育児について 

October 09 [Thu], 2014, 21:22
 日本の国会でも
大荒れでしたね。
女性の社会進出について
働く女性への支援についてや
保育所の増設など
さまざまですが。

 育児については経験上から
私の場合は最低3年は自分の手元で育てあげたかったです。

 出産して母乳をあげてるとき流石に保育園へ我が子を預けるのは
後ろ髪がひかれました。
 泣く思いを何度もあじわいました。

 しかし、職場で支えられて
年配の職員に「きっと大きくなったら良い子になるよ。お母さんがこんなに苦労して働いているんだから。」
と。
そのお言葉でこの一言に支えられ私は仕事を継続して乗り越えることができました。
 単に母親が仕事する=育児に支障がでる
とくくるのではなく、
 環境が万全であれば育児に勤しめましたから。
まずは、母親として育児というのは仕事です、大切な職業であると多くの女性に認識していただきたいと
個人的に感じます。
 物理的には男性であろうとハウスキーパーであろうと面倒はみれますが
やはり内面性は母親が愛情を尽くし養うことに勝るものはないと感じます。

日常に危機感を持って!! 

May 14 [Wed], 2014, 9:50

   サポーターの皆様お元気でいらっしゃいましたか?

   マンフィーは今日も都会の荒波へ活動をするため
   でかけました。

   このところ天候も不安定で日本人は減り張りのある
   四季を唯一感じられる民族であったのに。。。
   これでは、1日のうちに四季を感じてしまうような
    毎日のようになってしまい、体調を崩される方も
    多いのではないでしょうか?

   さて
   1日1善!!という言葉があります。
   昭和40年代に生まれた私は昭和50年代のCMが
   今も鮮明に脳裏に浮かんできます。その中に、
   モーターボートで収益をあげておられた
    笹川会長と元高見山関が出演された
   戸締り用心火の用心!と高らかに声をあげ
    この”1日1善”(youtubeでご覧になれます)
  と
くどい程反復刷り込められ耳にやきついた
   1句を思い出しました。

   当時小学生の低学年だった私は。
   1日1善?1日1回食べなさい?ということか?
   などと初めは思いましたが直ぐに違うと実感し
    てこのCMを見るうちに
    1日1回良いこと(善なる行い)をしましょう
    と  いう事なのだというのを教えられました。

   ”親を大切にしよう!”
   とか
   "物を大切にしよう”
   など  当たり前のことを まじめに説いて
    それを若い芽に注いでいたのです。


  近代平成時代に入り物資に恵まれる傾向が一層強まり
  一方で心の叫びが強くなり大きな社会問題が
  増強してゆく 現代となりました。

   見た目は 極 普通なのです。
  
   皆、特別問題はないように感じられます。

   そこが、所謂 平和ぼけ でしょうか。。。。
  
   ある日、いつものように
    
   マンフィー代表が募金活動を
      
   街頭で行っていましたところ。。。


 行き交う人々の真下
    
 に紙切れが落ちていました。

  私は何かが落ちていると
   
  気がついておりましたが
   
 何メートル先の紙切れに躊躇せず
   

  行き交う人々と同様気に留めず
   
  見過ごしておりました。

  多分〜だろう多分あの紙
   

   は配布されたどこかの
   
   お店の宣伝紙であろうと、
  
 この脳が認識してしまったのです。

    
  それで 何の躊躇


  もなくそのままでいました。
 
   ですが、
    
  このマンフィー代表は 
   

  やらかしてくれました。

  
  すかさず、人の荒波を押しよけ
    
   ぐんぐん詰め寄り
    
  あの紙切れ目指して孟突進!

      
   紙切れを手に  彼は

       
  これは、誰かのチケットだよ!!
     
     
  早く旅行会社に届けて!

    

   それは、明らかに旅行会社の

   チケットでした。
  
      

  名前と電車と日時が記載して

   ありました。
   
    

   時間は30分後出発に

   なっていました。

    

  その後無事旅行会社から本人に

   渡され
 
   私たちは安堵しました。


    彼は気に留めました。
  
   

   どんな些細な物

 誰も気にかけない人が病む時も。

     
   日本人として私は彼の身近に

    いながら
      

     恥 ました。

 これでは、いけないのだ。と・・・
   

 皆様はどうお考えでしょうか。。。


  

    危機感を常に忘れないようにするのも
 

     現代にいる日本人としての最高の技を今

     発揮すときではないでしょうか・・・・・
 


   

    



   


    

ガーナへ届け!!日本産文房具!! 

January 08 [Wed], 2014, 11:41
サポーターの皆さまいつも
 ご協力有難うございます。  
 サポーターの皆さまに
 お知らせです!
 いつも、多くの寄付を頂いている
 サポーターの皆さまの中で
 今回、学校開校に向けて大変有難い
 鉛筆の寄付がありました。
その数なんと約9000本!
 h様 本当に有難うございました!
 アフリカの子供たちが、近い将来この日本生まれの
鉛筆を握り勉学に勤しめるようになるかと
 想像しますと。。。
 万感の思いです。本当に有難うございました。




 

便利な世の中に溺れるより、とことん損な生き方でOKに! 

January 03 [Fri], 2014, 21:23
     謹賀新年

 皆さま、本年もどうぞ宜しくお願い致します。

 皆さまと共にこの活動を 遂行してまいります。


  2014年は皆さまにとっても良い年となりますように。

 
    人の為に尽くし、行動をする

   というのは、容易な事ではありません。


      なぜなら、人は自分の為に生きることが、
  最大の満足だと思いこんでるという誤解が
  あるからだと思います。

  ですが、勿論満足しないというわけでは、なく
  最大の、というのがどうか、という事です。

    2013年はすべてやり尽くした、
    趣味も。でも、何だかすぐに 
    飽きて、何をやっても
    物足りないというあなた。。。。


    損するな〜
    何で、人の為に?!なんて思いますよね。
     普通は。 そこで、ここでその損だな
     という生き方にギアチェンジしても
    良い方法もあるかもしれません

   

 

2013年もあと わずか  

December 09 [Mon], 2013, 20:54
新宿は 今日も 寒かった〜!!

  


 サポーターの佐藤さん、月に数回は活動のお手伝いで協力して
頂いてます。  本当にお元気で、マンフィーやシシリアも逆に元気を貰っています。
 
 シシリアは一時体調を崩していましたが、ようやく完全復活ですかね〜

 スタッフ皆、学校建設にむけて 頑張ってます!!
  因みに、シシリアはただ今試験中。。。明日は世界史ですって
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アコース
読者になる
アフリカのガーナ共和国に住む、貧しい子供たちに向けて、
様々な援助を行っている非営利グループです。
皆様からの善意によって活動をしています。
2014年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像えみちぃ
» マンフイーの募金活動 (2013年09月21日)
アイコン画像もっさん
» 気持ちは 裏切りません (2013年09月07日)
アイコン画像かなた
»  ガーナからの留学生 パトリック君 (2012年11月03日)
アイコン画像柴しば
»  ガーナからの留学生 パトリック君 (2012年06月29日)
アイコン画像マンフィーと青年基金
» 尊厳死とは (2012年06月26日)
アイコン画像柴しば
» 尊厳死とは (2012年06月23日)
アイコン画像柴しば
»  為に生きる (2012年06月15日)
アイコン画像shinji
»  為に生きる (2012年06月03日)
アイコン画像べるz
» シシリア の  休日 (2012年03月08日)
アイコン画像Abi
» シシリア の  休日 (2012年01月24日)
アイコン画像ポコリーナ
» シシリア の  休日 (2011年12月24日)
アイコン画像まゆ
» シシリア の  休日 (2011年12月08日)
アイコン画像小さな高校生
» 小、中学校建設に向けて (2011年10月31日)
アイコン画像スーツ女
» 小、中学校建設に向けて (2011年10月18日)
アイコン画像神奈川在住の就活生
» 今年も宜しくお願いいたします (2011年02月15日)
Yapme!一覧
読者になる