モグモグ期の離乳食 

2005年02月25日(金) 7時25分
粘膜を守るネバネバ成分のオクラも入ってかぜ対策
■にんじん・コーンフレーク・オクラ入り野菜スープ煮

[作り方]
みじん切りにしたにんじん10gは野菜スープ1/2カップでやわらかく煮る。オクラ1/2本はゆでて水にとり、みじん切りにする。コーンフレーク10gをざっとつぶし、オクラとにんじんを煮た鍋に入れて、汁がほとんどなくなるまで煮る。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

いんげんの食物繊維がたっぷりだから、便秘解消にもいい
■かぼちゃといんげん入り煮込みうどん

[作り方]
種と皮を除いたかぼちゃ15gは5oの厚さに切る。ゆでたいんげん1/2本、ゆでうどん20gはみじん切りにする。だし汁1/2カップでかぼちゃ、いんげん、うどんを汁がほとんどなくなるまで煮たら、水どきかたくり粉でとろみをつける。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

カリウムたっぷりのコンビで、余分な塩分をきちんと排泄
■にんじんと里いものパンがゆ

[作り方]
やらかくゆでたにんじん20gとゆでた里いも20gはざっとつぶしておく。パンのやわらかい部分10gをこまかくちぎり、野菜スープ(BFでもOK) 1/2カップで煮て、にんじん、里いもを加えて汁がほとんどなくなるまで煮る。

ころころポテトの味噌いため 

2005年01月27日(木) 20時01分
【材料】
じゃがいも 4個
豚のミンチ 100グラム
長ネギ 5センチぐらい
味噌 大さじ一杯

【作り方】
@長ネギはみじん切りにする。フライパンでミンチと一緒に炒める。
火が通ったら味噌で味をつける

A炒めながらじゃがいもをゆでて、こふき芋を作る。

B両方をあえて出来上がり

ヘルシーオープンサンド 

2005年01月22日(土) 11時17分
ヘルシーオープンサンド
主食(ご飯/パン/麺)
298kcal
1.5g
ツナ缶(水煮) 小1缶 、ゆで卵 1個
トマト 小1個、レタス 2枚
全粒粉パン 4枚
フレンチドレッシング 大さじ1
あらびきこしょう 少々
トマトケチャップ 小さじ2
パセリのみじん切り 少々


(1)ゆで卵は殻をむいて白身と黄身に分ける。白身はあらく刻み、黄身はくずす。黄身と白身を合わせてフレンチドレッシングであえ、あらびきこしょうをふる。
(2)ツナは汁気をきってほぐし、ケチャップであえ、パセリを混ぜる。
(3)トマトは横にスライスし、レタスはパンの大きさに合わせてちぎる。
(4)軽くトーストしたパンにレタス、トマトをのせ、卵とツナをそれぞれのせる。


★かみごたえのある食材、素材を選ぶ
かためのパンでオープンサンドにする卵はドレッシングであえて

2枚のパンではさむより、オープンサンドにしたほうが具も見えてボリュームを感じます。パンはかためのかみごたえのあるパンがおすすめ。卵もマヨネーズではなく、ドレッシングであえて。ツナも水煮をチョイス。


さつまいものオレンジあえ 

2005年01月19日(水) 10時58分
さつまいものオレンジあえ
カミカミ期前半(9カ月〜10カ月ごろ)
カミカミ期後半(10カ月〜11カ月ごろ)

さつまいも40g、
薄皮をむいたみかん50g

さつまいも40gは皮をむいてゆでるか、レンジ加熱してつぶし、薄皮をむいたみかん50gをほぐしてまぜる。


かぼちゃのみそ汁 

2005年01月15日(土) 11時23分
かぼちゃのみそ汁
サラダ/スープ
63kcal
1.1g
かぼちゃ60g 
玉ねぎ1/4個 
カットわかめ2cm 
ホールコーン缶大さじ1〜2 
だし汁2カップ 
みそ大さじ2 
七味とうがらし少々


(1)かぼちゃは種とわたを取り、7mm厚さのいちょう切りにする。玉ねぎは薄切りにする。
(2)なべにだし汁を入れ、かぼちゃ、玉ねぎを加えて煮る。
(3)かぼちゃがやわらかくなってきたら、カットわかめ、コーンを加える。わかめが戻ったら、みそをとき入れて器に盛り、七味とうがらしを振る。


野菜も海藻もまとめてとれる


カキのクリーム煮パイ包み風 

2004年10月15日(金) 15時33分
鉄分や栄養分が豊富なカキを即席のクリーム煮に。旨みのあるソースになり、鉄分もとれます。冷凍パイシートを使うので手軽に料理できます。
●材料(2人分) カキ(むき身) 120g

マッシュルーム   10g

白ワイン   大さじ1

薄力粉   大さじ1

無塩バター   大さじ1/2

牛乳   150ml

塩   小さじ1/8

こしょう   少々

冷凍パイシート   100g

溶き卵   10g
付け合わせ ヤングコーン 40g

人参   40g

大根   60g

きぬさや   20g

コンソメの素   2g

水   100ml


●作り方

1. マッシュルームは薄切りにする。カキは塩水でふり洗いし、白ワインをふりかけておく。
2. 鍋に無塩バターを入れてマッシュルームを炒め、薄力粉をふりいれる。さらに温めた牛乳を入れ、カキを加え火を通 し、塩、こしょうで味を整える。
3. 冷凍パイシートに溶き卵を塗り、オーブンで焼く。
4. 3.を半分の厚さに切り、2.をつめる。
5. 水にコンソメの素を入れ、ヤングコーン、人参、大根、きぬ さやを煮て付け合わせを作る。

カキのクリーム煮パイ包み風
栄養価 1人分:鉄分 1.8mg、エネルギー 381kcal

レバカツサンド 

2004年10月15日(金) 15時28分
鉄分豊富な牛レバーは、臭みを抜くためにしっかり下処理を。レバーは薄く切ってカツにすると食べやすくなります。
●材料(2人分) 牛レバー 120g

塩   小さじ1/2弱

ウスターソース   小さじ1 弱

小麦粉   大さじ1・1/4

カレー粉   小さじ1/5

卵   1/3個

パン粉   大さじ3・1/3

揚げ油   適量

マスタード   小さじ1・3/5

ケチャップ   大さじ1 強

トマトペースト   大さじ1・1/3

玉ねぎ   20g

サラダ菜   20g

ライ麦パン   4枚

クレソン   20g

バレンシアオレンジ   80g

●作り方

1. 牛レバーは軽く塩をふってもみ、流水で流し、さらに水につけて30分置き、血抜きして臭みを取り薄くスライスする。
2. 玉ねぎも薄くスライスする。
3. 1.で下処理したレバーにウスターソースで下味をつけ、小麦粉とカレー粉を混ぜた粉にまぶし溶き卵、パン粉をつけて揚げ、レバカツを作る。
4. ライ麦パンにマスタード、ケチャップ、トマトペーストを合わせたものを塗り、サラダ菜、玉 ねぎ、レバカツをはさむ。クレソンとオレンジを添える。

レバカツサンド
栄養価 1人分:鉄分 4.9mg、エネルギー 493kcal

メロンミルク 

2004年09月25日(土) 20時54分
「メロンミルク」
  粉ミルクのまろやかさがポイント!  
  材料(1人分)
メロンの果肉 :2cm角1個
溶いた粉ミルク :大さじ2
 
用意しておきたい器具
すり鉢、すりこぎ、包丁、まな板

下ごしらえ
1)メロンは包丁で細かく切っておく。
  
作りかた
1)メロンはすり鉢でよくすりつぶす。
2)1)に溶いた粉ミルクを少しずつ加え、すりのばす。
 
準備期は、果汁から始めましょう。向いている果物は、酸味や香りが強くないもの。たとえば、みかん、メロン、りんご、ぶどうなど、できれば旬のものがオススメ。逆に向かないものは、パイナップルやグレープフルーツなどの酸味や渋みがあるようなもの。赤ちゃんのためにもちゃんと選んであげてね。

キャベツロールのトマトスープ 

2004年08月22日(日) 12時58分
ブロッコリーでビタミンCをプラス
キャベツロールのトマトスープ
372kcal/塩分2.5gg

●材料 キャベツ大4枚(小8枚でも) ベーコン2枚 セロリ1/2本 玉ねぎ1/3 個 a(牛ひき肉140g 卵1個 小麦粉大さじ1/2 塩、こしょう、ナツメグ各少々) b(トマトジュース小1缶 固形スープ1個 白ワイン大さじ1) ブロッコリー1/3株 塩、こしょう各少々

●作り方 
(1)キャベツはしんをそぎ落としてゆでる。セロリと玉ねぎは薄切りに、ベーコンは半分に切る。
(2)aを練りまぜて4等分にし、キャベツ1〜2枚ずつにベーコンとaをのせて巻き、巻き終わりを下にしてなべに並べる。
(3)上にセロリと玉ねぎを散らし、水1.5カップとbを加える。煮立ったら落としぶたをして弱火にし、約20分煮込み、塩とこしょうで調味する。
(4)ブロッコリーを小房に分けてゆでて最後に加える。

鶏と野菜のさっぱりだれ 

2004年08月16日(月) 22時14分
鶏肉の中で最も脂肪の少ないささ身でヘルシーに
鶏と野菜のさっぱりだれ(塩分1.8g 143kcal)

●材料
鶏ささ身4本 塩、こしょう各少々 キャベツ2枚 もやし50g トマト1個 カットわかめ2g かたくり粉適量 A(ポン酢しょうゆ大さじ2、ごま油またはラー油適量)

●作り方
(1)ささ身はそぎ切りにし、包丁などでたたいて薄くのばし、塩、こしょうを振る。
(2)キャベツはざく切りにする。もやしはひげ根を取る。トマトは薄切りにする。わかめは戻し、水けをきる。
(3)なべにたっぷりの湯をわかしてキャベツ、もやしをさっとゆで、ざるに上げて冷ます。
(4)同じ湯にかたくり粉を薄くまぶしたささ身を入れ、まわりが透明になり浮いてきたら、冷水に取って冷まし、ざるに上げて水けをきる。
(5)器に(3)、(4)、トマト、わかめを盛り合わせ、Aを合わせてかける。