あたしのしんさま 

April 14 [Fri], 2006, 15:11
 昨日は友人の友達のとこまで、川西池田の白金台っていう、それはそれは遠い所まで、遊びに行っていた。
 友人とは、半年ぶりくらい?妊婦さんです。5ヶ月なのに、お腹がもう大きい。
 友人は元シェフなので、食事の支度が抜群である。
この家に入るなり、お腹がぐうぐうと、鳴る。
 そしてこの友人にはお腹の中プラス、もう一人、とびきり可愛い御子息「しんさま」2.2ヶ月がいる。
 彼と私とは非常に仲がよかった・・のだけど、半年振りなのが災いしてか、最初の頃は、懐いてくれようとしない。しかし、家に入ると急にキラキラとしだし、私たちは親愛関係を取り戻した。
 彼からの希望で、ヨダレまみれのちゅうも3回したし、犬のおまわりさん、ピアノと木琴、太鼓でセッション大会、あと本気で漫画の奪い合いもやった。
 あと、私の行く所に全部ついてくるので、一緒におトイレもやってみた。彼のちぎった紙を使う時、少しキュゥンとした。
 それにしても驚くべくは、彼は小さいにも関わらず、今まで会ったどの子どもよりも言語が発達しているということである。これは友人である彼の母親から聞いたんだけど、おばあちゃんが、彼に
「しんくんは、何を飲む?」
 って聞いたら
「熱い紅茶をポットにたっぷり入れて」
 ですってさ。
 
 顔も相変わらず美しく可愛いし、将来どんな男性になるというのでしょう。
P R
2006年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/akubikurasi/index1_0.rdf
プロフィール
Yapme!一覧
読者になる