間引菜

December 09 [Fri], 2016, 22:27
日曜日 久しぶりに畑に行きました。

村長さんの皇帝ダリアが 皇帝らしく咲き誇っていて


やっぱり村長さんの檸檬がたわわで ええ感じや〜〜〜〜

八朔?かな これもお見事や。

村長さんのおとうとさんとこの レタス。


そしてうちの畑につくと 皆すくすくと育っていて 嬉しいことやと喜んでたらえらいことや!
はよ間引かな 赤蕪 蕪 大根 日の菜が苦しそうや

汗をかきながら、必死で格闘しまして、大きい方のごみ袋になんと三杯も間引き菜が出来ました。

間引き菜なんかもろてもらうのも 気がひけるのでしたが 野菜が高騰している昨今なので 尋ねつつ使てくれはるひとにも差し上げて 自分とこも切り漬けをして 生かせてほっ。後半は ハードでへろへろになった畑の一日でしたが ええ汗かきました。

遠くへ行きたい 土井善晴さんが朝市に!

December 08 [Thu], 2016, 11:18
朗報です!

遠くへ行きたいのロケで 土井善晴さんが旅人として朝市にきはります!

私土井さん 大好きなんです。嬉し嬉し。

以下がその内容です!

『遠くへ行きたい』 第2340回 滋賀 篇
旅人:土井 善晴さん
■放送日■
関東:日本テレビ 2017 年 1 月15 日(日)朝 6:30〜7:00
関西:讀賣テレビ 2017 年 1 月15 日(日)朝 7:00〜7:30

■ロケハン(下見)予定日 12月7日(水)〜12月11日(日)頃

■ロケ(撮影本番)予定日 12月17日(土)〜19日(月)
■企画主旨■
『遠くへ行きたい』は昭和45年 “ディスカバージャパン” をキャッチフレーズに生まれた旅の番組です。 四季の美しい風景、歴史と風土が培ってきた生活の知恵や伝統工芸を訪ね、豊かな日本の暮らしを再発見していきます。今回の舞台は滋賀。琵琶湖周辺の食文化を中心に滋賀の魅力を伝えたいと思っています。
お忙しい所、恐縮ですが、ご協力の程、どうぞよろしくお願いします。


やそうです

どんななるのか わからへんのですが

北島酒造の美味しいお酒選ばな
益々気合がはいりますなあ〜〜〜〜〜〜〜

今度の朝市と紀夫君

December 07 [Wed], 2016, 7:02
今度の朝市は事情により 北島酒造さんとなりました。

毎月の恒例 税務署期限付免許申請のあと 天孫神社へ

どこかのお蔵が 新酒やろな?お供えしてありました。今ならではの風物詩。

そして 山茶花が綺麗にさいています。

空気は冷たいけど ええお天気・・・

神社に来ると ええ磁場が流れているのやろな。気持がしゃんとするのです。

今年を締めくくる 北島酒造の朝市。どうぞ 良い朝市になりますように。

ちなみに今巷で騒がれているのやけど。

と言うても騒いでいるのは私だけみたいやけど・・・

朝の連続ドラマ べっぴんさんのおっとさん紀夫君(永山絢斗さん)が 北島シャチョウに似てると想えてしゃあないのです。

ちょっと北島さんの方がソース顔やけど。眼と鼻のあたりがとくに・・・・・

北島さんへの 注文メッセージにも 紀夫くんよろしくおねがいしますと書いてしまいました

今 北島酒造でも もっぱら 話題になっているそうです。(私のせいで

話しはそれましたが 北島さん 迷うくらい良いお酒があります。私としては お正月やし 渡船50%精米純米大吟醸きもととか 山田錦50%精米 直汲み中ぐみとかええなあと思いもしますし 新酒もろみあらごしどぶもむっちゃ美味しいし・・・・・・新酒も良いのんが 丁度そのころしぼられるみたいやし・・・・・とにかくこの日曜日 えらびにいってきま〜す。

りいぼーんさん 主催 浅茅生 蔵見学

December 06 [Tue], 2016, 9:49
このごろ お蔵に色々な方が行ってはります。

以前は 一人で行くのはなんか 行きにくいし 
蔵元さんに一人の為に時間をとらせるのも申し訳ない気持ちもあったりで 
それならばと朝市のお酒選びの時に同行して頂いていたこともあったんやけど
これはやっぱりちょっと目的が違うやろということで やめることになったのでした。

が 先日も御蔵の駒井さん おひとりで初桜にいってはって 
酒菜や つねはるさんは、一博の蔵に行って掃除してきたというてはったし・・・・
酔INちゃんたちも 萩乃露にいってはって れあもん選んできはったし・・・
Sさんは 大治郎のお蔵にいってラベル貼りを手伝って来はったし・・・
東京や京都の飲食店さんやお客さんが、お蔵に行った帰りに
小川酒店にたちよってくれはることもしばしば。

そして お酒の生々しい そして 色々な立場からのお酒の情報を聴かせて頂けるのがまた嬉しいのです。ええ空気やなあ ・・・・・

さて 蔵見学のお知らせです。

りいぼーんさん 主催 浅茅生 蔵見学
12月18日 日曜日 4時からです。会費は4800円(税込)

蔵見学をして 歩いて りいぼーんで 新酒お披露目会となっています。

ぼーんさんはお酒に対する造詣が深いので 
火入と生酒の お燗の微妙な温度まで いろいろ教えてもらう事の多い 
すごい人です。きっと ええお話しがりぼーんんさんから 
そして 平井酒造さんから聞くことができるかと思います。

詳しくは りいぼーんさんまで〜〜
電話 077−522−3993

萩乃露 活性濁り 密栓! などの 濁り大会

December 05 [Mon], 2016, 8:58
そしてそして 今回の誕生日会 濁り大会のようになりましたんや!

なないちいちさんは 吞み放題のときは持ち込みOKということで 私は稀有な北島のあらごしの生!を持って行きました。大人の味でした。私は これ 好き〜〜〜〜。と たった今も美味しかったので取り置きしておいてくださいと嬉しいрェありました。

アリサワさんの 文佳人ならぬ バナナ人は ほんまにバナナです。これも魅力的。

萩乃露の活性にごりは なんとこれまた密栓で えらいことになりまして フェイスブックにきたいちゃんが動画を!私もシェアーさせてもろたんですが なないちいちのけんちゃん すみません!調理場がえらいことになってしもうて・・・・もうしわけないです。

でもいっつも思うのです。にごりの事件は 申し訳ないのに皆 怒らはらへん。とりあえず笑顔になってくれはるのです。ありがたいけど申し訳ないです。

前にも勉強しているはずやのに F先生考案 ペットボトルを切断してそれをひっくり返して 開けた瞬間かぶせる・・・・のが間違いないですな。今回 かぶせたのはボール。これでは・・・・とほほ。

あと喜楽長さんのにごりもあり、去年よりも きれいな感じがしました。でもよう出来ています。こんなふうに濁りでも それぞれに こないにも個性があるのかと 目から鱗でした。そして 皆ちがう顔をもちつつ どれもおいしかったのでした。

しみっちゃん ほんまにおめでとうございます。しみっちゃんは地味やけど知るほどに深い人です。これからも お酒のこと いっぱい教えてくださいや。

七本槍のお酒 ホワイトラベル 

December 04 [Sun], 2016, 8:35
先日しみっちゃんの誕生日会がありました。

楽しい美味しい時間やったんですが しみっちゃん凄いものをもってきはりました。

大昔朝市で売らせて頂いたお酒。あのときは なんやったやろ?と疑問のままやったんですが 前の日記をひもとくと・・・・・次のような記事がありました。なんと2014年の3月の記事です!

先日富田酒造にて とみいが不思議な白いものをもってきはりまして どう思いますか?と私らに意見を仰がはりました。ほんまに 不思議な味わいでこれなんやろ?

これは酒母そのものやったんです。 なんとアルコール度数7%の低アルコール酒。日本酒度は−90!マスカットをかじったような 魅力的な最高級乳酸飲料。これが 玉栄の60%の9号酵母の味わいとは思われへん。摩訶不思議や〜。

白いお酒は開栓してからの味の変化が激しいので試飲もしてもらわずに売らせていただきます。

通向きの低アル酒 薄にごりで微炭酸。袋吊り〜!しかも 瓶内2次醗酵させて 火入しての商品化のところ 朝市限定にて 生でお出しします。

もしかしたら もう2度と生まれないかもしれない れあもんのお酒。

どうぞお試しくださいませ。


・・・・・これを なんとしみっちゃん冷蔵庫でねかせてはったんです。

なんか得も言われぬ美味しさ。まったくひねていません。そして やっぱりマスカットでした。しみっちゃんの誕生日やのに こんな凄いものをもってきてくれはってありがとね〜〜

お詳しいお客さん

December 03 [Sat], 2016, 8:42
昨日は おもに関西の酒屋さんを行脚してはるお客さんが御来店

むちゃ お詳しい。そして ものすごい数をまわってはるので 色々色々・・・・・よう見てはる。

色々教えて頂き 愉しいお話しも利かせて頂きありがとうございました。

奈良のお蕎麦屋さんは 手打ちのお蕎麦やさんで お酒にまで手が回らないので お酒好きのご常連さんが 各地からお酒を送らはるのです。

そして小川酒店からお嫁に行くお酒も 2週間後にそのお蕎麦屋さんに配達することになりました。

ここしかないもの・・・・・ということで かなり迷って選んでくれはりました。

こういうお客さんが御来店になると 恥ずかしい限りです。写真も撮ってはったのです。よりいっそう恥ずかし。

まず店の照明をもう2段くらい落としたいし 火入のお酒も一番手前のモノだけでも 不織布で巻きたいし。

やりたいことやらなあかんことは仰山あるのですが なんせ鈍くさいので 日々の業務に家事で手一杯なのですけど ぼちぼち進化していかなあかん。

Sさん 遠いところ有難うございました。良いお話しを聞かせて頂きました。


滋賀からあんまり外に出ていないお酒達です。唯々の23BYと 竹生嶋初しぼり19BYは 小川酒店オリジナルどす。どうぞ 可愛がってやってくださいませ。

べにくらげさんと無有

December 01 [Thu], 2016, 11:17
嬉しい!べにくらげの昂佑君と真由ちゃんが 御来店!

久しぶりです。多分ちょうど昨年の暮れにべにくらげに伺ってあれ以来。

真由ちゃんはいつもながらに可愛いし 昂佑くんも益々ええ男はんになってはります

昂佑君曰く ミーツの表紙が 七本槍の無有やったそうで うちはこっそり寝かせているビンテージ違いの無有を買うてくれはりました。

ところがちょうどその晩 おっとがミーツを買ってきてくれまして、確かに表紙が無有!そして めくっていきますと昂佑君も真由ちゃんも載ってはりますがな・・・・

謙虚なお二人や・・・・

せっかく来てくれはったのやし どのお酒が良いか、色々悩みつつ 竹生島の7年熟成もんと 竹生島の辛口純米 そして 萩乃露芳弥を おもちかえり。どうか 可愛がってもらえますように。

さて 話題の七本槍 無有は 玉栄の完全無農薬。二〇〇二年に玉栄での醸造を開始。とみいのこだわりは ブレンドしないで単一で行くこと。呑んでいて気持ちが良いから。

そして二〇一〇年から 冨田さんと家倉さんがタグを組んだ酒造りが始まりました。土地の味がストレートに出る酒を造りたい!土地のチカラを信じて よりよい味を追求して行きたい!との想いがありました。

玉栄は山田錦よりも大粒で倒れにくいけれど 水の管理が難しい。家倉さんは 専業農家なので、人間主体ではなく米主体で動かはります。そして 強い信頼関係で結ばれてはるので お互いが誇りをもってお酒をお米をつくってはるのが嬉しいのです。

いつやったか玉栄について 話をしたときに 玉栄とひとくくりにできない。場所よりも米のつくり手によって玉栄は全然ちがってくると。きっと七本槍の玉栄は トップレベルではないやろか?

七本槍は玉栄でいこう!と 純米大吟醸も玉栄で作ってはって これも人気もんやし。

お米農家さんは 一年に一回。失敗は許されへん。そんな恐怖心と闘いながらそれを乗り越えて六年。

裏のラベルにも 酒米生産者 家倉敬和 六反田737番地と大きく記されています。

私は最近玉栄の加水火入のお酒をのんで しみじみ美味しいなと思いました。呑み飽きひん。そして安心してお嫁に出せるお酒。

次回ラベルデザインが変わり 今まで肩張りに14号酵母とかかれていたのを外して 玉栄と書かれることになります。よりいっそう玉栄と言うお米に重きを置いていかはるのや。

日本酒は農業なり。お酒もお米も 作り手の血と汗と涙の結晶なのやと思うと 酒屋もこれは気を入れてうらせていただかな

こだわらず 淡々と・・・・

November 30 [Wed], 2016, 9:11
先日神開の海老蔵さんに 配達の際 講話を聴きましたんや。

そのなかで 大乗の涅槃経にある、「一切衆生 悉有仏性」について

この世界の存在はすべてそのままで円満具足した仏である、世界は本来過不足なく悟りのなかにある、その存在にこそ意味があり それは 大いなる意志 ダーマ(全宇宙の運営を司る大いなる意思)という草木成仏思想。

海老蔵さんはさらに 親鸞さんは無くなる直前に 「悟りやら仏の道やら救いやら皆忘れてしまいましたわ。」と日記に書かはったそうな。それこそ 悟りを乗り越えた 一切皆空であり 空。唯々 淡々とあり続けること。無常観と解放感が合わさった言葉。

そういう想いから 海老蔵さんの絶対譲らないコンセプトが こだわらないこと。日本にも滋賀にもこだわらない。あるがままでありたいと。

ちょうど 最近 仏像と接する機会が多かったのやけど弘法大師は大自然の動きや宇宙の働きすべてを、真理の顕現(大日如来の説法)草木」に象徴されるとしはったし。

 はたまた昨日は今森さんがNHKの番組にでてはって 里山にも一切衆生 悉有仏性 大自然・大宇宙に仏を見出すことができる 草木成仏・・・と なんか通じるものを感じたのでした。バリの棚田を見た時 その素晴らしい棚田に感動して これは祈りがなかったら決してなしえなかった風景であると感じはりました。 それが帰国して 大津で棚田に出会わはるのです。 そして その後 世界や日本中を長年旅して そして今再び大津で活躍してはるのやけど その先には祈りがあるとも言うてはった。

 今森さんのアトリエは30年になり 全て生きとし生けるものとの心の通った共存が 淡々となされてきたが故に 今の小宇宙 素晴しい小さな里山ができてきたのです。

また今森さんにとっての里山は 遠くにあるものではなく 誰にとっても実はすぐそばにあるものなのやということにも感動しました。

海老蔵さん&仏さん&今森さん&毎日しているヨガと 連打で感動しつつ それが一本の道に繋がっているように私は思えたのでした。

私なりには こだわりを捨てて 淡々とありたい。全ての モノを同じように大事にして感謝して 置かれている場所で ココロの目で仕事も暮らしも 続けて行きたいものやなあと思ったのでありました。けど現実はなかなか 変なところでこだわってるし・・・淡々よりあわあわやし。人の意見に振り回されるし・・・・とほほ
 

       

まゆみさんと よしのぼり

November 29 [Tue], 2016, 17:15
滋味あふれる美味しいもんを頂きました。

この蓮根は今森まゆみさんから、最初泥付でまっくろけやったんです。

で 蓮根饅頭と蓮根バーグにしましたよ。

美味しい蓮根なので もっちもち。


さらに ルレクチェ(レア―な洋梨)も ゴークレヨンのまゆみさんから・・・

洋梨は 今が旬なのやと教えて頂きます。俳画に使お・・・・

まえにもかきましたけど よしのぼりの肩張りの 淡海の子は亡くなった ゴークレヨンのまゆみさんの息子さん強くんのことなのです。ゴーは もちろん強くんのゴー

美味しい滋味あふれる贈り物を 二人のまゆみさんから同じ日に頂き どちらもがよしのぼりでつながっていたので ちょっこし感動しました。

今よしのぼり 充実した旨さ。毎日ほんまにほんまにちょこっとづつ飲んでいる妹が 最後のほうになってもへたるどころか 益々美味しくなって今の私のナンバーワンやと言うちょります。
P R
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/akemi/index1_0.rdf