2014年夏〜島編〜 

September 03 [Wed], 2014, 23:56
行く夏をダッシュで追いかけ神津島へ。。

急な休みが取れたので、出発日4日前に決定♪
去年の新島をお願いした旅行会社に、
去年同様、予約可能最終日ギリギリに電話をしました。

そういえば、この数日前のまだ旅の話なんて出ていない頃、
バスの信号待ちで、車内から見覚えのある会社の看板を発見!
もしや?と思って予約の時に聞いてみたら、やっぱりこの旅行会社でした!
「今度は是非店舗にもいらしてください!」と、とっても親切。

お陰様で旅が良いものになる予感たっぷりで、
リュックとボディボード担いでいざ出発

うっすら気付いてはいたものの。。天気予報がずれこんで、やっと到着したけど大雨!!
空のコンテナの中で、お宿のお迎えを待ちました。
暫くすると来てくれたおかみさんも、「この雨だと、おすすめ出来る所がねぇ。。」と、困り顔。

でもでもこちらは、そう簡単には困りません。;‐)
ひとまず、1日3往復のうちの最終バス(とはいえ16時)の復路の無いバスに乗って、
大きな温泉に行ってみました。
海にせり出した屋根のついた露天風呂に入りながら、
のんびりゆっくり、海を眺めたり、見えない星に晴れを願ったり、海を眺めたり。。
行きの船で前の席に座っていた女の子2人も入っていて、多分同じ気持ち。
でも聞こえる会話が上向きな感じがしたので、何だか心強い気がしていました。

そうこうしている間に、移動の疲れもスッキリ取れて、問題の復路。
予想通り、帰りのタクシー予約電話は繋がりません。
フロントのおじさんあばさん総出であれこれやっていたら、やっとタクシーが来てくれました。
どうも〜って乗り込んだら、行きのバスの運転手さんだし!
貴重なタクシー、勿論、先程の2人を誘って相乗りして宿へ。。
多分明日も行くとこ同じだろうから、「また明日ね〜!」と下車。

そして翌朝!晴天
やった!!
釣竿を借りて、早速堤防へ。
久しぶりの釣り。
海水が綺麗だから熱帯魚がよ〜く見えるな〜って感心していたら、次々釣れ出した。

バスの時間があったので、4匹釣れたところでお宿に持って行って、
よかったら夕食に。とお願いしました。

むろあじ。

バケツから何度も飛び出してたくらいフレッシュ。




お馴染み運転手さんの、次はバスに乗り、赤崎遊歩道へ。
昨日の2人と、晴れたことを喜び合いながら。。

ここ、多分、島一番のスポットなんだろうね。
島の中で一番人がいる。
だけあって、とっても綺麗。

透き通った海を潜ると、綺麗な色の魚がいっぱい。
ウツボもいたな。
マウイのでっかくて可愛い海亀を思い出して探してみたけど、ここにはおらず。

でも、私の好きな、シュノーケル着けて半分海中・半分海上を見てみたり、キラキラ光で網目になってる海中とか魚たちを、ゆっくり眺めながらプカプカ浮いてるだけで、
いつもとっても満たされる。「ありがとう〜!!!」っていつもなるな。


ここにはジャンプ台が数か所あって、大学生くらいの男女20人くらいが大盛り上がり。
20人、盛り上がるよね〜。
男子、張り切るよね〜。

私も盛り上がって、橋からダ〜イブ!!
滞空時間長い!
え?って一回考える余地があるほど。
たまにこの緊張感、いいなって思う。

いいかげん、体がふやけてきたので、大満足でお宿へ。

夕食までの間、近所をお散歩。
人懐っこい島猫ちゃん。
どこまででも着いてくる。

夕暮れ時。
すれ違う子供も大人も、みんな挨拶してくれる。

海外の島のよう。

この景色を毎日見ることが出来るけど、
狭いからこそ大変だったり大切にしてる部分が見え隠れ。






待ちに待った夕食タイム!
おかみさんが、今朝釣った魚をさばいて出してくれました。
感激
美味しさは言うまでもなく
島唯一の酒造の、樫樽貯蔵の焼酎とともに。

このお宿は、お魚以外も、本当にすべての食事が美味しかったな。
お水が美味しいのも逆に納得。







最終日の朝、船までの時間、
別ルートなのにやっぱりあの運転手さんのバスに乗って、
裏側の海へ。
オアフ島でいえばワイキキに対してノースショア?
でも15分で到着。
乗客は私達だけ。
なので海も私達だけ。
波が無くボードはできなかったけど、海にぽつりと浮かぶ滑り台から滑ってみたり
貝殻を拾ったり、シュノーケルしたり。。
今年の海は最後かな?って、帰りのバスの時間ぎりぎりまで泳いでいました。

大雨からの晴天。
出会い。
緊張感。
開放感。

あの日、地元のバスで旅行会社を発見してから、
この帰り際の気持ちまで、ほんの2週間以内の出来事。

ぼ〜っとしてたらあっという間の2週間。

こんなパターンもいいな。

ようやく夏にさよなら出来たことだし、今度は心置きなく秋を満喫出来そう。




















2014年夏〜フラメンコ編〜 

August 23 [Sat], 2014, 23:12
Mちゃんに誘われ、フラメンコ体験レッスンへ。

長いスカートとカスタネットを借りて、準備体操から基本動作、ちょっとした振りを教えて貰い、一通り通す。みたいな。
踊りで慣れてるのは、真っ直ぐな姿勢と振りを覚えるっていうところくらいなので、この動きはまっさら状態からの挑戦。

例の手首を回しながら大きく動かすのと同時に足の動き・腰も。
予想外の動きに、たまにおかしなことになって笑いそうになったりしたけど、最後の通しでは、なん〜とか、雰囲気だけはそれっぽくなっていたのかな?

ただ、カスタネット。4本の指を引っかけて鳴らすあれ、全然できないから。
出来ないと益々やりたくなるもので、買って家で練習したいって思ったほど!
それだけ出来てもだめなんだけど。。

体験だったこともあって、汗をかくほどじゃなかったんだけど、
バレエの、Tシャツ絞れるくらいの発汗を思うと、普段何てことやってんだ?って改めて思ったよね。

最後にデモンストレーションで先生2人が魅せてくれた踊りは
美しさに何重もの輪がかかってしまっていて、すっかりこちらを圧倒してくれました。
かっこよくて、「あ〜!!あのくらい踊れるようになりたい!!」ってまんまと思いました。
あと、私の先生もだけど、先生が美しいって大事だなって。
世のためにも、夢は大きくって意味でも。

その踊りを、ありとあらゆる角度から研究して踊り続ける。
やってもやってもゴールはないんだけど、
練習の痛みや苦しさを乗り越えたり、自分の強さ・弱さを知ったり、普段の生活で感じること、旅行で見た美しい景色までも自分の踊りの一部になるって思うと、それをあるところまで極めるのって遠いな〜。
果てしないな〜。
人が一からスタートするって決めるカッコよさと、自分が踊ってきた道のりを改めて考えさせられたいい体験でした。

ちなみにレッスン後、Mちゃんとママと私の腹ペコ3人組はイタリアンのお店へ。
しばらくして隣に座ってきたのが、Mちゃんいわく超有名なフラメンコギタリストとダンサーらしき仲間たちの団体さん。

「引き寄せるよね〜!!」って、最後まで楽しい夜でした。

















2014年夏〜横須賀編〜 

August 15 [Fri], 2014, 23:55
お盆休み。
前から予定していた長野行きが急遽中止。
楽しみにしていた「浴衣で花火」が〜‼?
って残念感もしっかり感じつつ、迅速な切り替えで、すかさず行先&宿探しでっす。
とはいえ、皆が待ちに待って動き出すお盆シーズン、
数年前、行き当たりばったりで決行した伊豆行きで、車内泊をした渋い思い出がよぎります。

日にちもそんなにないので、手頃なところで横浜周辺に決定
港を散歩&行きつけの美味しい水餃子屋さんで食事、のいつものコース。
ちなみにそのお店、いつ行っても店員さんの態度がびっくりする程悪いんだけど、
水餃子はびっくりするほど美味しいの。
ここまできたらワンセット。

夕暮れ時、ホテルのシャワーですっきりした後、野毛小路へ。♪
日帰りで帰れるのに、あえて泊まる良さってこのあたりだよね。
よ〜し、夜の街に繰り出すぞ♪っていうあたり。。:‐)

そのお店だけ満員!っていう、半オープンテラスのホルモン屋さんに吸い寄せられ、
地元気分で食事を楽しんだ後、2件目はお寿司屋さんで〆。
来たことない街を大満喫でした

翌日は横須賀へ。。  
猿島に渡って海も満喫後、どぶ板のハンバーガーで調子づいてきちゃったものだから、
この先の三崎まで行っちゃう?と、もう一泊目を提案したものの、
渋い思い出が再度頭をよぎり、ゆっくりと家路につきました。

流れに乗ってみたり、引き際のタイミング。
大なり小なり、なんとな〜く旅から学んでることを次に生かすことで、
無理しなくても良い方向に進んでいくんだよな〜
って改めて感じるのも旅の醍醐味かも。


2014年夏〜パパと歌舞伎編〜 

August 13 [Wed], 2014, 23:54
前日に突然誘われ、いつもの調子で「行く行く〜!!」と、パパと歌舞伎へ。
何を隠そう初歌舞伎。
中村兄弟が出るので更に楽しみに。
ちょっとだけ予習をして、待ち合わせの歌舞伎座へ。

幕開きのワクワク感は急上昇。
いよいよ始まって、お客さんの声が飛ぶ。

始まってすぐに思ったのは、女形の役者さんのあまりに綺麗なこと。
白くてフワ〜っとしたオーラで覆われたような美しさ。
舞台装置と役者さんと、まるで絵を見ているような全体の美しさに、
バレエの舞台などとはまた別の、和の美の歴史を感じました。

最初は、何言ってるんだかな?って、セリフの「そうかいな〜〜〜。」の「な〜〜〜」とかの間に、一生懸命考えて見ていたんだけど、だんだん慣れてくるのね。
どんどん解ってきて惹きつけられて、見入っちゃって、涙したりしながらも終わっていきました。

はまった。

面白かった〜。
今の年齢で見たのもよかったのかな。
パパの母親(おばあちゃん)の日本舞踊の舞台を思い出したり。
ママの三味線やお琴を思い出したり。
懐かしく思えるのは、案外「和」な環境だったからか。。 

終演後、お茶をしながら、梨園の家系図を2人で分析。
パパと観劇っていうのも多分初なので、初めてづくしのとっても楽しいひとときでした。

次は何の演目を見に行こっかな〜












2014年夏〜ハカイちゃん編〜 

August 08 [Fri], 2014, 23:56
Kちゃんと、久しぶりの88の日ハカイちゃんLIVE♪
 
人いっぱい!

パフォーマンスのいろんな変化を2人で楽しみながらも、
やっぱりいつも思うのは「いい声だな〜。」って。

世界平和!!とか大げさなものじゃなくて、
とりあえず近くに居る人から幸せにしますよって感じが好き。

それが始まりなんだけどね。

2014年夏〜子供たち編〜 

August 06 [Wed], 2014, 23:02
こちらも夏の恒例。
甥っ子といとこの子たちが我が家でプール遊び。

プール入って遊んで泣いて食べてプール入って遊んで食べて。。
時間の許す限りローテーションは続く。。。

そして私は合宿所の給仕さん。
皆で輪になってごはん食べている姿の可愛らしさったら。

騒がしい男子を横目に、一番小さいのに堂々とした女子一名。縮図。







2014年夏〜かねよ食堂編〜 

August 01 [Fri], 2014, 23:55

















Kちゃんからの愉しげなお誘いに、「行く行く〜‼」って、
「かねよ食堂」へ。

海辺と音楽と乾杯。

夏〜。

数年前に一目惚れで買った、お花のヘアクリップの作者のアーティストさんに偶然遭遇!
Kちゃんにもプレゼントしていたので、二人でびっくり!
「持ってます〜!」って本人にも思わず。

更に来る前に、このお店のHPを見ていたら、先月久しぶりに会ったのミュージシャンの幼馴染がここでライブをやっていた写真もあって、偶然だらけ。

呼ばれた感たっぷりの中、紹介して貰った、Kちゃんが今住んでいる海辺の町の仲間たちと、Kちゃんの人徳に心の中でうんうんうなずきながら、皆で楽しく夏満喫。

飛んでみたり。。
海に叫んでみたり。。。

この日はいつも楽しみなKちゃんハウスにお泊りをさせてもらい、
翌朝は海辺で朝食&トーク&散歩&トーク。
限りある日本の夏を、待ってましたとばかり波乗りしてる人もいっぱい。

帰りは花火大会に来る人の波を逆流しつつ、電車に揺られ2日間のあれこれを思い浮かべながら「楽しかった〜」と帰路につきました。
お陰様です。







2014年夏〜葉山編〜 

July 28 [Mon], 2014, 23:48
毎年恒例、葉山一色海岸へ。
姉の長男がやっと歩けるようになった頃、次男がビーチで哺乳瓶でミルクを飲んでる頃、
こう何年も来ていると、いろんな時代を思い出すものね。

でも大人はあまり変わりばえしないため、毎年、いつの写真かわからなくなっちゃうけどね。

もっとさかのぼれば、ここには20年近く通ってることになるんだな〜。
その頃このあたりで知り合った、有名なイタリアンのお店のスタッフ達の中の一人Aさんが独立して出したお店にも未だに通ってることを考えると、恒例が恒例を呼んで、結構長く生きてる、自分。。。

ここのビーチは昔から騒がしくなくて好き。

ただ、毎回、甥をボードに乗せて波が来たら押してあげるんだけど、やっぱり静かすぎてなんだかな。
それ向きじゃないからね。
早く、もっとがっちり波にのる気持ちよさを教えてあげたいな。

それにしても、ひと昔前にヒッシスターズ(くだらないことを必死にやる姉妹の意)と命名されただけあって、第三京浜入口のカーブから道が開けるところに合わせて「スタンバイ!スタンバイ!」って、CKBの曲「タオル」をわざわざかけたり、保土ヶ谷バイパスから先の道路が横新?横横?で毎回必死に悩むのも私達姉妹の恒例。

いつか甥っ子たちが「何だったんだ?あの姉妹。」って思い出しながらここに来るのが、彼らの恒例になってくれたらいい。






2014年夏〜京都編〜 

July 22 [Tue], 2014, 23:02
2014年夏は、バレエ仲間のウェディングパーティー出席のために訪れた、京都からスタート♪
思い思いに現地集合したメンバーの京都の夜は、旅先効果でいつにも増して楽し〜いことに。

それぞれ観光した場所や食べたものを報告し合ったりしながら、その自由さと尊重の何とも言えないバランスに、大人に成る程に増す楽しさってやつを改めて感じるのでした。

ひとしきり楽しんで皆解散時、「もう一軒バーでも寄ってこ〜♪」と、ひとり京都のネオンに消えていったAちゃん。
かっこいいっす。


清水の舞台。新鮮に感動。
中学の修学旅行に来たはずなんだけど。。
だいぶ経ってるからね。。

他にも、平等院や銀閣寺を見たり、哲学の道をのんびり歩きながら、横の川を泳ぐ信じられない大きさの鯉に驚かされたり、南禅寺の門に寝転がって風に吹かれて昼寝してみたり。。
観光も満喫。
どんな歴史的な建造物にも、それを引き立てる緑が必ずい〜っぱいあるところが印象的だったな。
爽やかな夏の緑。

夜の先斗町。
京都大好きなパパ行きつけのお店を発見!そして入店。
河原を見下ろしながら、美味しい料理とお酒を堪能。
すっかり陽気な女たちは店を出て、踊ったり歌ったりくるくる回ったりしながら、今度は川床を下から見上げながらの河原散歩。
暗がりから眺める店内は賑やかで皆楽しそう。
カメラを向けると手を振ってくるくらいのいい感じのノリで。

私達もこの後、ホテルへの道すがら、もう一軒寄っちゃったよね。

昼間の太陽大歓迎!の私も、「夜の先斗町」にときめくあたり、遺伝を感じずにいられません。


パーティーで終始とっても幸せそうな顔をして、すっかり京都弁になってきていた新婚YUちゃん。
これからもこんなに素敵な場所で、仲良く暮らしていくのね。
自分がいつどこに住むことになるかって、わからないものだね。
逆にどこにでも住めるって思うと、広がるな〜自由。

私の周りのHAPPYもまた広がりました。感謝。

















LIFE!!! 

March 31 [Mon], 2014, 17:21

             「LIFE!」必見☆

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:akko
読者になる
東京在住。シンガー。

  『日々は旅!』
出会う人々・自然と真剣に遊びつつ見つける、
real&simpleな愛のカタチを歌に込めて・・・。 
    

★5/21ARENA RECORDSより、自ら作詞・作曲他を手がけた「BEACH」「PERFECT MOMENT」の2曲入り  1stシングルを、タワーレコードをはじめ、全国のCDショップでリリース!!!
(NOW ON SALEレコード店ホームページにてakko「BEACHで検索・購入出来ます。)



2014年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
アイコン画像ガンガンガン速
» とどめ。 (2012年09月29日)
アイコン画像めんめん
» 魅惑のネパールカレー。 (2011年11月29日)
アイコン画像めんめん
» 冬のひとりごとキャンペーン;-) (2011年01月24日)
アイコン画像カリカリ梅の神
» 500日・・ (2010年10月10日)
アイコン画像ホルモン太郎
» ミラクル阿波踊り♪ (2010年08月30日)
アイコン画像俺俺
» ONE LOVE (2010年08月08日)
アイコン画像Miki
» 初夏の宴@我が家♪♪♪ (2010年06月11日)
アイコン画像akko
» 5歳のLOHAS魂 (2010年05月16日)
アイコン画像焙煎職人・団長
» 5歳のLOHAS魂 (2010年05月13日)
アイコン画像akko
» ソフトモヒカンな4歳。 (2009年07月16日)
Yapme!一覧
読者になる