夏の園芸には虫が憑き物 

August 04 [Mon], 2014, 13:38
前回は肉サボだったが、今回はその他植物。

今回、園芸熱が始まったのは、5月頃に部屋を片づけていてフウセンカズラの種を発見したのが始まり。誰にどこでもらったのかも記憶がない。それがなんであるかさえ覚えていなかった。それくらいだから発芽も期待していなかった。適当に種をまき、適当に水をやってたらあっさり発芽。

(参考画像)
緑のカーテン応援セール!風船かずら 3株

緑のカーテン応援セール!風船かずら 3株
価格:1,000円(税込、送料込)



フウセンカズラというのはホオヅキみたいだが、全然違うツル性植物でムクロジ科。ムクロジと聞くとすぐにソープナッツ(リタ)を思い出す。丈夫で簡単らしいので園芸の才能がない自分にもできるかと試みに蒔いたのだが、予想どおり大変順調に育ち、1ヶ月もしないうちに100均であんどん支柱を買ってきて立てた。が、最大2mになるらしい。あっさりと高さ60cmの支柱を超えた。
あんどん支柱にグルグルとトグロを巻くようにすると見栄えが良いらしいのだが、そんなこと初心者にわかるわけがない。最近流行りのグリーンカーテンとやらに挑戦しようと、100均でネットを買ってつけてみた。一番成長の良いのが現在1m50cmくらい。

ここまでは順調なのだが、園芸と言えば虫が憑き物。葉っぱがちょっと食われてるなと思ったら小さい芋虫がいた。とっ捕まえて前庭の雑草にお帰り願った。(おい)
しかし翌日、またいた。小さいし、発芽率が悪いだろうと油断してやたらに蒔いたせいで12本もあったから、まあ1匹くらいと思ったのが甘かった。芋虫の食欲は物凄い。シャクシャク食べてどんどん葉っぱがなくなっていく。気がつくとさらに2匹が移住していた。
この時点で芋虫の種類を調べた。芋虫じゃなくて尺取虫だった。前庭の桑の木からの移住者と判明。いわゆるシャクガの幼虫っすね。既に最終齢じゃないかというほど巨大化した尺取虫と話し合ってみたが、どうしても居座るというので決裂。他にも(尺取虫がついてない)鉢があったからもういいやと諦めた。植物も大事だが虫はもっと大事だ。

実は5月に蒔いたのとは別に、7月にも種まきをしていた。姉が連続でエンドウマメとミニトマトを失敗したらしいので、これなら簡単だからと余った種を送った。念のため7月でも発芽するか実験で蒔いた分も順調に育った。違う場所に置いてあったため尺取虫は移住していない。
しかし、こっちの鉢にも問題があった。ハダニだ。尺取鉢にもいたようだが、全然気づかないうちに雨の当たる場所に移動させたら勝手に自己回復した。というか尺取虫に葉っぱを8割がた食われたのが一番の理由。人生、何が幸いするかわからない。ちなみに尺取虫が繭った後は順調に新しい葉っぱが育ち、無事に花も咲いた。さすが丈夫。
遅く蒔いた鉢は軒下に置いてあり、ネットを張る関係で雨ざらしにできない。頭からジャージャー水をかけて対抗中。捕食者と思われる飛び蜘蛛も定住している。ハダニは水で簡単に落ちるが、水をバンバンやれない多肉につくと厄介らしい。

尺取虫の人口調査で前庭の桑の木を見ていたら、かなりの数のキイロテントウを発見。キイロテントウはうどんこ病を食べる。見たところ、うどんこ病は見当たらないが、キイロテントウがいるということは何かの菌類がいるんだろう。
植物に興味を持つと雑草も気になり出す。前庭の雑草調査をしたら、ビンボウカズラ(ヤブガラシ)、コミカンソウ、コニシキソウ、カタバミ、ドクダミがいた。同定は確実ではないがイヌホオズキらしきものも生えている。
カタバミは雑草としての呼び名で、園芸品種としてはオキザリスと呼ばれる。ハート型の葉が人気で、四枚葉のものは「四葉のクローバー」などと称して売っている場合がある。勿論まったくの別物。クローバー(シロツメクサ)はマメ科で、カタバミはカタバミ科。雑草化しているものでも葉の色が緑、赤、紫、斑入りなどバリエーションが多く、黄色や赤紫の小さい花が沢山咲く。繁殖力もドクダミに比べたらかわいいものだ。

オキザリス 初恋ハツコイ

オキザリス 初恋ハツコイ
価格:421円(税込、送料別)



コミカンソウは今回はじめて知ったのだが、パッと見はコニシキソウに似ている。最初間違えたくらいだ。コニシキソウより色が鮮やか。茎は赤みがかかり、枝に左右対象に葉がつき、夜になると葉が閉じる。葉の付け根の裏側に小さいミカンのような粒が一列につく。それが花。雌雄の花が交互について受粉する、という知れば知るほど興味のわく植物。観察しやすいように乾燥気味で育たなそうな場所から何本か移植してみた。雑草移植など他人が見たらあれなのだが、本当にきれいでかわいい。

百聞は一見にしかず。コミカンソウの実が鮮やかに撮れてる写真を公開してるブログがあったので貼っておく。これの2009/09/23の記事。その上のほうにフウセンカズラの写真もある。

【写真ブログ】Lensを通して・・・

そもそもが雑草だの害虫だのは人間が勝手に呼んでいるだけで、本来は単に草や虫というだけだ。益虫だの害虫だのという表現を見ると気分が悪い。雑草も正しくは野草であって、園芸品種とは別というだけ。雑というほど交雑もしていないだろう。
自分も「生命力が物凄く強い」という意味で「褒め言葉」として「雑草」と使うことがある。ミントなどシソ科のハーブがまさにそれ。とにかく強い。強靭そのもの。繁殖力もとんでもない。「うっかり直植えしてはいけない植物」としてネットでも話題騒然。ドクダミと戦わせても勝負がつかない(入り乱れて爆裂)、ドクダミより大人しい雑草には確実に勝つ。恐るべしミント。
ということも知らず、うっかり買ったミントがうちにもいる。




パイナップルミントはアップルミントの斑入り品種。アップルもパイナップルも種が売ってなかったので苗で購入。見た目は良いのだが、うっかり地面におろせない。この品種はペパーミントやスペアミントよりマシらしいが、暴走されたら手に負えない。
姉のところでも近所からもらったミント(おそらくペパーミントかスペアミント)が暴走中で、抜いても抜いても増え続けている。あの園芸オンチをもってしてもそれなのだから凄い。
さらに厄介なのは、ミントは交雑しやすく、交雑すると香りがなくなる。同種斑入りと思って同じ鉢に植えてしまったが、どうも違うようだ。ということは、このままではまずい。「混ぜるな危険」である。
ミントに限らず、ローズマリー、タイム、オレガノ、セージなど、シソ科のハーブはやたらに強くいものが多い。まさに「雑草」なのだ。

考えなしに植物でも動物でも買うのが悪い癖なのだが(買ってから考えるタイプ)、センテッドゼラニウム(においゼラニウム)というのもうっかり買ってしまった。いや、「しまった」ということはないのだが。



こんな感じで売っていたので試しに買ったら、これがセンテッドゼラニウムだった。おそらくもっとも一般的なローズゼラニウムと思われる。においゼラニウム、またはハーブゼラニウムとも呼ばれる。普通のゼラニウムは少々香りがあれだが、センテッドゼラニウムの葉にはハーブのような芳香がある。花は小ぶりで派手さに欠けるが、種類によっては葉が食用になる。食用にならないものでも乾燥させて芳香剤になる。
正直、蚊はよけれてない。蚊が葉にとまってたりする。「カトリソウ」という名前で売られている場合もあるが、当然殺虫効果はない。葉っぱをちぎって汁をなすりつけたらわからないが(蚊の嗅覚を乱し、二酸化炭素を察知できなくすると言われる)、置いておく程度では何の効果もない。しかし香りが良く、何より丈夫なので良し。

ミントもセンテッドゼラニウムも、育て方を調べると「乾かし気味で」、「水を少なめに」と書いてあるが、真夏は別。パイナップルミントなど朝、水をやらないと半日で株全体がダレーっと下向きになるし、アップルミント、センテッドゼラニウムも茎がフニャフニャに萎えてくる。場所によるのかもしれないが、30度を越す東京では1日1回、朝に水をやったほうが良い。パイナップルミント(と同居してるアップルミント)には朝夕、水をやっている。
作業のためにベランダに出ると鬼のように蚊が集まってきて、虫よけスプレーなしだと悲惨なことになる。スプレーしてても薄めのところをついて刺してくる。服の上からでも刺す。今年も液体ムヒが手放せない。



いきなり話は飛ぶが、液体ムヒは凄い。色々使い比べたが、これが一番効く気がする。さすが池田模範堂さん。デキサメタゾン酢酸エステルというステロイド剤を配合しているためだ。
ステロイド剤と聞くと闇雲に怖がる人もいるが、かゆみどめに入っているものはもっとも弱いタイプだし、濃度も低い。処方のステロイド剤のような副作用はまずない。それに、自分のように毎日蚊に刺される人は珍しい。たいてい毎日は使わない。使うとしても塗る面積は微々たるものだ。赤ん坊にはどうか知らないが(まず強烈なメントールで泣くと思う)、毎日全身に何十回も塗らない限り安全と思って良い。そんな弱いステロイド剤でも入っているといないじゃ効きがまるで違う。

先入観だけでよく考えもしないで怯える消費者につけこむ商売があることは既に触れた。人間は恐怖を煽られると弱い。情弱なほど煽りに弱い。つまり、こういう商法は最も弱い者ほど騙されやすい、悪質な商売と言って良い。害のないものを害があると言いふらすのは、普通に考えても営業妨害、名誉毀損だと思うのだが。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:aki
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:自営業
  • アイコン画像 趣味:
    ・猫
    ・ネット
読者になる
コメントを書く場合のお願い。
チカチカ動く絵文字は使わないでください。人によっては非常に刺激が強いです。
差別語は使わないでください。人によっては非常に不快に感じます。差別語や侮蔑語を含むコメントは削除する場合があります。
何が差別語かわからない方はネットスラングは避けたほうが良いです。
2014年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
最新トラックバック
ヤプミー!一覧
読者になる