宝山園 観月会 試食会

August 27 [Sat], 2016, 9:40
宝山園に試食試飲打合せ

いつもながらに 素晴しい庭園

ここは造園もしてはるし お花のプロでもあるので 当日のしつらえもお楽しみに・・・

特A地区の山田錦で醸された 松の司 アルテイマス 黒 そして 萩乃露の黒ラベルは それぞれに圧巻でした。繊細やのにしっかり凝縮感があって 力強いのです。そやのにエレガントなんです。

萩乃露は 特別に直汲み生をこっそりだしてくれはりましたので 注ぎたてはシュワ感があり フレッシュ。そして 少し時間をおくと 本来の旨味が出てきて2度楽しむことができます。

写真に載せると 楽しみがなくなるので載せませんが それは美しく美味しい八寸と一緒に この素晴らしい松の司と萩乃露の最高峰のお酒の飲み比べをお楽しみください。八寸にも それはそれはよく合うのです。

アルテイマスは 去年同様 近江牛に今年のしつらえも こうご期待。

やっぱり特Aの山田錦って 別もんなんやとしみじみ感じ入りました。

この会の途中に たまたま頼りになる料理人さんから発注のお電話が・・・・ものすごええタイミングや。里山に何があうやろか?そしたら ご飯とのこと。トウモロコシご飯とか・・・・なるほど。今回は 鰻飯の青朴葉蒸がありましたので合わせたところ ばっちりや。おみごと。ありがとうございます。

お皿も美しくて 至福の時間でした。
美しい御料理は 当日のお楽しみやそうです。お皿だけならOKなので・・・これだけでも 心躍ります。

お燗をお造りに合わせたいと これも迷ったのですが 名残鱧共子和えに松の司の純米吟醸がものすごく合いましたので 萩乃露 芳弥のお燗は 留肴の秋鯖昆布締めに・・・・お隣にすわらはった 料理人Tさんの感覚 よい感じで とてもよい勉強をさせてもらいました。

つくづくやってよかった・・温度とかグラス 料理との相性 順番とか・・・・いろいろ大変やけれど やっぱりやるべきなんやなと思わせる貴重な試食会でした。

十水はびわ鱒にもよう合うとのことですが、結局最後のデザートに合わせることになりました。なんと 秋ナスのコンポートと和風シュークリーム。和の冥利を楽しんで頂けます。


こんなよい体験をさせてもらろたので 当日は 気合を入れて頑張りますね。ありがとうございました。


ワインのことは また後日。

今森光彦 里山 写真展

August 26 [Fri], 2016, 8:59
大津西武百貨店で開催されている 今森光彦写真展に行ってきました。

西武百貨店40周年の企画です。ため息が溢れました。

今森さんとは長いお付き合いをさせてもらっていて お店に葉書も置かせてもろてますが ほんまもんの写真を見て やっぱりほんまもんはすごいな。風や匂いを感じます。

滋賀県にはこんな素晴らしいとこがあるのやと 改めて住んでいるこの滋賀を誇りに想いもしましたし 色々なとこにでかけるのも良いけれど 灯台もと暗し・・・・また滋賀の美しいとこに出かけたくなりました。

特に妹は安曇川に住んでいるので 高島市の写真もとても多く感嘆の声

写真ももちろんですが 書かれている文も 生き物や自然に対する愛情に溢れているだけではなく いぶし銀のように深い言葉。

あんまりよかったので ひと通り見た後 もう一度逆戻り。

昨年の秋に 未来塾で体験させてもろた 針江や湖辺の風景も懐かしく思い出され。

山と湖の神さんに祈らはる三五郎さんの写真にも心打たれました。

今森さんの大事なところは 「環境」を伝えることへの深いこだわり。美しい写真を通して 今それこそ絶滅に瀕している里山などの環境造りの取り組みも 長年こつこつとしてきはりました。

私はこんなええ時間をすごさせてもろたので 酒屋という生業をとおして こんな素晴らしい滋賀を 美味しいお酒の味わいと共に皆さんに深く広めていきたいものやと思います。また 里山やみかん酒のように お酒を通して環境造りが出来る仕組みを作ってはる萩乃露さんのような蔵元さんも 大いに応援して行きたいです。里山のラベルをデザインしはった九里さんも このラベルに込めた想い・・・危機的状況にある棚田を皆で守りたい・・・と語ってくれてはりましたなあ。

さて不老泉のよしのぼりは 小川酒店オリジナルの今森さんらべるなのですが もう間もなく出ることになると思います。呑みきりでとっても美味しいかったので 待ち遠しいです。績さん はよ出してくださいや。

宝山園 観月会

August 25 [Thu], 2016, 13:41
これで3回目を迎えます 宝山園 観月会

今年も 9月9日に開催されます。

有難いご縁で関わらせていただいていまして 今年は滋賀の美味しいもん 4社!

この会は 色々な意味でハードルが非常に高く ひるんでしまいそうにもなるのですが 思い切って受けさせていただくことで ほんまに得ることが多いのです。

なので えいっと覚悟を決めて 自分も楽しませて頂き そしてこの楽しさを参加してくれはるお客さんにお伝えできたらええなあと思います。

こっそり内容を言いますと キリンビールさんからは滋賀づくりのプレミアムフローズン。松瀬さんからは ほぼ世に出ない500mlサイズのなんかすごいもんが・・・・そして アルテイマス。

今人気上昇中の日登美さんからは ここの女将さんが感動しはった 瓶内醗酵の原始的な自然醸造のデラブランと いまや幻となりつつあった カベルネサントリー(カベルネソーヴィニヨン×ブラックベリー)で造られたタータルワイン。

萩乃露と松の司 どちらも特A地区の山田錦を使った純米大吟醸の吞み比べ・・・これは とっても興味深いです。ちょうど笑四季の最高峰を朝市でださせていただいたとこなので なんかココロ踊ります。

また萩の露らしい 十水仕込み 里山 芳弥という それぞれによい顔をもった 何とも魅力的なお酒も並びます。

拙い私ですが 場数だけは結構踏んできているので.......せっかくやし一生懸命務めさせていただきたいです。

どきどきです・・・・そして 明日は試食試飲会です。

9月9日(㈮)「観月会」
お料理処 宝山園
 定員:50名
 費用:20,000円(税込)
 17時受付、18時〜、18時10分〜開宴
 完全予約制になりますので、予約した上でお越しくださいませ。
 締め切りは8月30日です。  連絡先 077-583-2365まで

ウイル

August 24 [Wed], 2016, 8:54
ピアニストの田中弥生さんのブログでシェアーしてはった ダニエルマエストロさんのお話し。難しくてわからへん部分もおおかったのやけど 心にびびびときました。

何かを表現しようとする意志 知識と感性を表現すること=ウイル。

音の不思議は物理を越えていて 相違点を指摘するものではなく 欲するなにかと自然の法則 音楽の法則のすべてがつながって連鎖して
統合されると言うお話しでした。

ほんで 深い知識と高い感性があれば 魔法が起きると言うのです!!

受け売りばっかりであかんのですが 結局のところ わからなんになりに 美しい自然や 良い音楽や芸術に触れることが 科学ではなんともわからへん 深い所のものを 音楽や画を通して フィードバックしてくれる、それが お酒を吞むというところの感性に 見えへんところで関わっているのやなあという事を漠然と感じました。自然の生き吹きを感じたり 美術館やコンサートにいって生の感動を肌で感じることはやっぱりだいじなことなんやなあと。

一方 お酒で言うたら 色々な味わいや香り さらに歴史的背景や農業的な視点や蔵元さん杜氏さんの人間性とか個性とかまでにもいたる さまざまな要素がばらばらに存在するのではなくて 繋がって統合されたクレシェンドなお酒が きっとええお酒なのやということ。けっきょくはバランスやろか・・・・・・

田中弥生さんの言葉によりますと 長年音楽に携わっていますと 音楽作品が、建築や他の芸術、人生そのものにも、かぶって考えられるようになって来ました。音楽は常にどの時代にあっても、目に見えない言葉にならない最高の秩序を世の中に発信していて、作曲家、演奏者、聴衆の人となりが、その時、限定の音楽との関わりを写し出す。何百年もの間、受け継がれてきた作品は、ミューズの神に微笑まれているだけあって、キラキラ崇高。その高みに登ろうと、一生懸命になることが、音楽家たちの苦しみの楽しみ( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆・・・・・やそうです。

深いなあ〜〜〜〜

眼の深さ

August 23 [Tue], 2016, 20:18
毎朝 楽しみにしている朝の連ドラ とと姉ちゃんの中で いろいろなものを比較実験してはるのですわ。

そのなかで 比較研究する人間の、眼の深さと社会に対する考えの広さが必要やと。この比較研究する人間と言うのは 酒屋の私にとっては試飲。

今晩はいつもより よりいっそう真剣に 届いたお酒のさんぷるやらを 比較試飲しました。が ほんまに難しい。

皆ちがって良いのです。

皆精魂込めてつくってはる そのお酒なのやから ほんまにどれもええのです・・・・が、サンプルを持って来はるという事は そこで判断 選択をしなあきません。

決めてとなるのは この味を好むお客さんの顔が浮かぶこととか ごくシンプルに感嘆の声が上がる=感動を呼ぶこととか・・・・ 

一番難しいのが 普通に美味しいということ。普通にも いろいろありまして 偉大なる普通と 単なる普通の違い。表裏一体の部分もありますし。

色々なことを考えますると サンプルの重みを感じて プレッシャーですがな。

日々楽しみながら勉強や。アボカドグラタン。アボカド 水茄子と玉葱そして チーズ。

古き良きもの

August 22 [Mon], 2016, 14:40
朝市が終わりました。

実はおととい めずらしく天国の姉御が夢にでてきはったんです。

穏やかな笑顔で 心地よさそうにしてはりました。

なんかお告げやろかいなと思いまして 前に使てたもんを 出してきました。
ゴミ入れ 

試飲グラスの使ったあとのいれもん



朝市用のお金入れも すっかり使い込んで破れてきたので 先月は缶を使たんやけど やっぱり味わいのあるこれが良いなあと思いまして 母が中袋を作って復活させてくれました。ありがとうございます。

これからも 古き良きものを大事にしていきながら 新しい世界にも目を向けていきたいと思います。

浜大津こだわり朝市 笑四季の巻

August 21 [Sun], 2016, 13:54
浜大津こだわり朝市

無事に終了しました。

今回はれあものばっかりでした。

そして いつもより かなりお値段がよかったので 正直試飲は沢山しにきてくれはっても 財布に優しくはないので売れへんのと違うやろか?と 思ていましたんや。

けど開けてみてびっくりぽん。

一番廉価やった センセーション赤が逆にのこりまして あとのマスターピースとインテンスはほぼ完売!

わかり易い生 完成度の高さがすごい斗瓶マスターピース 深い味わいでお燗も素晴らしいインテンス。

やっぱり ほんまにええもんは売れるのやということやろか。

とはいえ 個人的には赤のセンセーションも大好き。普通に美味しい。ので 今回の4種 それぞれに顔があってよかったのでした。

こないだあっくんが マスターピースについては 自分自身の中で次がないくらいの頂点に到達したので また10号酵母と6号酵母というてっぱんの酵母で成功もしたので 今後は搾りこんで より高品質なものを作って行きたい。ので もしかしたらコスパに優れたセンセーションシリーズは無くなるかもとのことでした。

これは難しいとこや。ワインに比べたらほんまに 日本酒は高くはないのかもしれへんけど やっぱり朝市のれあもんということで 皆さん買うてくれはったけど これが日常となると また居酒屋さんでの扱いになると センセーションも絶対必要やろし。

と 色々なことを 考えさせられた朝市でした。

でも 皆さん感嘆の声をあげてはって 笑四季のお酒の美味しさを実感しました。

忙しい中 また超暑い中 お客様 竹嶋代表取締役あっくん 朝市スタッフの皆様 ありがとうございました。

あんまり暑いので どのお酒もぬる燗になっていて 途中でファミマに氷を買いにいき ひやして試飲していただきました。それがまた すぐにとけてしまうので またファミマに・・・・・・・それほど今回の朝市は暑かったのでした。
ご常連さんAさんのお写真お借りしました。いつもありがとうございます。

朝市 笑四季の巻

August 21 [Sun], 2016, 7:17
おはようございます!

今日は朝市笑四季の巻です。

どうぞどうぞお越しくださいませ。

あっくんも 来てくれはります。

れあもんぞろいです。

よろしくお願いします。

毎日 スモールチェンジ

August 19 [Fri], 2016, 7:26
小川酒店の取り組み

鈍くさいので 色々アドバイスをもらって 少しでも改善しようと。

この頃功を奏しているのが ノート。

おっとが大きいノートを買ってきてくれました。

注文などを聞いても小さいメモやとすぐに行方不明になることが多かったのですが こないに大きかったら大丈夫。時々こんな大きなノートも行方不明になることもありますが ほぼ大丈夫。おっとさん ありがとね。

さすがにこの時期になりますと 生酒が汗をかいて 大変。
ご自宅用には新聞で巻きますが 贈り物にはちょっとで 裏の図書館で げっとした 英字新聞で巻こうということになりました。これは好評いただいております。

今の課題 朝市で主に母の描いた画をらべるにさせてもろてますが 冷蔵庫に入るととインクがじゅじゅんでなんか汚くなってしまうのです。うちは 素人なので特殊なインクを使うこともできず しゃあないなあと思いながらも なんか手はないやろか?
と ええ紙を買ってきてくれました。
てかっているので 風合いはイマイチかもしれないのですが じゅじゅまへんのが嬉しい。朝市も回を重ねてきたので 季節ごとにラベルを変えるのをやめて 朝市オリジナルラベルをつくってもええなあ。六方のラベル決めにも関わらせてもろて ほんまにらべるひとつをとっても・・・・・むずかし。デザインはもちろんのこと 色 風合い様々やし コスト面の問題もあるし。いろいろ考えまひょ・・・・

海老蔵さんが言うてはった。考えることを辞めたらおしまい。昨日の自分より 今日の自分 そして明日の自分が ちょっとでも成長するために 考えるっちゅうことは 大事大事。今日も一日 がんばろ〜〜〜

こんどの朝市 笑四季酒造 れあもんシリーズ

August 18 [Thu], 2016, 17:28
いよいよ 朝市が近づいてまいりました。

今回は笑四季の超れあもんが出ます。

今回 サンプルをじっくりと頂きました。

やっぱり・・・・・・・美味しい。

しかも マスターピースの斗瓶取りは 穏やか、それでいて気品のある香り。料理と共に飲むことで ぐんと魅力を増すところがまた素晴らしい。味がちゃんと存在するのですわ。そやのに 滑らかなんです。

生もわかり易くええけど 火入することで感じられるフルーツ香も発見や。目から鱗や

マスターピースもよかったけど 個人的には インテンス 越神楽と山田錦のブレンドもんの斗瓶取りが好き。良い意味での引っ掛かりが嬉しいお酒。

あっくんが言わはるとおり これをのんで人生が変わりました と言われても納得や。 

もうなくなりそうなので 思い切ってお燗をしてみましたところ・・・・ふふふ。天国から姉御の笑い声が聞こえてきそうや。

これはぜひぜひ朝市でご試飲だけでもして欲しいお酒やと思います。

とにかく どのお蔵も皆さん必死やと思いますし それぞれが良いのです。が あっくんの進むベクトルは ちょっと独特。これは相当な机の上の勉強と 実地の勉強を積み重ねて来はった賜物やろなあ。

朝市はその笑四季ワールドをぜひぜひお楽しみくださいませ。

美味しい〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ですよん。

当日は あっくんも来てくれはります。ぜひぜひ色々な質問をしてください。ちょっと理系にいきすぎて判り難くなりましたら 誰かが翻訳してくれはると思います。
P R
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/akemi/index1_0.rdf