クランパー・スパニエルと中平

May 09 [Mon], 2016, 14:38
妊娠を計画している、妊活中の方にとって、体調を整えることを目的としたサプリは、多くの種類があるものですが、特に葉酸を含んだサプリだといえますよね。



葉酸のはたらきは、貧血を防ぎ、正常な細胞分裂を促すことで、赤ちゃんが先天的な異常を発症するリスクを下げることが出来ます。他には、あまり知られていませんが、男性の精子の染色体異常を軽減してくれる効果があります。



ですから、夫婦どちらに対しても非常に重要なサプリだという事がお分かり頂け立と思います。


不妊でクリニックに通うのはお金がかかりますし、精神的にも大きな負担があることは明らかです。居住地の公的な助成金制度も活用できますが、40歳程度を基準にして給付する回数を減らす例が多いのが実情です。
40歳以上でママ(子供にとってはいいやすい呼び方ではありますが、いつまでもパパとママではおかしいので、幼い頃からお父さん・お母さんと呼ばせるご家庭もあるそうです)になっている人もいるのだし、支給回数を増やすべきで、減らすのは言語道断だと思います。
私だって来年には四十になるので、常に急かされているような気がして、落ち込むことが多くなりました。



妊娠を望んでいる方や妊娠初期の方へのアドバイスなのですが、普段の食事で得られる葉酸に注意するようにしましょう。

具体的には、普段の食事に加えて葉酸を補給することを厚生労働省によって勧告されています。

葉酸は各種の食材に含まれている栄養素ですが、理想(もし、得られたと思っても、こんなはずじゃなかったと思ってしまったり、さらなる欲望が湧いてくることも多いようです)的に摂取することによって、胎児の先天的な障害(神経管閉鎖障害など)の発症リスクを減らしてくれる為です。サプリメントで葉酸を摂取される方も多いと思いますが、その場合、赤ちゃんのためにも、自然なものを摂りいれたいという方も多いでしょう。



ですから天然素材の葉酸サプリメントにすることが大事です。妊娠する前の段階で葉酸を摂取するように、と雑誌に掲載されていました。
その記事によると、葉酸は、胎児がげんきに成長するための重要な成分らしいです。
妊娠した段階から不足しやすい成分だそうなので、妊活中からの摂取が求められているようです。

野菜に多く含まれている成分なのですが、調理の際に溶け出してしまったり、体の中での吸収率が良くなかったりと、十分な葉酸を摂るのはすさまじく骨が折れそうだな、と思いました。

手軽に摂るなら、葉酸サプリにサポートして貰うのも良い、とも書いてありました。調べてみるといろいろな葉酸サプリが販売されている事が分かりました。安全性が高くて自分に合ったサプリを見つけて、健康的な赤ちゃんを授かれるように、努力していきたいです。
妊活なんてきくと、女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)側が実践するものがよく紹介されています。しかし、実は、男性にもぜひ御勧めしたい妊活があります。それは、普段の食事の中で葉酸を意識して摂ってみてほしいという事です。不妊などの原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)は女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)にあるとは限らず、男性にあるというケースもあるわけです。



原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)はさまざまにありますが、中でも精子の染色体異常については、着床率を下げるという報告があります。葉酸にはこれらの染色体異常を低減し、高品質の精子を創るというはたらきがあります。そのため、是非、男性にも実践して欲しい妊活のひとつなのです。

冷え性の人は妊娠しにくいと言われておりています。



体温低下で血行不順になると栄養素が体のすみずみに至らなくなり、排卵障害や子宮の機能が落ち、妊娠しにくい状態になります。最近、冷え性の緩和にお灸が脚光を浴びています。

血流のわだかまりを解消し、新陳代謝を促し、体全体をリラックスさせる効果があります。



赤ちゃんを迎えるには子宮を温めることが大切です。



一般的に、野菜の中でも葉酸が多いと言われておりているのは、高い栄養価で知られるモロヘイヤや、小松菜、菜の花などの青菜の野菜です。


病院の検査で妊娠が分かってから、早めにこれらの食材を摂取することによって、先天異常の発症リスクが抑えられるという報告があります。とはいえ、毎日沢山の野菜を摂取するのは大変でしょう。


そんな時には他の食材で補っても構いません。例えば納豆とかホタテにも、多くの葉酸が含まれていますので、野菜の替りにそれらを食べることを推奨します。

不妊体質とストレス。
この二つは密接に関わっています。
体内のホルモンバランスを崩すだけでなく、ストレスは不妊につながる冷えや血行不順、排卵障害などを招きます。妊娠を望む家族の声や、過度な緊張感が不妊治療中のストレスとなるパターンもあって、ますます追い詰められるという繰り返しも、ないわけではありません。治療しているのですから、あとはおおらかに構えるのが赤ちゃんを授かるためには良いことだと思います。妊娠を要望している方や、計画されている方にむけて、厚生労働省の勧告により、葉酸の適切な摂取が求められています。葉酸は胎児の正常な細胞分裂にはたらきかける栄養素で、妊娠初期に適切に葉酸が補給されないと、例えば、神経管閉鎖障害に代表される先天的障害が発症するリスクが増加するという報告があります。


胎児の栄養はすべて母体から賄われています。胎児がこうした障害を発症するリスクを低減するためにも、妊娠1か月以上前から妊娠初期の、最も葉酸が必要となる時期に、日常的な食事以外に、1日400μg(0.4mg)を目標に、葉酸の摂取を心がけてください。サプリや栄養補助食品による補給も、厚生労働省が推奨しています。


いわゆる胎児期に、赤ちゃんは母体から100%の栄養をもらいながら細胞分裂を繰り返し成長していきます。葉酸はこの細胞分裂に欠かせない栄養素である為、不足しないように注意が必要なのです。
必要欠かすことの出来ない葉酸ですが、葉酸単体での吸収率はあまり高くありません。


ですので、総合サプリメントで栄養を補給するのが一番だと思います。
総合サプリメントは大変利便性が高いサプリですが、妊婦にとって一体どの成分に注目すればよいのか判断の基準がつかず、困ってしまうという方も居ますよね。総合サプリで何を選んだらよいのか分からない、という方は、粉ミルクの成分と照らし合わせて、総合サプリを選ぶようにすればミスないと思います。赤ちゃんを授かって病院や産婦人科などの専門的な栄養指導を学んだり、母親学級で説明をうけた方も多いと思います。こうした場で、葉酸を多く含んだ食材についても説明をうけたのではないでしょうか。皆さんがご存知のように、葉酸を多く含んだ食べ物として、一番に声が上がるのがレバーだと思います。



ほうれん草などの野菜にも、多くの葉酸が含まれています。
実際に食材から葉酸を摂取しようと考えた場合、いくつかの注意点があります。葉酸は加熱によって失われやすいというリスクを理解し、十分な葉酸摂取を心がけてください。
妊娠前から妊娠3ヶ月の妊娠初期において、葉酸の摂取が推奨されています。
ところで、妊娠後期に入った妊婦に、葉酸が不必要なのか?という疑問も抱きます。
しかし、そんなことはありません。
葉酸のはたらきである、赤ちゃんが先天性の障害を発症するというリスクを低減してくれるという話では、妊娠前から妊娠3ヶ月までの間が大切な期間というわけです。

なので妊娠期間中のなかでも、特に妊娠初期の段階での葉酸摂取を意識しようという事なのです。
一人目から6年経っても二人目ができず、不妊治療に通いました。ひとりめが男の子だからか、夫は二人揃っての不妊治療は不要という考えで、言い出しにくい感じがしたので、とりあえず自分だけで、タイミング療法に取り組みました。
月に一度通い、一回3000円と手頃でしたが、妊娠できなくて、時間が経つよりマシと思い、高価な葉酸サプリも買って飲みました。



それが功を奏したのか、早々に二人目の赤ちゃんに恵まれ、経過も順調です。妊娠を望む方や妊娠初期の妊婦にとって、重要な栄養素の一つとされている葉酸や、妊娠に無くてはならない成分である鉄分は不足しやすいものです。
一般的な食事では、摂取量が足りません。


ですのでサプリメント等の栄養補助食品で補給するのがおススメですね。近頃はこうしたサプリメントの利便性が見直されて、鉄分と葉酸の両方を含有するものも見かけますから、このようなサプリを飲めば適切な摂取が、お手軽に出来ますので御勧めです。
仲良くしている御友達が妊活していた頃の話だっ立と思いますが、よく漢方を飲んでい立と思います。

彼女が言うには冷え性や虚弱体質といった体質を改善し、妊娠しやすい体にするために漢方を飲んでいたそうです。



漢方なら、妊活中でも安全に服用できると思います。
漢方の効果かはよく分かりませんが、彼女は赤ちゃんを授かりました。
ずっと頑張っていたので、皆さんでお祝いを計画しています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユウト
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/akntimlalip4p9/index1_0.rdf