最後の笑顔… 

2006年04月27日(木) 3時40分
震えた体で泣きながら…
捨てられたあの頃を忘れられなくて…
いつの間にか

大人になった僕

振り返ればいつもそこは切なくて
重い愛でいっぱいだったよね…

愛してくれて…
たんだよね…

例えどんなに嘘をつかれても
傷つけられても平気だった…
一緒に居れたから…

儚い気持ちを押さえれば押さえる程
君と居た事を後悔してる…

永遠を信じてたから…

毎日流した涙は
今では枯れて晴れたけれど…
今でも…
忘れられないよ…

ずっと覚えてる…

最後に見た君の笑顔も…

ずっと…

忘れないから…

君の声 

2006年04月27日(木) 3時40分
安らぎさえこれで終わってしまうの…
消えた声
今でも探している…

もぅ…
君には逢えないから…
それでも

君からの電話を待ち続ける…

悲しみを抱いたこの夜に
苦しみで溢れたこの涙を…

消したくて…

張り裂けそうな胸の痛みに縛られながら
君の記憶を消そうと必死なのに…

それでもどこからか…
あの頃の君の声…

浮かんでくる…

ごめんね…

君に出会う前に戻れればいいのに…

シアワセ 

2006年04月27日(木) 3時39分
あの頃を無くした僕が座ってる…
人はシアワセを分け合う物じゃないとわかってても
信じられる物が無くて…
いつもどこかで手を差し伸べてた…

胸が苦しくて…
「助けて」の言葉は置き去りにされて…

リスカしたあの頃に未来は無く…

ただ傷の先には白い目が…

冷たい視線は僕を追いつめて
笑顔を凍らせて逝くから…

シアワセが欲しいよ
ただ平凡な一日が

シアワセになれたら
笑顔で居れるから…

シアワセを抱く事ができた時は
もぅ…

僕は消えてもいいから…

一生の恋 

2006年04月27日(木) 3時38分
君と居た季節…
まだ何もなくて…
側に居るのに
ただ見てる事しかできなかった…

初めて君に触れた時
君はすごく照れながら笑っていたね

嬉しかったよ…

あの頃の道…
歩く度に涙が溢れるよ…

切なくて…

もう戻れないと
思うと…

何もかも忘れたくて…

君に出会ったことを消したい
思い出も全部捨てたくて…
必死になってた僕に
愛なんてどこにあるんだろぅ…

君に僕の涙が届くなら
受け取ってください…

僕の涙が枯れた時
君の温もりでずっと笑顔になれるから…

永遠の傷… 

2006年04月27日(木) 3時38分
傷を負った僕の腕に
残る過去の辛さが…

曖昧な時間の痛みが
僕の胸を縛ってゆく…

サヨナラしなきゃ…
後悔するから…
二度と戻れないから
想いを閉ざすから…

離ればなれなら…
寂しさを消したいよ…
好きになる事さえも
できなくなるよ…

消えた華 

2006年04月27日(木) 3時37分
あの頃のように笑えたなら…

君を思い出さなくてすむのに…

いつも僕の側に居て
喧嘩した日もあったけど
君の温もりでしあわせになれた…

今でも…
君の居ない事実が信じられなくて…

寂しさが儚くて…

側に…
居たのに…

もぅ…
笑えない…

いつか笑って思い出を話せるようになった時

また君に逢えるかな…

 

2006年04月27日(木) 3時36分
戻れない…

君を失い…
僕は忘れられて…

しまうのかな…

思い出を伝う涙は
今でも儚くて…

何もかも失うなら
この身を捨てたい…

出会ったあの日から
別れに気づいてたよ

もう逢えないことも…
それでも死ねなくて…

冷めてほしくなかったら
無理してがんばってたことも
今では…

意味が無くて…

君が居なくなったあの日から…

君との思い出を一つずつ思い出してるよ

あの頃の思いは
決して…

忘れないから…

寂しさ抱いた今でも
忘れる事はできないから…

僕のたった一つの…

君だから…

想い出 

2006年04月27日(木) 3時35分
別れの辛さを知っていたから…
いつもお互いが見えなかった

些細な事で喧嘩をしていたね
この想いに気づいてほしかった…

忘れられなくなるから…
別れの言葉聞きたくなかった…

「戻りたい…」

あなたと居る時もあの人を思いだしてた…
君と居る時もあの人が浮かんでいて…

辛くて…
寂しくて…

目の前が真っ暗になってた…

悲しみを抱きながら
忘れられない思い出に潰されて


傷つけあったあの日や
泣いて慰めあったあの日…

今でも…
変わらないから…

変われないから…

寂しさを紛らわしたくないから…

自分に嘘は…

つきたくないから…

In despair 

2006年04月27日(木) 3時31分

終わって消えて…
大切な想いを…

無くした僕は…

サヨナラの後に後悔をしたよ…

儚い気持ち抑えながら
震えた手で
あの頃をなぞる…

いつも帰らずに
僕の側に居た君
喧嘩して流した涙も二人を包み…
幸せだったあの頃…

別れの涙を抱き寄せながら
今の僕には夢を無くした…

後悔の痕に…

「ありがとう」の言葉が切なくて…

好きだから…
離れなきゃいけなかった…

あの優しい目…


もう一度だけ…


2006年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:akiramecyadame
読者になる
Yapme!一覧
読者になる