謹賀新年2017。 

January 04 [Wed], 2017, 22:13
2017年、明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、年が明けて4日目。
年末年始も仕事が入っていたりちょこちょこ描いていたりしたので、あまりゆっくりした感じでもなかったのですが。
しかし元日はなんにもやる気が出ずぐだぐだの一日でしたね。

それでも元日の午前中、初詣にはいきましたよ。

小さい頃の遊び場だった近所の神社。

大晦日の夜から元日にかけては、毎年地域の人が集まって火を焚いたり甘酒を振る舞ったりするのですが、この日夜が明けてから行くと一組の子ども連れが居たくらいで、いわゆる”初詣”っていう賑わった感じはしなかったのですが、でもかえって落ち着いてお参りできたのでこれはこれでいいかなと。

今年一年のお願いごとをして2017年に入りました。


今年はグループ展中心ですが、色々と予定が入ってきているので頑張りたいところです。

先ずは3月スタートの島屋の小品巡回展が最初なのですが、締め切りが今月いっぱいなので結構なペースで描かないとなんです。
年末に描き始めていたものと、新たに今日描き始めたもののどちらかを出品することになりそうですが、いずれにしても今年最初の制作なので、新鮮な気持ちで取り組みたいですね。

小品展とはいえ、110周年記念に掛けた展覧会ということもあり、大御所も含め出品作家の数も多く図録も作るみたいなので楽しみです。

もう少ししたら展覧会情報にUPしていきますので、お楽しみに。


山肌の美しさと、微笑ましい便り。 

December 25 [Sun], 2016, 17:46
ここのところ、気分転換と健康のために時々ウォーキングをしているんですが、冬ならではの澄んだ空と夕空のグラデーションが目に映えます。

陽光の当たった遠方の山肌が美しく浮かび上がっていました。

昨日は地元新聞の取材で、富岡市立美術博物館に行ってきました。
もっと遠い印象だったのですが、榛名山の裾野をいつもと逆回りで向かったら1時間ちょっとで到着できました。
改めてあの辺りの風景を見ながら走っていたのですが、赤城山や妙義山、遠方に浅間山まで見えるロケーションで、なかなか贅沢な地域だなぁと。

来年に向けての新春企画で、あるコレクターとの対談形式の取材だったのですが、掲載は来年1月後半になるようです。

地元群馬の方はお楽しみに。


さて、なんとも微笑ましい便りが届きました。

先日、個展と平行して参加出品していた『定点観測展』@桐蔭学園アカデミウムでのひとコマの様子です。

小学生の授業でしょうか、引率の先生率いるこどもたちが僕の絵の前で質問をしたり、メモをとったりしている画像が送られてきました。

こうやって自分の手を離れたところで、いろんな人に見てもらったり話題にしてもらえたりすることは、制作者側として非常に嬉しいことですし、描き続ける励みになりますね。

今年もあとわずかですが、来年も良い作品を見ていただけるよう頑張ろうと改めて思ったのでした。


個展終了と、これからに向けて。 

December 20 [Tue], 2016, 21:45
先日17日(土)をもちまして、個展Beyond -Madrid-Gunma-は無事終了いたしました。

方々より沢山の方々にお越しいただき、心より感謝申し上げます。

今回の個展は色々な意味で節目のようなものだったので、僕にとって大事なイベントでもありました。

文化庁派遣の報告も兼ねていたこともあって、今までの自分から一歩でも前へ展開させたいという想いも強く、自分なりの実験や挑戦も意識して取り組んだつもりではあります。

自分でも何度も展示を見ることで、良い部分も悪い部分も含め自己確認出来たことや、これからの課題も見えてきた気がするので、そういった意味でも良い機会だったなと感じています。

また、ご覧いただいた方から様々なご意見をいただき、ひとり制作しているだけでは得られない大変有意義な期間となりました。

なかでも、「感動しました」という言葉を幾人かの方々にいただき、画家としてこれ以上ない嬉しい感想を耳にすることができました。
上手いとか面白いとか、そういうことを通り越した、人の心に届くようなものを作りたいと常々思っているので、その想いが少し届いたのかと思うと、描いていてよかったと本当にそう思います。

まだまだ道半ばではありますが、これからも良い作品を作れるよう精進したいと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


というわけで、個展は終了となりましたが、なんだかんだとやることは出てきて、あまりゆっくりはしていられないんですけどね。

来年の展示に向けての制作もぼちぼち始めなければと思いつつ、今日はPCに向かったり年賀状に手を出したりしています。

どこか暖かいところへ旅でも行きたいものですね。


情緒ある雪景色と、明日の個展最終日。 

December 16 [Fri], 2016, 23:30
昨日から再び山形だったのですが、雪も降っていて寒いこと。

平らな靴底のせいもあってか、道路や大学の階段がツルツルで腰が引けてました。

寒いのは苦手ですが、雪景色はなんとも情緒を感じますね。

画像は雪に消え行く風景。

かすかに見える遠景とグレーの世界がたまりません。


今日は午前中講義があって、1時間ほど自作についてプレゼンをしたのですが、なかなかやっぱり喋り下手もあるので思ったようには行きませんね。

一人でもなにか引っかかってくれた学生がいたら嬉しいのですが。

その後駆け足で大学を後にし、一路東京へ。

夕方からの在廊でしたが、何人か知り合いにも会えて良かったです。

しかし東京は人が多い。


そして今日は両国に泊まっています。

国技館などもあるせいか、外国人旅行者がけっこういますねこの辺り。


さてさて、明日は個展最終日を迎えます。


魅力的な場所と、今週末までの個展。 

December 14 [Wed], 2016, 19:00
先週末は浅草橋に泊まっていました。
土曜の朝、日本橋経由で画廊に向かっている途中に島屋の隣に大きなビルが建設中で、重厚な建築物に陽光が反射しなんとも異様な存在感を放っていました。

何ができるんですかね。


で、少し時間があったのでMARUZENで立ち読み。

旅雑紙TRANSITの奄美特集を見ていたら行ってみたくなってしまった。
もともと生物や自然に興味がある僕にとって、アマゾンとか琉球とか、そういった場所はなんとも魅力的に感じるんですよね。
それにこの雑誌の写真、良い感じだからなおさらのこと。

まぁ、そんな夢の断片を片隅に残しつつ、個展会場に向かったのでした。

個展も残すところあとわずか。

明日からは再び山形ですが、明後日金曜の夕方以降と最終日土曜は会場に居る予定ですのでよろしくお願いします。
みなさまのお越しをお待ちしております。


雪の山形と、再び上京。 

December 08 [Thu], 2016, 22:40
昨日は久々に山形へ。
1年生の人体ドローイングなどを見てきました。

4年生は卒業制作の大詰めに向かって頑張っている様子でした。

夜に専任の先生とご飯を食べていると大粒の雪が降ってきてびっくり。

今朝はうっすら雪化粧の山形風景。

午前中に宿舎を出て、新幹線に乗り込み東京へ移動。

しばらくぶりに駅弁のど真ん中弁当をいただきました。が、値段が上がっててこちらもびっくり。

これまでも躊躇していたのに、なかなか食べづらくなっちゃうなぁ。

そんなこんなで今日から10日土曜日まで在廊しようと思います。

ほかの展示を見に出ていて不在にすることもあると思いますが、見当たらない場合は画廊の方に一声おかけくださいね、すぐ戻れる距離にいる場合もありますので。


そう、先日さいたまトリエンナーレの大宮の会場で展示されている、秋山さやかさんの作品を見に行ってきました。

僕の返送した手紙はこんな感じになってました、すごい。
さいたまトリエンナーレ会期は今月11日(日)までですので、お近くの方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

僕の個展会期は来週17日(土)までです、みなさんのお越しをお待ちしています。

ほっと一息。と、缶バッジなどなど。 

November 29 [Tue], 2016, 18:12
土曜日のトークイベントを終え、ほっと一息。
一気にたくさんの人に合いすぎたせいか、なんだか整理のつかない心持ちで宿にたどり着きました。

疲れもあって、日曜は予定のバスを早めに変更して帰宅。
まだ個展は終わっていないけれど、ちょっと休息が必要な感じで。

今日は以前描いた吾妻川の現場へ立ち寄ってみました。

川面に映る陽光が眩しくきらめいていました。

やっぱり故郷はいいな。

そう、今回の個展はカタログのほかに、3種類の缶バッジの販売も開始しました。

画像デザインはあえて前回の個展の作品にしてみたのですが、反応がよければ今後ほかのデザインも作ってみようかなとも思っていますが、未定です。

それから、中之条ビエンナーレの公式サイトにも個展等の展覧会情報を掲載していただきましたので、こちらも覗いてみてください。
http://nakanojo-biennale.com/exhibition-info/6504


先日日曜日、帰路つくまえに、東京都庭園美術館で開催中のクリスチャン・ボルタンスキーの展覧会を見てきました。

瀬戸内の豊島の心臓音のアーカイブで感動したのを思い出しながら。


スカイツリーと、アーティストトーク満員御礼。 

November 26 [Sat], 2016, 23:32
昨日から再び都心に入り、今日は14:00からアーティストトークを開催しました。

30分くらい前にはあまり人がいなかったので、これはあんまり来てもらえないかなぁと心配したのですが、開始時間には会場いっぱいになるくらいに入場してくださったのでほっとしました。

今回はスライドを使ってお話したのですが、一カ所動画の音声が出なかった部分はあったものの、予定していた時間で収めつつ話せたので、ペース的には良かったかなと。
まぁ、内容は・・・どのように感じていただけたかは気掛かりですけれど。

ともあれ、浅間山の制作過程や現場の画像などを紹介したり、スペイン滞在中の話やアントニオ・ロペスのインタビュー動画などを交えながら、現地での出会いや制作についてお話させていただきました。

多方面から色々な方が来てくださっていたので、ご挨拶も出来ず終いのかたも出てしまい申し訳なかったのですが、この日に合わせてお越しいただいたこと、心より感謝申し上げます。

というわけでトークイベントは終了しましたが、個展はまだまだ続きますので、お時間ある際にご覧いただければ幸いです。

来週末には茅場町のGallery Suchiでのグループ展も始まり、12月3日(土)にはこちらでも僕のトークイベントがあるので、少し違った内容も交えつつお話できれば良いなぁと思っています。

いやぁ、今日はいっぺんに色んな人に会えました、感謝感謝です。


スカイツリー、大きいんだか小さいんだか。不思議な感覚。



予想外の雪と、個展開催のお知らせ。 

November 24 [Thu], 2016, 19:10
先日、11月22日より個展『Beyond -Madrid-Gunma-|文化庁新進芸術家海外研修報告展』@彩鳳堂画廊が始まりました。

前日に展示作業を終え、初日を迎えたわけですが、まだ自分では冷静に見ることが出来ないままでいます。

もう少し時間が必要かなと。

で、今回は出品作品と研修報告書(一部抜粋)を収録したカタログが発行されました。

会場で販売しておりますので、お越しになった際にお手に取ってご覧いただき、ご購入いただければ幸いです。

そして、今週末26日(土)午後2時〜トークイベントを開催します。
展示作品についての制作にまつわる話や、スペイン滞在中の体験談など、スライドを交えながらお話できればと考えていますので、ご興味あるかたは是非ご参加くださいね。

さてさて、今日は11月としては異例の大雪でしたね、おかげでアトリエから出られずにおりました。

ま、篭らずにはいられない状態だったので、トークの準備をするにはよかったんですけれどね。

というわけで、パワーポイントと格闘中の一日でした、いや、です。

みなさんのお越しをお待ちしております。


秋の彩りと、定点観測展のお知らせ。 

November 16 [Wed], 2016, 8:54
日に日に秋の色が深まり、遠くに見える山には白薄化粧が見られるようになってきました。

画像は、アトリエから少し山に登りかけたところにある、十二が原という地域の大木。
今年1年を振り返るような色付きで、冬を迎える準備をしていました。


さて、個展まであと一週間を切りました。

色々と準備を進めながら、最後の小品に手を入れています。

そんななか、個展に先駆けて、明日より開催される『定点観測展』@桐蔭学園アカデミウムに参加出品します。

定点観測をテーマに行われるこの展覧会は、東日本大震災後の変化を写真で追った作品や、さまざまな場所やものを定点観測的に表現した写真作品などを中心に紹介する内容になっています。
そのなかで、唯一絵画の分野で出品することになったのが、3年かけて一本のりんごの木を描いた『Rebirth−果樹について−』(2009-2012)。
これまでに、中之条ビエンナーレ2011や個展Rebirth(2012)などに出品してきたこの作品ですが、できるだけ現場に通い、現実の様々な変化も描きたいと思いながら自分なりに時間軸を意識して取り組んだ作品なだけに、こういった切り口の展覧会にピックアップされるのは嬉しい限りです。

ちょっと行きにくい場所ですが、個展と平行して12月10日(土)まで行われますので、気になった方は足をお運びいただければ幸いです。

ちなみに、Rebirth油彩作品に加え、中之条でも展示したリンゴ立体作品の一部や、リンゴの花のスケッチ、制作現場で撮影された制作風景(撮影:高橋準)なども展示予定です。


展覧会名:定点観測展

会  期:2016年11月17日(木)〜12月10日(土) 10:30~17:30(最終入館17:00)※日祝休

会  場:桐蔭学園アカデミウム・ソフォスホール
     〒225-8502 神奈川県横浜市青葉区鉄町1614http://toin.ac.jp/info/access/

出品作家及び展示内容:
□萩原朔美(映像作家・演出家・エッセイスト)
□小松透(写真家)
□齋藤大輔(カメラマン)
□水野暁(画家)
□定点観測「スカイツリーができるまで」
□宇宙からみた、ある都市のうつりかわり|人工衛星「だいち」がとらえた画像
□桐蔭学園の定点観測

こちら展覧会情報でも紹介していますのでご覧ください。http://akiramizuno.p1.bindsite.jp/pg44.html

さて、個展準備も大詰め、来週22日(火)@彩鳳堂画廊スタートです。
カタログも販売しますので、是非会場へお越し下さい。

月別アーカイブ
Yapme!一覧
読者になる