね。残念です。そして、痴漢をもっと厳罰に!5万円なんて・・・(絶句)
January 29 [Mon], 2007, 1:00
●ミチさん
コメントありがとです。
日本ってあまりこのような映画はないけど
海外では法廷ものって沢山あるから
私達のように映画を多く見ているものにとっては
海外の法廷の事の方が詳しくなってますよね。

日本でもこれからはどんどん法廷映画をしてもらい
もっと詳しくなりたいなって思います。

しっかりとした判決を求む!
January 28 [Sun], 2007, 23:12
●kazuponさん
コメントありがとです。

私も99.9%なんて全く知らなかったです。
これだったらいかに罪を軽くするかという
事しかないようなですよね。
無実の場合はどうしたらいいのか・・・
こんな裁判ならする必要がないように感じました。

周防監督にはこれからも頑張って欲しいね。
January 28 [Sun], 2007, 23:09
●悠雅さん
コメントありがとです。

痴漢なんてそんな大それた犯罪ではないって
思っていたんだけどこんなに罪が大きいんですね。
痴漢にあったことを自慢しあっているという
女子高生もいるって聞いたから
もしか冗談でこの人痴漢です!なんて言われたら
それだけで人生が終わってしまいますよね。

国家権力の乱用は絶対に許してはいけないです!
January 28 [Sun], 2007, 23:06
●たましょくさん
コメントありがとです。

このような現実を見て多くの人がおかしいって
感じているのに裁判は変わらないというのが
歯痒いですよね。周防監督も自分がその
オカシイを是正するために立ち上がったのかも
知れないなって思っています。

加瀬くんは映画向きのいい俳優ですね。
January 28 [Sun], 2007, 23:02
●きららさん
コメントありがとです。

99.9パーセントって・・・
ほとんど可能性はゼロってことですよね。
これは恐ろしいとしか言いようがないです。

本当に観客は全員傍聴席にいるような気分に
なったことだと思います。

年始からいい映画に出会えて大満足の1月です。
January 28 [Sun], 2007, 22:59
●チョコさん
コメントありがとです。

怖いって言うのが私の感想でもあります。
無罪なのに無罪といえないなんて最悪ですよね。

裁判員制度はどのように進められるのか分からないけど
少しでも知識を増やしていきたいですね。
この映画が何かのきっかけになればいいなって思いました。
January 28 [Sun], 2007, 22:54
●jamsession123goさん
コメントありがとです。

最後にあったように自分が裁かれたい方法で
裁かれたいものですね。
公正な裁判は存在しないのでしょうか?
この映画を多くの人が見て
日本の裁判を少しでも多くの人が
考えて欲しいですね。
January 28 [Sun], 2007, 22:50
●migさん
コメントありがとね。♪

本当に悲惨な日本の裁判の現状を見てがっかりでした。
この映画の影響で少しは日本の法廷にも影響が
出て欲しいですよね。良くなる方向で・・・
January 28 [Sun], 2007, 22:45
●たいむさん
コメントありがとです。

映画でもあったように警察のあの誘導尋問には
腹が立ちましたよね。初めからお前がやったんだろ!
というような話し方で暴力的で最悪でした。
このような映像は良く見るけど実際にも
警察の取調べはあんな感じだそうですよ。

楽になれるよ〜って言われたらサインしてしまうかもしれないね。
January 28 [Sun], 2007, 22:42
こちらにも・・・。
自分が裁判員になるかもしれない時代が来るでしょう?
そうすると自分がどれだけその事件や人物に隠れた真実を見ることが出来るかということになり、めちゃ責任重大ですよね〜。
本当に怖くなってしまいます。
男性はとにかく疑惑をもたれるような行動は電車内では厳禁ですね。
January 28 [Sun], 2007, 17:20
ALICEさん、いや〜映画を観て混乱しました。
ホント無知で有罪率99.9%って初めて知ったんですけど
そんなんだったら裁判制度の意味あんまりないんじゃないかと
フツーにおもっってしまいました。
周防監督には準備に時間がかかるのは承知でバンバン映画撮って欲しいなって思います。
January 28 [Sun], 2007, 11:01
こんにちは。
わたしも昔はしょっちゅう痴漢に遭ったけれど、
最近はもう全く遭いません(なんか複雑?)。
40になった頃、大学生くらいの人に痴漢された、と
家に帰って夫に言ったら
「誰でもいいのか。いくら何でも…」って・・・(怒)

裁判だけじゃなく、それに至る経緯も横暴で、
こんなことが普通にまかり通っているのが怖いです。
もし、冤罪と立証される日が来たとしても、
その間の彼、その後の彼の人生はどうなるのか…
語り始めたら長くなりそうですね。
January 28 [Sun], 2007, 9:37
 ども、たましょくです♪

 こんなずっさんな裁判制度によって日々、
色々な事件で「有罪」が確定しているのかと
思うと、被害に遭われた人々も本当の意味
での「安堵」なんて出来ないですよね。

 役者さんたちの演技は、本当に凄かった。
徹平役の加瀬亮さんの悲痛な訴えをするシ
ーンは、本当に気持ちがこもっているよーに
感じました。
January 28 [Sun], 2007, 8:36
こんばんは

本当に恐ろしい現実を見た、って感じでした。
起訴した場合の有罪率99.9%ってのは異常だ、ってテレビでいってたー!世界の平均は80%くらいだって!

作品としてもよかったです。
自分も裁判所にいるかのような感覚になりました。

ALICEさん、高得点続いてるね〜うんうん☆
なんだかお得な気分だね!
January 27 [Sat], 2007, 20:34
チョコ
こんにちは

恐かったです。
ひたひたと恐怖が迫ってきました。
だってあまりにも身近な問題だったから。

警察にも検察にも裁判官にもしっかりして欲しい!
システム自体がよくないんじゃないか!
色々思うのですが、いざ自分が裁判員に当たったりしたら動揺すると思うんですよね。

知ってるようで知らないことを分かりやすく、しかも裁判の制度に変化が訪れる時期にこの映画を撮った周防監督に感謝します。


January 27 [Sat], 2007, 15:46
こんにちは、jamsession123goです。
ブログにコメント&TBありがとうございました。
裁判員制度が始まるという絶妙なタイミングでの公開ですが、映画の出来がよいので便乗映画として片付けられる心配もなく、逆に国民の裁判への関心を高める効果が出ないかと、期待してます。
こんな裁判で裁かれるのやいやですね。
January 27 [Sat], 2007, 15:17
ALICEちゃん★

ほんと酷い話よね、、、
何もやってないのに罪を認めろだなんて。
そして罪を犯していない人間が有罪になるなんて。

こんなことが現実で日常茶飯事ならほんとに今後の日本はどうなるんでしょう。
他人事じゃないし、少しでも映画を観て現実が知れてよかったと思ってます。
January 27 [Sat], 2007, 13:48
こんにちは。
映画を観てから、いろいろ考えることがありますが、
>国家権力には屈しないといけないのか
実は、やってないのにやったと言うことを「権力に屈すること」とも考えることなく、ただ便宜上簡単で楽だから・・・とサインしてしまう人も少なからずいるということかもしれません。誘導されていることも気付かないというか。
また、「逆らうといいことないよ〜」という保身の歴史も長い気がしています。
January 27 [Sat], 2007, 10:00
P R
2007年01月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
人気blogランキングへブログランキングネットにほんブログ村 映画ブログへ
最新コメント
アイコン画像mig
» amazon day (2010年04月28日)
アイコン画像岐阜のコテージ
» 木島平スノボ合宿(ペンション篇) (2009年06月27日)
アイコン画像mayumi
» TSUTAYA DISCAS (2009年03月14日)
アイコン画像クラム
» アウェイ・フロム・ハー 君を想う (2009年03月12日)
アイコン画像マイマイ
» TSUTAYA DISCAS (2009年03月11日)
アイコン画像mig
» 報告 (2009年03月11日)
アイコン画像mig
» ベストドレッサー (2009年02月26日)
アイコン画像non
» 第81回アカデミー賞 (2009年02月25日)
アイコン画像mig
» 第81回アカデミー賞 (2009年02月24日)
アイコン画像ゆかりん
» 第81回アカデミー賞 (2009年02月24日)
ClipList
http://yaplog.jp/alice59/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:alice59
読者になる
Yapme!一覧
読者になる