【 更新情報 】

スポンサードリンク

アルコール検知器が必要なわけ 

アルコール検知器は、自動車、鉄道、船舶などの輸送機関の運転時に、酒気を帯びていないか検査するための器械です。
全国各地で、飲酒運転による悲惨な事故が多発しています。
アルコールを服用することにより、自己判断が鈍ってしまうからです。
そんな中、2002年6月1日から「酒気帯び運転」「酒酔い運転」の刑事罰が厳罰化しました。
酒帯び運転の場合は、3年以下の懲役又は30万円以下の罰金の罰則になります。
酒酔い運転の場合は、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金の罰則になります。
少し飲んでも運転をしてはいけないのに、大丈夫と思って運転する方が事故をおこしているのが現状です。
飲酒運転撲滅の第一歩にアルコール検知気があります。
今では、携帯でアルコール検知ができる器具まで販売されています。
NTTドコモからは、計量メーカーのタニタ(東京)と共同開発した「アルコールチェックシステム」が、KDDI(au)からは、東海電子と共同開発した「ACL‐モバイル」が販売されています。
どちらも法人向けの検知器ですが、評判は上々で、取り付けている会社が増えています。
また、個人向けにもたくさんのアルコール検知器が販売されています。
飲酒運転による重大な事故を起こしてからでは遅いです。
自分で気をつけるため、アルコールを飲んだら運転しない、アルコール検知器を持つなどの対応をし、飲酒運転撲滅に近づきたいですね。

携帯アルコール検知器について 

携帯電話を利用してアルコールの検地が出来る。
そんな画期的なシステムを開発したのがNTTドコモとKDDI(au)です。
まず、NTTドコモは、計量器メーカーのタニタ(東京)と共同して「アルコールチェックシステム」を開発し販売しています。
アルコール検知器の方法は、アルコール検知器を携帯電話(FOMA)につなげ、ドライバーが検知器に息を吹きかけるだけです。
息を吹きかけると、呼気のアルコール濃度が携帯経由で会社のパソコンに送信されます。
また、テレビ電話を利用することにより、遠隔地でも本人確認が可能なのが便利です。
すでに、半年足らずで40社以上の会社に販売しています。
アルコールチェックシステムは、検知器が一台約2万円、受信用のパソコンソフトは約7万円と高額ながら、たくさんの会社方の問い合わせが殺到しているとの事です。
一方、KDDIも東海電子と共同で携帯電話を利用したアルコール検知システム「ALC‐モバイル」を開発、販売しています。
auでは、カメラ付き携帯電話にGPS(全地球測位システム)機能を利用し、ドライバーの場所が特定できます。
今まで、30社以上に販売をおこなっており、ドコモと互角の競争を続けています。
今後も飲酒運転に対する目は厳しくなっていく中で、簡単に検知でき、管理できることは、飲酒運転撲滅に大きく一歩踏み出すことでしょう。

メーカー別アルコール検知器の比較

アルコール検知器・アルコールチェッカーを販売しているメーカーを比較紹介します。
アルコール検知器で人気を集めているのが「ソシアック」です。
小型携帯アルコール検知器として、メディアでも運送業界で朝一チェックに使われていると紹介され人気に火がついたと思われます。
ソシアックのアルコール検知器は、通販でも購入可能で検索してみると人気商品とあり、取扱店も多く簡単に手に入れることができます。
呼気アルコール濃度を0.00mg/Lからデジタル表示される高感度半導体ガスセンサータイプで、単三乾電池2本で約400回使用可能です。
アルコール検知器で安くて人気なのが「タニタ」です。
タニタのアルコール検知器は、0.05mg/Lごとの12段階数値でデジタル表示されるもので、単4電池2本で1日1回使用して約1年使用可能です。
アルコール検知器の「セーフメイト」は、大手バス会社も採用したことで人気となっています。
セーフメイトは、単4電池2本で、1日1回使用で1年間使用可能です。
他にも、コンテック、B-grow、フェニックス、二葉産業などのメーカー品が売れているようです。
レビューなどを見ていると、2〜3個持っている人はそれぞれが違う数値を出すので何が正しいか分からないと語っています。
アルコール検知器を購入する人の多くは、数値は目安でしかないと考えている傾向があり、居酒屋などで盛り上がるパーティグッズとしてみている人もいるみたいですね。
また、警察が扱うアルコール検知器との互換性は、どこのメーカーも否定しており、数値が低いからと言って飲んだら乗らないようにと注意を促しています。

アルコールチェッカー付きの車

アルコール検知器付き車があるということで、調べてみると2004年にSaab、2005年にVOLVOが公開しているという記事を見つけることができました。
アルコール検知器付き車とは、アルコールチェッカー機能が付いていて、ストローから息を吹き込み、エンジンを始動させるわけですが、そこでアルコールが検出されるとエンジンが始動できないという仕組みになっています。
アルコール検知器が鍵(キー)についているのがSaabで、シートベルトについているのがVOLVOということです。
アルコール検知器付き車が義務化されればと安易に思ってしまうわけですが、飲んでいない人にエンジンをかけてもらうなんて輩は現れるのが目に見えていますね。
ただ、小型携帯アルコール検知器とは違い、車検のたびにメンテナンスを行ってもらえるわけでメリットは感じられますよね。
アルコール検知器付き車はそれからどうなったのかが記事を探してもよく分からないのですが、世間的には束縛が強すぎるのか主流とはならないようですね。
アルコール検知器付き車の開発を進めると自動車メーカーも乗り出したような記事も見つけることができましたが、技術的な問題なのかそれとも売上の問題なのかは定かではありませんが、音沙汰がありませんね。
お酒を飲まない人にとっては、アルコール検知器付き車は大歓迎のようで義務化すべきという意見が圧倒的に多いようにみられます。
「飲んだら乗るな、乗るなら飲むな」が義務化される前に、意識改革がおこなわれることを祈るばかりです。

小型アルコール検知器が人気

アルコール検知器が、通販などで売上を伸ばしているそうです。
アルコール検知器の購入きっかけになっているのは、やはり飲酒運転事故の悲しいニュースが続く中の道路交通法改正による飲酒運転厳罰化だと思われます。
アルコール検知器の使用目的は様々ですが、夜にお酒を楽しみにしている人で毎朝運転せねばいけないドライバーに好評なようです。

アルコール検知器・アルコールチェッカーは、大きく分けると3つタイプがあります。
最も人気のアルコール検知器は小型のハンディータイプで携帯にも便利です。
他、アルコール検知器は、据付タイプの少々本格的なものと紙製の使い捨てキットタイプとあります。

人気の小型携帯アルコール検知器を細かく分類すると、段階ランプ式とデジタル表記式とあり、更にそれらは、息を吹きかけるタイプとストローで吹き込むタイプとがあります。
それぞれ呼気アルコール濃度を測定するものですが、比較検証サイトなどを見てみるとやはり玩具から精密なものまであるようですね。
ただ、精密とはいえその数値が正しいものであるかどうかは知る由もなく、盲信しないことが取扱時の注意点ではあります。