デブな人生 

January 11 [Mon], 2010, 15:12
雪沼は時代の波に取り残されてはいるが、よしみの道具とともに、モデストで人間らしいまっとうな暮らし方が残っている。 なんとなく思ったことなんかをダラダラと もっとまっとうな人生を歩んでいたかもしれないというか まぁ、それはないか。 警報装置にひっかかりましたが、親切なロケット団の方が飛んできて この子はまだ小学生 だし何とかまっとうな人生を送って欲しいです で。 でも彼と子捨て親の決定的な違いは、彼はきっと自分が失うものを知ったうえで、それをすべて受けとめたということ。 デブ人生を語り合えるはいないと感じ、相変わらず気楽な生活を送っているです。 分かってしまえば自明な原因だったので すがお約束で解明に時間がかかりました。 には身内と発泡ワイン飲み散らかしてました。 男さん、本当に幸せなことに、娘二人はまっとうな人生を歩んでおり、自慢できます。 もうボクもウカウカしてられない。 ドイツ ラインヘッセン地域のファルケンベルク社がミュラートゥルガウ種の葡萄から造ると名付けられたフルーティな甘口白ワインです。 結構な力仕事で、いい運動になりますよ。
P R
月別アーカイブ