源氏物語図屏風 土佐光起

2012年04月11日(水) 0時44分

源氏物語図屏風 左隻 若菜(上) 土佐光起 東京国立博物館

源氏物語図屏風 右隻 初音 土佐光起 東京国立博物館
この六曲一双の屏風は御簾越しに室内の様子を見るという趣向で古来からある手法のようだが、光起は屏風そのものを御簾に見立てているところがすごい。

秋山 虔著作の「豪華「源氏絵」の世界 源氏物語」にこの土佐光起の屏風が掲載されていて、かなり高質なものだ。


源氏物語図屏風 左隻 若菜(上) 土佐光起
六条院にて正月23日子の日の源氏四十の賀宴。左奥が玉鬘(夕顔の遺児)、玉鬘が連れてきた直衣姿の息子たち、そして源氏。じつは嫌々やってきた。沈の木の折敷には若菜が盛られ、かたちばかりに源氏は口にする。


源氏物語図屏風 右隻 初音 土佐光起
暮れ方になり明石の御殿を訪ねる源氏。唐織の錦の褥と琴。硯、草子、手習い反故。本文に忠実に描かれた作品。国文学者の秋山 虔氏によると、この「初音」は「絵合」の場面と誤解されてきたと指摘。

※画像は僕の別ブログ「remove」の署名入りを使用していることをお断りしておきます。

源氏物語図屏風 狩野派 デトロイト美術館所蔵

2012年04月10日(火) 22時13分

源氏物語図屏風 狩野派 デトロイト美術館所蔵
(最も大きい画像は僕の別ブログ remove から)

詳しくは楓のブログから
記事 源氏物語図屏風 デトロイト美術館所蔵 〜源氏を読む前に〜

源氏物語図屏風 フリア美術館

2012年04月08日(日) 20時15分

源氏物語図屏風 若菜(上)土佐光吉 工房作

源氏物語図屏風 帚木 土佐光吉 工房作
帚木では酔いつぶれた従者たちを残し、空蝉のもとに行く源氏。若菜(上)は、六条院の満開の桜の下での蹴鞠。女三の宮、柏木が登場。二人の宿命的な出会い。

源氏物語 屏風 岩佐派(岩佐又兵衛)

2012年04月08日(日) 19時52分

源氏物語 屏風 岩佐派(岩佐又兵衛)ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館

源氏物語 屏風 岩佐派(岩佐又兵衛)ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館
先の記事でも書いたが、「小画面形式」の屏風で、源氏物語54帖のうち10の物語を描いている。いろんな絵師の小画面形式の作品の中で一番わかりやすい!

桐壺、若紫、紅葉賀、花散里、澪標、薄雲、少女、蛍、野分、若菜の巻名の場面。


源氏物語 澪標屏風 岩佐派(岩佐又兵衛)Gregg Baker Asian Art


源氏物語 屏風 ?岩佐派(岩佐又兵衛)? Gregg Baker Asian Art
桐壺、若紫、紅葉賀、葵、少女、玉鬘と説明があったが・・・。


この場面、第6帖 末摘花にでてくる源氏と頭中将が楽舞で舞うところじゃないか?!

源氏物語 屏風 1677 狩野常信

2012年04月07日(土) 22時19分

源氏物語 屏風 狩野常信 イザベラ・スチュワート・ガードナ美術館

源氏物語 屏風 狩野常信 イザベラ・スチュワート・ガードナ美術館
海外に流出した源氏物語の屏風に多いのが、54帖の各帖からいくつかの場面を物語順に描いた「小画面形式」が多いように思う。

記事 源氏物語 屏風 土佐派 クリーブランド美術館

今日は一日家にいたので、立て続けに「源氏物語 屏風」の記事をアップしている。もう4記事目?

※画像は僕の別ブログ「remove」の署名入りを使用していることをお断りしておきます。 

源氏物語図屏風 俵屋宗達

2012年04月07日(土) 21時55分

源氏物語図屏風 左隻 伝俵屋宗達 MIHO MUSEUM

源氏物語図屏風 右隻 伝俵屋宗達 MIHO MUSEUM


国宝 源氏物語澪標図 左隻 俵屋宗達 静嘉堂文庫美術館

国宝 源氏物語関屋図 右隻 俵屋宗達 静嘉堂文庫美術館


重要文化財 源氏物語関屋図屏風 伝俵屋宗達筆・烏丸光広賛 東京国立美術館
記事 源氏物語 屏風 土佐光吉・光則
記事 源氏物語 屏風 土佐派 クリーブランド美術館 
※画像は僕の別ブログ「remove」の署名入りを使用していることをお断りしておきます。

源氏物語 屏風 土佐光吉・光則

2012年04月07日(土) 18時43分

源氏物語 屏風 土佐光吉 関屋図 メトロポリタン美術館

右側は源氏の乗る牛車と公達と供人たち。山腹には空蝉の一行。左は常隆介の一行。


源氏物語 屏風 土佐光吉 行幸・浮船図 メトロポリタン美術館

凝った衣装の近衛の鷹匠、上達部、随身たち。朝廷あげての一大行事大鷹狩り。


こちらは第三部の「浮船」の場面。薫と匂宮。雲隠で源氏の死を暗示した次の物語だ。

※画像は僕の別ブログ「remove」の署名入りを使用していることをお断りしておきます。

源氏物語 屏風 土佐派 クリーブランド美術館

2012年04月07日(土) 17時19分

源氏物語 屏風 左隻 土佐派 クリーブランド美術館

源氏物語 屏風 右隻 土佐派 クリーブランド美術館
18世紀の作品だという。土佐派14世の土佐光吉(1539-1613)、その光吉の弟子とも子ともいわれている15世の光則(1583-1638)ら桃山-江戸時代の歴代の絵師。18世紀だから土佐派19世の土佐光芳あたりの時代で、土佐派の画人たちは光吉・光則の作品場面や図集を踏襲し、進化させて描いたと思われる。

※画像は僕の別ブログ「remove」の署名入りを使用していることをお断りしておきます。