まいってます 

April 23 [Mon], 2007, 2:48
久しぶりの投稿になりました。

先日、早く出て行くようにと、旦那に言われました。
事情をわかっていながら、そう言うってことにがっかりしました。

私は旦那の嫉妬で、友とあそぶこともやめ・・・もう10数年。
女友達と会うことも嫌がり、出かける私に冷たい態度。
帰ってくると嫌味、あからさまなその態度に嫌気がさし
出かけることもなくなり、誘いはすべて断りました。

最近になって、これではいけないなって気がつき
たまに、出かけるようになりました。

でもね・・・やっぱりおんなじ。。。
人ってね、変わらないんだよね。。。

私はいっしょうけんめいここまで来たけど、やっぱ限界になっちゃったし。

あらためて、もうやめたい。早くなんとかしたいってきもちになった。

だけど、現実は厳しい。。。

ひとり取り残されたような心境。。。

けんか 

March 04 [Sun], 2007, 2:17
今日はしばらくぶりに、母親と大喧嘩をした。

あんな激しい喧嘩は、父の退院時以来だなぁ…。。。

喧嘩すると、なんだかものすごく疲れるね…。。。

今日は、早めに就寝します。

おやすみなさい。

不愉快… 

March 03 [Sat], 2007, 10:33
帰っていきなり、機嫌の悪い旦那…。。。

なにがあったのか知らないけど、こっちまで不愉快になる…。

こんなときには、あたらずさわらず…。。。
完全無視を、きめこんだ。

朝になったら、今度はご機嫌伺いしてるし…。。。
あいかわらず、わけわからんわ…。。。

昨夜、子供は父親と、離婚について話をしてた。
離婚をする日を、聞いていた。

旦那は、結婚記念日に離婚しようと言った。

・・・・・・・・・・・。。。

どこまでも、デリカシーに欠ける人だな…。。。
センスなさすぎ…。。。

ほんとあきれた…。。。

すべてを汚して終わる気かい…。。。

ずるやすみ 

March 02 [Fri], 2007, 8:34
昨日は子供が、ずるやすみした。

やすむほど体調はわるくないときに、ぐずって
そのまま学校をやすむことが、ごくたまにある。

火曜日には体調を崩して、学校へ迎えにいった。
まぁ、具合がよくないっていうのも、まるきり嘘ではあるまい。

黙って家でようすをみていた。

ここのところ体調がよくないのは、私もおなじ。
一緒に部屋でゆっくりしていた。

こんなときは旦那に話をしたりしていた。
今回は、さすがにそれもできず…
ちょっと、不安に思えた。

離婚のことを相談している友に、思わずメール…。。。

こんなコト言われても、困るだろな…

そう思いつつも、どこか心細かった…。。。

親思い 

February 28 [Wed], 2007, 16:06
旦那は、親思いの人だった。
私が結婚を決めたのも、これがあったからだったかもしれない。

私の弟は、長男でありながら
親の面倒をみることを、放棄していた。

そのかわり、遺産はこっちのもんだ。

遺産などは、すべて長男に…
という慣習は、ここらでいまだに残っている。

長男が、田畑や住居、家業…
すべてを継ぐからこその慣習。
それらを放棄しながら、遺産の話だけ主張することも
最近は、多くなってったようだ。

兄弟で相続争いをする話は、めずらしくない。

そんな弟がいたからこそ、私は結婚するにしても
相手をよく考えて…そう、思ってはいた。

親のことを、大事に思っている人だったら
私の親も、きっと大事にしてくれるだろう…

実際、私の親も大事にしてくれてはいた。
私が両親の病気の際、家をあけながら
家事を、多少おろそかにしても
とりたてて、なにも言わなかった。

このことには、感謝している。

しかし、これが自分自身の首を絞めることになるとは…
その時の私は、まったく気がついていなかった…。。。

困惑 

February 28 [Wed], 2007, 15:56
旦那の実家の同じ敷地内に、長男家族は住んでいる。
すぐ隣に住んでいるのに、行き来がほとんどない。

両親が入院しても、ほとんど顔もださない。
入院時の買い物、送迎…
これらは、私が呼び出されておこなっていた。

私は、さほど負担には感じなかった。
いそいそと出かけることも、なかったが
ほかに、誰もする人がいないのならば
私がするしかないだろう…そう思ってた。

私のこの行為は、周囲からしたらこう見えたようだった…

遺産目当てでやってる。

とても残念な気持ちになった…。。。

あちらの親も、頼みにくくなっていき
私自身も、どこまでやってあげればいいのかわからなくなってった…

外面 

February 28 [Wed], 2007, 11:26
旦那は…外面がいい。

家では、子供の顔すらまともに見てなかったのに
外へ出ると…
特に、自分の両親や親戚の前では
子煩悩ぶりを発揮した。
家では替えたことのないおむつを、替えてみせ

ミナコさん、いいパパでしあわせね。
ミナコさん、楽できていいねぇ。
旦那に、こんなことさせるなんて…

まぁ…いろんなことを言われたもんだった。

旦那は、農家の次男。
実家は「エラいところに嫁いでしまった!」
…というドラマを、地で行くようなど田舎。

公務員で核家族育ちの私には、なかなかなじめなかった。
だけど、次男だから…とりあえずイベント時だけをこなせば…
そう思っていた。

夜泣き 

February 27 [Tue], 2007, 10:43
いちじは流産、早産の危機もあった。
薬を服用し、入院もした。
なんとか無事、出産をむかえた。

実家で1ヶ月静養し、自宅へと戻った。

子供は、夜泣きがひどかった。
寝てくれるのは、外が白々と明ける頃。

トラックの運転手をしている旦那は
眠れない!黙らせろ!と、言う。

私は、子供をあやし続けた。

それでも、泣くときは泣く…。。。

旦那は結局、家に居つかなくなった。
約1年、そんな日々が続いた。

だけど、そのときは、どこか申し訳ないきもちでいっぱいだった。
子供が泣くのは、私のせいではない。
もちろん、子供のせいでもない。

だけど実際…こうやって泣いている。
布団でゆっくり眠れない旦那に、申し訳ないきもちでいっぱいだった。

子供とふたり、どこへも出かけることもなく
昼間は眠気で朦朧とし、夜は子供をあやす日々。
だれとも話すことのない日々。

はじまり 

February 27 [Tue], 2007, 10:32
旦那は、とてもおとなしい性格…だと思ってた。

急にかわったのは、子供が生まれた直後。
出産、退院後の実家で、旦那は私の髪をつかんでこう言った。
「金をだせ」
当座のひとり暮らしにじゅうぶんなお金は渡したはず。

金を渡すかどうかは別にしても、こんな行為をすることはなかった。
言い争って突き飛ばされたりしたことはあったが
直に、私に手をかけたことはなかった。

実家の母も、この光景を見てびっくりした。

しかし、これはたまたまこうなっただけだと思ってた。
これから先があるなんて、思ってもいなかった。

きっかけ 

February 26 [Mon], 2007, 17:02
きっかけは、子供への暴力だった。

あれは、子供が小2だった頃…
ある夜、家族で外食へでかけた。

旦那の車で外出した帰りだった。
旦那がビールを飲んだので、私が運転をかわった。

助手席には子供。その後ろには旦那。
子供は、シートをたおすレバーをいじってた。
そこは、取れやすくなっていた。

触らないように。と何度か声をかけた。
子供はやめない。

案の定、レバーがとれた。

旦那は逆上した。
助手席に座る子供の首もとを、後ろから羽交い絞めにした。

子供は声もでないほど、締め上げられた。
運転席にいた私は、その様子にすぐ気がついた。
大声をあげて、旦那を制止した。

私も何度か、暴力をふるわれたことがあった。
旦那はそれを、暴力とは認めない。
自覚がない。

そんなに力をいれてない。大袈裟だ。と、言い張る。
力の加減というものが、できないようだった。
逆上すると、自己制止ができにくいようだった。

次の日、私は仕事を終え、子供を学童保育へ迎えにいった。
指導員のひとりが、なんとも言いにくそうにこう告げた。
お子さんが、昨日おとうさんに殺されそうになったと言っているんですが…

あぁ…あのことか…。すぐにわかった。
そういうことがあった…と、いうことは認めた。
隠してもしかたがない。

それよりも、子供がどんな心境で指導員へ伝えたのかが気になっていた。
指導員は、聞いた以上は報告の義務もある。
話は、上へと通された。
2007年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミナコ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 趣味:
    ・コスメ
    ・ゲーム
    ・インターネット
読者になる
二度目の離婚に直面しています。

子供は小4男児ひとり。
旦那は同い年。
ここまでくるにはいろいろありました。

離婚宣言をした、今日
せめて、気分だけでもあかるく
そして、明るい未来を迎えるために
ヤプログにブログを構えてみました。

どうぞよろしくお願いします。
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる