Barnesの井手

September 15 [Thu], 2016, 19:40
防災の準備をしていますか


我が国は、世界の他の住所と比べましても非常に地震の多い国家だ。
あなたもご存じの通り、2011クラスには東日本震災という全く大きな地震が原因となり、地震自体のマイナスだけではなく、地震によって引き起こされた津波によるマイナスや原子力発電近辺のマイナスなども発生してしまいましたね。
1995クラスの、阪神・淡路震災におきましては、地震後の火災によるマイナスが極大でした。
ほかにも、地震によって発生する崩落やがけ崩れなどのマイナスもありますね。
もっと、津々浦々は台風の取材数が多いので、台風による風のマイナスやどしゃ降りのマイナスも他人ごとではありません。
台風ではない時でも、どしゃ降りが何日も続いて渦のマイナスが起きたりもします。
冬になれば、日常、大雪は無縁の住所にスノーが降り、路上が遮断されて何日間も孤立やる住所が出るなどのマイナスもありますね。
そして、何となくそれらの野生悲劇は例年大きくなってきていらっしゃる。
いついつ、あなたのいる住所に悲劇が襲いかかるかわからない近頃ですが、防災の設立を万全に整えてあるというご家庭はどのくらいあるのでしょう。
真っ先に準備していただきたいのは、「防災組合せ」だ。
防災組合せと申しましてもさまざまで、大きなやり方からちっちゃなやり方までたくさんありますし、これらは人によっても必要なやり方と不必要なものがあることと思います。
しかし、最少これだけはあったほうがいいというもののリスト、再びアパートが崩壊してしまった場合などを考え、持って逃げ出せる防災組合せのリストを作ってみませんか。
そしてリストが完成したら、否、創造の途中からでも、直ぐにそれらのものをそろえ始め、いつくるかわからない悲劇に備えましょう。

防災組合せを用意しましょう


例年、悲劇が拡大しているように見える今こそ、防災組合せの準備をしなくてはいけません。
とうに設立をしているかたも、この機会にご自分の防災組合せの部品を検証してみると良いでしょう。
何年も前に準備した通り、一度もチェックしていないというかたも多いのではないですか。
古めかしいものを新しいものと差しかえる機会でもありますから、新たに準備するつもりでご一緒に考えてまいりましょう。
さて、初めて防災組合せを準備するにあたり、在宅に用意しておく防災組合せと、在宅も危険なときに持って逃げるためのコンパクトな防災組合せと2グループあったほうが、再び安心ですよね。
在宅にはある程度のマージンがありますから、気付いたものを好きなだけ備蓄しておくことができますが、持って逃げるための防災組合せは身軽なものでなければいけませんので、防災ものを選ばなくてはなりません。
そのために、まずはリストを作りましょうということです。
リストを作ると共に準備するべきものは、防災組合せを入れるための袋だ。
しばしば、「防災組合せ」というネーミングなどで、防災紙袋に入った防災組合せが売られていますが、それらを丸ごと持って避難しやすいかどうかを必ずチェックください。
とくに津波や渦などがあり得そうな地域のかたは、走って止めることを想定して考えてみて下さい。
ボストンバッグなどでも良いですが、おすすめなのは、両手が自由に罹るリュック構図だ。
入れ物ですので、それ自体は防災には役に立ちませんから、出来るだけ小さくて軽くて丈夫なものを選びましょう。
防水作製がしてあれば、ますます良いですね。
防水でないものは、気付いた時に防水スプレーを吹きかけたり、すっぽり囲うことができるビニール紙袋を用意しておきましょう。
これで入れ物の予約ができましたので、次は内訳だ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:蒼
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる