ゲテモノ 

2005年04月19日(火) 20時40分
久しぶりにゲテモノを作った。
いや、豆腐と卵が余ってたんだよ!!

【豆腐入りホットケーキもどき】
(二人分)
豆腐60g
小麦粉50g
片栗粉10g
卵1個
牛乳20g
砂糖20g

?粉モノ以外を混ぜる
?粉を入れる
?焼く

味は作ってのお楽しみ!!てかレシピの分量は目分量で作ってたので多分この通りに作ったら失敗します。

食事のマナー 

2005年03月19日(土) 5時06分
初対面の人としてはいけない話。
「政治」「宗教」「プロ野球」。

そんなわけで、政治の話はあまりしたくないのだけど、ちょっと前の記事で「人権擁護法案」のことを書きました。それに対して「頭の良い人だなァ〜」と思った意見があったので追記しておこうと思います。

[Dead Letter Blog] http://rir6.boy.jp/item/62
[NWatch] http://deadletter.hmc5.com/blog/archives/000098.html

それもそうだ。よく考えたらそうだ。
まとめページで「差別的なことを書いたら家宅捜索」とあって、なんかよくわからない人権委員が家宅捜索するのってヤバくない、と感じたのです。
まぁ、こういうのって実際の法案読むのめんどいからまとめページ読んで理解した気になっちゃうもんだけど。よく考えたら、普通はそこまで差別なことを書かないよね。
差別になるかならないかの線引きが出来ていないというのは問題だと思うけれど、誹謗中傷はいけないと思う。誹謗中傷ってその人の主観や私事でもって他人を攻撃する行為だから。それでも、個人対個人なら見つからなかったり、周りの人がどうにかする小さな問題かもしれない。
けれど、ネットでは不特定多数の人が見る可能性がある。

批評や批判と誹謗中傷をきちんと判断できる人間が人権委員になれば全然問題ない法案かもしれない、とちょっと思った。(でも、結局自分の知らないところで知らない人間が選ばれるのだから納得いかないが)
てゆかね、バカじゃないかと思われるでしょうけど、私、そんなに差別に困ってる人がいるんだ、と初めて知ったよ。
かなり幸せに成人してしまったようだよ。
つい最近まで「政治」と「宗教」と「プロ野球」の話を初対面の人としちゃいけないんだって気づいてませんでしたから。普通に政治の話したことあったな・・・。

脱出系ゲーム 

2005年03月14日(月) 1時59分
朝目新聞」よく読みに行くんですが、その中でもいつもネタ系やマンガパロ、よく読むんですね。でも、今回はコレ。↓これがイチオシで面白かった。

SWAN'S ROOM

これもかなり凝っていてとても面白いです。
でも、これよりも難しかったのがこれ↓

モナー脱出ゲーム」(正式名称は「誰か〜!!」だった、確か。
まじで何回も死んだ。
というか、最初は本当に死にまくり。
でも、何度かやって、結局最後の最後で詰まって攻略見てしまったんだけど…。面白いね。なんか頭の柔らかさを求められるね。
脱出系ゲームまとめのブログ発見したので、リンク貼っておきます(とかいいつつ自分用)。

「女子大生進化論。」
みんなここからでられないんだ

便乗してみる 

2005年03月13日(日) 2時55分
ttp://blog.livedoor.jp/no_gestapo/

↑人権擁護法案について
こういう危険な法案ってよくネットで反対運動起こるけど、結局ネットじゃどうにもならないことって多くない?
どうしたらいいんだろうって、思うけども…。
てゆかね、日本の政治はどうなってるのかと。
選挙だけじゃ、日本の政治は変えられないよ。
どうにかもっと国民の意見を取り入れられるシステムを作るべきだよ。

と、ここでぐちってもどうにもならないが。

砂漠の王国とクローンの少年 

2005年03月05日(土) 17時59分
の記事に書いた小説を読んだ。
『砂漠の王国とクローンの少年』は近未来の中米が舞台のクローンの少年マットが主人公。そして彼のオリジナルは麻薬で一大富を築いたエル・パトロンという御年148歳の御老体。
閉じた世界で自分のこと、世界のこと、何も知らないマットが新しい世界に出会い、傷付きながらも成長していく物語。
幾度も訪れる危機にはハラハラドキドキさせられ、先へ先へと読ませる力がある。

内容はおおまかに2つだ。産まれてから真実を知りエル・パトロンから逃げるまで。それに、孤児院編だ。
前半では人間不信なところがあり、権力を得るとわがままになったりするかなりオコサマなマットだったが、後半では彼を対等に扱ってくれる(た)人々の存在によって身に付けた洞察力や知識を用い一生懸命に友人を助ける姿はオリジナルであるエル・パトロンとは似ても似つかない。
そんな風大人になっていくマットがいい。

しかし、そんな風にマットをしたのは、無償の愛を与え続け育てたシーリアと、生き残るすべを教えたタム・リン、そして、クローンと知ってなお愛してくれたマリアによる。
特にマリアは彼にとって初めての友達であり、初めての恋人…未満だが…なのだ。
彼女がいなかったらこの話はもっと陰鬱な話になっていただろう。


この本の中でこのセリフが好きだ。
「愛してるよ」マットが言った。
「あたしも、愛してるわ。罪深いことだって、わかってる。たぶんあたし、地獄へ落ちるわ」
「もしぼくに魂があるなら、ぼくもいっしょに地獄へ行くよ」

パーフェクトコピー 

2005年03月04日(金) 0時51分
速借りて読みました。
『パーフェクトコピー』

ドイツのSF児童文学といった位置づけ。
結構読みやすかった。なんだかSFというよりか、2時間ミステリみたいな感じ。
しかも、なんかもっと友人や彼女の裏切りとか、なんかもっとスゴイことになったりとかしなくて、良くも悪くも児童小説だ、と。

テーマは「才能って何なの??」だった。
なんか、この主人公ヴォルフガングは自分の存在に対してよりも、チェリストとしての才能にばっかり悩んでばかり。
てゆかね、スヴェーニャって彼女! あの彼女できすぎだって。優しいし頭いいし、ヴォルフガングのこと好きだし。それに、友人ジェス。こいつもいいやつ過ぎ!どこがたらしなんだ。普通に友達想いのいいやつじゃんか。
友達がクローンだったらちょっとは何かないのか、と。みんな割り切るのが上手すぎるって!

ネタバレ↓
でも、あの最初に出てきた髭もじゃが兄(正確には違うけど)だとは…!
しかも結婚して子どもまで…!!!
そして、彼のその後についてのあの走り書きは何?!別にそこまで書かなくてもいいんじゃなくて?そんなにみんなハッピーエンドにしたいのか。それとも、才能を開花させてあげたかったのか。結局ヨハネス的にチェロ>ジャーナリストでしかなかったのか。そうだったら、父親のあの暴走ッぷりが可哀想だ。
てゆか、兄いい人すぎ。みんないい人すぎだよ!!

…でも、ホントに才能についてのこと以外、主人公葛藤ないな。それでいいのか?!
もっと悩むことあるだろ?
んでもって、数学の才能まであるといわれながら全部蹴りやがって何様だー!
そうだ。ここは小説の言葉を引用して締めくくろうじゃないか。

――自分に迷いを抱くのは、才能のある人間にとってごくふつうのことよ。才能のない人間にかぎって、迷いなんかもたないものだわ――
p46母親の言葉

てゆか、自分の好きなこと探す、とか言ってるけど、才能があること=仕事。楽しいこと=趣味。に妥協するもんじゃないかな、段々年をとるにつれてさ。しかも、才能の方向をわかってる人なんてそんないないし、実は主人公は恵まれすぎていると思っている。

てゆか、「携帯」が出てくる小説を久しぶりに読んだ。というか初めて読んだ気がする…。

消えた!! 

2005年03月03日(木) 0時45分
さっきまで、今興味がある本の話を書いていたのに、ちょっとしたミスをして全部おじゃんになった・・・!!!ショック・・・。もういいや、その本の紹介だけでいいや

「造られた人間の物語」
[http://www.yomiuri.co.jp/book/kodomo/ko_navi/20050301bk03.htm]


3月1日付けの読○新聞[夕刊]からです。
こういうの好きで、今bk1で『砂漠の王国とクローンの少年』は購入しました。届くのを待つのみです。
『パーフェクトブルー』は近いうち図書館で借りてきます。面白いといいけど…。翻訳物で読みやすかったり面白かったりしたことはハリポタ以外ないかも。・・・てゆか読んだ翻訳物全部発行日古いや・・・。

多分、この「クローン人間が主人公」ってあたしのツボっぽいんだ。なのですごく読みたい。
…本当はクローン人間じゃなくて人型ロボットのがツボなんだけれど…。
結局のところ、自分の存在理由を探す物語っていうことなんだろう。
ハッピーエンドになると嬉しいから読む。
つまり、自分に存在理由ができる疑似体験。そゆこと。

収穫 

2005年03月03日(木) 0時28分
日、バイトの帰りにBOOK ●FF寄っちゃって(つい)、
そして、つい、ワンピを買ってしまった。
途中まで立ち読み(おい)してたんだけど、閉店時間になってしまって…(23時)。どんな若い女がこんなことするんだ。え?おい。
そんなわけで、そこにあるのでアラバスタ編?あたりを続けて買ってきました。
ついでに、抜けてる巻は他の古本屋で補充。しかも、画集1もあったので清水玲子の画集と合わせて購入。
・・・いつもはこんな買わないんですよ?でもちょっと再試が終わった開放感からつい・・・

収穫物↓
ワンピース[15]〜[20]
ワンピースCOLOR WALK 1
清水玲子 [ARIA]

しめて \2,750-

てゆか、今日玉子焼きのテスト(再試)で、なんか手が臭い

東京ドイツ村 

2005年02月27日(日) 2時15分
帯から更新です。実家、ネット環境皆無!今時アリエナイ!

そんなわけで今日はこの寒空の下、千葉県市原市にある東京ドイツ村に行ってきました。
かなり寒くて死にかけました。冬に行くとこじゃナイッ!!
しかも何もないので子ども連れか、自分が幼児化しても気にしない人以外することない。無論私は後者になろうとしましたが、寒さに負けました。
敷地のほぼ全てが芝生で、段ボールかソリが必需品です。それ専用の遊び場もありますが有料。てゆか遊ぶもの全部有料。でも珍しいのでアーチェリーやった。始めは怖かったけど次第に慣れたとこで終了ー。お代300円なり。
でもね、入村料も高いし何もないし、でどーなのよ?!と思っていたら、すべてを引っくり返す力を秘めたキャラクター登場。

やばいよ。反則的に可愛いよ!!特にカール。ピンクの四角っぽい体に星をちりばめた年齢不詳の庭師(ブタ)。乙女座のA型。
コイツのぬいぐるみ買えただけで満足だー(>_<)
あと、ドイツのぬり絵がまた超カワイイ!!悶え死ぬって。マジで。

ああ、カワイイと言えばこういうところに必ずあるふれあいコーナー。昨年末にマザー牧場行った時にも幸せだったけど、やっぱ小動物はいい。癒される…(ノ^^)八(^^ )ノ
モルモットとかうさぎとかロバとかブタとかなでなでしてきた!幸せ!

また暖かい時期に行きたいな。何もないし、全然ドイツっぽくなかったけど、楽しかったよ!!

ちなみにマスコットキャラクターなブタは、ドイツではブタが幸運を呼ぶアイテムだからだろう。
あと写真のマネキンはドイツの民族衣装を着た子ども達。カワイイよ!女の子なんかボタンがハート!

でもこんな半端にドイツ村やるより、ヨーロッパ村作った方が人くるんじゃ…?それかせめて従業員に民族衣装か、店にドイツ風な洒落た看板でも出してくれたらいいのに…。



ラブラブドキュンパックリコ 

2005年02月24日(木) 23時09分
いっぱい書く、とか言っておきながらもう書きたいものはこれで終わり、とかなり肩透かしでスミマセン。←というか先のことを何も考えていない

■Blogのコメント欄が賛同か批判の両極端になりやすい理由とは?■
[http://d.hatena.ne.jp/Maybe-na/20050220/1108920946]

 この記事はかなり興味深いです。というか、ちゆちゃんのHPにメモってありました。かなり彼女も興味深いですが、実際に行ってもらえればわかるので行ってください
 そんなワケで、blogというのは簡単に言えば

「Web全体を巨大掲示板にしたいプロジェクト」
 ↓
「全員コテハンの2ちゃんねる」


だそうです。そう言われればそうだ!と納得。
2005年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
脳内会議
*あきやす
*11月22日生まれ B型
*東京都在住。根は生粋の千葉県民。
*好きなものは漫画と音楽。あとお菓子。
イチオシ!
One Piece
One piece
エンターテイメントがギッシリ詰まった、号泣必至の冒険漫画。必読。

銀魂
銀魂
糖尿寸前主人公。ありえないヒロイン。人前じゃ読めない面白さ!! いや、嘘じゃないって、マジ面白いから。

NARUTO
NARUTO
「まっすぐ自分の言葉は曲げない。それが俺の忍道だ!」落ちこぼれ忍者ナルトの成長譚。

家庭教師ヒットマンREBORN!
家庭教師ヒットマンREBORN!
可愛くて個性的なキャラクターが起こすドタバタ漫画。

砂漠の王国とクローンの少年
砂漠の王国とクローンの少年
クローンは人間じゃないの?――麻薬王のクローンとして生まれたマットは運命から逃れられるのだろうか?

ガラスの仮面
ガラスの仮面
死ぬまでに完結して欲しい漫画No.1。マヤと速水さんの恋の行方が気になる!

いつかマのつく夕暮れに!
いつかマのつく夕暮れに!
『今日からマのつく自由業(=魔王!?)』から始まった。まるマシリーズ。野球とガン○ムを知ってるとより楽しめます。

攻殻機動隊 S.A.C
攻殻機動隊 S.A.C
とにかく観ないと面白さはわからない!「笑い男事件」は最初から最後まで目が離せない。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:akiyasu
読者になる
Yapme!一覧
読者になる