今日のレッスン室から 

2017年03月18日(土) 23時24分
久しぶりの更新です。

進級・進学の時期、色々バタバタと忙しい日々ですね。
少し体調を崩し、生徒さんにご迷惑おかけしました。


教室では、来月の発表会に向けて皆頑張ってます。
こちらは、お友達同士での連弾レッスン。



まだまだ完成度は低いのですが、
小さい二人がお互いをカバーしあって演奏するその姿は
本当に感動的です。

発表会でこのペアが連弾するのは今回で三回目。
今から本番がとても楽しみです!


ちょっと疑問。

小さい子達、弾き始める前に「せ〜の、せ〜で」って言いませんか?
なんか幼稚園とか保育園とかでそう習うのかしら。

三拍子でも四拍子でも 「せ〜の、せ〜で」 笑
そのうち私も 「せ〜の、せ〜で」 笑





中々暖かくなりませんが、もう春休みですね。
鼻が詰まると耳がよく聴こえません。
早く体調を戻さないと…。


来週は元気に頑張れますように。



















「冬の夜に贈るコンサート」最終章(写真多め) 

2017年02月18日(土) 2時14分
春一番が吹いた東京です。
冬のコンサートの記事が途中になっておりますが(笑)
なんとか今回で終わるかな

本編 第二章からの続き)


開場後、楽屋に三浦真理先生が来て下さいました。
コンサート前にお手紙でやり取りしていたのですが
直接お会いするのはこの時が初めてでした。

ずっとファンだった先生にお会い出来て、
「おも銀」のソロバージョンを聴いていただけるなんて
本当に夢のようです!


開演前の影アナを頼んでいた妹も到着し、
袖でマイクの使い方やアナウンス内容を説明したり
本当に直前までバタバタしていました
これは本当に反省すべき点です…

開演を知らせるチャイムが鳴り終わり、
照明が最大になるのを待って…
舞台スタッフの「どうぞ!」の合図で、いざステージへ。



私、この瞬間が大好きなんです



袖幕の外へ出ると、お客様のざわめきと温かい拍手が…。
この日を迎えるまで、本当に沢山の人と連絡を取ったので、
「あの人は来てるかな?あの方も来てるかな?」と
色んな皆さんのお顔が浮かんできました。


ゆっくり歩きながら、まず最初に目に入ったのは…
私のフルートの最初の師匠、故・増永弘昭先生の奥様。
前から二列目の真ん中に座っていらっしゃいました。

そして、次に目に入ったのは…なんと
最前列のど真ん中、私の目の前に母親が…(笑)
な、なぜそこに…





(母と)師匠の奥様のお姿を間近に感じながら
「きっと増永先生も聴いていて下さるに違いない」と思ったら
とても自然に、落ち着いて演奏に入る事が出来ました。



そのあとは…あっと言う間でした



ドニゼッティのソナタ、精霊の踊り





桑ちゃんと、イベールを吹きました。




「おも銀」を弾き終えた長沼亜由子さん。





客席の三浦先生を紹介しています。
皆さん後ろを振り返って三浦先生に拍手を送っています。






一部を終えて袖へ引っ込むと、ホルン三輪くんが
「どうだった?」と笑顔で声かけてくれました。

「二部は楽しんでね!そうしないと、
あっと言う間に終わっちゃうから」と言ってくれた事
忘れないな〜。




そして、第二部です。



三輪くんとドップラー「リギの思い出」




桑ちゃん、恵ちゃんと3人でロンドントリオ。
ハイドンとっても楽しかった。




いよいよ最後は木五です。
桑ちゃん、三輪くん、恵ちゃん、明美ちゃんと5人で
プーランクとカルメンを演奏しました。





カルメン終了後。



この日、会場には200名を超えるお客様が来て下さり
本当に温かい雰囲気の中演奏する事が出来ました。

皆さまに感謝の気持ちをこめてクリスマスソングコレクション。








終演後、ロビーで三浦真理先生と。
アンケートでも「おも銀」特にブルーパステルが
ダントツで一番人気でした!

後輩でもあるアルソ出版の宮内順子ちゃんにも
本当にお世話になりました。
有難うございました。




出張レッスンしているフルートアンサンブルの皆さん。
小さなピアノの生徒さんも来てくれました。



とてもじゃないけれどここでは紹介しきれない程
本当に沢山の方にパワーをもらいました。

会場に来て下さった方、いらっしゃれなくとも、
温かい応援メッセージを送って下さった方、

私の幼少期を知っている近所のおばちゃん達、
地元の友人、先生、先輩、生徒さん達、
そして出演メンバーを支えてくれた方々…
本当にありがとうございました。



〜みわ木管五重奏団〜







今回、コンサートを終えてみて…。

自分は何をしたいのか、どうありたいのか、
少し先を考えて、ぼんやりでも見えてきたら
今度は言葉にしてみる。

私は、やりたい事がどんどん変わってきています。
そうすると、周りの環境もどんどん動いてく。
流れに逆らわず、自分の生きたいようにいこう。






「冬の夜に贈るコンサート」  (笑)





















「冬の夜に贈るコンサート」本編 第二章 

2017年01月16日(月) 1時57分
本編 第一章からの続き)


ステージリハーサルは2時スタート。
賛助出演してくれる仲間達が続々とやってきます。

普段練習でいつも顔合わせてるのに、
本番会場で会うとみんな顔が違って見えるのはなぜ?
なんかとても心強い!(笑)




一人でドタバタ慌ててガチガチになってたのを、
いつも通りのみんなの笑顔がほぐしてくれました。

こんな時、
信頼している仲間がそばにいてくれるのって
本当にありがたいね。






ステージではリハーサルが続いていますが、
夕方になると受付スタッフの方々が来て下さいました。

今回は、友人が代表をつとめる音楽事務所に
公演受付業務を全て委託しました。

実際に来ていただくのはコンサート当日のみですが、
事前に細かな資料が送られて来て、
本番までどんな流れなのか、何が必要なのか
それに沿っていけば全てが理解出来ました。

頭ではわかっていたつもりでも、
それを一つ一つしっかりと再確認できた感じです。


そして当日は、素晴らしいスタッフ3名の方に来ていただき、
受付の事を何も心配せずリハーサル・本番に臨めました。
本当にお願いして良かったと思っています。


そして、今度また同じようなリサイタルをやれるとしたら
その時は受付業務だけではなく、トータルで
コンサートマネージメントをお願いしようと思ってます。
自分が良い状態で演奏に集中するためにも…。


今回 公演受付業務をお願いした友人の音楽事務所です。
ビーフラットミュージックプロデュース




さあ、いよいよ開演です!





最終章へ続く…(笑)























「冬の夜に贈るコンサート」本編 第一章 

2017年01月09日(月) 23時45分
序章からの続き…)

今回、地元で初のリサイタル…という事で
ホールを抑えてから、吹きたい曲が沢山浮かび、
楽譜とにらめっこしながらあれこれと長い間悩みました。


若い頃から「いつかは…」と目標にしていた曲や、
楽譜は持っていても今まで本番で吹く機会の無かった曲など。
一時は、フルートの大曲、名曲がずらりと並ぶ
すごいプログラムが頭の中で完成していました(笑)

楽譜もほぼ揃え、ピアニストにもだいたいの曲目を伝え、
鼻息も荒く、毎日夢中になってさらっていたのですが…

いつ頃だったかな〜、
なんとなく「楽しくないな」と思ったのです。


なんのためにやるんだっけ??
そして、私は一体誰?
何になろうとしているの?(笑)


それからは、コンサートに対する考えがガラッと変わり、
来て下さるお客さまみんなに、
「良い音の空間を楽しんで欲しい」と思うようになりました。
当然といえば、当然ですね

普段は子供たちとレッスン室で過ごす事の多い私。
そんな子供たちにもぜひ、私のフルートを聴いて欲しい。
大人フルートや地元アンサンブルのメンバーには、
フルート以外の楽器とのアンサンブルを聴かせたい。


ちょうど前年から「みわ木管五重奏団」のメンバーとなった私は
その新しい出会いに本当にワクワクしていたし、
このワクワク感を沢山の方に伝えたい!と思いました。

そうして、私からの依頼を快く引き受けてくれた仲間たちと
「冬の夜に贈るコンサート」に向けてスタートしたのです。


Ob:桑永暁宏さん  Bsn:佐藤恵さん
      Pf:長沼亜由子さん
Cl:吉岡明美さん  Hr:三輪尚さん



当初、コンサートの名称を
「大瀧晶恵と愉快な仲間たち」と考えていたほど(笑)
この日一緒に演奏してくれたメンバーは大切な仲間であり、
沢山助けられ、支えられて来ました

みんな、感謝しています
ありがとう〜



本編 第二章
へ続く…







「冬の夜に贈るコンサート」序章 

2017年01月07日(土) 23時38分
皆さま、明けましておめでとうございます。
2017年もよろしくお願いいたします!

久しぶりの更新です。
船堀コンサートを終えてまだ二週間とちょっとなんですが、
やっとブログを書く余裕が出来ました。

その間、沢山の方がこのブログに訪れて下さっていて
アクセス数を見てびっくり
しばらく何も書けずに本当にごめんなさい。
今年はこまめに書きたいと思います!



昨年の12月22日(木)に開催いたしました
「冬の夜に贈るコンサート」無事終了いたしました。
本当に沢山のお客様にお越しいただく事が出来、
感謝の気持ちでいっぱいです。





この日を迎えるまでの日々、
周りのみんなに沢山助けてもらったこと、
苦しかった事など…きっと、ずっと忘れることはありません。

終えてみて色々反省点も多いのですが、
それでもこのタイミングで思い切ってチャレンジ出来て
本当に良かったと思っています。






コンサート当日の朝の空。
この日はお天気下り坂の予報でしたが、
朝は本当に清々しく晴れていました。
車に乗り込む前に見上げた空、忘れないな〜

父の傘寿と両親の金婚式の記念に…
「地元でリサイタルをしよう!」と思い立ち
ホールを予約したのが昨年のまだ寒い2月頭でした。

それから春になり、夏はオリンピックで盛り上がり
秋が来たと思ったらあっと言う間に12月でした(笑)
本当に早かった〜



会場のタワーホール船堀に入ったのはお昼の1時過ぎ。
車に積んだ荷物を一人でえっちらおっちら引きずりながら
5階の総合受付へ。



そこで鍵を受け取り、小ホールの前まで行くと
まだ暗いホワイエ前の看板にチラシ画像が映し出され
ぽっ…と小さく電気が点いていました。

この時、それまで何だかふわふわしていた私の中の方で
「カチっ!」とスイッチが入ったのを覚えてます。





誰もいないホワイエを進み、楽屋まで荷物を運びます。
楽器や楽譜、衣装の他にプログラムや控室用の備品、
総合受付に届いていた、大きな箱に入った贈り物のお花など…
一度に運ぶことが出来ず、何度も行ったり来たりしました。


この廊下が長かった〜(笑)
もうすでに汗だくで、セットしてもらったヘアも崩れ気味…





ホール打ち合わせの時には、
舞台の反響板を組むのに約1時間かかるとの話でしたが
当日行ってみると、前日から反響板を組んであり、
もうすぐにリハ―サルOKな状態になっていました。

舞台スタッフの人はすぐにステージ上のピアノの位置決め等を
したい様子だったのですが、私の荷物運びが終わらず
しばらくお待たせしてしまいました。
こんな時、やはり一人では厳しいなという事がわかりました。





各控え室前に貼り紙をしたり、ごみ袋やポットのお湯をセット、
受付付近へプログラムやアンケートなどを運んだり
ドタバタしながらも時々時計をチェック…。

そろそろ賛助出演をお願いしている仲間達が来るかな?
あ!おにぎり持ってきたけどまだ食べてない…
ちょっと音出ししたいな〜と色々焦っていました。



生徒の発表会等で、ホール入ってからどんな準備が必要か
十分にわかっているつもりでしたが、
自分のリサイタルとなるとまた気持ちが全然違いました。

今思うと全く余裕がなかったかな〜
不安な気持ちのまま、もくもくと動いていました。




そんな時、ホワイエの外の椅子に
オーボエの桑ちゃんが座っているのを発見
あの時は、すごくホッとして嬉しかったな〜(笑)


本編へ続く…








週末はアンサンブルでした 

2016年12月04日(日) 20時17分
週末は、フルートアンサンブルでした。
今年度から始動した、江戸川区公認サークル
「フルートアンサンブル奏楽(そら)」

現在は、私を含め10人で活動しています。
月二回、土曜日の夜集まって練習を重ねてきましたが、
いよいよ、初めての自主企画コンサートを開催します。





フルートアンサンブル奏楽(そら) 
 〜音のおくりもの〜 第一奏会

【日時】2016年12月10日(土)
    午後3時15分開場 3時30分開演
【会場】東部区民館 集会室「いちょう」

休憩なしの小一時間のミニコンサートです(入場無料)





この日は最後の練習日ということもあり、
全員そろって集中したリハーサルを行いました。

曲により譜面台の数や各メンバーの立ち位置も変わり
一つ一つ確認しながらプログラム順に演奏します。

本番は一週間先ですが、もうすでに緊張はMaxなようで
みんな表情がかた〜い!(笑)

それでも、練習も後半に入る頃にはだいぶほぐれて
最後はいつもの笑顔で終了いたしました。






「フルートアンサンブル奏楽(そら)」という名称
メンバーで意見を出し合って決めたものですが、
「みんなで楽しく奏でる」という意味が込められています。

世の中にはいろんな性格の人間がいるように、
アンサンブルも色んな個性が集まって音を生み出します。
いろいろ違った者同士が一つのものを作り上げる所が
アンサンブルの面白さだと思っています。


本番は、みんな緊張し過ぎずに楽しく演奏出来るといいな!
コンディションを整えて、頑張りましょう(^^)




12月に入りました! 

2016年12月01日(木) 22時46分
12月に入りました!師走です!
今日は、朝から素敵な仲間たちとリハーサルでした。
「冬の夜に贈るコンサート」まであと3週間。
なんだかあっという間です。





手元のチケットが少なくなってまいりました。
皆さまからのお早めのご連絡をお待ちしています(^^)

チケット申込み等、詳細はこちら!





フランツ・ヨーゼフ・ハイドンのロンドントリオは、
フルート二本とチェロの為に書かれた曲ですが、
今回はフルート、オーボエ、ファゴットで演奏いたします。



おっと、桑永くんピースしていますね?
そんな桑ちゃんのオーボエとの掛け合い、どうぞお楽しみに!






今日もリハでお部屋をお借りした、ファゴット恵ちゃんちのウルくん。
とってもイケメンなウーパールーパーです(笑)
今日ははっきりお顔が見れました。
これで眠っているそうです

かわいいっまた会おうね!




日頃レッスンしている実家教室の周りは、
今、紅葉がとてもきれいです。





黄色が鮮やかで、とてもきれい。
毎日のようにiPhoneで写真撮りまくっています(笑)






こちらは、実家のハゼの木。
私が子供の頃からず〜っとあるハゼの木なんですが、
「きれいだな〜」と思って写真撮ったのは去年が初めて!

どうして今まで気づかなかったのか…。
ハゼの木を見上げるほんのちょっとの余裕が、
昨年までの私にはなかったのかな。
とってももったいなかったな〜と思いました。

美しいものは心を豊かにしてくれますね
2016年の残り一か月も頑張ります!
みんな、コンサート来てね!(笑)





歌声の力 

2016年11月12日(土) 23時12分
今日は小春日和の東京。
一人息子の小学校最後の音楽会でした




客席前方のマット席でビデオを構えてスタンバッてましたが、
大トリ 6年生の発表が始まった途端、
その歌声に胸が熱くなり 涙がこみ上げ、
ビデオ持つ手がブルブル震え
画面がグラグラ揺れちゃいました(笑)

六年間はあっという間ですね。
また一つ終わり、いよいよ卒業がぐっと近づいた感じがします。
一人息子なので 私も母として最初で最後の経験です。



そして金曜日は地元のサークル「うたうわ」の日でした。
今回も秋の曲たちのピアノ伴奏をしてきました。



昨年末からスタートした「うたうわ」
最初のうちは参加者も少なかったんですが
尚子先生のお人柄にどんどん人が集まり
今回も満員御礼でした。

歌い終えて、毎回皆さんが本当に笑顔になっています。
「うたうわ」ブログはこちら


歌声の力ってすごい
音を奏でる、歌うって素晴らしいと本当に思います。













リハーサルが続いています 

2016年11月10日(木) 9時16分
今日はまた一段と寒い朝です。
来月のコンサートまで、あと42日となりました。
いよいよ「冬の夜に贈る…」って感じになってきました(笑)



チケットお申込みの皆さまに、順次発送しております。
まだだよ〜という方、もう少しお待ち下さい。
お待たせしており、申し訳ございません。

ここへ来て、だいぶ座席がうまってまいりました。
12月22日(木)夜、ご検討いただいている方は、
どうぞお早目に、大瀧までメッセージお待ちしています。




昨日は一日リハーサルでした。
午前中はピアニスト宅にて、先月発売されたばかりの
想い出は銀の笛より「ブラック・インヴェンション」の初合わせ。



学生の頃よりカルテットで何度も演奏した「おも銀」
今年になって、作曲者の三浦真理先生自らリアレンジされ
フルート+ピアノ版として順次出版されています。

アラフィフになって演奏する新しい「おも銀」
コンサートに来て下さる皆様に聴いていただくのが
今から本当に楽しみです




午後は、移動してホルンの三輪くんとリハーサル。
いよいよ来週ドップラーの伴奏合わせなんですが、
その前に二人で音合わせしてきました。



同学年の私達。
当時はもちろん知らない者同士でしたが、
すぐお隣の高校に通ってたんですね!

あの頃はお互いに吹奏楽 頑張ってたんだな〜と思うと
なんだかとても感慨深いです(^.^)
今回一緒に演奏できる事嬉しく思います。



夕方から6人レッスンしたら、もう頭と体力の限界(><)
夕飯は、息子のリクエストで出前のカレーになりました。
トマトアスパラカレー、美味しくいただきました!



江戸川区ではインフルエンザで学級閉鎖も出ています。
これからの冬本番へ向けて、
手洗いうがいでしっかり風邪を予防しましょう!





忘れずに… 

2016年11月08日(火) 23時55分
東京は雨の夜です。

今週末は、あちこちの小学校で音楽会本番ですね。
今、私の生徒の中で小学校六年生は5人。
小学校最後の音楽会だね!頑張って欲しいです






数年前にもこんな生徒さんいたな〜(笑)
ちゃんと忘れずレッスンに来れました










プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:大瀧 晶恵
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:専門職
読者になる
フルーティストの大瀧晶恵(あきえ)です。生徒達とのレッスン、自分の演奏…と毎日ドタバタやってます。一人息子は12歳になり、自分の時間もだいぶ持てるようになりました。フルート、ピアノ、時々自転車
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

最新コメント
アイコン画像大瀧 晶恵
» リハーサルが続いています (2016年11月14日)
アイコン画像みわ
» リハーサルが続いています (2016年11月13日)
アイコン画像大瀧 晶恵
» アンサンブルって面白い (2016年10月16日)
アイコン画像toitoitoi
» アンサンブルって面白い (2016年09月28日)
アイコン画像大瀧 晶恵
» いろんな楽器で演奏します♪ (2016年09月02日)
アイコン画像toitoitoi
» いろんな楽器で演奏します♪ (2016年09月01日)
アイコン画像大瀧 晶恵
» HOTコロッケミニコンサート 終了しました (2016年07月25日)
アイコン画像大瀧 晶恵
» 6月19日(日)は一之江抹香亭へ♪ (2016年07月25日)
アイコン画像orive
» HOTコロッケミニコンサート 終了しました (2016年07月24日)
アイコン画像たちばなよ
» 6月19日(日)は一之江抹香亭へ♪ (2016年06月21日)
Yapme!一覧
読者になる