ひやりはっと 

2006年09月12日(火) 21時59分
今日は、事故対策委員会????しかし対策委員会のはずがひやりはっとはたったの5枚。事故報告書は、13枚???
おかしい おかしすぎる やっぱりおかしい  俺もひやりはっとたくさん書かなくちゃいけないのに自分に甘えてた。よろしくないね〜すいません」って感じだわ。

症例さんは、認知症が強くて勝手にたってころんで大腿骨頸部骨折するし、意味もなく柵をはずして転落するし24時間監視が必要なおばあちゃんです。

転落事故が起きる何日か前に柵をはずしてねていたことがあった。しかしひやりはっとはない。たぶんひやりと感じなかっただろうしはずすことが日常でなんともおもわなかったんだろう〜そうこれは、前紹介した法則の300個にあてはまる。そしたら次は転落。柵をはずしてそこから落ちた。骨折などはなく小事故で終わった。これが29個にあてはまるうちの1つかな?

柵をもって寝ていた時に何か対策があれば、事故を防げたかもしれないと考える。貫壁に防げるとは考えない。しかしもしかしたらとおもうと悔やまれるかな

そう内の施設は、とにかくひやりはっとが少ないってかほぼ0に近い。
なんとかならないかと自分自身に問いかける

ヒヤリハット??? 

2006年09月08日(金) 22時16分
老健には、ひやりはっと・事故報告書ってのがある。フロアースタッフにはとても負担が大きい感じの仕事。まあ自分もあんまり書きたいとは思わない・こんな感じで考えているから日ごろの事故が減らない原因でもある・・・

ハインリヒの法則って知ってますか?介護保険下や医療関係者は知ってると思いますが・・・まとめると
「1つの大事故の影には、同じ原因による29の小事故と、偽性をださずにすんだ300の事故がある」
というものです。

29も同じ原因であるのです。これをひやりはっとで全員が認識したら大
事故はなくなるような・・・・

ひやりはっとや事故報告書を書くと家族連絡が必要です。この家族連絡がなかなか緊張するんです。困ったことに。
しかしこれをしないと急な大事故の場合に動揺して訴えら
れることもあるので事前にこんな危険があったので・・・みたいな連絡があると日ごろから大事故になる備えは少なからずあるかも・・・たぶん

しかしある施設は、家族連絡が入院するような事故のみ連絡とかいうバカらしい約束があります。
これは、在宅復帰をかかげる老健でやってはいけないことです・

なんでかって?家族が利用者に興味ないからです。たいてい家族連絡なしの人は、次の行く場所もなく家にかえれず、
家族もあまり面会にこない。人が多いはずです。
家族との関係をフロアースタッフが築くには、電話して話して信頼を得るしかないのです。

ひやりはっとは、たしかに大変な作業です。しかしそれを怠ってはいけないのです。自分も含めて。





爆睡・・・ぶどう狩り 

2006年09月02日(土) 22時38分
元の職場仲間とぶどう狩り+バーベキュウーにいってきたよ楽しかったわ。
おもろかったし。

まず笑ったのは、F君の尻打った事件
 ターザンみたいなタイヤにぶら下がりいざ出発・・・足が床に着き、次におしりをドーンあららもう見たられない。最後におとずれた笑。はらいて〜その後、痛くてship買ってた・・・

次は、高いところのぼり動けなくなった少女じゃなく24歳になる女性・・・笑
 怖くて足がすくんで立ち往生・・・なかなか必死な顔が印象的だったわ。

次は、ぶどう狩りの床で爆睡。女2人して。
爆睡しているのを見ながら、恥ずかしかったのは、通行人が通るたびにちらちら見てくるし
さらに後ろの子供がさわいでいたらお母さんが子供に「あそこでおねえちゃんが寝ているからあんまりそっちで騒がないの」って騒いでもいい場所・・・悪いのは、寝顔もオープンな二人に問題が・・・

そんな感じで楽しくいけましたわ。

車椅子選びは難しい 

2006年08月25日(金) 13時58分
普通型車椅子は、合う人はなかなかいない。ましてや障害をもった方が、あわない車椅子を利用することでさらに障害が悪化する場合がある。うちもそうだけど・・・
シティ-ングっていい考え方だ。自分もいまのOTの二人に会わなかったらしなかったし、考えもしなかった・・・それだけでもありがたい

患者に会う車椅子って・・・例えば自操だけを考える。長く座ることを考える。介助よう車椅子。長い距離のみ車椅子。いろいろある。小さい人に、ちいさめの車椅子購入・・・しかし机が高すぎて机も購入ってよくある話老健だと決まった規格しかなく困る。

合う車椅子を探すのは大変。自分のいすにも1時間以上座れない僕が寝すぎないためにすわってましょうと利用者に平気で言う。何もせずに3時間も座らせる。さらに後ろになにかをおいて動けなくする・・・まさに身体拘束・・・いや拷問かな笑

苦しんでいる利用者をみるのはつらい・・・それを普通におこなうスタッフの心がかわいそう


今日は休み。ナゴヤドームにいってきまうす

LOVE定額って恐ろしいささやき 

2006年08月23日(水) 22時51分
ボーダフォンのLOVE定額は、かなりお得だ。それは間違いない。さらに恋人と入るとなると、お金をきにせず会話ができる。幸せな日々だ
しかしそのLOVE定額がずしりとのしかかる瞬間がある・・・・そう別れである・・・悲慘だ


別れたshockでその月は、LOVE定額はそのまま300円を払うだろう〜そう請求書を見たときにLOVE定額の金額が・・・・315円・・・・さああなたはどうする・・・・?

周りに二人いる。一人は、OYさん。このお方は、LOVE定額を店屋で外した勇気ある人だ。
もう一人は、いまだに「315円払っている恥ずかしくそして現実逃避中のお方だ。そうYTさん。

まあこの話は終了ということで・・・

柵って邪魔? 

2006年08月15日(火) 23時01分
しているADL=ベッド周りに柵がある(リハ室・機能訓練室のベッドは柵がない)

まず柵は、安全性を高めるんものである。決して動作の初動時に利用するものではない
→柵をつかむと・・・まあ引っ張ると麻痺側の緊張があがってしまい足が上がるか・・・おしつけすぎるかのどっちかかな?

実際、柵をもって起き上がると正常な人でも力が入るしね。起き上がりの最初はもたせないほうがいいかな」???

あっちなみにもっと大事なのは目線だ。目線がへんてこなほう向いていたら起き上がりもできないよ。
とまあ今日はここまで柵の利用ってか居室での動作って難しい。。。以上

麻痺のADLって難しい 

2006年08月14日(月) 21時43分
麻痺のADLって難しい
今日は、しているADLとできるADLの違いについて

よくいわれる廃用性症候群の高齢者って、歩行(移動手段)を除いてあんまりしているADLとできるADLの差はないと思う。短い経験の中ですけど。

しかし麻痺の人ってものすごい差がある???なんで???

とりあえず今日は、視覚系・・・要は認知系に関係することから行きます。
まず人間は視覚的動物といってもいいほど、目に頼っている。
例えば、宇宙などにいった後、平衡を保てるのは人間だけといわれている・・・たぶんね
他の動物は無重力化において平衡機能がおかしくなってしまう。もちろん人間も異常をきたす。なんで平衡を保てるかというと・・・目です。目で代償よ。人間は目が発達しているからです。すごい

まあ目は大事とわかったところで、麻痺の人が例えば、段差や遠近感のわずかな違いでも過度に反応してしまい構えるような屈曲位をとるか???逃げるような伸展位の過剰な反応がでる。
これは、まったくもって人間の目が優秀な証拠です。

まあ目の話は、今後で。
例えば、訓練室で寝返りから移乗まで口頭指示で可能な方。さてしているADLは、1部介助なっている。此の差はなんですか?
→まず邪魔なものがなく集中できる。部屋では、テレビや棚・服・柵などあり様々な視覚的障害物がある。こりゃ困った。」これだけで麻痺側が過剰に動きうまく動けなくなる。
→ベッドの違い。プラットホームとベッドの硬さの違い。これはかなり違う。もしプラットホームみたいな固さで寝ると少しでも感覚が鈍麻なら褥瘡できちゃううよ笑。
この硬さは、運動しやすいようにできている。だから運動がうまくできるのはあたりまえ。あんなやわらかいとこは難しい。
→リハビリstaffの安心感。白衣の力かな。白衣着た人とただのジャージの人では、甘えや依存心・やる気が違う。後、生活の場で毎回、なんとかできる動作をやるのはしんどい
などなど様々な理由がある。

書きつかれた

片麻痺って・・・ 

2006年08月13日(日) 22時14分
麻痺の人たちの訓練や実際の生活を見ているともっとやれるんではないか?とよく思ったりする。
ここの能力・・・例えば、四肢の筋力や関節可動域などで著名な制限はない、。しかしなぜか動作レベルになるとできない。なんでだろう〜?????

不思議だ・・・

たぶん高次機能が関わっているかも・・・
重力環境の影響かな????わかんないや

介護って難しい 

2006年08月10日(木) 23時24分
今日は、ある利用者の話。

片麻痺・認知症〜これだけで厄介。リハビリでは、
起き上がり時間・・・平均10分。遅いと15分以上・・・早くても5分以上・・・

とにかく遅い・・・・

高齢者は、実際の場面(介護者が行う介護仕方)で訓練しないとADLの向上はできません。
残念ながら・・・要するに朝一番からこんなに時間がかかるのは介護にとっては業務が回らない。間違いない。しかし実際にやっていかないと能力は向上しない・・・

葛藤です。フロアーに遅いけど待っていてください=15分ぐらい見ていてください
とはいえません




困った。昔のリハビリテーションの考え方。いわゆる戦時中のリハビリテーションは

しているADL→できるADL→しているADLとなる。
若ければ、リハビリでできるようになったら勝手に日常で行うことになる。要するに訓練してよくなれば、勝手に普段の生活もよくなる。

しかし歳よりは違う

しているADL→できるADL   できるADLからしているADLにはつながらない。意欲の問題などで
ここが若い人とは違う。ようは、老健でのrehabilitationの主役はフロアースタッフなのです

もう少し自覚もて笑・・・

話がまとまんない

小さな勉強会 

2006年08月07日(月) 20時27分
毎週(月)に30分間の勉強会をやってますわ。今日はちないみに嚥下関係でした

嚥下には、先行器・準備期・口腔期・咽頭器・食道期がある。
たぶん自分がPT「としてかかわれるのは、先行期・準備期程度かと・・・

自分の担当だった人、えらいから食べたくない・めんどくさいから食べたくないとのことから経管栄養となっています。まさしく先行期のところの障害かな?認知症もある。

とにかく食べることから始めた。しかし本人が食べたくないといっているのに食べさすのは、酷である。しかし口からとってほしい・・・

うちのトップがこんなことを言った。「無理に食べさせることはない。食べたくないんなら」たしかにそのとおりだがなんで食べたくないのか考えないのでその発言はよくない・・・バカだ

なんで食べたくないのか???例えば、人前ではやだとか死にたいからとかもしかしたら対応できるものかもしれない・・・もっと利用者をみてほしいし・・・話をしてほしい。

まあ追い出された施設だから関係ないが・・・
2006年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像いっくん
» ひやりはっと (2006年09月12日)
アイコン画像ちあき
» 爆睡・・・ぶどう狩り (2006年09月03日)
アイコン画像可愛いムラちん
» LOVE定額って恐ろしいささやき (2006年09月02日)
アイコン画像まっきー
» 車椅子選びは難しい (2006年08月30日)
アイコン画像いっくん
» 柵って邪魔? (2006年08月17日)
アイコン画像ちあき
» 麻痺のADLって難しい (2006年08月15日)
アイコン画像ちあき
» 小さな勉強会 (2006年08月10日)
アイコン画像ガジュマル
» 小さな勉強会 (2006年08月09日)
アイコン画像まっきー
» 試合は明日 (2006年08月06日)
アイコン画像まっきー
» 祝移動(-_-;) (2006年07月25日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:akihiko0423
読者になる
Yapme!一覧
読者になる