恋するたびに 玉栄  

June 24 [Sat], 2017, 8:55
あっくんは相変わらず毒舌で あわあわしました。

で 道ちゃんとも 諸々のお酒談義をしたところ。

そのあっくんが、先日岡山の酒屋さんのイベントの二次会で解放区という道ちゃんがお酒を卸しているお店にいかはったそうです。多分道ちゃんがおろしてはるお店やし ほんまもんなんやと思います。で その時笑四季を飲んだ店主が「これは燗!」と、燗してあっくんに出してみたところ、美味しいとびっくりして、自分の蔵のお酒をこんな飲み方したことありませんでした!と。

私も笑四季のお酒は モンスーン以外は お燗のイメージはなく また 寝かせると言うイメージもなかったんです。

なので モンスーン?と聞いたら なんと 恋するたびにやったんです!!

いつまでも続きたくなるけど 一応道ちゃんシリーズは今日が最終章になりまして。

まさに それに相応しいテーマが やっぱり 玉栄。

恋するたびには一升瓶は売り切れてなく 4合瓶が3本だけ残っていたので 抜栓!

うううう~美味しい。そして 40度くらいのお燗にすると さらに美味しい〜〜〜〜〜〜〜!

やっぱり玉栄は 置いた方が美味しくなるのやという事を再確認。

こんなんやったら 寝かせといたらよかったと 大きな後悔。

道ちゃんも 大の玉栄ふぁん。

玉栄は味が地味なのではっきりした味が好きな人には好まれないかもしれないけど、好きな人には魅力的、まさにそんなお米!蔵元さんでもその本当の良さに気づいていない人も多い気がするというてはりました。

と・・・・只今確かめたんですけど 大治郎さん 今年15年ぶりに玉栄をしはるそうです!

神開 ひしゃく & 魁 

June 23 [Fri], 2017, 9:40
道ちゃんシリーズちょっとお休み。

というのは うち地のりがよいので また酒造組合に近いので 色々な蔵元さんが配達がてら 来てくれはります。

今日は神開の社長 藤本さんが配達に。

藤本さん いよいよ今季から 杜氏にならはります!!がんばってください!
不安でいっぱいと言うてはりましたけど 今までの積み重ねもあるし きっと大丈夫です。どんなお酒を造りたいですかとききましたら 田舎の酒 米の旨味がちゃんと感じられるお酒を作りたいと いつになく あつくあつく語ってくれはりました。

知らへんだんですが 神開の生酒シリーズ 一番汲みと 辛口 さらに辛口は 3兄弟でした。酵母 米 磨きは一緒です。さらに辛口も 時とともに味が乗ってきて いまや旨口になってきているそうですが どれも飲み頃やそうです。

さて 小川酒店では ひしゃく酒を半年寝かせていまして 今出します!
玉栄の55%磨き。ひしゃくならではの良さが今生きています。限定ですので お早めに・・・

さらに 今回意を決して登場したのが 山田錦シリーズの新顔。
湖南山田錦 七割磨 魁です!お米の良さをダイレクトに感じて頂くために 敢て低精米。まだ若く これから成長するお酒ですが 今なら鮮烈な印象を感じて頂けると限定出荷!この季節に 相応しい味わい。さらに 秋になったらまた楽しみなので 二つの味わいを季節を変えてお楽しみくださいね。 

道灌の梶塚さんも 初めてご来店・・・・。あっくんも ちりちり頭で。頭がいっぱいぽんぽこ。ほんまに 深いわ。

道ちゃんシリーズ 

June 22 [Thu], 2017, 9:54
今週は道(どう)ちゃん週刊です。

色々な話をして 刺激を受けたことのひとつ。あれからも色々やり取りをしていて 道ちゃんから届いたお話に感動共感以下です

もう一つ酒屋として大事と思っていることは、近くの蔵を支えるということです。どうしようもない蔵だったらダメですけど、しっかり売ってくれる、意見を言ってくれる酒屋がなくて伸び悩んでいる蔵は多くあります。そこを支えて一緒に伸びていくのが酒屋の仕事、それをするには気軽に通える距離は大事だと思っていて、だから岡山の蔵も育てていかないといけないと思っています。なので基本的に山陰+岡山+兵庫くらいかな、と思っています。今20も蔵があるので、1つ1つをしっかり売っていかないとこれ以上増やせないなと思ってがんばっています。

会でも 小さい蔵は年によってぶれがある時もあるけれど 次はもっといいお酒を造りましょう!応援していますから!と後ろ向きにならずに一緒に前を向いて共に歩んでいきたいと。

私が探求するというより、私が「この人となにかやりたい」と思える出会いを大事にしたい。いろんなおもろい人に出会いたいなと思っています。いい意味でこいつ変態だなって人で、がんばっている人が好き。場所を限定せずに、幸せに酒が飲める人が増えるように活動していきたいです。


ほんまにお酒の切り口は 無限大。私も変態でありたいなあと思います。

近々久留米のとある酒屋さんに道ちゃんは行かはります。あるイベントで会って ものすごくテンションが下がってしまって落ち込んではる酒屋さんがやはったらしいのです。なので 励ましに そして 道ちゃんなりの助言をしにいかはるのやそうです。

我が我がではなく 忘己利他の精神や。お酒の業界全体がよくなるように 全国を行脚。「いい酒飲んだらみんなが元気になるから、地域も元気になります」これは 小川酒店に そして 朝市に照らし合わせても全く同じやなあと思いました。

いっぱいのお土産をありがとね。まだ道ちゃん週刊は続きます。

亀亀覇 吉 熟成 

June 21 [Wed], 2017, 7:41
今回のテーマの一つが熟成でした。

私も道ちゃんも大好きな不老泉の中で なんと道ちゃんが選んだのは 山廃ではない 亀亀覇の吉!亀の尾の純米吟醸なんです。

というのは 以前不老泉の帰りに道ちゃんが立ち寄ってくれはった時に 美しい熟成をしていると一番印象に残ったと言わはったのがこのお酒やったんです。実はこのお酒 山廃ではないのに 山廃の亀の尾より 値段も高いので おいてはいるものの いまいち売り方がわからへんだんです。

また その時 昨年よりも 不老泉のお酒が全般的に 故山根杜氏さんのお酒の味に近づいてきたと言わはったのも よ〜〜く覚えています。

さて 最初の乾杯 お燗 最後の乾杯!と3回も登場し大活躍した亀亀覇。

とても美味しかったんやけど 道ちゃんにしてみれば 不老泉で飲んだ時とはちょっと違ったようです。

低温の冷蔵庫で寝ていた亀亀覇が 小川酒店で急に常温という環境に

なんにも知らなかった 箱入り娘が ちょっとだけ世の中を知った感じ。

ええ勉強になりましたと道ちゃん。ベロが優れている道ちゃんやからこそ 感じられたのか?私やったらどうなんやろ?わからへんくらいの 微妙な違い?やろか?

きもと山廃では無いお酒 しかも お米を磨くほどに熟成は進みやすいので 純米吟醸クラスは ほんまは火入でも冷蔵庫に入れた方がええのやなあと。

でも今小川酒店は生酒を冷蔵庫に入れるのが精いっぱいで 日々冷蔵庫で格闘しているので。

また もしかすると 箱入り娘やない方が 好きな人もいるかも。前に朝市であるお酒を売らせて頂いた時 蔵から届けられたお酒と 小川酒店で常温に置かれていたお酒 常温の方が人気もんやったことも ありました。要はバランスなのやと思うけど、美しさを求めるならば やっぱり冷蔵庫なんやな。

話はちょっと変わりますが 健全に醗酵しきったお酒は しぼった時には 渋い酸っぱいけど 時間と共に 酵素により、各種の味や香りの成分を出し、組織を軟化させてまるくなっていきます。

ビンテージワインのように どの過程のときが良いかの見極めは難しく どの子も可愛いように どれがええ悪いはないのやけど 味が重いわりに余韻がないお酒は 良い熟成をしているとは言い難いようです。上原酒造さんから届いた とうもろこし。あま〜〜〜〜〜〜くて 旨いのです。ありがとうございました。

ブレンド 

June 20 [Tue], 2017, 8:40
酒うららの道ちゃんは 小川ホテルにお泊りになったので 色々ええお話しを聞かせてもらいましたんや。

益々すごいことになっている道ちゃん。なんでこんなすごいことになっているのか それはお酒を造ってはるからということも大きいようです。これで4造り、あるお蔵でお酒造りに関わり 今年はオリジナルの酒うららのお酒を造らはるのです。

そんな状況なので お酒造りにも超詳しい。

一昨年はブレンドについても かなり勉強しはったので ブレンダ―としてもご活躍。

いまいちのお酒は炭素濾過をして 癖もなくなる代わりに味も抜いてしまって 普通酒にブレンドすると言う 非常にネガテイブなブレンドとはちがい 単体では難しいのやけど ブレンドすることで それぞれの持ち味を生かした素晴らしいお酒になることもあるそうで 道ちゃんはそれができはるのです。

小川酒店にもいくつか問題児のお酒がやはるのですが。道ちゃんと一緒にブレンドしてみたい。そして ブレンドについても勉強してみたい・・・・難しそうやけど。唐崎のときわや酒店さんも 今ブレンドにはまってはると聞きます。

講座でも 厳しいけど ええことをいうてはりました。単にイベントで蔵元さんを呼んだらいいというのは 甘えでしかないと。企画イベントも 酒屋も 酒蔵も ちゃんとした思い 哲学をもたなあかんと。

これは じ〜〜〜〜んと 私のココロに響きました。

思ってはいるけど 迷いもあり 人の意見に左右されやすい私やし。

色々な意味で 道ちゃんの訪問は 考えさせられました。ちょっとずつちょっとずつ こういう素晴らしいひとの刺激を受けて スモールチェンジをして行きたいなと思いました。

このラベルに蔵元さんの哲学を感じますがな。
とりわけ左の方は 道ちゃんの宝物やそうで 意を決して持って来てくれはりました。ほんま はちみつなんです。これは 妹によりますと アイスワインを彷彿させるそうですが・・・・こんなお酒吞んだことないと思わせる深みのある美味しさでした。

酒うらら お酒の学校 

June 19 [Mon], 2017, 15:41
酒うららの道ちゃんから一回ちゃんとお酒の勉強会をしませんか?
とのお声掛けを頂き 実現しました!

飲食店さん向けの ちょっと本格的な勉強会で テーマはお燗と熟成。

ドキドキしたのですが 道ちゃんすごいです〜〜〜〜。

じっくり ゆっくり落ち着いた言葉でわかり易く 講義をして下さり 冷やとお燗を呑み比べたり


錫とアルミと徳利で呑み比べたり、また 最後には三人のかたに加水お燗を実際にしてみて それぞれの味わいを表現してみてくれはったりと ほんまに ちゃんと頭とべろをつかった勉強会でした。

お燗は温度計の数字に振り回されず 経験を積み重ねながら 五感を使ってせなあかんのやな。

場所はノミビョウタン。

むっちゃ阿部さんがんばってくれはって 私もきっと皆さんも大満足でした。
特に絶品がこれ !サラダパンより 数倍美味しいのです。燻製沢庵と野沢菜がはいっています!

道ちゃん ほんまに尊敬する酒屋さんです。

ぜひぜひ第二回も実施しましょうと。

今回の日曜日は朝市&この会で ココロがいっぱいでしたんやけど よかった・・・・・・です。酒屋冥利に尽きる 六月の日曜日でした。

最初の乾杯も 最後の乾杯も不老泉 亀亀覇。

冷や そして お燗 最後は 加水燗。

加水燗が最高に美味しかったです。これは績さんに ぜひぜひお伝えせねば!

浜大津こだわり朝市 浅茅生の巻 

June 18 [Sun], 2017, 9:29
浜大津こだわり朝市が無事に終わりました。

弘子さん 赤ちゃんが寝てはる間に授乳用の服で駆け付けて下さり ありがたいことです。

地元の 今ぐんぐん美味しくなっている ええお蔵の朝市です。

しみじみ思います。地元のお米 北船路 みずかがみ 地元のお蔵浅茅生 
小川酒店としては 今後も大事にしたいです。

さて れあもんのお酒 山田錦の純米吟醸はやっぱり売り切れてしまいまして ありがたいNさん 試飲だけでもと買ってくれはったお酒を お客さんにふるまってくれはりました。ほんまにすみません。
きらきらしています弘子さん曰く 滋賀の山田錦に比べて 兵庫の山田錦は 粒が大きく艶もあり やはり王様なのやそうです。兵庫ではお米の審査も厳しく なのでよりいっそう質の高い山田錦なのやそうです。

話題の滋賀ならではのお米 みずかがみを使った米和飲は 綺麗な酸!冷やも良いけどお燗が美味しかったです!新しい浅茅生のお酒。今後 きもとにも挑戦しはるかも・・・・・

一方北船路は オールマイテイに色々なお料理に合う そして 加水火入なので 吞み飽きないお酒。ところが ぬる燗は ええ感じやけど 熱くし過ぎると酸が経って微妙や・・・・と思てたら いつも12時頃到着のNさん ガツンと上げて お燗冷ましにしてみたらと。 ほんまやとがっていた酸が消えて丸くなっています。お燗奥深し・・・・

朝市では色々な感動や発見をさせて頂きます。

新しく出店しはったジャムやさんの梅ジャム。山田錦純米吟醸には すご~~~く合いましたんやけど、米和飲には 面白いくらいに合いませんでした。こう言う体験は面白いです。イヌガオちゃんありがとね。

今回も沢山のお客さんにお越しいただき ありがとうございました。次回は七本槍!七月なので七本槍!朽木の栃餅さん 長蛇の列!いつもより長いかも・・・八〇歳すぎてはるのに むっちゃ元気や!

明日は浜大津こだわり朝市 浅茅生の巻です。 

June 17 [Sat], 2017, 14:46
明日は朝市!地元の平井商店 浅茅生の巻です。

お酒の説明はこちら

今日は弘子さんと打ち合わせをして 飲用温度とか いろいろお聞きしました。

今回の 高温糖化 乳酸菌添加という 新しいお酒は 南部杜氏の研修に弘子さんが行かはった際 佐々木先生というかたにこのやり方を教えてもらわはったそうです。

そして 笑四季の竹嶋あっくんにも教えを乞いながら 初めて出来上がったこのお酒。

私は 今回のなかで一番好きです。みんな好きやけど

酸が心地よいです・・・今からお燗もしてみます。

それぞれの美味しさを是非じっくり利いていただき 父の日のプレゼントに またご自分用に お選びくださいませ。

今回も 自信を持ってお勧めする3本になります。

お天気もよさそうです。

お母さんにならはったとこの 弘子さんも ちょこっと顔をみせてくれはるそうです。赤ちゃんの様子で時間がわからないのですが 嬉しい!お待ちしています。

よろしくお願いします。

今日は父の日のお酒を買い求められる方が多かった一日でした。
みなさん ものすご悩んでくれはりまして 私も妹も一緒に悩みました。
悩んだ末選ばれたお酒 おとうちゃんに 喜んでもらえますように・・・・・
どきどきするお酒もありましたんやけど きっと大丈夫やな。有難うございます。

梅仕事 

June 16 [Fri], 2017, 10:20
季節を味わえるのは 幸せなことです。

沢山狩らせていただいた 梅

とっくりさんと 加藤さんのところにも もらって頂き 私もさっそく梅仕事。

梅は はよせなあかんのです。

やり方は色々。私も これが私のやりかた!というのんは まったくなく 毎年適当にやっています。

大事なのは 簡単な事。

今年は2キロにたいして 300グラムの塩。

昨年の梅酢をいれると とても良いそうです。

干さへん梅干しの造り方もしたことありますけど 今年はなんか 干したいので干します。

るんるん。

傷ついた 梅は梅ジュースにします。

今森さん ほんとうにほんとうに 毎年ありがとうございます。

あ・・・・今発見。青梅は少し置いて色が黄色くなってから漬けるとありました。まだ 青いのに漬けてしもうた!まあええか。きっと 大丈夫や。

あ・・それと よしのぼりのお酒を皆さんにおすすめしてくださり ありがとうございます。

今むっちゃむっちゃ 美味しいです。ラベルも味も抜群どす。

今森さんのあとりえの庭で 梅狩り 

June 15 [Thu], 2017, 6:23
一年に一度 平日やけど休みをもろて 楽しみに行かせてもらうのが 今森さんのアトリエの庭にある梅狩り大会。

今年もお声をかけて頂きありがとうございます。

素晴らしいお天気。こんな 広大な庭に 梅の木がありまして 今年は大きく綺麗な梅が沢山採れました。

枝をゆすらはると ごろごろ梅が落ちてきます。時々頭や肩にもあたって なんか痛きもちええのです。

そのあと アトリエに。

いつ来てもここは ほんとうに素晴らしいところ。


見事な切り絵。

今森さんご夫婦は料理好きで フライパンが並んでいるだけでも圧巻。

アフリカに訪れはった時の布に 何か合ってます。

ホタルブクロが綺麗に咲いていました。

この机も 歴史を重ねて ますますええ味わいに・・・
ここで ピザ生地をこねたりもしはります。

右端にちょっと見えるのは カレーなべ。奥様のまゆみさんが 美味しい美味しいカレーをしてくれはりました。

そして 手土産にもってきてくれはったのが この大きな西瓜!ビックリするくらい大きいのです。

あと宮崎のピーマンは 丸のままたべられるのです。肉厚で甘いぴーまんでした。

良い時間を頂き ほんとうにありがとうございました。

さて朝市の準備もせなあかんのですが 梅仕事もがんばらねば