QOLをあげるため 

June 24 [Fri], 2016, 23:03
またまた、ブログご無沙汰してしまってました。

デスモイドの治療経過ですが、先週MRIをとってきました。
まずはその結果がこの画像です。
白く映っているのが私の首にあるデスモイド腫瘍です。



(これは造影剤を入れて撮ったものです)
腫瘍の中に映っているのは血管や神経です。
この大事な神経や血管を巻き込んでいるため手術がとても難しい場所でもあります。

まず経過的には、一年前ハワイから帰国して増大してしまっていたときよりはだいぶ落ち着いてきたように見えます。
※リリカ、トラマール、マグミット、メソトレキセート服用中






実際、肉眼でみても落ち着いてきた感じはわかります。
一年前は何かを飲み込んでしまったように大きくなっている状態で、気管を圧迫しかねない危機でしたので。
自分でも圧迫感は感じていました。


(一年目ハワイでERにかかった時)

今は圧迫というよりも、首の突っ張りが酷くて痛いです。
それは、腫瘍が周りの筋肉を引っ張りながらギュッとなってきたからだと主治医に言われました。
なるほど〜〜。

この突っ張りを解放するにはやはり手術が必要になる、しかし手術は複雑でリスクがないとは言い切れません。
首にはとても大事な神経がたくさんあります。
素人が調べてもこんなに神経がたくさんある場所です。
ベテランのドクター達も渋い顔するのはよくわかります。



今現在これらを圧迫したりしているので日々痛みが違います。
左手に力が入りづらかったり、常に左手の平には汗を握っていたり、頸椎のあたりがすごく痛くてそこから頭痛がしたり、鎖骨が折れそうな痛みに襲われたり、
なんて説明したらいいかわからない痛みが常にある状態です。

今は薬でなんとか紛れるくらいに抑えて生活するのが精一杯です。
悪性の癌とは違って転移しないので、現状維持で薬物療法を続けていますが、
このままではQOLは変わらない。
※QOL=生活の質(Quality of life)
今は首をあげた状態が長時間続くと痛い為、長い時間の歩行がきついので積極的に外出ができないし、寝返りの度に起きてしまうし。


リスクは怖いけど少しでも今より良い生活が出来る為にも、手術をしようと思います。

ドクターはリスクがない手術ではないので患者の意思を尊重するというかたちで、
なるべく取り除ける部分はとるけど危ない神経には触れないようにするという方針で
患者もリスクを承知の上でということで今話を進めています。

リスクとして頭頸部では、声がかすれる。飲み込みがしにくくなる、左瞼が垂れる。
などといった可能性があるようです。
あと大きなところでは左手の痺れなどといったところがあります。

正直、怖いです。
傷がこれ以上増えるのも考えただけですごく嫌です。

でも、このまま痛みと共に長い人生生きて行くと思うのはもっと嫌です。

今は、信頼できる先生に巡り会えた事に感謝をしてお願いしようと思います。
患者の術後のQOLまで考えてくれる先生ってなかなかいないと思います。
手術で件数をあげたいとか、危ない所は始めっからやらないとか、
そういった先生は多い中、患者に寄り添ってくれる先生は有り難いです。

手術は今いっぱいで夏の終わり頃になる予定です。
それまでに体力つけておかないと!!
最近食欲も落ちてるから、夏バテしないように頑張ります。


手術前にサーフィンしときたいなぁなんて企んでますが・・・出来るかなぁ??笑


長々細かく今回は書かせてもらいました。
それも、こんな半年おきぐらいにしか更新さてないブログでも同じ病気で悩んでいる方が読んでてくれていて連絡をくれたり、コメントくれたりするので、少しでも私の症例が役に立つ人がいればと思って書かせてもらっています。
私で答えられる事なら御答えしますので、お気軽にコメントください。
返信が送れてしまうかもしれませんが…。


以上、私の近状でした。

この夏は姪っ子が一人増えるし、日常の生活の中で楽しんでいきます

治療経過 

December 08 [Tue], 2015, 14:12
まずはじめに、皆さん 私なんとか生きています。笑
そして今は日本にいます。
きっと今年の冬は3年ぶり日本で過ごす事になると思います。

暖かいハワイが恋しいけど今の現状だともう少しおとなしくしておかないとまずいかなって感じです。

先月とったMRI検査の結果です。



右が2015年5月に【がん研有明病院】で帰国後すぐにとったMRI
左が半年後の11月に【国立癌センター】でとったMRI

前回お話したとおり転院しているので撮り方も違ったり、映り方の色も見え方も違うので見づらいとは思いますが、
何となく腫瘍の勢いが治まっていたように見えます。

この時今の主治医にも今だから言えるけど、5月の時は本当に危険だったなって、最悪の事も考えないといけなかったといわれました。

自分の体感としても少し喉の部分の圧迫感は薄れてきていて、(日によって違うときもある)肉眼でみても前よしは少し腫れが引いてきたようにも見えます。

5月のときは今にも気管が押しつぶされてしまうのではないかという危険性があったので命の危険性もあったし、本当に崖っぷちにたたされていた感じでした。。
そのときと比べたら、崖っぷちから2.3歩後ろに下がれたかなというところでしょうか。

薬を飲み始めて、6ヶ月ぐらいたちました。
今飲んでいるのは。
※リリカ(痛み止め)朝夕75o
※セレコックス(炎症止め)朝夕
※トラマール(頓服)寝る前に飲んでる痛み止め
※メソトレキセート(免疫抑制剤)週5日飲んで2日休む 1日70o

メソトレキセートは抗がん剤の一種ですが私の場合低量の服用なので副作用は少なくてすんでいます。
ずっと続けて飲んでいると口内炎が出来たり、肝機能の数値が上がったりします。
そういった時は、一旦薬を休んで治ったら始めるようにしているので、副作用に悩まされることはなく続けられています。
それは、個人差があるので主治医の先生と相談しながら自分のペースを決めていけるのがいいと思います。

腫瘍の増大をストップ出来たというだけでも今は命が救われたと見ていいとしています。

ただ現状は痛くて動けない日も多いし、突っ張りが酷くて首を起こす事ができなかったりでまだまだ思うようにいかない事ばかりの日常です。
この突っ張りをとるには、手術で少しでも腫瘍をカットしないとなくならないと先生も言っていますが、
手術といっても神経、血管を腫瘍が巻き込んでいるためリスクが大きいのでなかなか難しいといわれています。

それが今の現状です。

なんとか動けるときにアクセサリーを作ったり、友達と息抜きに少しは出かけられるようになっただけでも良かった。

今年もあと少しか・・・。

ハワイから帰国してもう半年も経ってしまった。
きっと半分は寝てたんじゃないかと思う。笑


いまを生きる 

July 01 [Wed], 2015, 13:10

半年間のハワイ生活を終え5月末に帰国して、一ヶ月以上も経っていました。

今の私は、インドア生活をしています。ハワイの時は一日家にいる事なんてなかったんだけどね。
なぜかというと、

実は、ハワイから帰ってきて一週間後のMRI検査でデスモイドがかなり大きくなってしまっていました。



写真の一番右の写真が今のものです。
白く映っているのがデスモイド腫瘍です。
真ん中の六ヶ月前比べてもだいぶ大きくなっているのがわかります。
全体的の大きさを測ると12センチくらいとずいぶん大きいです。

今回大きくなってしまって問題なのは直径6pくらいの喉の前に出てきてしなった部分です。


実際ハワイにいる時からこの喉の腫れは気になっていました。
腫れてきたときは熱を持っていて炎症したような感じでしんどくてさすがに動けなかったし、
サーフィンも2週間ぐらい入れない事が何度かありました。

でも、喉の腫れている部分はデスモイドの固さと比べて柔らかかったので医者も私もデスモイドではないだろうと思っていました。水分や脂質ではないかと…。

それが腫瘍が大きくなって押し出してきていたものだったのです。


正直、ショックを隠しきれませんでした。


なんで??なんで、大きくなってるの?
ハワイで心も身体も喜ぶ事ばかりしていて、細胞から生まれ変わってるって思っていたのに。
食事もハワイにあれだけいてパンケーキを食べた事もありません。w
先生にもとにかく食事が大事だからと耳が痛くなるほどいわれ、玄米を炊いて食べていたし。
野菜もオーガニックのものしか食べていなかったし、日本にいる時よりも元気に動き回っていたし。
yogaもsurfinもリハビリになると思って頑張っていたのに。

なんで??

確かにハワイにいる時、身体はどんどん元気になっていくのにどうして首だけ楽にならないの?って
yogaをしながら心の声が出たのか涙が止まらなくなったときもありました。
痛くて、あまりよく眠れない日もありました。


(首が腫れてマツコみたい、、、)
それでもこの痛みは良くなっていってる痛みだと信じてきました。

でも、結果的に腫瘍が大きくなっていたのは事実です。
それに、帰ってきてから喉周りの苦しさと首を少しでも動かすと痛くてほとんど動けないのも事実です。
検査結果をみたドクターにはここまで大きくなってしまったからには抗がん剤をすぐにでも始めた方が良いといわれました。
このまま大きくなっていしまったら、気管を圧迫してしまって呼吸や飲み込みに障害が出てしまうのが一番危険だからと、自分自身も不安もあったし実際喉の違和感は大きかったのでどうにかしなくてはという気持ちはあるものの、すぐに抗がん剤うぃ受け入れる事はできず少し時間をもらう事にしました。

受け入れたくないけど現実から目を背ける事はできない。
今更、抗がん剤なんてしたくない。
今までやってきた事はなんだったの。
でも、このまま放置していたら命も危なくなるかもしれない。

もう、そんな気持ちでどうしたらいいかわからなくなりながら、何が今の自分にとって最善なのか考えました。
いろんな人に意見も聞き力になってもらいました。
私は前に同じ左首にデスモイドが出来て違う病院で手術をした方と会ってお話をする事が出来ました。
そこで色々聞かせてもらってわかった事がたくさんありました。
彼女は呼吸神経に触ってしまっていたからか、酷いときには急な嘔吐、呼吸困難で救急車で運ばれた事が数回あったようです、そこで手術をすることにして3時間といわれていた手術も8時間かけて腫瘍も8割とれたそうです。
まだ残っている部分もあるので、それは薬を飲みながらなるべく普通に生活できるように折り合いをつけているようです。
すばらしいなって思いました。
確かに薬は飲みたくないし、根本解決にはなっていないかもしれないけど自分の現状を充分把握した上で自分にはなにがいいのか決めてなるべく病人にならないように生活をする。

私達のデスモイド腫瘍っていうのはほんとに稀な病気なので本当に効くという薬もないし、治療自体も確率されていません。その中で自分にベストな方法を選択していかなくてはなりません。
癌ではないけど再発するし、他の臓器を巻き込んでいってしまう浸潤せいのある腫瘍です。
そのため手術が難しく、通っていたがん研ではもう手術は出来ないとはっきり言われてしまいました。

そこで私は彼女の行っている、国立がんセンターで診察してもらうことにしました。
国立がんセンターではデスモイドだと希少がんの分類になり、骨軟部腫瘍科になります。
そこで診てくれる先生は一人なのでデスモイドに関しての情報は多く持っている印象でした。
それに質問にもすごく丁寧に答えてくれるし、まず私の顔をみて症状も診てくれて私に合いそうな治療を提案してくました。
今後もし危険な状態になったときには手術もしてくれるという事だったので転院を決めました。

セカンドオピニオンに行くのって億劫になりがちだし、ましては具合が悪いときにはしんどしい考えるのもめんどくさくなってしまうとは思うけど、自分が納得して治療に挑む事がとても大切だと思うので、私はおもいきって転院して良かったと思います。

長くなってしまいましたが、今は腫瘍の勢いを抑える為に免疫抑制剤を少量飲んで様子を見る事にしました。
いきなり強い抗がん剤の点滴にならなかっただけでも良かったと思っています。
それと痛み止めを飲んでなんとか生活しています。

ケミカルを入れないように生活してきたので薬を飲む事に抵抗はあったけど、
今は今を生きる為に薬の力を少し借りる事にしました。

そしてすこしデスモイドが弱ってくれたらまたデトックスしていこうと思っています。

今までの食事のお陰か副作用で口内炎とか出来やすいみたいだけど今のところ何も出来ていません。

昨日、血液検査や尿検査もしてきましたが問題ありませんでした。


そして先生いわく、デスモイドにおかされた筋肉を刺激する事によって他の所まで広がっていく特性がこの腫瘍にはあるようです。
きっと、いままで頑張っているつもりはなくても頑張ってしまっていたんだと思います。

とにかく今はのんびり自分のペースで生きいこうと思います。
口からご飯が食べれる有り難みを感じながら、ゆっくり今を丁寧に。

意外とインドア生活も快適に過ごさせてもらっています。
こんなとき、実家の有り難みを感じます。感謝。感謝。

ハワイで思い切りやりたいことをやってきたのでストレスためずにいられます。
動けるときにアクセサリー作って、しんどいときはよこになって、
今は安静にデスモイドが小さくなってくれるのも祈ってます。
いつか報われる日が来ると信じて。




長くなってしまいましたが、デスモイドで私のように悩んでいる人のためにも自分の記録のためにも書かせてもらいました。
最後まで読んでくれてありがとうございます。

ALOHA








HEIAU 

April 01 [Wed], 2015, 13:49
3月18日 バーバの命日だったからどうしてもヘイアウに行きたくて、Nouth shore にサーフィンに行くときに連れて行ってもらった。
Birth stone



昔、ハワイ人はここの石の上で子供を産んだと言われている場所。

神聖な場所。

とてもエナジーを感じた。




バーバとお話できた様な気がした。
自然と涙が流れてきた。

それと、私がこの病気になって手術した日から3年経った。
ここハワイに来て4ヶ月が経とうとしている。
まだまだ 痛い日もあれば、眠れない日もあったりするけど、
クリニックに通いながら、サーフィンしたり、ヨガしたり、自分でご飯作ったり、
心優しい人達に囲まれて生きてます。

このまま私はどうなるんだろう?
とか、ふと思ったりすることもあるけど、
今できることは、今を生きる事。
それだけなのかもしれません。

症状的には、患部の中で何かが起きている気がします。
その時に痛みがあるのかもしれないし、
何が起きているのかはわからないけど自分の身体を信じる事ですね。




ありのままに生きてみます。

きっと天国でバーバが見ている。

Big wave 

January 27 [Tue], 2015, 18:15
先週はsouthでも珍しく凄くサイズが上がってbig waveがやってきました。
私もこんなWaikiki初めて見るってくらい、いつもは波がないところが真っ白でした。
ダイヤモンドヘッドはそこまで大きくもなく良さそうだなと思っていたんだけど、
普段はnorthまで行ってるbig wave好きのローカルとWaikikiのアウトの方で入ることにしました。

Queensは fun waveで久しぶりに楽しかった。

もっとアウトの方ではかなり大きい波が入ってきてて、友達は行きたそうなので行ってきていいよって言ったら、
Let's go !!
って、私も…。

友達がプッシュしてくれて、今までに乗ったことのないBig wave に乗ることができました。
今までに無い感覚。
自分がどんな波に乗ってるのか客観視してみたいかんじ。
波に乗ってるというよりも、山を滑り降りているような感じでした。

久しぶりにexisting した〜。
帰りも遠いからパドルやだなぁって思っていたら、
彼がRightにはしって行けって言うから、デカ波をgetしてずっとRightに乗って行ったら、
ボディーボーダー達のいた場所まで来ていて、みんなが笑ってgood jobって言ってくれました。

自分でもびっくりするくらいのロングランだった。

エキサイティングしたまま、家に帰りもシャワーを浴びて着替えようとしたら、
腰に激痛‼︎

なんだ? なんだ?

よくわからいけど、ギックリ腰ってやつみたいなんですけど…。





次の日はNorthにいった。

見てるだけでも鳥肌の立つ完璧なバレル。

もちろんローカルは喜んでガンを持って入っていく。
ちゃんとエアーの入るvestを着ていった…。



みんな尖った板を持ってます。笑

私は腰が痛すぎてろくに貝すら拾えず…。



午後はHareiwaに行ったら、またまたすごい波!!

あのトリプルヘッドオーバーの波に(スノーボーダー的表現ですみません)テイクオフして、スプレーあげて、クルクル回ってる人がいると思ったら、ケリース・レーターでした。
流石世界チャンピオン!!
生で観れて光栄です。笑

あんな波にのまれたらどうなってしまうのか考えただけでも恐ろしい。

そんな中から日本人が上がってくっるのを見てどこか誇らし気持ちにもなりました。
今は沢山日本人のプロライダーがきて毎日こんな中で頑張っていますね。
すごいなぁ〜。

私はおとなしくお世話になっているドクター鍼を打ってもらいました。笑
きっとサーフィンの時に筋肉が瞬間的に硬直したんだろうって…。
身体は正直でした。

でも、鍼のお陰ですぐに楽になりました。



ジュエリー作りも楽しんでます

welcome 2015 

January 10 [Sat], 2015, 18:45
ハワイで新年を迎えて、念願の元旦サーフィンも暖かいハワイですることができました。
年末年始は日本からお友達も何人か来ていたので、楽しい時間を共に過ごすこともできました。

気がつけばハワイに来てあっという間に1ヶ月半が過ぎていました。
あっという間だけど、何もしないで時間が過ぎてしまった日はこっちに来てから1日もありません。

日本にいるときは、痛みにとらわれ過ぎて1日横になって終わってしまう事もよくありました。
それに比べたら今は生きてるって感じてます。

首の痛みが無いわけでもないし、すごく良くなってるっていうわけではないけど、
できることがメチャクチャ増えました。

自分で毎日ご飯を作ることも、自転車で片道30分のクリニックにも今週は3回もいきました。
天気が良い日は海に行ってビーチで本を読んだり、貝やシーグラスを拾ったり、潜ってみたり。
波の良い日はサーフィンしたり、
caféで出会った英語の先生とあったり、
畑で野菜を育たり、
青空の下でヨガを習ったり、
拾ってきたシーグラスや貝でアクセサリーを作ったり、
毎日綺麗なsunsetをみてうっとりしたり、

お陰様で充実した日々を過ごしています。

新年あけてカメラやiPhoneをlostしていまったり少し大変な事にもなってるけど、
とにかく暖かい人達に囲まれて毎日HAPPYに過ごしています。

今日自転車で走っていたら、big smileのおじさんに『good smile』って言われた。
そんなに私、笑ってた?って思いながらニコニコしていまった。笑

そんな事もハワイだからだな〜って想う。

2015年の抱負は

『ひきざんの上手な人になる事』
『宇宙を味方に自分の直感を信じて前進する事』

ひきざんは算数じゃないよ。笑
身体も身の回りのことも必要なものだけにしていつでもスッキリさせていたいの。
それこそ究極のLIVE SINPLY
身体も余分なものは溜め込まないように常にDetoxを心がけたい。

携帯電話は出てきて欲しいけど、Mobileにとらわれるなってサインだと思って少し不便さも楽しんでみます。
でもきっと良い人が拾ってくれたって心の中では信じてる。笑

今は時の流れに身を任せて動いています。
それがとても心地イイです。
今までは色々計画してそれをスムーズにこなしたい人だったけど、最近はその時に任せる事をおぼえました。
blogも結局なかなか更新できてなかったけど、また気が向いたらアップします。
やりたいことが沢山ありすぎて。。。
でも伝えたい事もシェアしたい事も色々あるので頑張ります。


2015年も皆様に幸多き一年になりますように。



MAHALO

marie 

December 09 [Tue], 2014, 13:54
ハワイにきてあっという間に2週間がったっていた。

今回のハワイもミラクから始まり素晴らしい日々を過ごしています。

もう何が凄いって、想像以上に理想的なお家と素敵なルームメイトのMarie

カナダ人のマリー

puzzle好きのマリー
私もハマってもう5つも完成させました。笑

食べ物もナチュラル思考で、organic,nongmo,veggi
身体にも地球にも優しい理想の女性です。

一緒にwalkingに行ったり、shoppingしたり、好きなものがとっても似ているので本当に一緒に過ごす時間が楽しいです。




そして、夢にも描いていたハワイでもmy farmがもてました。

その畑の土に混ぜるために、HONOLULU ZOO に象のPOOをもらいに行きました。
こんな体験できないので一緒にいっていました。



ハワイでも土をいじれるなんて幸せです。



My company  

December 04 [Thu], 2014, 20:33

私の大好きな仲間の居る場所


私が尊敬する会社


世界共通で温もりのある場所


人にも地球にも優しい人が集まる場所


『patagonia』


4年足らずだけど、もの凄く多くを学んだ場所だった。




そして沢山の愛情をもらった。
まさにこのメンバーはOHANAだ。
※OHANA=ハワイ語で家族




プロスノボーダーでいるよりもここにいる人等に魅力を感じたのも入社した一つの大きな理由だった。


私は入社して1年で変な病気が発覚した。
100万人に数人の治療方法も確立していないデスモイド腫瘍が左首にできて手術をしたが全部は取れず痛みと共に生活する日々が始まった。


初めは不安で通勤中も涙が溢れてしまう時もあった。
そんな事をしながらも通勤したかった場所がここだ。


みんなが笑顔で迎えてくれたし、支えてくれた。
前みたく動けなくなった私にもできる仕事を与えてくれた。
だから私はこんな体でもこの会社を辞めなくて済んだ。


いつも葛藤はあったけど、辞めたくなかったし、必要としてくれた。
本当にありがとう。


今回ハワイに行くにあたって、マネージャーと話した時に、
「働きたくなったら帰って来れるから、身軽になっていっておいで」と言ってくれた。
今その言葉がとても有難く思う。
いち社員としてだけではなく、1人の人生を考えて言ってくれたマネージャーに心から感謝しています。


最終日は元マネージャーも元一緒に働いたスタッフも駆けつけてくれて、出し切ったと思っていた涙が止まらなかった。


本当にありがとう。




大好きな仲間たちが遠くからも集まってくれた。
(やばい、ハワイでも涙が・・・)
本当に大好き



みんなに行ってきますと報告した時、
寂しくなるけど、応援しているよ。
ってみんなが 笑顔で言ってくれた。


ありがとう。


みんなからのメッセージ本を飛行機で読んでいたら、1人1人の個性ある温もりのある言葉に涙が止まらなくなってきっと隣の人に変な顔で見られていたんだろうな。


私の宝物

空港まで、見送りにも来てくれて本当にありがと



これからハワイでこの会社から学んだ事が役立つはず。
衣食住でlive simply な生活をします






Mahalo Patagonia?










ありがとう 

October 16 [Thu], 2014, 22:44



今日はバァーバの誕生日、
今年は一緒にコスモス見れなかったけど、今年も綺麗に咲いてるよ






空の上から見てるかな〜?
バァーバ大好きだったよね。
カメラ屋さんだったバァーバの写真から沢山綺麗なコスモスの写真が出てきたよ。


バァーバは今年の3月に天国へと旅立った。
でも、心の中に生き続けているよ。
魂が私の心にちゃんとある。
いつもニコニコ笑って、ありがとうって言ってくれるバァーバ。


最後の最後まで自分の命を生ききったバァーバ。


私はバァーバに誓う。


自分の命のバトンをきちんと生き切ることを。


辛くても、苦しくても、痛くても、
命を頂いたいじょう自分の寿命がくるまでちゃんと生きるよ。


最後の最後にバァーバが身を持って教えてくれた事。
食事ができなくなってもちゃーんと最後まで生きてくれた。
感謝の気持ちを忘れること無く。


バァーバへ


ありがとう。


天国から見ててね。

あき











笑顔でいたいから 

July 21 [Mon], 2014, 18:02
最近の私は眉間にシワをよせ。ため息ばかり…。
イターイっていつも言ってる。


大切な人にも痛みのあまりイライラして辛くあたってしまったり、
そんな自分が情けなくて涙がとまりません。


こんなはずじゃなかった。
ハワイに行って生まれ変わったはずなのに、


痛みや痒みは時には人の心まで奪おうとします。
痛みがなければ、少しくらいの不便は乗り越える覚悟はあるのに。
ここ最近は梅雨や台風などの気圧のせいか寝ても覚めても痛いの。
食事を変えたり冷やさないように温めたり、できることはやってるつもりなのに・・・
なんで?
今を乗り越えればと思って我慢、我慢って薬ものまずに踏ん張っていたけどそろそろ限界みたい。


いつも歯を喰いしばっているからか、顎が痛い。
左側だけ鳥肌がたってる。
痛くて冷汗かいてる。
眠れないから自律神経のバランスも崩れてるんだろうなって感じます。
ふと、涙がポロポロ止まらなくなる夜があります。

このままでは心まで壊れてしまいそう。


普段はこんな弱音ははかないんだけど、
これも今の自分だから。
書きました。

心の何処かで今の自分を認めたくない自分がいたりします。
でも今を生きないと未来の自分はないでしょ。


こないだ少し体調がいい時にハワイぶりに海に入りました。
久しぶりのサーフィン。
前より首が上がらないし右も見えなくなってる印象はあったけど
波に乗った時は最高の気分だった。
久しぶりに魂が喜んでるって感じた。


その時今をちゃんと生きるためにも、魂の喜ぶことしたいて思ったの。


だから、行ってきます!!


心と体が喜ぶところへ


今の体は日本の大気が合わないみたい。
冬まで待てない・・・
また、ここでAloha spirit入れてきます。


いままでなかなかブログもUPできなかったのも、本当はいい報告や情報をここでは流したかったから。
でも、今はこうやって紆余曲折しながらだけど絶対乗り越えてみせます。
そして、デスモイドで悩んでいる人達に朗報を届けたいの。


これから大好きな夏が始まるんだもん、元気じゃなくっちゃもったいないも〜ん!!











































プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sekino aki
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:12月14日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 職業:専門職
読者になる
Athlete Yell
アスリートエール×関野あき
ファン登録、応援宜しくお願いします。
詳細は下のバナーからどうぞ!

最新コメント
アイコン画像aki
» いまを生きる (2016年06月24日)
アイコン画像みぃ
» いまを生きる (2016年06月12日)
アイコン画像aki
» いまを生きる (2015年08月27日)
アイコン画像くまさん
» いまを生きる (2015年08月10日)
アイコン画像aki
» いまを生きる (2015年07月27日)
アイコン画像ユウ
» いまを生きる (2015年07月16日)
アイコン画像yossy
» 治療途中経過 (2014年04月17日)
アイコン画像sekino aki
» 治療途中経過 (2014年04月12日)
アイコン画像yossy
» 治療途中経過 (2014年04月09日)
アイコン画像masa
» スノーボードでメダル!! (2014年02月25日)