ほっと一息。と、缶バッジなどなど。 

November 29 [Tue], 2016, 18:12
土曜日のトークイベントを終え、ほっと一息。
一気にたくさんの人に合いすぎたせいか、なんだか整理のつかない心持ちで宿にたどり着きました。

疲れもあって、日曜は予定のバスを早めに変更して帰宅。
まだ個展は終わっていないけれど、ちょっと休息が必要な感じで。

今日は以前描いた吾妻川の現場へ立ち寄ってみました。

川面に映る陽光が眩しくきらめいていました。

やっぱり故郷はいいな。

そう、今回の個展はカタログのほかに、3種類の缶バッジの販売も開始しました。

画像デザインはあえて前回の個展の作品にしてみたのですが、反応がよければ今後ほかのデザインも作ってみようかなとも思っていますが、未定です。

それから、中之条ビエンナーレの公式サイトにも個展等の展覧会情報を掲載していただきましたので、こちらも覗いてみてください。
http://nakanojo-biennale.com/exhibition-info/6504


先日日曜日、帰路つくまえに、東京都庭園美術館で開催中のクリスチャン・ボルタンスキーの展覧会を見てきました。

瀬戸内の豊島の心臓音のアーカイブで感動したのを思い出しながら。


スカイツリーと、アーティストトーク満員御礼。 

November 26 [Sat], 2016, 23:32
昨日から再び都心に入り、今日は14:00からアーティストトークを開催しました。

30分くらい前にはあまり人がいなかったので、これはあんまり来てもらえないかなぁと心配したのですが、開始時間には会場いっぱいになるくらいに入場してくださったのでほっとしました。

今回はスライドを使ってお話したのですが、一カ所動画の音声が出なかった部分はあったものの、予定していた時間で収めつつ話せたので、ペース的には良かったかなと。
まぁ、内容は・・・どのように感じていただけたかは気掛かりですけれど。

ともあれ、浅間山の制作過程や現場の画像などを紹介したり、スペイン滞在中の話やアントニオ・ロペスのインタビュー動画などを交えながら、現地での出会いや制作についてお話させていただきました。

多方面から色々な方が来てくださっていたので、ご挨拶も出来ず終いのかたも出てしまい申し訳なかったのですが、この日に合わせてお越しいただいたこと、心より感謝申し上げます。

というわけでトークイベントは終了しましたが、個展はまだまだ続きますので、お時間ある際にご覧いただければ幸いです。

来週末には茅場町のGallery Suchiでのグループ展も始まり、12月3日(土)にはこちらでも僕のトークイベントがあるので、少し違った内容も交えつつお話できれば良いなぁと思っています。

いやぁ、今日はいっぺんに色んな人に会えました、感謝感謝です。


スカイツリー、大きいんだか小さいんだか。不思議な感覚。



予想外の雪と、個展開催のお知らせ。 

November 24 [Thu], 2016, 19:10
先日、11月22日より個展『Beyond -Madrid-Gunma-|文化庁新進芸術家海外研修報告展』@彩鳳堂画廊が始まりました。

前日に展示作業を終え、初日を迎えたわけですが、まだ自分では冷静に見ることが出来ないままでいます。

もう少し時間が必要かなと。

で、今回は出品作品と研修報告書(一部抜粋)を収録したカタログが発行されました。

会場で販売しておりますので、お越しになった際にお手に取ってご覧いただき、ご購入いただければ幸いです。

そして、今週末26日(土)午後2時〜トークイベントを開催します。
展示作品についての制作にまつわる話や、スペイン滞在中の体験談など、スライドを交えながらお話できればと考えていますので、ご興味あるかたは是非ご参加くださいね。

さてさて、今日は11月としては異例の大雪でしたね、おかげでアトリエから出られずにおりました。

ま、篭らずにはいられない状態だったので、トークの準備をするにはよかったんですけれどね。

というわけで、パワーポイントと格闘中の一日でした、いや、です。

みなさんのお越しをお待ちしております。


秋の彩りと、定点観測展のお知らせ。 

November 16 [Wed], 2016, 8:54
日に日に秋の色が深まり、遠くに見える山には白薄化粧が見られるようになってきました。

画像は、アトリエから少し山に登りかけたところにある、十二が原という地域の大木。
今年1年を振り返るような色付きで、冬を迎える準備をしていました。


さて、個展まであと一週間を切りました。

色々と準備を進めながら、最後の小品に手を入れています。

そんななか、個展に先駆けて、明日より開催される『定点観測展』@桐蔭学園アカデミウムに参加出品します。

定点観測をテーマに行われるこの展覧会は、東日本大震災後の変化を写真で追った作品や、さまざまな場所やものを定点観測的に表現した写真作品などを中心に紹介する内容になっています。
そのなかで、唯一絵画の分野で出品することになったのが、3年かけて一本のりんごの木を描いた『Rebirth−果樹について−』(2009-2012)。
これまでに、中之条ビエンナーレ2011や個展Rebirth(2012)などに出品してきたこの作品ですが、できるだけ現場に通い、現実の様々な変化も描きたいと思いながら自分なりに時間軸を意識して取り組んだ作品なだけに、こういった切り口の展覧会にピックアップされるのは嬉しい限りです。

ちょっと行きにくい場所ですが、個展と平行して12月10日(土)まで行われますので、気になった方は足をお運びいただければ幸いです。

ちなみに、Rebirth油彩作品に加え、中之条でも展示したリンゴ立体作品の一部や、リンゴの花のスケッチ、制作現場で撮影された制作風景(撮影:高橋準)なども展示予定です。


展覧会名:定点観測展

会  期:2016年11月17日(木)〜12月10日(土) 10:30~17:30(最終入館17:00)※日祝休

会  場:桐蔭学園アカデミウム・ソフォスホール
     〒225-8502 神奈川県横浜市青葉区鉄町1614http://toin.ac.jp/info/access/

出品作家及び展示内容:
□萩原朔美(映像作家・演出家・エッセイスト)
□小松透(写真家)
□齋藤大輔(カメラマン)
□水野暁(画家)
□定点観測「スカイツリーができるまで」
□宇宙からみた、ある都市のうつりかわり|人工衛星「だいち」がとらえた画像
□桐蔭学園の定点観測

こちら展覧会情報でも紹介していますのでご覧ください。http://akiramizuno.p1.bindsite.jp/pg44.html

さて、個展準備も大詰め、来週22日(火)@彩鳳堂画廊スタートです。
カタログも販売しますので、是非会場へお越し下さい。

諸々の準備と、雑誌掲載のお知らせ。 

October 22 [Sat], 2016, 9:17
今朝はだいぶ冷えましたね、ここ群馬奥地ではそろそろ暖房が必要です。

さて、個展まであと1ヶ月。
諸々の準備を進めています。

DMが仕上がったので発送作業に取り掛かりつつ、カタログデザインの打ち合せや掲載用文章のまとめなどなど。

それから、先日20日発売の月刊美術11月号のアトリエ寫眞のコーナーに、群馬のアトリエで撮影していただいた写真や作品、コメントや個展情報などを掲載していただいています。

巻頭特集では山形の教え子たちも掲載されていますので、お手に取ってご覧いただければと思います。

諸々こなしながら、小品の制作も頑張ろうと思います。


寄り道と、秋の情緒。 

October 16 [Sun], 2016, 0:09
今日は友人知人の展覧会を見に都心へ。

芸術の秋という名にふさわしく方々からDMが届いていたので、今日はギャラリー巡りをすることにしました。

先ずは池袋から見始めて、神保町、日比谷・銀座界隈、茅場町へ。

一通り見終わってみると思いのほか帰りのバスまで時間があったので、最後に六本木に立ち寄りました。



ちょうど東京タワーの横にまぁるい月が出ていて、素敵な秋の夜空を見ることができました。
意外にも、こんなところで秋の情緒を感じられる光景に出くわすとは。
寄り道はしてみるもんですね。

六本木ヒルズに入り、森美術館で開催中の「宇宙と芸術展」を見てみることに。
気にはなっていたんですけどね、なかなか見るタイミングがつかめなくて。

中でも気になったのは、一見ペインティングonフォトかと思った巨大な絵画作品や、いつの時代だったか忘れちゃいましたけど昔の望遠鏡と、当時それを使って月面を描写した作品などが。
チームラボの映像も楽しめましたよ。

帰宅するとデザイン事務所からお願いしていた作品サンプルが届いていてチェックを。
良い感じに出ているものもありそうです。

明日は朝から高崎で仕事なのでもう寝ないと。

良い展示に出来るといいな。


秋の訪れと、澄んだ空。 

October 10 [Mon], 2016, 19:42
一気に秋らしくなってきましたね。

さて、昨日は高崎で仕事のあと、デザイン事務所で打ち合せ。

相談を持ちかけた作品もだいぶイメージに近づいてきた感じです。

帰り道、立ち寄ったスーパーの駐車場から見た空が、やけに寒そうに澄んでいました。

実際風も強くて寒かったんですけどね。

今日も高崎の仕事帰りに立ち寄ったのですが、脇を通る道には榛名山方面から下ってくる車が列をなしていました。

世間では連休だったんですもんね、山は綺麗だったろうな。

今年は冬期閉鎖になる前に草津白根ラインを通ってみたいなぁと思ってはみるものの、行けるかどうか。

とにかく、個展に向けて準備を進めたいと思います。


あのシベリアと、館林美レセプション。 

October 08 [Sat], 2016, 19:08
今日は午前中、新たな小品を制作し始めました。
個展に間に合うかな、いや間に合わせないとですね。

午後は今日から館林美術館で始まった「大地に立って空を見上げてー風景のなかの現代作家」展のオープニング・レセプションに出席するために一路東へ。

知り合い作家の秋山さやかさんが出品していて、レセプションの案内をいただいていたのでした。

向かう途中、北関東道内PAのコンビニに寄ったら、なんと”シベリア”が売っているではないですか。
風立ちぬで登場したあの”シベリア”です。
今まで売っているのをみたことがなかったので迷わず購入。
想像していたものにかなり近い味で、結構な甘さでしたが、好みの味でした。

さて、美術館に到着し入り口に向かって歩いていると、敷地内の池に立派な鯉が。
みんなエサをあげているのかよく肥えて懐いている様子。

秋山さんは今、さいたまトリエンナーレにも出品していて、僕が返信した手紙も作品の一部になって展示されているとのこと。
そっちはまだ見に行けてないのですが、先日知り合いが見に行って”見つけたよ!”と言われ、何も伝えてなかったのによく見つかったなーとびっくりしたのでした。
どんな作品になっているのか見に行くのが楽しみです。
これからさいたまトリエンナーレに行かれる方は、作品を鑑賞する際に探してみてくださいね。

せっかくなので美術館前で秋山さんと一枚。

今月は館林に滞在して作品を制作し続け、展示空間のなかで日々変化や増殖をしていくのだそうです。

こちらも興味深い内容になっていますので是非。
http://www.gmat.pref.gunma.jp/ex/ex_next.html


季節の移り変わりと、様々な人生。 

October 08 [Sat], 2016, 0:41
昨日の午前中、なぜかそわそわしてアトリエから出たくなってしまったので、午前中を使って久々に浅間に車を走らせました、ひとまず作品の完成を山に報告といった感じも兼ねてということで。

制作していた場所は老朽化もあり一部が破損していました。
冬の雪や風雨も激しい土地ですからね。

でもやっぱり山の存在は凄かった。

制作のときお世話になっていたドライブインで早めのお昼を食べ、現地スタッフにご挨拶。

制作を通して関わりが出来ることに感謝です。

明けて今日は諸々あって都心へ。

先ずは都庁付近で所用があり、西新宿へ向かいました。

こっちはこっちで、人間がこんなの建てちゃうんだから凄いなと。

スーツを着た人たちに紛れながら歩きました、いろんな人生がありますよね。

その後、個展用印刷物等の打ち合せで京橋へ。

制作の合間を縫って色々やらなきゃな、文章もそうだし。

地元のバス乗り場付近では稲穂が頭を垂れていました。

そろそろ稲刈りの季節ですね。

新米で納豆を食べたい気分です。


また雨の日々と、作品の集荷。 

October 05 [Wed], 2016, 17:20
やっと晴れたかと思ったらまた雨。。いったいどうしたんでしょうね、今年は。

さて、今日は来月から始まる個展のためにずっと煮詰めてきた作品たちの集荷でした。

会期までまだ1ヶ月以上あるのですが、カタログ作成のための撮影などもあり、このタイミングでの引き渡しとなったのでした。

昨日夜や今朝も最後の足掻きで加筆したりしていたので、未乾燥の箇所もありつつ、画面に触れないような形でなんとか梱包。

これで大きめな作品はアトリエから出ていってしまったので、なんだか寂しい感じではありますが、また新たな作品をスタートさせるには必要な出来事でもあります。

とはいえ、個展に展示する小作品はここからが山場なのでまだまだ気が抜けないんですけれど。

カタログ用の文章もまとめないとな。

諸々含め、良い展示に出来るよう頑張りたいと思います。


月別アーカイブ
Yapme!一覧
読者になる