保健師が健康運動実践指導者資格を取得する

June 25 [Tue], 2013, 13:48
ここでは保健師と健康運動実践指導者資格との関係についてお話したいと思います。保健師が健康運動実践指導者の資格を取得した場合は、仕事で有効に使えるスキルと捉えることが出来ます。
健康運動実践指導者は、公益財団法人健康・体力づくり事業財団による認定資格で、自ら見本を示せる実技能力と特に集団に対する運動指導技術に長けたものに与えられる称号です。したがって保健師がこの資格を有した場合には、例えば保健所や保健センターなどで、市民の体力づくりに関する業務やスポーツ大会に関する業務、高齢者の健康促進に関する業務、介護老人のリハビリテーションに関する業務などにあたります。業務については、各業務の企画、実行に関する事務にあたる他、実践的なスポーツ指導にあたることもあるでしょう。その他学校や企業に就いた場合にも、より実践的な運動指導に寄った活動が可能となるでしょう。健康運動実践指導者になるためには、認定試験に合格し、登録して称号を与えられる必要があります。認定試験の受験資格は講習会を受講するか(受講資格あり)、養成校課程を修了することが条件となっています。認定試験に合格した時点で、 産業保健師 募集を探しておくのも良いでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:れいな
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/akjgdkj55/index1_0.rdf