日曜美術館と、故郷の景色。 

May 19 [Fri], 2017, 23:06
草木が萌える良い季節になってきました。

さて先日14日、日曜美術館が放送されました。

”見たよ”と、たくさんの方々からご連絡いただき嬉しかったです。

僕自身その日は高崎で仕事だったのでリアルタイムで見られず、録画をあとで見たのでした。

展覧会場での井浦さんたちとのトークでは、ちょっと緊張気味でしたが、。

ともあれ、番組全体として良い感じに流れていてさすがディレクターのおかげです。

母のシーンでは揺れている状態のときが映されましたが、最後にインコと戯れる場面で調子のいい時も出ていたので救われた感じがしました。

しかし、日々調子の波が激しく読めないので、この病との付き合いはなかなか難しいのですけれど。

それで、あの日はちょうど母の日だったので、いいプレゼントになったかなと思っています。


ここのところ制作モードに戻っていて、昨年末から始めた夕方のウォーキングも再開しました。

このあたりでは今田植えの時期を迎えていて、蛙たちの鳴き声があちこちから聞こえてきます。


明後日5月21日日曜日の午後8時〜8時45分、NHK Eテレで日曜美術館の再放送があります。
前回見逃した方、もう一度見ていただける方、ぜひよろしくお願いいたします。http://www4.nhk.or.jp/nichibi/x/2017-05-21/31/10862/1902720/
僕も今度はリアルタイムで見られるかな。


渋い具合と、縁起が良さそうなかたち。 

May 13 [Sat], 2017, 22:03
今日は一日たんと降りましたね。

さて、いよいよ明日放送です、日曜美術館。

今日は、明日の番組出演の紹介を、地元群馬の上毛新聞に掲載していただきました。
しかも若き日の井上陽水の写真記事の下。渋く良い具合です。

載ってるよ〜、と知り合いのおばちゃんが持ってきてくれました、ありがたい。



明日、14日朝9時からEテレです。http://www4.nhk.or.jp/nichibi/x/2017-05-14/31/6229/1902720/

アトリエの周りを眺めていると、クローバーのなかに四つ葉を見つけました。

虫食いだけど、縁起が良さそうなかたち。


締めの講評会と、余韻に浸る山形夜景。 

May 09 [Tue], 2017, 23:28
さて昨日は高崎で仕事の後、再び山形へ。

今日が締め日。担当している授業の講評会でした。

みんな結構頑張ってくれて、僕も良い刺激をもらいました。

夜は学生たちが企画してくれて打ち上げを。
明日が誕生日なのですが、そのサプライズも用意してくれて感激です。

宿舎へ戻る途中でちょっと寄り道。

今日の色々を思い浮かべ、余韻に浸りながら山形夜景をしばらく眺めていました。

これでしばらく山形とはお別れなのでちょっと寂しいですが、また後期に来るのでその時を楽しみにしたいと思います。


それで、プレゼントしてもらった不二家のロールケーキが予想打にしない美味しさでびっくり。

こんなロールケーキがあるんだ、と宿舎でぱくついています。


日曜美術館収録と、ゆさゆさする巨木。 

May 07 [Sun], 2017, 21:15
GWも今日でおしまい、といっても特にGWらしいことはしなかったなぁ。

さて、今度の5月14日日曜日朝放送のNHK Eテレ日曜美術館に出演することになり、昨日は最後の収録で平塚市美術館へ行っていました。

制作現場はもう撮影済みだったのですが、昨日は司会の井浦新さん、橋美鈴さん、平塚市美術館館長代理の土方明司さんたちと、『リアルのゆくえ』展会場を巡りながらそれぞれの作品も前でトークをするシーンの撮影でした。

慣れないことなので緊張しましたが、始めての体験もあり良い経験でした。

メイクさんに撮影用メイクをしてもらったこと。こういう感じなんだぁと。

ちゃんと喋れたのかが心配ですが、あとは放送を見るしかないので待つことにします。

以下、番組情報です。

◎NHK Eテレ日曜美術館『見つめる眼 震える心|由一、劉生、ニッポンの写実画のゆくえ』
放送日:2017年5月14日(日) 午前9:00〜9:45
再放送:2017年5月21日(日) 午後20:00〜20:45
http://www4.nhk.or.jp/nichibi/x/2017-05-14/31/6229/1902720/

そうそう、この画像は収録後にふらっと立ち寄った平塚八幡宮。

池のほとりの巨木がゆさゆさしてました。


木々の芽吹きと、移動距離。 

April 25 [Tue], 2017, 23:40
群馬に帰ったらだいぶ木々の緑が芽吹いてきていました。

さて、昨日は高崎で仕事のあと、太田市美術館・図書館の開館レセプションに行ってきました。

とても面白い建物で、美術書が沢山収蔵されていて魅力的な美術館です。
明日から一般公開されるみたいなので、興味がある方は足を運んでみてはいかがでしょうか、ちょっとアクセスしにくい場所だけど、駅には隣接していてわかりやすい感じです。

しかし昨日は色んな人に会ってちょっと混乱気味でした、まぁたまには必要なんでしょうけど。


そして担当授業3週目ということで、今日から再び山形へ。

今月は移動距離が半端ないです。

あと、彩鳳堂画廊で開催中の彩樹会は今週28日(金)までです。http://saihodo.com
よろしくお願いいたします。

厳かな空間と、ザ・日本海。 

April 23 [Sun], 2017, 21:25
山形2週目の授業を終え昨日帰ってきたのですが、専任の先生に”湯殿山に行ってみるといいですよ”と伺ったので、今回はそのあたりを回ってくることにしました。

湯殿山は月山のちかくにあって雪深く、まだこんなに雪があって道路が通れず辿り着けませんでした。

諦めかけてドライブインに寄ったら、注連寺と大日坊には行けるとのこと。
両方のお寺とも即身仏が安置されているお寺です。

日本でも珍しい即身仏ですが、山形にはその多くが集中しているらしく。

お寺の方に色々と説明していただきながら、境内を拝見。

個人的には注連寺の厳かさが良かったです。

天井には、今平塚市美術館で一緒に展示をしている木下晋さんの作品が奉納されていました。

なるほど、これかぁ。と思いながら鑑賞。

寒かったけど、行って良かったぁと噛み締めながら、鶴岡経由で新潟へ抜け群馬を目指しました。

海岸に出ると波も荒く、ザ・日本海って感じの光景でした。

なかなかの遠回りだったので、腰が痛くなってしまったけれど、良い気分転換になりました。


学食の味わいと、微笑ましい光景。 

April 21 [Fri], 2017, 21:30
今週も山形に来ていて、天気も悪く寒い日が続いていたのですが、ようやく晴れ間が覗きました。

今日は月山もよく見えていました。

さて、担当している細密表現の授業も折り返し地点。

ということで、中間講評も兼ねて制作途中の作品を並べてそれぞれ自己確認をしてもらいました。

それと、今、平塚市美術館で開催中の『リアルのゆくえ』会場で流れている映像の鑑賞を。

少しでも良い刺激になれば良いなと思っています。

そして久々の学食ネタを少し。

今日のA定食はサーモンのなんとか・・・だったかな、味はもちろんのこと盛りつけも美しく、眼と舌で美味しくいただきました。

これで410円とは、素晴らしいのひとことです。

そして最後の画像は。。。

お昼休みに、だるまさんが転んだをしている学生たち。

なんと平和なんでしょう。

面白くも微笑ましい光景。

僕も学生時代いろいろやったなぁと、回想してしまいました。

若いって素晴らしい。


リアルのゆくえ|橋由一、岸田劉生、そして現代につなぐもの 

April 17 [Mon], 2017, 13:21
一気に暖かくなってきましたね。

さて、先週土曜日から平塚市美術館で『リアルのゆくえ|橋由一、岸田劉生、そして現代につなぐもの』が始まりました。

金曜まで山形にいたのですが、なんとか初日には会場に行くことができました。

車の走行距離が半端ない、なんだか運転しすぎて変な感じです。

初日には巡回展が行われる4館の美術館の学芸員によるリレートークがあるということで会場で聞き始めたのですが、現代作家で会場に来ている場合は本人が一言、ということになったので手短かに少しお話させていただきました。

展示会場は2階なのですが、1階中央部分に関連映像が流れているので、こちらも是非ご覧いただければと思います。

浅間の現場映像なども含まれています。

閉館後のレセンプションのあと、2次会で大衆焼肉という焼肉屋へ大人数で流れ込みました。何人居たんだろう、おそらく20人以上いたかな。

かなり味のあるお店で、たしかジンギスカンって言ってたと思うんですが肉も美味しかったです。

その後一度ホテルにチェックインしたものの、再び少人数で居酒屋にて熱い話を。

濃い一日でした。

会 期:2017年4月15日(土)〜6月11日(日)※月曜休館
会 場:平塚市美術館
http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/art-muse/20162005_00001.html
僕は浅間山の作品「The Volcano−大地と距離について/浅間山−」を出品しています。


それから、京橋の彩鳳堂画廊http://saihodo.comでは彩樹会が開催中です。僕は新作3点を出品していますので、こちらも合わせてよろしくお願いいたします。

夢の中と、彩樹会。 

April 10 [Mon], 2017, 22:15
ここのところ何やら慌ただしく過ごしています。

それでも先週先々週は屋外制作をしている作品をけっこう進められたかなと。

さて、今日のお昼くらいだったか、南の空を見ると変な位置に虹色が鮮やかに輝いててびっくり。

幻日の一種なのかわかりませんが、なんだか夢の中にいるような、不思議な感じでした。

そういえば、こないだ渋川女子高校に行ったときの様子を写した写真をいただいたので一枚。

僕が高校生の時に描いた自画像デッサンを見せているところです。

そしてみんなジャージな訳は、お昼休みにダンス発表の練習があったそうで、着替える間もなく講義の時間になってしまったということでした。

ダンス、上手くいったのかな。

後日、講義を聞いた感想を書いてくれたものもいただき、嬉しかったですね、これからももっと頑張らねばと心に思うのでした。

そして、今日の午後群馬を出発し山形に移動してきました。

明日から担当の集中授業が始まります。

あ、それから、明後日4月12日から彩鳳堂画廊にて彩樹会が始まります。http://saihodo.com
僕は新作3点出品します、小さめな作品(8号と6号と0号)ですが、ご覧いただければ嬉しく思います。

最近の諸々と、地味に進めたい気持ち。 

March 26 [Sun], 2017, 12:04
今朝起きたら大粒の雪が降っていてびっくり、今はしとしとと雨になりました。

さて、ここのところ色々なことが平行して進んでいるので落ち着かない感があるのですが、それでも合間を縫って制作も進めたいところではあります。

そんななか、昨日おとといと都心に出て取材を2つこなしてきました。

人と話したり言葉にするっていうのは難しいですね。

ともあれ、その後喋ったことを反芻することで自分の制作にも返ってくると考えているので、良い機会でもあるのですけれど。

取材の合間を縫って、見たい展示もいくつか拝見。

ひとつは草間弥生「わが永遠の魂」

思った以上のに混んでいて、落ち着いて鑑賞できる状況ではなかったのですが、僕はやはり初期の白い編み目で埋め尽くされた平面作品が好きですね。

そしてちょっと人の多さに酔い気味で会場を後にしたのでした。

もうひとつは資生堂ギャラリーで開催されていた吉岡徳仁「スペクトル」

空間に差し込む光や、そこに満ちた柔和な大気が鑑賞者を包み込んでいるかのようでした。

繊細かつ大胆なインスタレーションは素晴らしく、色々な感覚を刺激されたような気がします。


さてさて、気付けば3月も下旬、この2週間で進められることを地味に進めておきたいところです。




月別アーカイブ
Yapme!一覧
読者になる