アリス十番大阪公演と感想と。 

December 01 [Sun], 2013, 18:09
水曜日、大阪梅田に来るというので、
ついに見てきた。



アリス十番梅田クアトロ公演!

昼過ぎから梅田まで急いでいって、
まずはタワレコ。
ミニライブイベントと新譜予約でなんと、
握手!

桜のどかたんと握手!

全員可愛い!
写真より動画の方がかわいくて、
動画よりも実物ははるかにかわいい!

しかも握手した手めっちゃいい匂いした!

ミニライブでは前列組の勢いに圧倒されながら、
握手の余韻もそこそこに、メインのライブ、クアトロへ。
昔映画館だったとこですね。
コープスブライドかなんか見たわ。

一組目はビジュアル系のバンドさんSCREW。
ビジュアル系のライブを実は初めて見たぞ!
またまた前列のバンギャさんたちに圧倒されながら
でもなんか途中からいや、思いっきりたのしまな!
ってことで、手のヒラヒラするやつとか初めてやったよ!

二組目アリス十番!

そこそこ前の方で見れたよ
もうテンション完全に上がってたから、
周りに負けんぐらい叫びまくったしサイリウムも振りまくったよ。
普段の自分では絶対やらない域に達してた。

見てて印象的だったのは、
会場にいた人が、思ってたよりアイドルを受け入れてたこと。
バンギャさんって、「アイドルなんて。けっ。」
って人達ばっかりかと思ってたけど、
すごくみんな温かかったし、
メンバー見て、可愛い可愛い言ってたし。
曲の途中で、横一列が肩組んで、ヘドバンするところがあるんだけど、
乗り遅れて、あっ、はみった!って思ってたら
全然見知らぬバンギャさんが仲間にいれてくれて、
一緒にヘドバンしてくれた!
なんと!バンギャさんオタにも優しい!
見た感じスクリュー見にきたひとっぽかったけど
あんなファンが集まるって、すげぇいいバンドなんだなぁ
って思った。

三組目、主催
チェリーコークス!
全然知らなくて、YouTubeみてかっこいい!っては思ったんだけど
曲も全く知らないし、
いいのかいいのかと思いながら、最前列へ(笑)
まずライブハウスで自分から前いったことない(笑)
このテンションのおかしくなりっぷり(笑)

かっこよかった。
笛とかサックスとか、なにあれバンジョーじゃないけど、
そんな感じの楽器とかも使いながら、
すごくカッコいい曲をやってらっしゃいました。
本人たちは、パンクっていってたけど、なんだろう
ロックのような、パンクのような、民族音楽のような。
最前列で頭ふって、うおい!うおい!って拳振り上げたり
うぉーうぉー(歌詞わからんから)って歌ったりして
すげえ楽しかったよ。
ボーカルさんがハイタッチしてくれた!

という3組で、
すごくすごく楽しいライブでした。
プロの、次元の違いを見せつけられました。

このライブをみて思ったことは、
アイドル、他のジャンルとぶつけても十分通用するなってこと。
曲調がまぁ同じとは言わないけど、遠からずっていうのもあったかもしれないんだけど、
ちゃんと対バンになってたと思うし、他のバンドのお客さんもしっかりつかんでたと思う。
ただ、
反面残念だったのが、アリス十番のフアンサイド。
せっかくの地方公演、初めて見る人も多いだろうし、
ほかのアーティストのファンも見てるなかで、
前列に組織立ててコアなファンを配置しなくてもいいんじゃないか?
自分が前でみたいから、ってのは、わかるし、前にいけばいいと思うんだ。
でも誰推しかで並ぶ配置をそこにいた人押し退けてまで決めるべきかと。
アイドル戦国時代と言われて久しいけれど、
アイドルは今、飽和状態にあると思う。
そのなかで、生き残るためには、新しいファン層の獲得、ってのが重要だと思う。
初見、他ジャンルのファン、が多数いるっていう、絶好のチャンスで、
ファンが自ら生き残りの道を閉ざしているように思えてならなかった。
それに、アリス十番のファン、出番終わったらがっさり帰るし。
チェリーコークスのファンが、アリス十番のファン空気読めよ!って言ってたけど
本当にその通りだと思う。
他のアーティストのファンはアリス十番受け入れて、一緒に楽しんでくれてるのに
これはあんまりにも失礼だし、
ファンがそれだと、今度はアイドル自体が他分野に進出する機会なくしちゃうのに、って思った。
聞きたくないものを無理に聞けとは言えないけど。

とにかく、思うところはあったにせよ
ライブ自体はすごく楽しかったし、
こういう言い方をするとおこがましいけど、
目標とするところができて、勉強にもなったライブでした。
ライブで首いたくなったの初めて。
またみたい!

下書き 

November 27 [Wed], 2013, 23:53
下書き。

9月4日 ひとりでゆうえんち。 

September 05 [Thu], 2013, 2:45
いままで、ひとり映画、ひとりカラオケにはじまり
ひとり回転寿司など、ぼっち道を邁進してきた私ですが、
ついに、行ってきました。



ひとりでUSJ!!!!!!

すげえ難易度高かった。
この上なくハードル高かったよ

まぁ、べつに、USJに行きたかったわけではないのです。
じゃあなんで行ったのかというとこれ。



hide MUSEUM2013!

むかぁしあったhideMUSEUMには行ったことがないまま閉館しちゃって、
今年なんと復活すると。
しかも大阪にも会場来ると!
これは行くしかない!
ということで、お休みの今日、行ってきたよ。

感想からいうと、
すっげぇ良かった!

あんまりどこまで書いていいかわからないけど
アルバムごとにセクションがあって、
そのアルバムに関連したものや
衣装とか楽器とかアクセサリー、hideの持ち物を展示してある。
流れてる映像にも見入ったし、展示品のすべても興味深かったし、
今にも動きそうなリアルヒューマンドールもすごかったけど、
一番印象に残っているのはhideが作詞に使ったノート。
手書きの字で歌詞が書いてあったり、書き直したり、
落書きしてあったり、
なんていうか、hideの息づかいというか、
そこにhideがいるような気がして、とても感動的だった。

もっとさらっと見て終わりかと思ってたけど、
最後の映像パート含めて結構見ごたえあった。


ミュージアム出たあとは
どうしようか迷ってたんだけど、
まぁせっかく来たしと思って、スパイダーマン乗ったら、
なんかテンション上がっちゃって、ひとりとかどうでもよくなって
ターミネーターやらバックトゥーザフューチャーやら色々ならんで
もう係のお姉さんに「何名様ですか?」とか聞かれても平気!ひとりです!
暗くなってきたからジョーズで締めようと思ったけど、
残念ながらすでに終了だったのてジュラシックパーク!
落ちるの無理!落ちるの知ってたけど!

さぁ帰ろうかと思ったら
パレードやってたのでパレードまで見て(笑)
なんか結局すげぇUSJ満喫して帰ってきてしまった(笑)

最初はなんで中やねん!と思ってたけど、
いろんな展示にふれて、映像にふれて、
hideの、人をびっくりさせたい、楽しませたいっていうスピリットが
USJにぴったりだったんだなって思えるようになって
ミュージアム自体もよかったけど、
それとおんなじくらい、展示をみて、真剣に見入ってる人や、笑顔の人。
もう亡くなって、15年もたつのに、
いまだにこんなたくさんの人を惹き付けるhideの魅力をまた感じるとともに
自分がこんな、あとあとまで人の心に残るようなものを
なにか残せるんだろうか、そんなことを考えさせられた。
ほんとうにすてきな1日でした。

曲でも作るか。

お買いもの。 

April 19 [Fri], 2013, 0:55
今日は、お休みだったので、
夕方までちょっと歌録音してから
楽器屋さんにお買いもの。

ついにバッファー買った!

これで今のところ必要なペダルはそろったぞ。
あとは電源タップとか結束バンドとか小物くらいだな

ゆくゆくはパワーサプライやらいいパッチケープルやらを
買い足していきたいと思いますが、
足元充実計画は、これにて一段落!といったところです。

今日買ったものたち。

BOΦWYの映画を見てきた。 

March 24 [Sun], 2013, 21:48
昨日は久々に映画館へ。
そう、これを見るため



BOΦWY 1224 FILM THE MOVIE 2013

伝説のバンド、BOΦWYが、ヒムロックがまさに
解散をステージ上で口にするこのライブ、
実はビデオをちゃんと見たことがなくて、
YouTubeとかで所々は知ってたんだけど
劇場でやるならせっかくだし見に行ってみるかと。

感想。

めっちゃよかった。

「日本で一番かっこいい」というヒムロックの言葉に、
誰も反論できっこないほど、かっこよかったし、
曲も、メンバーの表情もキラキラしていて時代を気づいたバンドの、
一番輝いてる瞬間を見たような気がした。

映像めっちゃきれい
すごい機材を使っていたのか、今の技術がすごいのかわからないけど、
25年前の映像じゃない。

音響も、ライブDVDのような綺麗さはなかったけど、
たぶんスピーカーの都合なのか
それが逆にライブハウスの臨場感を醸し出していて、良かった。
めっちゃ音がいいライブハウスみたいだった。

ただひとつ残念だったところは、

リズム隊が全然うつらねえ。

特に松井さん。

引きの絵で、ヒムロック写してるのに入ってる
とかでしか写ってないよ。
松井さん単独でアップで写ってるのはベースのソロのとこくらいしかないよ。
まことさんが言うように、「刀の柄」みたいな美学の結果なら仕方ないんだけど
製作側の、嫌な思惑とかが入ってるならやだなぁとおもった。

んで、以下ネタバレ注意。


アンコールのとき、一人だけTシャツに着替えなかったヒムロック。
BOΦWYの普段を知らないから、なんとも言えないんだけど、
もしかしたらこの瞬間にもう、別々の道を歩きだしてたのかなと。
で、アンコール中のヒムロックの表情がなんとも言えない。
曲に助けられてはいるんだけど、どこか苦しそうな、
なにか重いものを背負っているような表情に見えた。
解散を口にすべきかの葛藤だったのか、
言わなければならない重圧だったのかは、わからないけれど

で、アンコール終わりで2回目の通路→楽屋が写される。
タバコを吸い始める布袋高橋が写ったあと、
1人楽屋を出ていくヒムロック。
少し離れてそのあとに続く楽器隊メンバー。
この絵がもう切なすぎた。

語弊を恐れずにいうと、
バンドを自分1人で背負っているような
自分の手でバンドをきちんと終わらせるっていう決意のような
そんなことを感じた。

そして登場後、解散宣言。

「6年間…」わきおこる悲鳴。

ヒムロックも言葉をなんとか紡ぎ出しながら、
何回も布袋の方を見るんだな。
いたたまれなくなったんだろうか、そこで布袋が、背を向けちゃう。
決心したように解散を言い放ったヒムロックも、
「フォークのバンドじゃねーんだから」って言いながら、泣いてる。

もし俺があのとき、布袋の場所にたっていたら
(ギター弾けないだろとかそういうのはおいとく)
たぶんボロボロなきながら、ヒムロックを抱きしめにいくと思う。
で、耳元で、言うな!まだやろう!って言うだろう。
でもそれは、いちファンの気持ちで、歴史じゃなかったし、本人たちの意思でもなかった。
でも、終わりがあるからこその輝きだったかもしれないし、いまさらどうにもできないことも事実。

とにかく、BOΦWYのすごさを抜きにしても
ひとつのバンドが最高に輝いて、そして自分の手で終止符をうつ姿の間に見える、
苦しみや葛藤がすごくよく描けている映画だと思ったので、まだ映像をみたことがないひと、映画館で見てみたいひとは、ぜひ行ってみるべき。
別に回し者ではない。

ちなみにこの映画、最後に、
街中のクリスマスの様子が写し出されて切なさを倍増させたあとに、
エンドロールが無音で流れるという、
喪失感を追体験できるというす素敵すぎるおまけがついているよ。
映画だしいいけど、これリアルタイムだったら寝込むわって感じさせる素敵な演出だね、やったぁ!


そんなこんなでそのあと徹夜ボーリングに行き、
朝から昔の店に行き、
あんまり寝ないまま昼からイベントの練習にいくっていうそこそこヘビーなスケジュールだったよ。
でもなんとか乗りきった!



初詣 

January 04 [Fri], 2013, 21:03
もう4日ですが
遅ればせながら初詣に!

いろいろ調べた結果、
車折神社という神社に決めました。

日が傾きかける中、到着



本殿に参拝したあとは、
境内の中にある芸能神社に参拝。
どっちかというと、こっちがほんとの目的。

調べてみて初め知ったんだけど、
この境内社、けっこう有名みたい。
なんと、



神と崇めてやまない氷室京介も玉垣を奉納していると!
この神社自体はほんとにちっちゃい社なんだけど
ほかにも、有名人、地元のバレエ教室らしき玉垣がずらーっと。

ちなみに、「東京誰々〜」「大阪誰々〜」という中、
LosAngels氷室京介って書いてあるヒムロック、すげぇとかひとりで盛り上がってた。

よい作品が生まれますように、無事ライブができますようにと
お願いしてきました。
不思議と、有名になりたいとかお金稼げるようになりたいとか
いう言葉は出てこなかったね(笑)

芸能上達のお守りをかって、神社を出ました。
これで曲できるとは言わないけど(笑)、まぁ、励みにはなるかと。

電車に乗って、



北野天満宮へ!
初詣はしご!
なんて節操ない!

いいのいいの。
日本人特有の宗教観でしょ。
だって、「初詣」っていってる人の大半が、
2回目はないわけでしょ。

じゃぁいいやんwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

ってことで、参拝したあと
勧学のお守りを買ってきました。

これで今年は安泰だな。
北野天満宮で引いたおみくじに、
「学業:反省して学業に専念しなさい」って書いてあったけど、
太宰府に流された人なんて無視無視!(笑)

ということで初詣も済ませたわけですし、
今年一年、頑張らなきゃなぁと思った一日でした。

もう2日ですが 

January 02 [Wed], 2013, 21:06
今年の目標!

ライブ!

以上!!!!!!

去年いろいろ掲げたけど、結局うやむやになったもんね
今年はしぼるよ!

もっとこまかく、
中間目標みたいなのはたくさんあるんだけど、
とりあえず、ライブをする
を目標にしぼりたいと思います。

まぁ、まずは、曲作りだな。

忘れないうちに、3日間の日記をば。 

August 16 [Thu], 2012, 18:15
コミケに行ってみたい!

ずっとぼんやりとは思ってたのよ。
夏だ冬だってどっさり商品はいってくるし
どんなものなんだろうって興味はずっとあった
ところに、俺妹読んだのね。
コミケに行く下りがあるやん?
ちょうどバイトやめたのもあったし

よし・・・

行っちまうか!

ということで、行ってきたよ
東京ビッグサイト!!



コミケはおろか、即売会に行くのは全く初めて。

1日目は、夜勤明けでそのままかえって準備して、
新幹線乗ろうと思ってたのよ。
昼過ぎくらいにつけたらいいな〜
1日目はとりあえず雰囲気だけでも偵察したいなー

ついたの4時半(T_T)

あっこれはもうだめやわ今更行っても。。
ってなことで、前回見上げるだけだった



スカイツリーへ!

高い!ちょう高い!
高いとここわいんです
むりむりむりむり!!!!!

さらに上の展望台あったけどもういいわ〜ということで
スカイツリーソフトを食べて帰還。
夜景はきれいやったけどね。
スカイツリーデートは無理だと痛感しました。
いろんな意味でね。カップルばっかり。
スカイツリー折れろ!

まぁ、でもひとりで入場券並ぶのはちょっと(だいぶ)寂しかったので
一緒に並んでくれる可愛い女の子がいたら
がんばってみるおれがんばる


2日目!
ちゃんと朝から起きて
並んで開場を待つ、というやってみたかった!やってみたかったことを!!
曇っていたのでそんなに気温も高くなく、じめっともしてなかったので
初心者にはやさしい気候だったよ

ぐるぐる回るも・・
なんかなかなか手が出ないよね
よくわからないってのもあるけど
コスプレものにちょっと興味を持ったけど、
知らないお姉さんの写真眺めてにやにやするのもなぁ・・
なんて変に恥ずかしがってしまって
あと、まさにその人が目の前で同じかっこして売ってるものだから
なんというかシュールすぎてついぞ買う勇気は出ませんでしたとさ。
あと、サークルの参加日程・配置がジャンルで分かれているんだってことを初めて知った
1日目やっぱ行っとけばよかったなぁと。

3日目!

ちょっとゆっくりしてから会場。待つことなく入れる。
2日目以上に人がすごかった気がする
進めないし後ろからぶつかられるし
カオス!コミケはカオス!!
ほとんど絵の見た目のきれいさだけで選んで同人誌何冊か買う。
お昼ご飯食べてから向かったのが



今回唯一「これ買おう」と目当てにしていたブース!
伝説のあのバンドのボーカルさんの新刊。
こういうときになんて言ったらいいのかわかんなくて
普段のコミュ障を100倍くらいに発作させてしまう俺ですが
やさしく接していただいて少しですがお話できてよかった。
これからも応援しています。
新刊もじっくりじっくり読ませていただいてますうへへへ。

ラストまで、しばし同人誌あさる。

帰りはちょっと乗ってみたかった
海上バス!

満足はしたけれど、船おりてから入れ違いで出て行ったやつを見て
なにあのかっこいいほうに乗りたかった。



新幹線乗る前に、もうひとつ。
本当は本当は、新しいベースを買いに行こうと思ってた。
ずっとほしかったアコースティックベース。
ただ、ちょう可愛い女の子が書いてある紙袋の中に
エロ同人誌引っさげて楽器屋に行く勇気がちょっと出なかったのと
ベースをまたにしても今回買っちゃおうというものができたので
秋葉原で



デジタル一眼レフ買っちゃいましたとさぁ!!!
写真をとってみたいなぁ、とおもってて、
会場でコスプレしてる人とか、みんな撮影してるやん?
やっぱいいなぁと思ったので、今回はカメラ。



ってなわけで、夏休み第一弾はこれにて終了。
いろいろとおもしろい3日間でした。

コミケ初体験で楽しかった。
人の多さにもびっくりしたし、熱気にもね。
スタッフなんであんなに偉そうなん、ってのも
これが欲しい、っていう目的がないと、広量な砂漠のような所でした
ブースにいる人たちの様子も様々で
すごくにこやかに呼び込みしてる人もいれば、
ひたすら携帯いじっててやる気あんのか(笑)みたいな人も。
あと、予想外に可愛い女の子が多かった。

そして、あんな楽しい所にただ行くだけではなんかもったいない気がして
自分もサークル参加してみたい!なんて新たな野望が生まれた最終日でもありました。

ギター難しいです意味がわかりません 

January 28 [Sat], 2012, 17:22
今日はいま作ってるやつのギターアレンジにとりかかったよ
ギター意味がわかんないピロピロかなり適当に作った。
全部ならすともうなんの音なってるかわかんない。
幼稚園のお遊戯会みたいで秩序も調和もあったもんじゃない。
プロのアレンジャーがすごいのか、プレイヤーがすごいのか。はたまたエンジニアがすごいのか。
わかんないけれどとりあえず自分の曲はカオスなことにかわりはないのです。

昼前に起きたからカラオケでもいこうかと思ったけど
結局夕方までテレビ見て過ごした。
だめ人間。
そろそろギター練習しないともうギターのネタがない。
パワーコードとコードのストロークだけて薄っぺらいわ。
でも音はぶつかる。
なんで。



っていう日記を書こうとしたらTwitterに誤爆した。なんで。

今年一年 

January 02 [Mon], 2012, 0:09
すでに一日過ぎたという信じられないこの事実!

シフトか寝るかで年明けたとかいう感覚すらないけど、
まぁ新しい年ということで!

今年の抱負をば!

なんか毎年言ってる気がするけど
挑戦の年にしたい
いまやってることを突き詰めるのもそうだし
いままでやったことないことにも、いろんなことにチャレンジしてみたい

あとは、そろそろ小さくてもいいから結果を積み上げて行けるように頑張ります

では今年の目標!

・ライブをしたい。っていうか、する。…やっぱこれでしょ。今年の最大目標はこれ。

・社労士をとる(去年からの積み残し)…もう三回目…三度目のなんとかで、今年はちゃんと勉強して受けたい

・車の免許(負債)…時間があった大学時代はお金がなく、少しはお金があった院時代は時間がなかった。いまはお金も時間もない。

・ベース職人(負債)…これいちばんできそう。フォトショがほしいです。

・カバチタレ全巻揃える(負債)特上カバチを全巻揃える…カバチタレもうちょっとなんだけど

・リア充宣言(負債)…もう笑うしかないwwwwww

例によって途中で増えるよー

負債多いなー
こうしてみると去年一年間何しててんって話になるよね

あと目標っていうか、いろんな人のライブをみたいです。えんたーていんめんと。

あとなんかこないだふとシベリア鉄道の旅って素敵そうだなって思ったけどまぁそれは思っただけです。

ぼちぼち挑戦。
ひととなり
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:aki
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1986年1月10日
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる
Twitter→http://twitter.com/akiwcathy
mixi→http://mixi.jp/show_profile.pl?id=34660448

こんにちは、akiです。
目が覚めたら法律家を目指して勉強していたただの音楽好き。
大学を卒業しても就職もせずに、大学院とかいうところへ行ってモラトリアムするもあえなく失敗。そもそも頭がおかしいから法律なんて勉強しようと思うのか、それとも法律なんて勉強するから頭がおかしくなるのか、について研究中。現在、提唱した相互作用説が学会での通説的地位を占めるに至っている。
得意料理はカップラーメンで、中でも得意なのはカレー味。
なんちゃってベーシストで耳もあてられないくらいへたくそだが本人は勘違いしている。相棒はジャパフェンJB62-83US(OCR)。名前はキャサリン。徳永暁人とheathを勝手に師匠と仰ぐ24歳。
2009年、一夜づけの結果、平成20年度行政書士試験に、合格基準点わずか+4点で合格。つくづく運だけで生きている。
日本セルチョコ連合会(※)会長。
(※バレンタインデーは、日ごろ頑張る自分にご褒美として甘いものをあげる日だ、と強引に言い張り、@自分にチョコレートを買う活動とその推進、及びAセルチョコの普及、を目的とする団体)
あ、あんまりしゃべらないのは、仕様です。
ことあるごとに自分にあげる、「ご」のつくあれが大好き。
ちなみに玲奈推し。