ちーくんがオカヨシガモ

October 12 [Wed], 2016, 7:16
債務整理の手続きは、ご自身でもできます。とはいえ、膨大な法的知識が必要になります。また、膨大な数の書類を揃えなければいけませんし、手続きのために時間を取られることは間違いないでしょう。素人がこれを行うのは難しく、やはり債務整理では司法書士や弁護士などにお願いして、すべての手続きを行ってもらうのが良いと思います。



彼らは十分な知識のあるプロですから、スピーディーな手続きが期待できます。
債務整理は借金地獄から抜け出す救済手段ですが、この事実がJICCやCICなどの信用情報機関に一定期間保存されるでしょう。この期間は有限で、JICCではどのような債務整理を行っても、およそ5年になっています。


また、CICは、自己破産に限って約5年の記録が残りますが、その他の債務整理の場合は金融事故扱いになりません。


いずれの情報機関でも、情報が残っている間はキャッシングやローンの審査が通らない可能性が高いです。
債務整理ができた後は、携帯料金が分割で支払えないことになります。
これは携帯電話代の分割支払いということが、お金を借りていることになるためです。
だから、携帯電話を買うつもりであれば、一括払いで買うようになるのです。
お金なんて返済しないでおいたらって友達にアドバイスされたけれど、それは不可能だと思って債務整理をする事にしました。債務をきちんとすれば借金は少なくなりますし、頑張れば返していけると思いついたからです。おかげで日々の暮らしが楽しくなりました。新たに住宅ローンを申し込み、審査に通過するためには債務整理後、それなりに期間が空き、俗にブラックリストと呼ばれる信用情報機関が管理する事故情報から債務整理が行われた記録がなくなっている事が最低限求められます。
その期間は債務整理が行われた方法に応じて違いがあり、消えたのか否かというのは好きに見ることができるのです。記録がなくなっているなら、もし債務整理をしたことがあるとしても住宅をローンで購入できます。
多重債務者が債務整理をしたら、返済の負担から解放されることができます。



けれども、債務整理をした事実は、信用情報機関に載ってしまいます。つまり、いわゆるブラック状態になってしまいますから、審査にひっかかり金融機関のサービスが受けられなくなります。約5年間はこうした状態が続くので、忘れないでください。

個人年金保険、積立保険、それから生命保険でも満期や解約時にお金が入るタイプの保険に加入中は、返戻金の額や債務整理の種類次第では、解約を迫られることもあります。



まず自己破産を行うのであれば、解約返戻金が20万円を超える保険は解約し、債務の返済にあてなければいけません。一方、個人再生の際は、原則として解約する必要はないものの、裁判所への資産報告のひとつとして解約返戻金証明書を提出しなければいけませんから、返戻額が大きいほど返済金額に反映されます。そして任意整理ですが、この場合は解約の必要はないですし、返済額に影響することもありません。もし債務整理をした人に子供がいたのなら、子供のための教育ローンは使えるのでしょうか。

おおまかに分けると、教育ローンには、銀行などが提供しているサービスと、「国の教育ローン」といわれている日本政策金融公庫(通称、日本公庫)によるサービスがあります。民間の金融機関も日本公庫も、共に金融事故などの情報が記録される個人信用情報機関に加盟していますから、債務整理後、しばらくの間はどの教育ローンに申し込んでも、審査に通過することができなくなります。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ネネ
読者になる
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/akbrtuneriyqac/index1_0.rdf