An individual daily occurrence


2017年03月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
MONTHLY
kazari








CD買った  2017年03月22日(水)


昭和生まれだから今でもCD買ってる層の人間なんだけど
久しぶりにまとめて買ったのでメモしておきます。

ブラーはこれだけ全く聴いたことなかったので購入、
アスカは昔カセットテープ(古い)で持ってて懐かしくて購入、
TKはなんとなくTKサウンド(古い)が聴きたくて購入、
coldpalyは欲しかったの(思いつき)で購入。

欲しいものリストに入れといて、どれももう底値だと思って手を出しました。
チャゲ&アスカはユニットだと高いけどソロは全然値段が上がってない。

あれ?自分けっこう買ってんじゃない?
@.A.B.C.D.E.F.G.H
 
   
Posted at 17:18 | music | URL
通院日誌3月  2017年03月10日(金)


どうもこんにちは無沙汰しています。
いろいろ重要な事は前回書いたので今月からさらっとありのまま書きます。

小話なしでいきなり本文。
もうおそらく元々この曜日のこの時間帯の人は他の曜日に移動していて
残っているのは人工透析組とギリギリまで移動してない人だけなので
非常に空いています(ずっと激混みだったのに)。

というわけで先に循環器も受診しましたが特に何もないので省きます。
今回の腎臓内科外来の先生も先月と同じ透析センター担当の女医さんでした。

一応今日の採血の結果を確認しながらなんやかんや話をして

先:「では次回からは別の曜日に移動ということになりますので。。。」
俺:「先生ともお別れですね。」

等いろいろ話したけど覚えていません。

病院のHP確認したけど自分が行ってた外来の表記なくなってたな。
しかも普通の腎臓内科外来の担当医師が全て大学病院医師
になっていて常駐(常勤)のお医者さんいないんだな。
自分はもう歳で激しく変動する時期は過ぎたので
ずっと同じ薬を出してもらえたら十分なんだけど
とにかく身体中ボロボロだし元々の病も完全に落ち着いてるワケではないし
怪しい時にはちょっと薬の調整もしてほしいから不安だな。
ブッ倒れたらどうなるんだろう?

病院に行く日は朝から何も食べずに行くので今日始めて病院の売店の横にあるベンチで
一人でカップ麺とおにぎり食べました(誰もいない日当たり悪いとこで)



 
   
Posted at 15:54 | hospital | URL
通院日誌2月  2017年02月11日(土)


今月はまぁまぁいろいろあって長いので導入のどうでもいい話(小話)は省きます

自分はもうずっと20年くらい前に、あのときはぶっ倒れる前に自分で自転車漕いで
その辺りにある個人医院に行ったけど風邪です程度にしか診断してもらえなくて
だけど、自分でこれは風邪なんてもんじゃないと感じていたので(自分の中に別の人がいるんじゃないか?っていうくらいの違和感)、さらに翌日また自転車漕いで(若くて体力も気力もあったな)
地元の中規模病院に行ってそのまま入院になって一晩軟禁でたぶんその病院いる色々な内科のお医者さん皆が代わる代わる自分のトコに来て身体触ったりちょこちょこっと問診したりしてこりゃダメだわってなって次の日にもっと大きな施設のある病院に病院の車で搬送されて訳も分からないまま壮絶な闘病生活を3ヶ月経験してその時は人工透析も数回受けて
あ〜あの時は半分あっちの世界に行きかけてました。
おかげで当時学生だったけど体調が悪すぎて学校に行けないし入院もあって留年しました。

今でも当時の事が(それ以降の事も)トラウマで注射されるところは凝視出来るけど
何故か自分が血を抜かれるところは今でも全く見れません。(見たくないので見ません)
(いつも隣で採血されてる人のことを見てます)

人工透析を自ら何度か受けた経験はあるけど自分の体に刺さっている針は見たことありません。
なんとなく看護師さんが凄い長くて太い針を使っているのは知っていますがアレが自分の身体に刺さるところは予想も想像もしたくないので考ません。
当時もその後も痛くて嫌な経験を何度もしているから今でも全く無理です。
(人工透析は20年前以降はありません)

という訳でいろいろ書いたので自分は今でも20年前からお世話になっている腎臓内科とその後悪くした心臓の為の循環器内科に通っています。
変にオブると書き難いので書きました。

あ〜これ長い導入だ。

再々々々度くらいにぶっ倒れて田舎に引っ込んでからずっと診てもらっていた
腎臓内科の先生が数ヶ月前から体調不良ということで代理の先生が外から来て
何とか外来をやっていたけど今月は外来の受付して待っている間に
(その前に循環器を受診して終わってからだけど)
案内係りの人に
「今日の先生は長いですよ。」って言われていて
(この曜日のこの外来は特に混んでいるので)
『更にお年寄りが多くて多分トラブルも多いのでしょう、結構前から案内係りというポジションの人がいます、でこの人がたぶん接客のプロなんでしょう、あまりに手際良くとても上手なので、個人的に挨拶して名前を聞いた程です(男性です)』。

ここまで上手くちゃんと書けているかな?
これでも結構端折って(要約して)書いています。

それでそれとなく診察室の前に出ているその日の担当の先生の名前を見たら、アレ?なんとなく
知ってる名前だな?と思いました。(この日は女性の先生が担当)

自分が呼ばれて診察室に入って取り敢えず先生の自己紹介
医:「自分は普段透析センター担当の医師なんですが・・・今日は代理で・・・」
俺:「先月は○○という医師が担当したのですが(ここで先月の検査結果を見ながら説明)
先月は・・・炎症反応が出ていて別の医師が鎮痛剤等処方しましたけど
今月は反応が出ていませんのでとかなんとか・・・元々の持病のせいではない
かと思います。(紙と電子データの検査結果表を一緒に見る)」
医:「で、あのですね、実は○○先生が体調不良でこの時間のこの枠を維持する事が難しいので
別の曜日の別の時間に移動して頂きたいのですが・・・?」

ここでここ数ヶ月の伏線とか元々の先生大丈夫かなとかこの先の事とかその他たくさん色々な事がバババっと頭を駆け巡って思わず
俺:「マジかー。」
と声に出して膝に肘を付いて頭を抱えてしまいました(これは本当にこうなったで、リセット)。
俺:「仕方ないです、今いる先生達が無理していなくなったらもっと困りますから。」
(先生の腕をポンポンした)

今思うとこの一瞬で自分がよくこの言葉がヒネリ出せたなと思う。
(いい歳だしこういうショッキングな宣告はそれなりに経験しているので)
医:「それで○○さんは循環器も受診されていてそちらの医師も近々ホニャララ・・・」
俺:「裏に何かマズい環境があるんですか?(思わず言ってしまう)。」
医:「そんなことはないんですけど・・・。」
俺:「この辺りの地方のお医者さん事情はテレビのニュースでもその他の所でも言われているので
本当に仕方ないとしか言いようがありません。」

という会話

医:「来月も自分が担当すると思いますがそれ以降は・・・」
俺:「自分はもう歳だし安定ではないけどそこまで大きな変動がある訳ではないから
同じ薬を同じように出してもらえたらいいんです。」

久しぶりにちょっとアレな外来でした。
皆さん身体を大切に。






 
   
Posted at 20:13 | hospital | URL
通院日誌1月  2017年01月13日(金)

自分が住んでる地域はいつもこんな空です

どうもこんにちは雪の中今月も病院に行ってきました。
今週は今シーズン一番雪が降り積もった週だったと思います。
けど、まぁこの辺りは雪国だし昔に比べたらこれは大雪には入りません。

寒いせいか足腰頭が痛くてちょっと体調悪いかな?と感じていましたが
今日診てもらったところ
医:「少し炎症反応が出てるね。」
程度で特に何もありませんでしたが鎮痛剤(痛み止め)出してもらいました。
なんとな不調です。
おそらく寒いせいです。
本当に冬が嫌いです。

先生がまたいつもの先生ではなかったので失礼かなとは思ったけど
一番正確(信用できる)だと思って先生に直接
俺:「○○先生はどうしたんですか?」
と聞きました。診察室では気を使わない事にしているし。

医:「○○先生は体調が悪いらしくてホニャホニャ・・・」
と言われたのでそれ以上は聞きませんでした。
まぁ高齢先生だったし本当かな?そうかなと一応6割くらい納得。
毎月違う先生だと困るんだよな〜
身体中ポンコツだから全体的に診てくれる先生がいい。
今日の先生は多分自分と同じ世代の人でした。
先月は自分と同じ苗字の先生。
なんだか余計な心配事が増えたな。

帰りにいつものバーバーに寄って一つ上の先輩に髪切ってもらいながら
自分たちも今年同窓会がありましたよって話などをした。
(同窓会には行っていない)

あ〜でも体調悪いから危ないかなと思ったけど入院にならずに良かった。
 
   
Posted at 16:21 | hospital | URL
通院日誌12月  2016年12月16日(金)

近所のホームセンター田舎ぽい良い雰囲気

今月も病院に行ってきました。
バス停でバスが来るのを待っていたら先月同様全く知らないおばちゃんに話しかけられました。
「あんたどこ行くの?」って(先月とは違うおばちゃん)
多分自分が思うにどのバスがどこに行くのか見分けるのが結構大変で
自分も見過ごさないように一台一台確認しているので
他の人もそうなんだと思う。
初めての人は見分けられないと思う。
自分だってバスの表示に"病院行き"って書いてないと
行く先見ただけでは分からない。
未だにこの辺りの地名見てもどこがどこか良く知らないのです。


先月同様主治医の先生ではなくて大学から派遣?された先生でした。
3ヶ月くらい連続でそうなので担当の先生は外来を引退したのかもしれない。
待合室で他の患者たちもどうしたのかしら?ってヒソヒソやってた。

一応ソツナクたぶん他の患者さんと同じようにやっているのだろうけど
なんというか今までの経過とか全く知らない人とだと
こちらのことどのくらいわかるのか、
こちらもこの先生どのくらいの力量なのか分からなくて全く納得いかない。

外来の受付の人に聞こうと思ったけどおそらく的を得た回答はないだろうと思って
止めました。これまでも何度か「はぁ?」、「だから〜。」ってやりとりしてるので。
まぁもともと本来は固定の先生じゃなくて特別外来って名前の外来なんだけど。

もちろん毎回掲示板とか病院の広報誌もしっかり全部確認してくるので
外に向けてのそういう話は全く無いと思います。
なので話をまとめて問い合わせメールを書きました。
もうそろそろ1週間音信不通。




 
   
Posted at 22:44 | hospital | URL
通院日誌11月  2016年11月18日(金)

いつも行ってる病院の光庭

今月も病院に行ってきました。
いつも駅から市バスに乗って行くのですが今朝全く知らないおばちゃんに
「(バスの乗り方について)ゴニョゴニョ?。」
と聞かれました。

自分は知らない人には本当に素っ気無い人だから
「あーそうですね」程度にしか言わないのですが
病院に行ったら採血室でも外来の待合でも会って

何も会話しませんでしたが、なんだか気持ち悪かったです。
(だから田舎では知らない人、その他誰とも関(らない)わりたくないのです。)

学生時代にもバイトで名前も知らない(聞かない)おばちゃんに良く差し入れ弁当もらいました。
今思うとけっこうアレだけど先輩が知ってるってだけ信用してた。
若い人にモテたいです。

そんな病院の定期通院日です。(長い導入)
循環器は先月から先生が変わって(先、(先々?)月から先生が変わって、たしか2回目(まだ先生の名前も覚えていません。特に何もありませんでした。)

それともう一つの内科は今日はいつもの先生がいなくていつもの先生の後輩、
地元の難関国立大学医学部の後輩に当たると先生が大学病院から臨時で来ていました。
今日の担当医の表示が"大学病院医"になっていたから
とベテラン患者の自分は『何かおかしいな?』と思っていました。

診察の時、最初に
「○○先生は今日はアレで今日だけ自分なんですよ。」と聞いて安心しました、
一応ずっと診てもらって誰にも言っていないことも唯一共有して命を預けている人なので
何も言わずにサヨナラされたら困りはしないけどけっこうショックなので。

んでたまには違う先生に診てもらうのもいいもので
医:「結構長い間この薬この量飲んでけど・・・」
自:「これは自分の身体がボロボロ過ぎるのでデメリットよりメリットを重視してアレなんです。」
医:「最近は××××剤飲んで減らすこともできるけど・・・。」
自:「あ〜それは20代の時とつい最近も飲んでいましたけどどうして必要ではない限りは副作用が嫌だし敬遠しているんですよね。今の薬をここまで持ってくるだけでも相当時間がかかっているので。」
医:「それだけ分かっているならOKだよ}
自:「でそ?」

本当にこんな会話。先生が3peiさんに似ていたのでその画像です(難関国立大医学部)。
 
   
Posted at 20:48 | hospital | URL
通院日誌9月、10月+α  2016年10月14日(金)

※自分で患部を撮影したけど思ったよりえぐいので
※参考画像です

ずっと書いてなくてごめんなさい。
なんとかやっています(やれてない)

ちゃんと毎日薬飲んでるし、毎月病院に行っています。
持病は変わりなく同じ薬を同じ量飲んでいます。
循環器の担当だった先生が独立して10月から違う先生になりました。
さわやかゴリマッチョな、なかなかいい男です。

で、先月なんですが病院に行った次の日から
なんだか後頭部から肩にかけて痛いなと思っていたら
週明けて肌に症状が・・・
痛いし痒いし画像のように見た目にもいろいろ出てきたので
いつも行ってる病院の皮膚科に行きました
(色々行ってるけど皮膚科は高校生の時以来です)

さすがはお医者さんライト付きの大きな虫眼鏡で診て
それでもう診断です。「痒くて痛いです。」って言っただけ。
医「これは帯状疱疹(タイジョウホウシン)だね。」
医「じゃお薬だそうかな(パソコンポチポチ)」
医「ありゃりゃ色んなとこ悪いんだね?これはちょっと飲み薬出せないから
 「塗り薬出しておくから痛かったらまた着てね」
俺「(他の先生がいつも言ってる焼け野原ってのはこのことだな)」
これが9月。

10月も普通の外来と皮膚科に行って診てもらいました、
自分では全然良くなってない気がするけど(皮膚科の)先生曰く
「ん、良くなってるよ。」って言ってた(お医者さんの常套句)
まだまだ全然痛いし見た目も全く良くなってないけどなあ。

けっこう痛くてアレなんだけどアゴから首のとこに症状がでているのですが、
痕が残るのが怖くてなるべくなるべく掻いたりしないように痒いときはペチペチ叩いて我慢しています。
いろいろ不自由だなあ
 
   
Posted at 20:06 | hospital | URL
通院日誌(8月)  2016年08月19日(金)

狙ったわけじゃない偶然ブレブレ

今月も行ってきました定期通院です。
こうやって薬見るとものすごく減ったなと思う。

最後に退院したときはこの3倍以上の量あったと思う。
実際はこれプラス張り薬と頓服薬がある。
薬飲むと副作用も大きいので量が減るのは落ち着いてる証拠だし
大変いいことです。

来月は片方の内科が休みなので薬を2ヶ月分出してもらいました
けどもう片方の内科に行くので結局行くんだよね。

誕生日は何もありませんでした。

作文みたいな文になってしまった。

 
   
Posted at 10:53 | hospital | URL
通院日誌(7月)  2016年07月15日(金)

病院一階検査室前の光庭

もしかしたらずっとサボってるから先月分がないかも
と思ったらちゃんと書いてあった。

今月もちゃんと行ってきました。
今日は朝から先月先生に受けてねと言われた心エコー検査をやった。
(胸にぬるぬるゼリー塗ってグリグリってするやつ)

検査の前に採血して止血の間ぼんやりしてたら声を掛けられて
「今日研修なので心エコー見せてください。」って若い看護師さんに頼まれた。
上は脱ぐけどそれだけなのでまぁいいです。

ちょくちょくやってる検査だけど毎回検査してくれるお兄さんがたぶん同世代の人
短髪でムキムキいい身体してて背が大きいしいい男。
検査しながら一緒に自分の胸の中見たけど、心臓が「グワッ、グワッ」て一生懸命動いてた。
でムキムキ兄さんからいつも通り「前回より良くなってるようだね。」という
多分教本に書いてあるであろう台詞を聞いて
「あ〜良かった、ありがとうございました。」と返事をしておしまい。

昨日保険証の更新の為に役所に行って診断書等々書類を提出した。

なんだこれ全然面白くない話。


 
   
Posted at 12:41 | hospital | URL
通院日誌(6月)  2016年06月10日(金)


3月の定期通院が月末だったので4月の通院日誌はありません。
(5月はなんとなくありません)

外来通院で先生が一回に出せる薬のmaxが(たぶん35日)で出してくれるので
通院日が月末だと次の月にないということが時々あります。
ので4月は病院に行っていません。

診察の時に
医:「今の量より薬減らしたことあったかな?」
俺:「ここでは今の量が一番少なかったと思います。」
医:「(紙カルテペラペラ)あぁここに来たばかりのときは5mgだね。1mgづつきざもうかな(減らそうかな)?」
俺:「今の量だと副作用もそんなに気にならないので薬を減らすことにこだわりはありません。」
意:「じゃぁ今の量で維持にしようかな」
俺:「はい。」

1mgづつ刻むと単純に薬の錠剤の量が倍以上に増えてに面倒なので
現状維持を希望しました。
今の半分の量になるなら嬉しんだけどな。

来月も着てね。

自分用保険証の更新書類(診断書)を頼んだ


 
   
Posted at 14:43 | hospital | URL
P R

UNOFFICIAL WEBSITE
  | Next