9.11 

September 11 [Tue], 2007, 23:44
今日は9.11だったことをすっかり忘れていた。
あんなに惨事だったのに、記憶が風化していくことは恐ろしいことだ。
何が怖かったかというとテロ自体が怖いということは差し置いて、
人はある教えに則って生きて、死ねるということだ。
それも多くの人を巻き添えにして。
イスラム原理主義の彼らにしてみればキリスト教徒であり
中東を支配しようとするアメリカは敵なんだろうが、
命を命と思わないやり方は何だかな…それはアメリカだって
そうなんだけど。イスラム教は何よりも命を尊ぶ宗教じゃ
なかったのか。原理主義って恐ろしい。
貧困がいけないのだろう。けれど、果てしない消費社会、
資本主義市場に生きる自分もそれに加担してるだろうなー
と、落ちる。けどそんな自分も良い所は少しはある。
ほぼ自己満かもしれないけど昔から極力レジ袋を
もらわないようにしている。1枚作るのにおちょこ一杯分の
石油が消費されるのだそう。それを聞いたら罪悪感を
感じるのは他の人もそうだと思う。

戦争は当たり前のことが当たり前じゃなくなる。
日本もいつそうなるかわからない。
アメリカに追従しないで欲しい。今内部統制ができて
なくてそれどころじゃないようだけど。
思想やイデオロギーに基づいて生死を決めることが
私たち日本人にはできないけど、そういう確固たる
拠りどころがあるということははたして幸せ
なのだろうか、そうではないのだろうか…。

The Zombies/Odyssey and Oracles 

September 11 [Tue], 2007, 23:19
今日コリン・ブランストーンの『One Year』を聴いていたら
無性にゾンビーズが聴きたくなった。
ゾンビーズのオリジナルは2枚しか持っていないのだが、
『Odyssey and Oracles』は自分にとって物凄く大切な
アルバムだ。「これはマスト」とロックの先輩達に薦め
られてきて、聴く迄にかなりインターバルがあった。
聴いたら虜だった。私の好きなもの・要素が意図的に
詰め込まれたような。そして完璧に美しい。
完璧にまとまっている。それでいてハートウォーミングで
シニカルでもあるポップスだ。
このアルバムを誰かに説明するとしたら、私の好きな
ポップスの形・在り方、とでも言えばいいのだろうか。
とにかく好きすぎる。
それにしてもオリジナルが見つからないのはなぜ?!
1stと5thを持っていてその間は中古盤で見たことすらない。
CDは出てないのかな。。
もしも知っている方がこれを見てたら教えていただきたいですな。

秋になり、朝霧まで1ヶ月足らず 

September 10 [Mon], 2007, 22:25
といってもまだまだ暑い昨今。
折角ブログがあるのだからフジロックの記憶を書き留めて
おこうと思ったのに、最早1ヶ月たってしまった。
もう遅いような気がするけど、その内書こうかな。
とにかく凄くキラキラした素晴らしい時間だった。
人生の楽しかった時ベスト5に間違いなく入ると思う。
今年はメンツ地味なんて言われてたけど全然!!
最高潮にアツかった。アクトと、スタッフの方々と、
一緒に行った友達、フジロッカーズに乾杯
まあマナーはお世辞にも良いとは言えなかったけどw

そして1ヶ月後にひかえているのは朝霧JAM。今年は
チケットさえ確保が困難らしい。
すみません私のような新参者が突然思い立ったせいで。。
でも私はほんとの意味でのフェスの楽しさを知ってしまった…
のでまた音楽の為だけに時間を費やしに行きたい。
自然の中で脱力して全身に音を浴びたい。
料理したいよね、とか言ってるのだけど如何せん
資金がない。どうなるかなあ。
それでも楽しみ!!Malajube朝霧シチュー
もえてキター

フジロック前の心境 

July 26 [Thu], 2007, 22:23
22時の時点で準備していない。やばし。
そして友達からメール来ず。待ち合わせわからない。。
ひとりで雲行き不安なフジロック。
今までいろいろなフェスティバルに行ったけど、フジには初めて。
楽しみすぎるけど、今はそれよりも不安が・・・。地震・放射能含め。
まあー楽しむしかないんだけど。すこしの贅沢が必要だ。
それにしてもフジ直前にして、The CureとFountainsの良さに気づけてよかった。

ビーチボーイズ祭り 

July 17 [Tue], 2007, 3:15
昨日、ビーチボーイズ祭りというイベントに行った。
呑み食いしながら、ビーチボーイズの音源や映像を聴いて観て語って楽しもうという
レココレプレゼンツのCRTというイベントである。
CRTにはもう数えきれないくらい行っているが、その度に特集のミュージシャンの
新たな魅力や知識、捉え方を蓄積できる素敵な催し物なのだ。
今回も萩原健太さんの言葉でいろいろ考えさせられることがあった。
特にぐっときたのは、「音楽に旬なんてない」というお言葉。
「〜って旬だよね」とか、「〜が今アツい」とか、
私もいつもそういった言葉にある種嫌悪感を抱いている一人だった。
旬なんて、受け取っている自分だけの問題で音楽でも何でも一度世に出てしまえば、
作品は普遍的なのだ、というようなことを健太さんはおっしゃっていた。
大いに納得する。そういう音楽の聴き方をする人は嫌だな。
友人に言ったら、でもオレら旬とか思って聴かないじゃん?そういう人もいるかも
だけど自分がそうなんないんだからいい、との返答でこちらも納得した。
良い音楽に旬も何もないよな。良い音楽ってエヴァーグリーンの輝きをもってる
ものだから。ずっと聴き続けていくもの。
私はそういう曲達を大切に聴いていこう、と思わせられた。
そしてやっぱり、ビーチボーイズには否応無しに私を引き込む力がある。
理屈抜きで、鳥肌が立ったり、泣いたり、ワクワクしたりしている、いつもだ。
そんな凄いバンドのことをもっと知って、よく曲を聴いて、自分の中で熟成されて
いければいいなあ。

茶水クルージン 

June 24 [Sun], 2007, 16:34
フジロックのためのアウトドア品を買いに御茶ノ水へ。
ものすごい暑い、着いた時点で熱中症気味
こんなんでフェスを乗り切れるのか・・・。不安がよぎる。

まず、近くに来たついでに中古盤やブートレグを扱うFuntimeへ寄る。
半年ぶりくらいなので店長さんに忘れられていたかな。
とても音楽への造詣が深く、紳士的な店長さんだ。
ストレンジデイズのバックナンバーを購入。10cc特集
10ccは音楽も存在もミラクルなバンドなので、突き詰めたいところ。

そしてアウトドア用品をみる!みる!みる!
4時間ぐらいノンストップで探しまくり、必要な物はほとんど揃えた。
アウトドアなんて無縁だから、迷ったなあ。
でも満足な買い物。ゴアのレインスーツ上下で2万ちょっとこれ凄い
使い勝手よさそうなカリマーの真っ黒リュック、コールマンのイス、
アウトドアソックス。。。あとは小物がいろいろ必要。
付き合ってくれたお友達に大感謝
探すのは大変だけど、そうとうwktkして楽しかったーー
こいつらを装備してフジを満喫してる自分を想像してかなりあがった!!
自然の中で音楽を楽しんで、眠って起きて、また音楽を聴きに行けるって最高
フェスティバルって結局作られたものだけど、それをわざわざ遠方から
聴きに行くって不自由さがいい。会場での不自由さもまた、いいに違いない。


買い物を終えて、タイ料理のチェーン店で食事。
う−ん、あんまりタイ料理で美味しいお店にあたらない気がする。選んでないから?
町田にはタイ料理店が結構あったけど、どこも美味しかった気がするな。
その後友達のチョイスでさぼうるという喫茶店へ。ここがまた超すてきなお店。

店内薄暗く落ち着いて、木とレンガ造りで、花やアンティーク小物がそこここに。
マスターが常に店内やお店の前をゆくーり巡回してて見ていて面白かった。
心がほっこりするお店で、つい話し込んでしまった。

沢山歩いて疲れたけど、大充実の一日だった。
それとそれと!! Pilotの来日決まったって教えられて、wktk最高潮。キャロル・キングも来るし、夏が終わっても楽しい秋になりそうだ。

文章を書き続けることが必要と思い 

June 23 [Sat], 2007, 4:02
ブログ開始。前もmixi等で書いてたけれど、知人友人に見られるのは恥ずかしいというのがあり。
至極仲いい子ならまだしも、ちょっと知り合いぐらいだと恥ずかしさ相当なわけで。
知り合い誰にも見られてないことを前提に書くブログがいいな〜と思い立ち、始めた。
無料ブログは沢山あるけど、yaplogはかわいいし、怪しい画像とかも載らなくてw良いなあ。
怪しい画像と言えばさっきエロ画像をクリックしてしまって、エロサイト登録完了画面になってしまった。
これって・・・ワンクリック詐欺?? 怖・・・
間違えたことと支払いの意志はないことをメールしておいたけど、どうなることやら。
エロ画像には気をつけよう。。。

今日、というか昨日気づいてハッとしてgoodだったこと。
myspaceでポリフォニック・スプリーの曲を聴いていて。
この曲知ってる!!と自分のiTunesを検索すると・・・Nirvana(UK)「Lithium」が!!
この曲はNirvana(UK)が原曲なのか??と更にamazonを検索。
すると!! Nirvana(US)のシングルが出てきたではないですか。びっくり。
いや普通こちらを知ってるんだと思うけど。
親方ニルヴァーナがグランジニルヴァーナをカヴァーしてたなんて。いやいい曲。
グランジニルヴァーナは昔から正直好きではなかったけど。
私の知り合いのニルヴァーナ好きな人ってどっか歪んでたので。
加えて楽曲あまりぴんとこなかったのもあり。
でも5、6年前ってなぜかニルヴァーナヘッズ街に溢れてた。
あのスマイルに×ついたようなロゴのバッグとかTシャツ着てる若い子ばっかりだった。
あれが流行ってたのか?!その後、全然見ないけど。
今の子は、というかyoung middleの世代の人も、「洋楽好きです、ロック好きです」
って言って、90年代以降のものだけ聴いている人が絶対的に多い。
何事も基本から、と思うのは私の頭が固いから??
少なくともロックンロールに関しては。
私も50年代勉強中だけど。
最近思うのは、バディ・ホリーは最高クールだ。
いやらしいほど中性的な歌唱法、一瞬にして耳に食い込むメロディ、気づいたら一緒に口ずさんでいる。
すぐ楽しい気分になる。あの唄い方のせい?
彼は、本来ロックが持っているべきのものを全て持ってる。
ビートルズやコステロも崇拝してるぐらいだもんね。
く◯◯やア◯◯◯がメガネロックじゃないぞ!!ホリーこそ元祖メガネロックだ!!
と、言いたい。。
袋だたきに遭いそう
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Stinky
読者になる
2007年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる