アレロックの副作用

January 24 [Mon], 2011, 13:43


>>詳しくはこちらから


花粉症や皮膚炎などの治療薬として一般的に多く処方されているアレロック

効き目も早く第二世代抗ヒスタミン薬で、即効性があります。

他の同じ効能の薬の中では比較的に副作用が少ない薬といわれていますが、やはり個人差もあるためここではアレロックの主な副作用について紹介したいと思います。


代表される副作用は

肝機能障害、黄疸

そのためアレロックを一定期間、服用している場合は念のため血液検査をすることを勧められています。


その他一般的な副作用としては

眠気・体重増加・倦怠感・頭痛・めまい・胃の不快感・下痢
などがあります。

とくに眠気は、人によってはひどい睡魔に襲われるため、あまりにもひどい場合は処方された医師に相談して下さい。



また、ずっと薬を服用しているのに花粉症の症状(くしゃみや鼻水・鼻づまり)が改善されないという方、

病院からもらった薬をただ普通に使っていませんか?

用法容量は正しく守りちょっとした使い方の一工夫でその効果は全く違ってきます。

レーザー治療や注射はあまりやりたくないという方も、普段使っている鼻炎のお薬の使い方と何が違うのか?

>>詳しくはこちらから



このサイトは、福田勝幸さんの「花粉症克服法」について、24年間重度の花粉症の症状を病院の薬の使い方をちょっと変えただけで改善した方法や?アレグラ錠の副作用についても紹介しています。



重度の花粉症の症状を克服した方法 鼻づまり・のどの痛み

3日で下がる 藤城式高血圧改善食事法

富沢式飛蚊症改善術 目薬・ルティン