1人暮らしなら、何歳のときに遺言状を書くべきか

October 03 [Fri], 2014, 15:41
好きで1人暮らしを続けている方もいれば、
仕事の都合でしばらくは1人暮らしが続く予定だという方もいるでしょう。
こうした方々には、30代になったらご自分の遺言状を作成していただきたいと思います。
30代はまだまだ若いと思われがちですが、じつは急病で倒れる方も多い年代です。
中年期を前にして会社から突然解雇され、精神的に不安的になりやすいのもこの年代でしょう。

不意の病気やうつ病のすえの自殺衝動は、自分では防ぐのはむずかしいものです。
万が一に備え、まだまだ若いと思っているうちにこそ遺言状を作成しておく必要があります。

意外かもしれませんが、30代はクモ膜下出血などの脳疾患に見舞われることの多い年代です。
仕事が軌道に乗り重要なプロジェクトを任されるようになった頃に、
ストレスが高じてこうした病気にかかります。

ストレスの影響は精神面に現れることも珍しくありません。
働き盛りの人のうつ病は、最近では社会問題にもなっています。

倒れても家族などが早めに通報すれば、たとえ脳出血でも
軽微な後遺症で済ませることができるかもしれません。
しかし1人暮らしの方が重病を患ったまま部屋で倒れると、
だれにも気づかれないまま孤独な死を迎える可能性もあります。

多くの命の危険にさらされているのに、
本人も周囲もまだまだ大丈夫と油断している30代こそもっとも危険な年代かもしれません。
30代の方の独居死は、特殊清掃業者も実際にたくさん扱っています。
しかしたいていの30代の方は、ご自分の遺言状を用意していません。
このため支払いに困った遺族が、特殊清掃のスタッフに頼んで預金通帳や保険証書を
荷物の中から必死に探してもらうという騒ぎもおきています。

遺言状といっても、むずかしいものである必要はありません。
銀行預金や、すぐに現金の給付をうけられる申請書類などの情報を、
ノートに一言書き残すだけでもかまいません。

30代を迎えた1人暮らしの方には、
身内のためにもこの一言遺言状をぜひ実行していただきたいと思います。

母が住むアパートでの特殊清掃

September 19 [Fri], 2014, 13:27
先日、母が東京に遊びに来まして、とにかく親子で遊び倒しました。
わたしの母は、とにかく元気な人で、わたしの友人たちとも、すぐに仲良くなって、
毎日のように、一緒に酒を酌み交わしました。
今でも、わたしよりも酒が強いってどう思いますか?スーパー母ちゃんですよね(笑)
わたしも負けないようにしなければいけないなぁと思いました。

そんな母ですが、現在は父親と別居しており、まぁ一人暮らしです。
実家には、父親が一人で住んでいる状況なのです。
一緒に暮らせばいいのにと言うのですが、もう一人の方が良いらしいです、気楽で。

実は、母が上京する直前、母が住むアパートで、特殊清掃が行われたそうです。
どうしてまた、特殊な清掃が必要だったのかと聞いてみますと、
アパートの2階に住んでいるお年寄りが、孤独死をしたらしいのです。
誰にも気づかれないまま、2週間近くが経ってしまったそうです、
異臭はするわ、虫が湧くわで、もう大変だったみたいです。

特殊清掃の業者が入るにあたり、窓を開放しないようにと案内があったそうです。
もちろん、異臭があるわけですし、もしかしたら虫が入ってくる可能性もありますしね。
どうなのでしょうか、いくら特殊清掃とは言っても、完全に臭いを除去することが出来るのでしょうか?
また人が住めるようにまで原状回復出来るのでしょうか。

しかし孤独死かぁ、実際心配になりますよね、この問題は。
現在、父も母も一人暮らしですからね、何があるか分からない年齢になりましたしね。
出来れば一緒に暮らしてほしいですけどね。
まぁわたしもマメに連絡はとるようにしておりますけどね。

これからの時代、孤独死は増えることが予想されますよね。
それに伴って、特殊清掃も必要になってくるのですよね、うーん。

離婚するのでしょうかね

September 18 [Thu], 2014, 14:24
もういよいよでしょうか。
元プロ野球選手の清原和博さんの別居・離婚報道が、女性週刊誌で報じられています。
もう何度も離婚・秒読みと言われていますよね。
薬物疑惑・不倫騒動など、何かとスキャンダルの多い清原氏。
奥さんもいつまでも黙っていられないでしょうね。



清原さんは、オリックスを引退した後、右足に竜を彫ったのだそうですが、
奥さんがこのことに激怒して、絶対に消させます、と言っていたそうです。
でも、清原さんは、そんな夫人の思いは無視するかのように、上半身にも竜を彫りました。

球界にもう一度復帰してほしかった奥さんと、逆行するような清原さんの行動。
もうすでに奥さんの気持ちは固まっているのでしょうか。

PL時代の彼は本当に素晴らしかったです。
桑田・清原、野球に詳しくない私でも知っている大スターです。
素晴らしい才能を持っている人だけに、なんだかとても残念な気持ちでしかたありません。
二人の息子さんは、今そんな父親のことをどのように見ているのでしょうか。

特殊清掃部隊をまとめる隊長

September 16 [Tue], 2014, 13:47
特殊清掃の仕事はいつ、どこで舞い込むか分かりません。
自殺の現場や、孤独死、事故、特殊な事情による特命業務など様々です。

自殺の予告なんて誰もできないから、電話で依頼が入ると、まず清掃隊長が現場に入ります。
現場調査や見積もりなどを確認しながら、必要な人数を割り出して、徴集をかけます。
現場がないときでも非番の時以外は、
連絡が入ってから1時間以内に事務所に集合できる場所にいることを規則としています。

現場の状況によって、どのスタッフを呼ぶのかも、清掃隊長の仕事です。
慣れているメンバーを集めておけば、何の指示をしなくても、
みんな自分で考えて行動してくれるから隊長は一番安心なのです。

だけど、一定のメンバーばかりに経験を積ませてしまうと、現場が重なったときや、
もっと経験が必要なときなどに人手が足りなくなり、現場の仕事を請けることができなくなってしまいます。
現場の状況を見ながら、経験値も一定に保つことができるように
メンバーを組み立てていくのも隊長の仕事といえます。

集まったメンバーの、誰に何をさせるのかも頭に入れながら作業に取り掛かります。
指示が悪ければ、必要以上に時間や手間が掛かってしまい、
予定作業時間内に終わらない事態を招いてしまうからです。

マスク1つで脳片や肉片を集める仕事は、並大抵の経験では受け入れることができません。
実直に目の前の現実と向き合っていく覚悟が必要だけれど、
1日2日では身につけることができないし、
いきなりレベルの高い現場に入れてしまうとショックが大きすぎるため、
足手間問いになる可能性もあります。
この現場であれば、どのレベルの人員を入れていくのがベストか?
を考えて指揮をとっていくこと、それが隊長が背負う責任でもあります。

キャンプ

September 12 [Fri], 2014, 14:48
この週末はキャンプに行こうと思っています。
たまには、豪華なホテルにセレブなコース料理に、みたいな休日も過ごしてみたいのですが、
結局、小さい子供達のことを考えると、今はここに落ち着いてしまいます。
というより、昔と価値観が変わってきているのかもしれません。
子供達と一緒に楽しめることって何かな?とどうしても真っ先に考えてしまいますから、
ヒールをはいてフレンチレストランにでも行こう!とはならないのです。
まぁ、子供がいても、ご両親などに預けて、そんな羨ましい生活をしている人もたくさんいるんですけどね。



で、キャンプといえば、毎回悩むのが料理です。
キャンプの醍醐味ってやっぱり大自然の中で食べるごはんなんですよね。
そんなに凝った料理でなくたって、なんだって美味しいんですけど、
やっぱりせっかく来たからには、とちょっとアウトドア料理っぽいものも試してみたかったり・・・。

前回は、パエリアとローストビーフをつくったんですけど、なんか普通でしたね・・・。
普段そんなに食べ慣れないものだからでしょうか?
なんだか美味しいのかどうかもいまいちわからず・・・笑
でも、鍋でたいたご飯はとても美味しかったです。
ご飯だけでいくらでも食べれそうでした。

2泊ですから、メニューもしっかり考えておかないとですね。
アヒージョとかもいいですし、ピザづくりなんかも楽しそうですね。
さて、今回は天気に恵まれるといいのですが。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:akiaki0912
読者になる
2014年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる