相続した空き家の売却は3年以内だと譲渡所得の税金が安い! 

May 01 [Sun], 2016, 23:18


2015年2月26日に施行された空き家対策特別措置法に伴って、
税金の特例措置ができています。



2016年4月1日から、
相続開始の直前(亡くなる直前)に
被相続人(亡くなった人)以外に居住している人がいなかった家を相続した場合、
相続後、3年以内に売却すれば3000万円の控除が受けられるようになったそうです。



これまでも、老人ホームなどに入居して空き家になった場合は
3年以内に売却すれば同じように譲渡所得の控除があったけれど

空き家が発生するいちばんの原因である相続も対象になったそうです。



私は、この話を不動産屋さんから教えてもらいました。



もともとの知り合いの不動産屋さんではなく
ネットの一括査定を通じて知り合った方ですが
とても親身になっていただけています。



自宅の売却は、車のようにすぐに簡単にはできないので
早めに相談してみてよかったです。



査定額も不動産会社によってかなり違いましたし
メールや電話などで何人かの担当者さんとやりとりできたので
いちばん信頼できそうな方にお願いしました。



不動産も相見積もりって重要ですね。



ネットの不動産一括査定のしくみなどは
下の画像をクリックすると読むことができます。

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓