かしちゃんお披露目『維新回天・竜馬伝!』 

2006年07月15日(土) 0時23分
さすが裏公式ENAKですね
情報早いし、何より詳しく細かく記載されてます。

http://www.sankei.co.jp/enak/

新生宙組 改めて期待大

最初は、竜馬ねぇ。。と思いましたが、
会見内容を読んでいたら
けっこう楽しみになってきましたよ

メイクの達人? 

2006年07月14日(金) 0時57分
水夏希さん。
雪ベルばらDVDに収録されていたお稽古映像で、かなりのすっぴんでした。
野郎なアランを演じているからかな。。化粧ッ気がなくて、ちょっとお肌も
くすんで見えました。

化粧しないと、本当に野郎ですよね、この方

ところが、今回の全ツ公演プログラムの夏希サンは。。。

貴城けいコンサート「I have a dream」 

2006年07月13日(木) 23時19分
おおお!
そういや、9月は、かし殿下のコンサートか。
「I have a dream」私には夢がある だそうですよ。
殿下の夢を、聴きにいこうかなぁ〜

と思って、チケピに飛んでみた。。。
続きはちょっと失言入っているかもしれないので、心の広い方だけ読んで下さい

祝! 

2006年07月07日(金) 18時37分
ブログ変えました

なんか楽しい機能が多いので、ウキウキ してます
とくに、頂きもののアイコンが嬉しくて

以前のブログを編集してアップしていきますので。。

理想の男性は?【ベルサイユのばら特集本1】−2 

2006年06月19日(月) 20時28分
『ベルサイユのばら特集本1』の感想の続きです。


【ベルばら登場人物で理想の男性は誰ですか?】の質問について

真面目に乙女な回答をした人・・・・・・・・・・・湖月、春野、安蘭、霧矢、水、大空

好みはいないのでとりあえず
適当な回答をしてるような人・・・・・・・・・・・貴城、瀬奈

一番打算的な回答をした人・・・・・・・・・・・・朝海

いや、本当に朝海ひかるさん、正直ものっていうか。。。
私もこの方と同意見ですわ。。

主要キャストの2ショット感想【ベルサイユのばら特集本1】 

2006年06月19日(月) 19時30分
公式のベルばらページで期間限定で売り出ししていたので、迷わず注文しました。

ベルサイユのばら特集本1&ベルサイユのばら特集本2

特集本1・・・出演者インタビュー
       歴代キャスティングの紹介
       稽古場フォトなど


すごく面白かったので、まず最初に
『ベルサイユのばら特集本1』の内容を簡単に。。。。

【感想4】ベルサイユのばら〜オスカル編〜 千秋楽 

2006年06月18日(日) 23時57分

観劇中、もっとも驚いたこと。(凍り付いたこと)

愛の肖像のシーン

おもちゃのペガサスにまたがり
満面の笑みを浮かべる朝海ひかるさん

(隣の席で大爆笑する観客)
ここって、笑うシーンなのか!?と思いつつ、私も唖然。。。。

背景のオスカルの肖像画の
下手くそさ。。。。

誰だよ、あれ描いたの。
ありえねぇ。。あれは絶対ありえねぇよ。。。。
おもちゃのペガサスにまたがるオスカルだけで良かったのではないの?
この場面。

以上。

【感想3】ベルサイユのばら〜オスカル編〜 千秋楽 

2006年06月18日(日) 23時18分
今宵一夜

宝塚ベルばらの、男役同士の濡れ場、ラブシーン

あっと。。こんな卑猥な表現はいけませんね
ごめんなさい

【感想2】ベルサイユのばら〜オスカル編〜 千秋楽 

2006年06月18日(日) 22時20分
今回、初観劇だったわけですが。

なんていうかね〜、オスカル編なのはわかるんだけど、
フェルゼンとマリー・アントワネットも登場させて欲しかった
というのがただひとつ不満だった点かな。

この2人とのからみもないと、やっぱりね。。
星組はフェルゼン&マリー・アントワネット編。 雪組はオスカル編。

こういうふうに分けて上演するのが宝塚なんだと、
割り切るしかないようですね。

では、私から見た主要キャストの感想を。(初心者の戯言を)

【感想1】ベルサイユのばら〜オスカル編〜 千秋楽 

2006年06月18日(日) 20時57分
初★タカラヅカ!初★観劇!
それは、幸運にも『ベルサイユのばら』千秋楽でありました。
(もう公演終わって一ヶ月経とうとしてますが。。。)

千秋楽チケットって、取りにくいんだよね。でも奮発してとっちゃいましたよ!
オークションでね♪(←こーゆーファンがいるからいけないんでしょうね。。)

忘れもしない、2006年5月21日
場所は、東京宝塚劇場 
(さすがに、宝塚までは足は運べませんて)