June 03 [Thu], 2010, 21:46
6月1日久住連山へ
16時に会社を出て長者原へ直行
山仲間3人と指山の入り口で合流。早速酒を飲み始め、近況の情報交換。20時近くで誰か分からないが、ナイトハイキングで坊がヅルまで行って雨が池コースで現地に帰って来ては、との提案で、どうせ坊がツルに行くのであれば、あたらしい小屋に泊まってはと、私が言ったら、2人が賛成。酒の勢いですぐ行動に移り、20時おぼつかない足で坊がつるめざし出発。
22時30分坊がつるに着き、またそこで酒の飲みなおし、24時小屋にて就寝。次の日は雨、曇り、晴で良くわからない天気の中で、8時30分坊がつるを出発し三股山ちょくとうコースで三股山山頂を目指し、現地滞在の1人と合流予定。10時45分山頂登頂.....今回の山行も酒の勢いでの行動であったが、過去2回は雨で山行も取り止めで、久しぶりの山頂登頂であり、楽しい山行であった。「おれたちゃバカ〜!!、おれたちゃバカ〜!!」高須賀さんの声が今日も聞こえる!

酔っぱらいの独り言

February 27 [Sat], 2010, 23:24
2月26日今日は息子の山口大学受験、二人で車で一路山口へ!!
かすかな合格を期待するとともに合格した私立大学の福岡大学でもいいかとの気持ちで山口へ!!
大切なことはこれから息子がどんな人生を歩むか、である。今後4年間はお父さんも頑張らねば!!
息子が社会人となりいずれ結婚し子供をもうけ、一緒にみんなと同じ屋根の下で酒を交わし、飯を食う生活できれば最高だ!!

February 26 [Fri], 2010, 17:03
2月22日(月)     大曲からすがもり、北千里浜経由御池、避難小屋、星生山、大曲
本日の山登りの目標  御池,昨年改装した避難小屋の観察である。朝6時30分仲間と合流。8時前に大曲に到着。
8:08分スタート。風は強いが天気快晴。!!昨年よりも雪少なく、アイゼンなく北千里浜から久住別れまで行く。
久住山の北側に樹氷が付いていた。中岳の麓の御池は完全氷結とまでは行かないが、ほぼ氷結で、登山靴でのアイススケートを楽しむ。

February 19 [Fri], 2010, 17:30
2月19日  4時28分 大曲より久住山めざし山登り
昨夜から一人で大曲でキャンプ。3時30分起床。
夜からの雪が積もり、19日朝一面雪景色。
すがもりまでの岩場の取っ掛かりから風が強く、
視界が悪く、ライトでも方向が分からず、悪戦苦闘
視界の利かない厳冬期での早朝登山は道が分からず難しい。
刺すような寒さと迷いで恐怖を感じた。
叩きつける雪と風で10メートル先視界が利かない
場所での道案内のマーカー・ケルンは非常に助かる。
今日は、暖かくなって降る雪が雨に変わるという
二十四節気の一つ「雨水」であるが、山はまだまだ厳冬期、
大曲でも−7度!多分すがもり小屋では−10度近くであっただろう。
すがもり小屋から久住山めざし、北千里まで入るが、
前を進むことができず、すがもり小屋まで引き返す。
天気が回復しそうになく、登山口まで帰るか、三股山へ
上ろうか思案の末、三股山の西峰までたどり着くが、
またまた、強い風と雪ですがもり小屋まで引き返す。残念!!
今回の山行での反省点
  装備のまずさ  フリースの手袋であったが、雪が付寒く感じる。
               30年の学生時からのお付き合いである
               オーバーミトンをザックから出す。
               但し片方のみ。きちんとそろえること!!
    
   厳冬期での早朝登山は避けること!!
    
行程  大曲(4:28)=すがもり小屋(5:44)=北千里浜
=すがもり小屋(6:50)=三股山(7:00)=西峰(7:30)=大曲(8:32)

February 15 [Mon], 2010, 12:17
2月15日  「ツキの大原則」  西田文郎日  現代書林
  以下箇条書きにて
成功者になるために一番大切なもの  -「ツキと運」 ツキとは「出会い」 、
       運とはツキの連続である
自分の力だけに頼る者は、ツキや運をつかみ損ねている
成功した人間には4つの共通点がある
       とんでもない夢を持っている
       強い熱意をあきれるほど長く持続する
       徹底したプラス思考の持ち主である
       ツキのある人間が集まってくる  ツキのなさ、運の悪さは伝染る
10年後のあなたは、今あなたが予感している通りのあなたになる
機嫌の脳はツイている
「快」と感じるか「不快」と感じるか、「好き」と感じるか「嫌い」と感じるか、
それによって脳全体の動きが、まるで違ったものになる。
天才と凡人の違いは、どれだけ好きになったかの違いだ。
成功する人間の脳には「成功するためのソフト」が入っているから、
      イヤでも成功してしまう
脳にインストールされたソフトで、人生が決まってしまう
金持ちになる人間ほど、お金はすばらしいものだと思っている
お金があり、しかもお金以上の価値を知る人間は魅力的である
金持ちになる人間を見分ける方法は、お金を大切にしているかどうかである
感謝した者の勝ち
お金にツキのある人間は、「一番人気」を買う 
 「万馬券」を当ててしまうのは、よほどお金にツキのない人間だ
お金のあるところには、儲け話が次々に来る
自分で思う「中身」より、「評判」のほうが大切である
熱意と感動は、ツイている人間を引き寄せる磁石である
ツキのある人間は、付き合ってためになる相手と付き合っている。
だからツキのある人間と付き合うときは、向上心が必要になる
ツイている人間と付き合うための方法とはー
    物ごとを強気に考えて、相手と付き合う習慣を身につけよ
    情熱を吹き込め。  情熱以上の説得力はない
    No1のイメージを持ち、いつもNo1イメージで語りかけよ
    リスクには進んでチャレンジせよ。
         相手は、 リスクなくして進歩なしを知っている
    一貫性を持って接すること
    自分のすべてをさらけ出してはいけない。
         相手の目には見苦しいだけだ
    いかなる弱みを見せるな。長所だけを相手に見せよ
    夢を見続け、夢を語り続けること。 夢のない人間は相手にされない
    相手は、不満をいう人間は弱いと知っている。
        絶対に不満やいいわけを口にするな
    人の噂話をするな。ゴシップは信用されないどころか不信感を与えてしまう
    100%自信がない話はするな。99%では0%と同じである
    謝るようなことはするな。謝罪する人は、約束を守らない人と同じと見られる
    親密すぎる交際は避けろ。親密性は信頼を失う。
         節度ある付き合いをこころがけよ
短所は、自信を持てば、他人の目には長所として映る
弱点や短所は、自慢してしまえ
100回マイナス思考になったとしても、101回プラス思考になればいい
まずいときは反省するな。反省は絶好調のときにせよ
ツイている人間は、忘れることが得意で失敗などすぐ忘れてしまう
ツイいている人間は、知らないうちツキの暗示を自分にかけている
感謝するから、その対象が素晴らしいものにみえてくる
 先祖の総数  30代前になる10億7374万1824人といる膨大な数になる
ウソもつき続ければ、いずれホンモノになる
ツイている人間は、70点取ったら70点を喜べる(加点法)                                            ツイていない人間は、90点取っても残りの10点で喜べない(減点法)
目標意識が人生を決める
私の成功を、自分のことのように喜んでくれる人がいる
自分のことだけを考えると、夢が持てなくなる
心の支えがある人は強い
人間が一番信じられないのは自分自信である。
自分を信じる一番の方法は、他人を信じることだ
人や環境に対する感謝の感情は、強い自分をつくる
「現状を超えるにはどうしてらいいか」と考え続ける人間だけが成功する
ツキのある人間の脳は、人生は楽しいものだと思っている  あとがき

酔っぱらいの独り言

February 09 [Tue], 2010, 22:40
月1回、30年付き合いとの楽しい飲み会に出席した。話の中で「サラリーマンは上司を選べない」という話が出たが、帰りの道で、実は「自分の気持ちが運命の上司を選んでいる、すなわち自分の運命を引き寄せている。」と思った。自分の「『不運・不運』を嘆くのではなく、自分の『不運・不幸』を引き寄せているのは、まさしく自分である。前向きに人生を楽しみ、前向きに生きる気持ちが大事だ。この前向きな生き方が自分の人生を切り開いていく唯一の道だと思う。-酔っぱらいの独り

February 07 [Sun], 2010, 15:19
2月6日由布岳早朝登山!出勤前のトレーニング。先月の17日に続いて2回目
朝3時45分起床。コンビ二でラーメンとパンを調達。5時16分由布岳正面より出発。
南の後方に三日月と星が出ており、気温はこの時期としてはそんなに低くはないが少し風がでており寒く感じる。先月の山行と違って中腹までまったく雪なく、足元軽くピッチも進む。マタエのしたあたりから少し残雪あり、マタエからアイスバーンが続いているが、アイゼンを使うまでではない。6時55分東峰到着。山頂まで1時間40分 生憎頂上付近ガスが掛かり、日の出を残念する。樹氷があり、湯布院をバックに山のさんご礁の写真を取る。

February 01 [Mon], 2010, 22:36
1月17日(日)朝5:30由布岳 正面登山口から登る
13日・14日2日間  久々の大雪。樹氷の最後のチャンスと出勤前に決行!!

山行

January 31 [Sun], 2010, 22:24

あきちゃんの日記1

January 26 [Tue], 2010, 0:25
今日昔の仲間といっぱい酒を交わした。みんな同世代で時間の過ぎることを忘れ、昔の良き時代を語りながらいい時間をすごした。、もう、かれこれ20年の付き合いで、若かりし頃から今の付き合いを想像できなかったが、今思えばありがたく、人生いつ誰と付き合えているか分からない。2人はもう今年還暦を迎えるとの事、。人生一期一会。感謝!感激!感動!
2010年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アッキー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1956年10月15日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:大分県
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・山登り・アウトドアー
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
P R