税理士事務所の人事・採用

April 04 [Thu], 2013, 22:42
人事といえば採用業務を一番に思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。人事の主な仕事は「労務管理」「人材採用」の二つです。「労務管理」は社員の賃金や手当、労働時間、福利厚生などの労働条件に関する仕事です。また「人材採用」は人員が少なくなった時に外部より募集をかけるお仕事です。

つまり、人事の仕事は対人です。会社で働く人たちが問題なく仕事ができるように支える仕事と言えます。社内のすべての部署と関わりがあるので高いコミュニケーション能力が必要になります。

私が以前、働いていた会社でも、人事の方にいろいろとお世話になりました。会社上の手続きなど疑問なことを聞くとすぐに返答、円滑に業務を遂行できるお手伝いをしていただきました。その点からすると人事という仕事は違う部署からの質問にもすぐに答えられるような知識がある人が好まれると言えるでしょう。

そして「人事採用」採用には書類選考をしてその中から抜粋し面接に移る訳ですが、書類だけでは分からない人となりや会社が求める人材にマッチしているか少しの時間で見極めなくてはなりません。採用業務は会社にとって戦力となる人材を選び出すのですから、責任が重く重要な仕事です。

ある人事の人は自分が採用に関わった人が入社後に活躍している姿を見ることがやりがいを感じるといいます。重い責任の反面、やりがいのある仕事と言えます。

また応募者から見たら人事採用担当者は「会社の顔」になります。その立ち振る舞いがそのまま「会社のイメージ」になってしまうのです。会社に訪れていただいたお客様に気分良く帰ってもらうのは当たり前ですが、応募者へもきちんとした対応も必要となります。

人事の仕事は業務範囲が広く複雑なので幅広い知識が必要です。このように人事部は「人財」を管理する会社とってなくてはならない、部署といえるでしょう。

東京都世田谷区の会計事務所で働くスタッフのブログ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:honja
読者になる
2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/akimoto0331/index1_0.rdf