売れ筋の蒸留酒や醸造酒を紹介します。

七夕 25度 1800ml / 2008年11月03日(月)
酒のキンコー



「七夕」とは、薩摩藩・島津義弘公の朝鮮役の凱旋を祝った市来町の伝統芸能に由来。水や麹に徹底したこだわりを持って造られ、芋の旨みが生かされたコクのある味わい。焼酎党が飲み飽きない、熟成芋焼酎です。
 
   
Posted at 09:38 / 蒸留酒&醸造酒 / この記事のURL
コメント(0)
伊佐錦 【35度】 1800ml / 2008年11月03日(月)
酒のキンコー



日本で一番古い「焼酎」の記録が発見された。鹿児島県大口市の恵まれた自然環境の中で、麹造りに本格焼酎では主流の白麹を使い込んだもので、やわらかな香りとすっきりした飲み口が特徴です。
 
   
Posted at 09:36 / 蒸留酒&醸造酒 / この記事のURL
コメント(0)
桜島 25度 1800ml / 2008年11月03日(月)
酒のキンコー



本格焼酎「桜島」は、薩摩の芋焼酎ならではのおいしさを追求します。うまさにこだわるからこそ、穫れたての新鮮なさつまいも「黄金千貫」にこだわり、南薩摩産さつまいもを 100%原料とすることにこだわるのです。ふくよかな甘さと香りを追求し、原料の持ち味を生かした南薩摩産黄金千貫仕込み。伸びのきく本物のうまさを実感いただける、スタンダードでありながら高品質の本格薩摩焼酎です。
 
   
Posted at 09:34 / 蒸留酒&醸造酒 / この記事のURL
コメント(0)
龍門滝 25度 1800ml / 2008年11月03日(月)
酒のキンコー



厳選した芋を使用し、霧島山麓の天然水で仕込んだまろやかな香りとすっきりした味わいの焼酎です。
 
   
Posted at 09:33 / 蒸留酒&醸造酒 / この記事のURL
コメント(0)
さつま小鶴くろ / 2008年11月03日(月)
酒のキンコー



「昔味再現」の想いのもと、新鮮な鹿児島県産さつま芋、コガネセンガンと大地が磨いた権現様の宮水と呼ばれる天然地下水を使用。伝統の黒麹仕込みで醸し出されたもろみをコクと甘みを出すために独自の単式蒸留機で蒸留。
 
   
Posted at 09:31 / 蒸留酒&醸造酒 / この記事のURL
コメント(0)
さつま木挽 25度 1800ml / 2008年11月03日(月)
酒のキンコー



鹿児島県産とれたての良質な芋だけを原料に歴史ある伝統の造りで仕込みました。芋本来の旨味、甘味と洗練された香が引き立つ本格焼酎です。
こちらの商品に関しましては 【お一人様の本数制限なし】 でご購入頂けます!
 
   
Posted at 09:28 / 蒸留酒&醸造酒 / この記事のURL
コメント(0)
伊佐錦 25度 1800ml / 2008年11月03日(月)
酒のキンコー



日本で一番古い「焼酎」の記録が発見された。鹿児島県大口市の恵まれた自然環境の中で、麹造りに本格焼酎では主流の白麹を使い込んだもので、やわらかな香りとすっきりした飲み口が特徴です。
 
   
Posted at 09:25 / 蒸留酒&醸造酒 / この記事のURL
コメント(0)
さつま小鶴 黄麹1800ml / 2008年11月03日(月)
酒のキンコー



しっかりとした芋の風味を残しながら、すっきりとした後味が残る。その旨さの秘密は、従来日本酒に用いられてきた黄麹に工夫を重ね、鹿児島の大地から生まれた原料と天然水で仕込んだ独自の製法にあります。はなやかな香の中に、キレがよくて、とろっとろのうまみを引き出した新しい黄麹で本格薩摩焼酎が出来ました。
 
   
Posted at 09:24 / 蒸留酒&醸造酒 / この記事のURL
コメント(0)
さつま島美人 25度 900ml / 2008年11月03日(月)
酒のキンコー



温暖な気候に恵まれ育った特産のさつま芋を原料にし、島内にある五つの蔵元が、それぞれ伝承の技を使い醸し出した焼酎を巧みにブレンドして出荷しています。島(世)の男性にいつまでも愛されるようにと願い「さつま島美人」と命名いたしました。
 
   
Posted at 09:23 / 蒸留酒&醸造酒 / この記事のURL
コメント(0)
特蒸泰明1800ml 限定流通品 / 2008年11月03日(月)
銘酒しらい屋



「特蒸泰明」は常圧蒸留のみの本格麦焼酎で、麦焼酎の上級者向けといえるでしょう。麦独自の香ばしい香りと、飲み応えのある重量感のある味が特徴です。麦焼酎といえばいつの間にか無味無臭が主流となってしまいましたが、この「特蒸泰明」は一味もふた味も違いが現れています。麦焼酎の本来の古典的な味と香りが取り戻された王道を行く焼酎と言えるでしょう。
常圧蒸留とは
平地は1気圧で、これを常圧と言いますが、水は100℃の温度で沸騰します。この常圧下でもろみを蒸留するのが常圧蒸留です。この蒸留法で得られた焼酎が常圧蒸留酒です。この製法は一般的に熟成効果が期待され、芳醇なこくがでるという点で、常圧蒸留は焼酎通のファンにはよろこばれています。
 
   
Posted at 09:21 / 蒸留酒&醸造酒 / この記事のURL
コメント(0)
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!