これこそnhk100分de名著」に関して

March 14 [Tue], 2017, 10:57


書籍のメリットは本人が操ることができるところじゃないかと思うのです。

TVドラマやシネマなどのムービーの世界も魅力はたくさんあるけどその間の時間が縛られるのと話しの切り替えに自分から追って行かなければいけない苦しさがあります。

一方で、書籍というものはフリーの時間の中でちょっとづつ読むことができ人により多様な光景がつくられる。

キャラクター1人についても100人の人間が読んだとすると100ケースの人物イメージが想像できる。

そこが書物の面白い点ではないかと思います




ここ最近デジタル方式が発達して地域密着型の書店がバタバタと店を閉鎖させている現況 

デジタル方式ではどうしても得られない感動や値打ちが書籍の中にもあるというのに、寂しいことだと思っています。

本屋の品揃えも前に比べたら落ちている厳しさ。

そんな折に非常に役立つのがここのネットショップ


検索ボタンを押すだけで買いたい書籍が瞬時に並びます。

売れ行きの良い本なんかは本屋でも並んでいるけどマイナーな書籍は見つけることも大変 



このウェブサイトはざっくりとした内容もシンプルに記されているから
、安心して買上げしました。

また、受け取るまでがあっという間なのも使える要素 



本屋でウロつく時間が無くなることと自宅にいながら手にできるような利便性は今は手放せません


書物を読むのが最近の気分転換になってるから、この先もずっと使用して行こうと思いました。

有難うございました。