◇恋愛カフェ◇にようこそ♪

January 01 [Fri], 2016, 1:01

どうせなら ちゃんと自己紹介をしておきたいと思います。
マスターは30代後半の恋愛とエロのスペシャリストっす♪プッ
(なに言っちゃってるんだ おれは・・・)
高校の頃からいつしか女性からは あっくん と呼ばれていました。

今までいろんな女性とお付き合いしてきて、えっちな自分も
いれば、真剣に婚外恋愛にハマったりもしてきました。

婚外って言うぐらいだから、そう、既婚者なんですよ。コラッ(世間一般的にはダメなんでしょうね・・・)
自分なりに分析すると きっと人よりちょっと気が多いんでしょうね。

ここに残したものは今までの経験を振り返りながら、男の本音を綴った
カミングアウト&エロ系恋愛論ブログです。

こんな私ですが、だれか私を好きになってください。。。♪


まだ残っていたんだ。。

January 20 [Tue], 2015, 17:50
自分が昔書いたブログを探したら見つけた。(笑)
よく一人の女性のこと50話も書いたなと感心した。

いやっ半分あきれた・・・(笑)
でも今でも懐かしい思い出です。

彼女 幸せになっているといいな・・・

【恋愛◆カフェ】引っ越しました

December 28 [Tue], 2004, 19:48
みなさんここに来る方っていつも直接ここなんでしょうかね。。。

実はちゃんとトップページを作らなきゃって思っていたんですよね。
前に使ってたジオーシテーのHPが最近の流行にのせて
ブログタイプにしちゃったもんだから、昔からのページが
編集出来なくなっちゃったんです。

だから削除したくてもできなくていまだに残ったままなんですよ。


久しぶりにこうやって日記書いてるのは仕事も明日で終わりなので
一段落ついたからなんですよ。

わーいやっとお休みぃ〜!

今年は珍しく年賀状も7割は書き終わって順調です!
みなさん年賀状ってだいたい何枚ぐらい書くんですか?
あれだいたい100枚ぐらいあるんですけどこれって多いですか?

いままでヤッタ人全員に出しているからなんですよ!うそですって!(^◇^;)

仕事関係で約15枚。。。 学生時代からの友達15枚。。。 親戚関係10枚。。。

残りの60枚全部趣味の友達なんです。 そうそう切手収集の・・・(違うって!)

ほとんどが車の友達なんです。

しかももらって嬉しいのも車の友達からの年賀状なんだよね。

もうみんな凝りに凝りまくるっているんです。
凝りじゃくっているんです!
凝りまくりまクリスティーなのです!

さすがに会社関係や友達にそんな年賀状送ったらアホやこいつと
思われるから毎年3種類の年賀状を作るんですけどね。
会社用、友達用、車友達用ってね。

じゃまた時間あったら日記再開したいと思います。

別なところでこっそりとね・・・ さようなら

オレ流の交通ルール

November 24 [Wed], 2004, 2:03


さて久しぶりに日記です。

凹んでもいないし、死んでもいないし、元気にやっておりました。
ただ・・・ただ仕事が忙しいって理由でブログを死なせていました。
それでも毎日ひょっこり覗きに来てくれてたみなさまありがとう
ございます。

一時は人気ブログランキングで19位まで登りつめたことも
あったんですけど、やっぱり競争ってボクにはむいてないですわ。
もっときままにのんきにのほほ〜んと日記書いていくのが
合ってます。(^o^;)

でっ、なんで今日こんな時間に日記を書こうと思ったか。。。
いいことがあったから・・・ いやそんな大したことは
ないんですけどね。(^o^;)

実はシンゴー無視しちゃったから。。。
うちの会社は土日休みなんですよ。
それと祝日もね。
だのにーだのにぃ〜 今日も仕事でした。
それでちょっと前に帰ってきたんですわ。

考えてみたら今月に入ってからお休みゼロです。。。(泣)

それでさ0時過ぎに仕事場から過激に飛ばして
帰ってきたんだよね。
産業道路とかガンガン飛ばせるのよ。
そして調子に乗って走っていたら、シンゴー無視
しちまったのさ。。。(^o^;)

一本目の信号はたまたま通り過ぎちゃったのね。
なんかそしたらプチンと糸が切れたような感覚になってさ。。。

2本目の信号も、そして3本目の信号も・・・・(笑)

そして今日オレ流の交通ルールを作りました。
夜9時を過ぎるとあちこちの信号が点滅になるのね。

そしてうちの田舎なんかは0時なんて時間帯は
産業道路ほとんど車は走っていないのよ。

だから〜・・・

0時過ぎの道路は安全を確認すれば信号が赤でも
走っていいことにします。
あくまでオレ流♪
みなさんは真似しちゃダメですよ。
見つかったら捕まりますから・・・、逃げ切ったと思っても・・・
捕まりますから。(笑)

↓(まだ続きはあるのさ・・・笑)

【鮮やかなもの】

October 13 [Wed], 2004, 8:46
まりこと別れてすべてがなくなった気がしてた時、
この曲に出会いました。



Every Little Thingの『鮮やかなもの』って曲なんたけど
4 FORCEっていうアルバムに入っていて
あの頃この曲ですごく励まされました。
聞いてて止まらないぐらい涙が出てきましたね。
切なくて、それでいて前向きな歌詞なんですよ。

【鮮やかなもの】     『4 FORCE track-5』

作詞/持田香織 作曲/多胡邦夫 編曲/桑島幻矢・伊藤一朗


優柔不断の君がようやく決めた事だから

きっと

いっぱい悩んだのだろう

いっぱい考えたのだろう

ねぇ、そうでしょ?


「好きな人が出来たんだ」

泣くのをこらえる君の顔さえ見れやしない

突然、ポカリと空いてしまったこの胸の中に

春の風が通り過ぎた


君の笑顔 君のしぐさ 君の言葉のすべて

僕のためだけにあると信じていたから

こんな風な終わり方じゃいたたまれやしないけど

それ以上に僕は君のことが好きだからこそ

笑って手を振るよ 君が悲しまないように


あれから何年か経って月日に心癒されて

ほら

意外とうまくやってる

意外と楽しくやってるけど


こんな

うららかな春の日には君の体温(ぬくもり)思い出して切なくなる

だけど、夢から覚めても君が隣に居るわけないし、

僕は僕のままで…


今になって思い出せば あの頃の僕達が

過ごした時間は決して無駄ではなかった

そして僕は君と同じこの青空を眺め

これからも歩いてゆけると思うよ 限りない

その 鮮やかなもの この胸に抱いて ずっと


ほんとこの気持ち そのままでした。

今でもこの詩を読むとあのときのこと ふといい思い出で
思い出せる感じがします。

そしてこの曲のおかげで 今 前向きなボクがいるんだ。。。

【57】 最終回 涙

October 08 [Fri], 2004, 5:25
いつかこの日が来ると思ってたから。。。

こんな苦しむなら、あのメールで既婚者だってバレた時の方が、、、
その時終わりにしてた方が良かったか?

いやっいままで一緒にいることができてほんと良かったと思ってる。

ふたりともその気持ちは一緒だった。

まりこがこれから先幸せになれますようにと思った。

そしてこんな調子のいい既婚者にもう二度と引っかかりませんようにと思った。

自分で自分のことこんな風にしか言えなかった。

最後のバイバイが辛かった。。。 ほんと辛かった。。。


あんなきれいな別れ方したのに、ボクは今でもまりこを思い出す。
結局、次の年『桜』は一緒に見に行けなかったね。



ボクが趣味で書いたパステル画があるんだけど、家に置いてても
うちのやつは飾ってもくれないので押し入れにしまってあった、ある女優さんの
似顔絵があったんだ。
まりこはその絵が前から気に入ってくれていたので最後にあげた。

額を外すことはないんだろうけど、ボクはその絵の裏にこっそりメッセージを書いた。

『キミが幸せになれるよう ずっと見守っています』

ちょっとキザなメッセージだったけど。。。
ほんとにそう思ったから。。。

これがボクとまりことの1年ちょっとにわたる婚外恋愛です。


そして半年後、まりこのお父さんが亡くなった。

まりこは久しぶりにメールをしてきてボクにそのことを教えてくれた。
ボクは通夜にだけ顔を出し、久しぶりにまりこに会った。

喪服を着たまりこは凛としていた。隣には婚約したというAくんがいた。

「来てくれてありがとう」
まりこはボクに近づいて手を握ってくれた。

「まりこがんばれな!‥‥がんばれな!」

涙でボクはそれしか言えなかった。

もう彼女を苦しめちゃいけないと思った。
ほんとに久しぶりに見たまりこはすごく大人っぽく見えた。


そしてもうこんな辛い恋愛はやめようと思った。

でもまりこに出会えたこと無駄ではなかったと思っています。


おわり

長々と読んでくれた方ありがとうございました。(^o^;)

【56】 最後のキス

October 05 [Tue], 2004, 4:50

最後の夜。。。

そう、最後の夜となったその日ボクはまりこの顔を
最後に見たくて彼女の家に向かった。

まりこはちょっとだけならいいよと会うことをOKしてくれた。

こういう時、女性が別れるって結論出しているのに
会うっていうのは正直いやなんだよね。

分かってはいたけどボクのわがままとして
どうしても最後にまりこに会いたかったんだ。



彼女と会って、彼女の近所を散歩した。

自然とふたりで手を繋いだ。

お互いギューと ぎゅーーっと 手を力強く握り合って歩いた。

こんなに力を入れて手を繋いだのは初めてだった。。。

もうその力の入れ方が気持ちすべてを表してて辛かった。
いい歳した男がこぼれる寸前の涙で
うるうるしていた。。。

そして人通りのない路地でまりこをギュと抱きしめた。

苦しいくらい抱きしめた。 ぎゅーーっと抱きしめた。。。


最後の 最後のキスをした。

すごくすごく力強いキスだった。

誰よりも愛してるってほんとその時思った。


また胸とかアソコとか触りたかった。

でもでも…最後が格好悪くなりそうだったので手を動かせなかった。

ふたりして泣きながら何度もキスをした。

このまま時間が止まってくれと思った。
これから先の時間なんてなくていいから。。。

最後のキスがこんな切ないものだとは思わなかった。

振り返ってみて思い出す最後のキスではなくて。

こうやって今しているこれが、最後のキスだなんて
そんな思いでするキスは初めてだった。。。

ほんとの最後のキスだった。。。



次回最終回です。。。

つづく

【55】 恋愛と結婚はまったく別

October 04 [Mon], 2004, 4:40
以前ボクに言っていたあの時言葉。。。

ボクはあまり真剣にとっていなかった。

「私は恋愛と結婚はまったく別だと思ってる」

「ラブラブじゃなくても次男坊で名字を名乗ってくれる人 なら一緒になれる」

「そこからその人を好きになっていければいい」

いくらそんなこと言ったって普通相手を好きになってから
結婚とか考えるだろ。。。

強がっているだけだよ。。。

そんな風に見ていた。
でも考えてみると、普通とかいう考えはすでになかったんだよな。

ずっと結論出せないでいたボクと父親の余命を宣告された彼女。

時間は迫っていた。
そして過ぎる時間も違っていた。。。



相変わらずホテルでは甘えてくれた。
それが嬉しくもありそれでいて苦しかった。

矛盾している自分。。。

もっと軽く考えろ。。。 ただの愛人。。。 セックスフレンド。。。 

そう処理しようとしても、どれも当てはまらなかった。。。。

まりこは今一番好きな人。

 一番大切な人。

 ずっと一緒にいたい人。


でもなんの約束もしていない…割り切りが必要なふたりだったんだ。

ボクの今の仕事は3月に終わる。
そうすればなにか開けるような、そんな気持ちが漠然とでは
あるがそんな気がしていた。

今まりこがいなければこの仕事もひとりでなんで乗り切れないと思っていた。
まりこもそれを十分分かってくれていた。
この大変な時に別れ話は出来ないと。。。

『桜』の咲くころボクの仕事は無事完了した。

ボクにはまりこの出す答えは分かっていた。

そして最後となる日ボクはまりこと会った。。。


今年中にそのAくんと籍を入れて結婚するという報告をうけた。

「そうか、決めたんか‥」


もうボクはそれしか言えなかった。。。。

つづく

【54】 衝撃的な言葉。。。

October 01 [Fri], 2004, 3:59
こんないい加減でえっちな自分もいるんだよって
吐き出したくて書き始めた日記。

最初は誰から書こうか。。。
やっぱり今ふと思い出して一番記憶に残っている人だよな。。。
なんて思いで書き始めたまりことのこと。
こんなにも書いてしまったなんて自分でびっくり。
そろそろまりことの思い出もおしまいにします。
ここから先はあまりエロエロな内容じゃないけど
時間があったら読んでください。。。



冬に入るとボクの仕事もかなり忙しくなり
毎週のようには会えなくなってしまった。

そのころまりこもお父さんの看病でやはりなかなか
時間を作って会うことができなくなっていったんだ。

お父さん‥余命半年という医師からの宣告だったという。
まりこのお父さんは余命を病院ではなく家で過ごしたい
という希望でその後病院から家に戻ってきた。

とあるデートの日、いつも通りボクたちはラブホにいました。
突然口を開いたのはまりこだった。

「信じられない話なんだけどさ、前から話していた幼なじみの
Aくんが私の名字名乗ってもいいって言ってくれたんだよね。」

予想もしなかった話だった。

そのAくんの話はよく聞いていたんだ。
今は東京にいて、パソコンに詳しくて、HP立ち上げる時にも
よく相談してもらって、親も知ってる昔からの幼なじみなんだけど
ぜんぜん恋愛感情はわかないんだって言ってた男友達。。。

そんな風に聞いていたので、その話を聞いた時にはびっくりだった。

「まだ親にも話してないから、ぜんぜん実感沸かないんだけど
   Aくんは真剣だって。。。 どうする?」
まりこはからかうようにボクに言った。

どうする?ってどうするよ!!!
からかってんのかコイツ〜!(きっとそう・・・笑)
でもその後真面目にまりこは言った。

「でも、もしその気持ちがほんとなら私一緒になっても
             いいかなって思ってるんだ。。。」

すごく衝撃的な言葉だった。。。

【53】 別れのカウントダウン

September 29 [Wed], 2004, 22:35

いままで離婚してきた人というのは
離婚のメリットとデメリットを計りにかけて
そして結論を出したのだろうか。。。

どうも自分のまわりで離婚したという知り合いを
見てももう好きじゃないからとか、ほかに好きな人が
できたから、まっそのほか暴力がいやになってって人も
いたけど、どうもボクにはその程度で離婚に踏み切る
ことってできない気がした。

愛していく事、一緒に生活していく事、
そしてその将来のこと。。。



学校卒業したばかりの好きだ惚れたの
次元ではない。(学生さんごめんね)
生活してきた中で家とか車のローンもあって、
その上慰謝料と養育費を払っていって、
そして自分が今まで通り好きなことして
生活していけるだろうか。。。

ボクにとて結果はどう考えたってNOであった。

いくら「きみを幸せにするから!」ってドラマみたいな
こと言ったところで現実問題、裕福な生活を
彼女にさせていけるか!? あげられるか!?

ずっと一生ふたりで苦労して行きながらも
幸せで居続けることができるか?

まりこと合意の上、ふたりで力を合わせてこの
苦労ができるのであればもっと踏み切れたと思う。

でもここで自分勝手に離婚してもなにも始まらないと思った。

気持ちはまりこと一緒になりたい。

でも今の時点でなにも踏み切れていない。

まさかこんなメル友としての出逢いで
こんなにハマる自分がいるのか。。。

いままでいろんな女性と浮気や遊びを
重ねてきたボクが なんでこんな普通の女の子に
離婚考えるほど悩まされるのか。。。

そしてこの自分の気持ちと行動の矛盾が
自分をさらに苦しめていた。

まりこを好きであればあるほど。。。

そしてこの時すでに別れのカウントダウンが
うっすらと見え始めていたんだ。。

つづく
最新コメント
アイコン画像ふぇじょーーーあwwww
» ◇恋愛カフェ◇にようこそ♪ (2009年06月14日)
アイコン画像こあぁぱおっふwww
» ◇恋愛カフェ◇にようこそ♪ (2009年05月12日)
アイコン画像へ?
» ◇恋愛カフェ◇にようこそ♪ (2009年05月06日)
アイコン画像メールの返事が来ない男
» ◇恋愛カフェ◇にようこそ♪ (2009年01月01日)
アイコン画像こけし
» ◇恋愛カフェ◇にようこそ♪ (2008年10月18日)
アイコン画像をとこ
» ◇恋愛カフェ◇にようこそ♪ (2008年10月04日)
アイコン画像新妻Y
» ◇恋愛カフェ◇にようこそ♪ (2008年09月30日)
アイコン画像俺と妹
» ◇恋愛カフェ◇にようこそ♪ (2008年09月26日)
アイコン画像隙間男
» ◇恋愛カフェ◇にようこそ♪ (2008年09月25日)
アイコン画像50t
» ◇恋愛カフェ◇にようこそ♪ (2008年09月23日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:aki-001
読者になる
Yapme!一覧
読者になる