中高年のつらさに整体院が効く

October 02 [Thu], 2014, 19:26
女性の更年期は、閉経を含めた前後数年で一般的には45〜55歳前後を言います。

卵巣機能の衰えで女性ホルモンの分泌が減少する為にさまざまな精神的、身体的な症状が出てきます。

漢方では女性特有の不定愁訴を「血の道症」といい主に「血」と「気」のバランスを整えます。

「良く使われる漢方薬」は「加味しょう遥散」は血行をよくしてからだを温め、上半身の熱をさます働きがあり、イライラしがちな人にお勧め。

血行をよくして、貧血を解消し、ホルモンのバランスを整えたい人には「当帰芍薬散」が使われます。

「日常の生活の養生」ではものごとをくよくよ考えず、趣味や生きがいを持ちましょう。

ホルモンの量は自分でコントロールできませんが、軽い運動などでホルモンの循環は改善できます。

たまった疲れは大宮区の整体で改善しておきましょう。
ホルモンバランスも整うし、調子が上がる人もおおいようです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:もりた
読者になる
2014年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/akisakinoma/index1_0.rdf