石田道行写真展

June 22 [Tue], 2010, 9:39
熊森協会のYさんがご来店・・私もお会いしたことがある 安曇野在住の石田道行さんが、この度琵琶湖博物館にて写真展をしはるとのことで お知らせと葉書を届けてくれはりました。

石田さんは凛とした哲学をお持ちのすばらしい写真家。

その石田さんの写真と文章が山と渓谷の雑誌に大きく掲載されていて
以下がその抜粋で、石田さんの想いがよくわかると思います。

自然の強さ・力を信じて自然が許してくれるまで我慢して待つ。自然に対する驕りを捨て、人は森にいかされているという謙虚な心で自然を敬い、恵みに感謝し、自然にできることは自然に任せ、余計なことはせずに譲って暮らすことが大事。なくした自然は二度と戻らないものだから。

自然というものは人間の考えなど及びもつかないくらい緻密に繋がっています。科学は自然を超えられないし、また、超える必要もないことです。

写真にできること。それは森を忘れた多くの人達に本当の森を伝えること。森に足を運び、命の循環を感じてほしい。森を求める人間の本能が目覚め、なくした感性を取り戻してくれると信じます。

今ヨーガンレールの本を読んでいて 感動しているまさにまっ最中やったので、ヨーガンさんの想い・・人は自然が作り出すもの以上に美しいものを造るのは不可能。完璧な美がそこにある。環境を汚さない土に還る素材で、単純な道具で
丁寧な手仕事で・・・長く愛され使われるもの造りを・・・・が、石田さんの想いと
とても重なって、嬉しくなりました。琵琶湖博物館へもぜひぜひ足をお運びください。きっと何かを感じてもらえるはずです!!!7月3日(土)から29日(日)まで 琵琶湖博物館 新空間
  • URL:http://yaplog.jp/akemi/archive/2203
P R
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/akemi/index1_0.rdf