汝窯青磁水仙盆 大阪東洋陶磁美術館

February 22 [Wed], 2017, 16:33
稲葉のワインの試飲会が大阪でありました。

なかなか大阪に行く機会はないので ついこないだ日曜美術館で心を鷲掴みにされた 汝窯青磁にあいたくて 試飲会の前に東洋陶磁美術館へ

宮廷が命じてつくらせはった青磁の窯 この青磁の色は「雨過天青」 雨上がりのしっとりと水気を含んだ空の色と称され ほんまに美しい 穏やかな青色。釉薬に希少なメノウの粉を混ぜはるそうです。またこの色をだすのは至難の技で 温度調節やら置く場所やら それはもう大変なのやそうです。なので これにかける情熱たるや・・・・・生半可ではありませぬ

とても稀有な5点が 今回初めて勢ぞろいして公開されました。きっとどれも苦心の末できあががったものばかりやと思うけど でもでもじっくり見比べると 人類史上最高のやきものと呼ばれている 青磁無紋水仙盆は 神々しい・・・別格や。

12世紀のころの北宋時代の陶磁器は 感動してしまいます。

18世紀に写しとして造られた倣汝窯青磁水仙盆や 最近日本で作られた青磁も 最高レベルの技術が惜しみなく使われているのに この最高傑作をみると 違うのです。

これだけ見られたら満足やと思てたんやけど ここの美術館はすごい。他にも 心にずしんと響く器が 沢山あって お腹がいっぱいやのに 「青磁盞」やら また感動する器に出会い 目のお正月をたっぷりさせて頂きました。

小川酒店にも器がおいてあります。ちょっとでもこのような ほんまもんの器に近づけるよう 選ぶ眼を鍛えな・・・と思いました。

それにしても 美しい うっとりする汝窯青磁水仙盆の数々でした。

しなやかシニア 冬の一献 お酒会 お酒の巻

February 21 [Tue], 2017, 11:09
しなやかシニアのお酒の会のお酒の巻。

予算があるので、手ごろで美味しいお酒を おっとに苦心しながら選んでもらいまして 決まったのがこれら。

薄桜 花と猫 一年もん加水生

浪乃音 純米 一年もん加水火入   

不老泉 にごり酒 新酒 生

北島 完全発酵辛口 玉栄 一年もん生

乾杯酒に花と猫を。
ラベルと共に皆さん 可愛い〜〜〜ほんで 美味しい!と感嘆の声。よかったよかった。
男性の方にも 人気やったのも意外でした。猫のように ひゅっと来て ひゅって消える…そんな香りが魅力。

浪の音は 冷やのほうが人気でして それが色々なお惣菜にあいました。

不老泉のにごりは雪の2月に真っ白なにごり酒はぴったりや。ひやもええけど お燗が美味しい。田崎さんがこの前いうてはったんやけど 温度をげると甘味がでてきまして さらに温度をあげると 今度は辛くなるのが面白い。で このお酒は 甘味の出た40度くらいが私は美味しいな ええなと思いました。

北島は 冷よしお燗よし。新酒やと こないにお燗映えせえへんと思うのやけど さすがに1年もん しかも玉栄なので今むっちゃええ感じ。燗冷ましも 温かいおでんに 温かなお酒がようあいます。

お酒も料理も進みまして ほとんど空っぽになりました。

お酒というのは ほんまに楽しい空気をつくってくれはります。私も先日おばあちゃんになりまして ぼちぼちシニア世代に・・・・・なので 私よりちょっこし先輩のシニアの皆様の 楽しいお話しを聞かせて頂きながら 心が動いたり 心の栄養をいっぱい取り入れたりすることで いくつになってもというか 齢を重ねるほどに豊かな人生を送ることができるのやなと思いました。

逆にこちらが 色々なええもんを頂きました。有難うございます。

お酒日和で 赤いにんにんになってはった方のお母さんもお見えでびっくりポンでした!!

ばばばか・・・・節分に生まれました!!大智くんです。

しなやかシニア 冬の一献 お酒会 料理の巻

February 20 [Mon], 2017, 9:52
年に一回 しなやかシニアのお酒の会に呼んで頂きまして 今年も朝市の後伺いました。

しなやかシニアとは・・・
幾つになっても学び、夢を持ち、元気で輝き続けられるように積極的に、楽しく、充実したシニアライフを送ることを目指すこの会。熟年世代は、いわば「知恵の宝庫」。相互の「地縁」、「知縁」を最大限に活用し、情報を集め、発信する等々をめざし、2000年から活動してきました会。です。

今回も20名のお客様 まずは料理の巻

シュフ歴の私よりもちょっこし 長〜い しかも料理好きのひとばかりのお料理なので 皆さん大喜びでした。

北海道生まれの方の作品。白菜は湯がくのではなく 焼くのやて。また 鮭は北海道の鮭で 塩を振って 湯引きしてそして巻いてあります。
これも北海道の蛸やて。美味しそう。

お〜〜〜っ 毎年恒例からすみ!

蓮根ハンバーグ

インゲンの胡麻和え

アスパラの豚肉巻巻

柚餅子 なんと手造り!ちょともらって帰って来ました!らっきい造り方をお聞きすると ものすごい手間入り!柚子のヘタ付近を切り、中をくりぬき、その中に胡桃や味噌 胡麻などを入れて 蒸して ほんで 干して・・・と3ヶ月もかけてつくらはるそうです。
右が柚餅子。そして 大根の甘酢漬けに胡瓜とスモークサーモンを巻いたん 横の牛蒡は 油で炒めて炊いてあるのです。青海苔が振り掛けられているのも 新鮮。

あと おでんもあり 豆のサラダ お握り茶漬け そして デザートのフルーツ&アイスクリームまであり 豪華な宴。

スペイン料理のお店をしてはった方からは スペイン ポルトガルの お酒 シェリーやワインのお話しを 北海道出身のかたからも 北の国の話しを聞かせて頂き 気分は旅人や。ありがとうございました。 

浜大津こだわり朝市 如月 美冨久酒造

February 19 [Sun], 2017, 13:53
浜大津こだわり朝市 お天気のもと 元気に開催されました。

予想通り 三連星番外編が 完売!

お燗も美味しく大人気を博しました

辛口純米は コスパ抜群!どの温度帯も美味しい お燗幅の広いお酒でしたが おけいはんがスーパー旨いピンポイントのお燗を付けるとよりいっそうけど 何ちゅうても地味なので やっぱり一番残ってしまいました。これ 料理と一緒にゆるりゆるりとのんだら 最高やのになあと よくあるパターン。朝市という舞台では受けへんお酒。でも地味に滋味に懐の深いお酒や。

渡船は その反面 個性あふれていて とろ〜〜〜りとしていて これも人気もん。が 思わぬ落とし穴もありまして あんまり飛び切り燗にするとあかんかったのです。ぬる燗から上燗ぐらいで 味が膨らみええ感じ。

山廃にごりは お燗してもけっこう評判良かったのですが こっそり一年もんの山廃にごりが一本だけあったので それをこっそりお燗つけたら ほ〜〜〜〜〜っ、やっぱり時が必要なのやなあ。でも冷や酒でのんだら断然新酒の山廃にごりの方が美味しい・・・・・

お燗の世界は深いなあ。

今日お燗番してくれはった においで分かるおけいはんの勘所には 頭が思いっきり下がります。

遊びで 渡とにごりをブレンドしたら ぶーで 三連星とにごりをぶれんどしたらやったそうな。

ほんまに朝市というところは ええ勉強いっぱいさせてもろて ほんで笑わせてもろて ありがとうございます。

楽しかった〜〜〜です。

予定よりも早々と駆け付けて下さった藤居さん そしてすたっふの皆様 ご近所から 大阪からのお客様 皆々様 ありがとうございました。

写真はインド帰りのAさんのフェイスブックから拝借させて頂きました。ありがとうございます!

明日は浜大津こだわり朝市です 水口から美冨久酒造さん

February 18 [Sat], 2017, 20:23
明日は浜大津こだわり朝市です。

美冨久酒造の巻です!

山廃にごり 新酒  山田60% 火入

山廃辛口純米 加水火入 70%精米

山廃渡船 山田60% 5年もん

そして三連星番外編 ぱあと2 しぼったほやほや

今日は番外編を呑みました。このごろはまっているこのお燗。かなり熱めにつけたら美味しいです!これは 旨し。まみ〜〜〜や。意外な1901のお燗や。

熱めにつけた方がよりいっそうエッジがきいいてよろしなあ。


ワカサギの南蛮漬けには やっぱり にごりが合います。酢・・・・・や。

クリームシチューにも にごりが合いますこれはちょっとええ牛。ちょっとやけど 美味し。これは 山廃辛口純米やなあ。

皆 旨い旨い。けど お天気などもろもろの日によって 器によって 吞む相手によって ほんまに感じ方は色々。おもろい引き出しをもって ひとつひとつ丁寧にしまいつつ それをお客さんにお伝えできたらうれしいかと思ています。

明日が楽しみです。

予定では豪華キャストがお見えになりますので皆さん お楽しみに。寒くなりそうなので 温かくしておいでくださりませ。お燗娘。。。。。いやのうのう お燗おばはんが 笑顔でおまちしております。

神開 

February 17 [Fri], 2017, 15:50
雨の降る中 お〜〜〜っ 珍しく海老蔵さんではなく藤本シャチョウや。

今年 南部杜氏やった杜氏さんが親の介護の為急遽やめはることになり 
藤本さんご自身でも出来る所やけど 今一度能登流を学びたいと 能登の杜氏さんを招いての酒造りとなりました。初亀にもやはった杜氏さんやそうです。

そして 杜氏さんと真摯に酒造りに取り組み 今年は昨年よりさらに完成度の高いお酒にしあがったのではないかと。とくに 数年前から取り組んでいる山廃シリーズ。今年は 70%の湖南山田も加わり それがごっつう美味しいそうです。これで 40 50 60 70 とまるで金亀みたいに 精米歩合違いの湖南山田が並びます。

ちょっとまえ 体をぎゅ〜〜〜〜っと搾らはった 藤本さん 今もスレンダーやこと。

ここのお蔵は 特に設備投資したり 室を変えたわけではないのに 年々酒質が向上しているという事が素晴らしい
この玉九も 今ええ感じや。色々なお料理に合います。また 昨年はできなかった辛口。ひしゃくは 数量もほんまに少なく無くなりましたが ノーマルバージョンの辛口は十分あります。日本晴れ60% これも ぜひぜひ!すっきりと言うよりは 酸のある旨い辛口です。初回は やや辛口でしたが +11というかなりの辛口もこれから出荷されるもようです。お楽しみに。

一新されたラベルは 掃除中に偶然出てきた半世紀以上昔のラベル。原点回帰!やて

まだまだ造りは続きますが がんばってええお酒を造ってくださいや。楽しみにしています。

浜大津こだわり朝市のお酒 美冨久

February 16 [Thu], 2017, 13:25
朝市が近づいてきました。

お酒も全て揃いまして 太田和彦さんやぱんちさんやないですが 身銭をきって 味あわせて頂こうと小川酒店でお酒を購入。勉強熱心な妹にも持って帰ってもろて。

どれも旨し旨し。

山廃にごりは 山田錦60%で夏には金魚のラベルで人気を博したお酒ですが 冬はこんなかいらしいゆきんこラベル。ほんまにゆきみたいな感じ。新酒のフレッシュな味わいに山廃らしい酸が味を引き締めてくれまして 美味しい。でもおもしろかった。やっぱり お燗はあかん。それに冒険でチョコレートにあわせたら 思いっきり合いませんがな。米粉で作ってくれはったんです。なんちゅう上手やこと。さて にごりは何に合うのやろかと言うてましたら なんと酢飯に合いました!

三連星番外編は 1901酵母で 55%精米の彗星。北海道の大地のような みずみずしいお米彗星の第2弾!このお米はタンパク質が少ないそうです。なので スマートなイメージ。ほのかな果実味。1801ではない 1901ならではの 料理の邪魔をせえへん ほどよい香り。優しい甘味が広がり、柔らかな優しい飲み心地・・の良い酒です。魚介類 カルパッチョとかにも合いそうや。

またいろいろ合わせてみょ。

さて 朝市ですが すぺしゃるなゲストが沢山来てくれはります。

千喜千輝ねえさん ぱんちさん 杉本商店さんご一行は そのあと不老泉へ〜 友香さんご一行は10数人で来てくれはるそうで その後 毎年恒例 美冨久酒造へいかはります。また 藤居さんは 11時頃に来てくれはるようです。

またまた賑やかになりそうな 嬉しい予感。
寒くなるようですので 2種のお燗をばんばんさせてもらいます。

ぜひぜひ 浜大津こだわり朝市へお越しくださりませ。

毎日のおかず

February 15 [Wed], 2017, 7:37
毎日のことで またまた たまってきた 
今度の朝市 美冨久さんの朝市のお酒と絡めつつ・・・・茄子と南瓜の炊いたん


和風ピザ お味噌や酒粕もお葱も入れて・・


これなんやろ?芋餅??まあええか。

小芋の炊いたん 湯葉のせ きれいな色の湯葉

こういう 普通のおばんざいには 美冨久の辛口純米加水火入がほんまにほんまに ほっこり合います。お燗した方がより寄り添います。

テレビでやってはって 豆乳で生湯葉を創りました。ホットプレートを使います。
表面に幕がはってきたら うちわであおぐと ほんまや!生湯葉ができますがな。

豆腐のホクホク焼。米粉をまぶして グリルで焼きます。揚げ出し豆腐のヘルシーバージョン。お葱も一緒に。お葱あま〜い。

ポテトサラダ サツマイモサラダもよくします。このごろ あんまりマヨネーズを入れません。辻さんのマネをしてスナップエンドウを入れます。ピーマンも良いです。辻さん 帆立も鶏の燻製もいれはるのやけど。なないちいちのけんちゃんは おでんの出汁を使い さらには半熟卵で絡めはります。色々楽し。

鯖サンド鯖の海苔巻。

お馴染み米粉たこ焼き。最初はこんなかんじやけど だんだん丸まってきます。ソースが北島きもとの熟成もんにあいます。遊びで じゃが芋のすりおろしと バゲットのサイコロ切りもやってみました。色は悪いけど美味し。

美冨久の渡 5年もんは 同じ熟成でもちょっこしちがいまして。これは チョコレートや

増本酒造場へ〜〜

February 14 [Tue], 2017, 7:42
連休二日目 大雪の中 増本さんのお蔵に行ってきました。

大津は全然やのに 北上するとどんどん雪景色になり そのうちふぶいてきてえらいことになっています。

朝市では桜にちなんで春に蔵に伺っていることが多いので 造りの最中に伺うのはむちゃ久しぶり。これは酒母。海鼠です!酵母が元気に育っている証拠です。この海鼠泡は 泡あり酵母を使用した時で、しかも良い酛ができた証として現れるそうです・・もうじき湧き付き。そうなると 大きなタンクに引っ越し。

出麹。

これらは 皆 藤兵衛純米!そうです!小川酒店のこの御蔵の看板商品ともいえる旨し酒です。

櫂をいれますと ぴちぴちしゅわしゅわと醪が活発に・・・・・

けいすけくん 2歳8か月!一緒に蔵を案内してくれはります。言葉も出始め もろみと同じく活発な事!梯子も軽々と昇って行ってタンクを覗きこまはります。落ちなや~~可愛い可愛い!

頼もしい後取りさんや。

これはなんと けいすけくんが撮ったお父ちゃんの写真!

そのあと 利き酒。

花と猫は 香り系やけど うちでも大人気。
らべるとお酒の味わいがぴったり。

そして右のほうは 藤兵衛純米の兄弟で所謂酵母違い。7号なんです。地酒の祭典では ええねんけど 若いなあ~~~~~と言う感じで 商品化することなく 出番を待ってはったお酒。今・・・・・・ええやん!香りも 味わいも今 とてもええ感じや。ラベルと味は合致しているのかどうかは 賛否両論。どうなるやろか?

藤兵衛純米は新酒も安心の味。フレッシュ!でも 硬い!それが ちょっと時間が経つと いつもの味わいになり これはてっぱんやな。

じつは永源寺の大枡屋酒店さんからお声をかけて頂き このたび二つのお店で 藤兵衛純米限定直汲みを扱わせて頂くことになりました。大枡屋さんは汲むのを手伝いにいってくれはりました!そして 監修には中澤さんまできてくれはったり・・・・ありがとうございます。

また米洗い機を冨田さんからもらわはったり 笑四季さんの助言でコメリで安くて機能性も高い脱水機も購入しはったりもして。ますます 完成度の高いお酒ができています。しみじみ・・・・ほんまに滋賀の蔵 情報交換や道具の活かし方がよいよい。中澤さんのとこには笑四季のやぶたがいったし 美冨久さんの古いやぶたの一部は瀬古さんにいってるみたいやし・・・・・仲ええなあ・・・・

とても楽しい増本酒造場の蔵訪問でした。

増本さん まいちゃん けいすけくん ご一緒してもろた 皆様 ほんまにありがとうございました!

ヴァレンタインです!ラッピングもお任せ下さりませ。

February 13 [Mon], 2017, 11:11
いよいよ ヴァレンタインデーです。小川酒店では色々なりぼんを使ってラッピングさせていただきます。どうぞ なんなりとおっしゃってくださりませ。いろいろいろ・・・・素材もおもしろい

ワインのコルクをつかったりしても 楽しい。

七本槍のチョコレートも大好評につきあとすこしです。

このチョコレート まろやかでとても美味しかったと リピーターさんも・・・・私はこの世界詳しくないのやけど エクチュアと言う 大阪の有名なチョコレート専門店とのコラボレーションやそうです。
P R
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/akemi/index1_0.rdf