アランミクリのサングラス

アランミクリのメガネが登場したことによってメガネがオシャレに占める比重は

相当高くなってきました。アランミクリのサングラスなどはその代表的なアイテムです。

サングラスは時には「ファッション・グラス」と呼ぶことがあるくらいで、以前なら

「顔に陰翳をつけるためのアクセサリー」というべきものでしたが、アランミクリの

サングラスは単に目に陰翳を施してくれる道具から、その形や色によってつけて

いることがオシャレ、ファッションになってきました。

目の化粧として女性はアイシャドーをしますが、アランミクリのサングラスは当然

ながら着け外しが自在にできます。

サングラスは目に陰翳を瞬時につけてくれるいわば化粧品です。

その点アランミクリのサングラスは男の色気を高めてくれます。

いいかえれば男の色気を高めてくれるのがアランミクリのサングラスなのです。

さあアランミクリのサングラスをかけて我々もキムタクや中田英寿のように颯爽と

街に出ましょう。
アランミクリのサングラスは取り扱っている店舗が少ないため通販のほうが入手

しやすいようです。

>>アランミクリのクチコミを見ます<<

アランミクリの「スタルク アイズ」

アランミクリは1976年にパリの眼鏡学校を卒業してメガネ店に勤務しますが、

従来からのメガネのデザインに失望して独自の道を歩もうとして独立します。

その後数々のファッションショーでアイウェアを手がけて行きました。

その中であの有名な浅草「アサヒビールスーパードライホール・フラムドール」の

デザインなど建築・インテリア・家具・食器などさまざまなデザインをする世界的な

総合デザイナーのフィリップ・スタルクとのコラボレーションによる作品「スタルク アイズ」

の発表。

さらにあの「パリ・テキサス」や「ベルリン・天使の詩」の映画監督で、私が個人的にも

大好きなロードムービーの旗手と言われるヴィム、ヴェンダース監督との「世界の果てまで」

のメガネの制作もおこないました。

そして今やアランミクリはメガネのデザイン界でその影響力は絶大なものがあります。

またそれだけの功績をデザインメガネに残してきました。


>>アランミクリのクチコミを見ます<<

アランミクリ

アランミクリは単にメガネというカテゴリーを飛び出した世界のブランドとして、

ファッションのカテゴリーで語られるようになりました。

今やアランミクリの愛用者は芸能界でもキムタクの木村拓哉さんやサッカーの

中田英寿さんやたくさんの有名人がファッションとして愛用しています。

アランミクリはメガネの天才デザイナーです。

その天才性ゆえ業界から異端児扱いを受けたこともあったようです。

しかしアランミクリは、メガネを単なる見るための補助道具という単なる機能性だけの

ものから、個人個人の個性をアピールするファッションの一部という信念を貫いていきます。

アランミクリのメガネ、いやいやそれはアイウェアと言う言葉がピッタリする作品は

オブジェのような形とともに天才的な大胆な色使いは他者の真似ができません。

アランミクリのまさに独壇場です。

それだけにアランミクリのメガネは強烈な個性をアピールするのにぴったりのアイテムでしょう。


>>アランミクリのクチコミを見ます<<