なづの池本

November 15 [Wed], 2017, 3:09
いつだってもっと体重を減量できたらと思っている人は少なくないでしょう。けれども、痩せたいと考えデレビで紹介されていたダイエットにチャレンジしたが痩せない、本で見たやり方を試してもちっともダメ、という方は多いことでしょう。実のところそれは、自分に合ったダイエットの仕方ではない可能性があります。



昔であれば、なぜ効果が出ないんだろうと一人で考え込むこともあったでしょうが、今では手軽にどうして痩せないのかを知ることができるのです。

三つ目は豆腐及び豆類などのたんぱく質が不足してしまいがちなバナナ型という名で呼ばれているタイプで、外見は筋肉があまりついておらず、ほっそりとした人が多く、男女比は同じくらいです。

このタイプだと、太りにくい体質だと言えますが、逆に太ってしまうとなかなか痩せづらいタイプです。

その後、おおよそ2〜3週間くらいで検査結果が家に配達されます。検査キットの費用は各企業でいくらかの差はあるのですが、ほぼ5500円前後となっています。



このタイプだと、痩せやすい体質だと言えますが、その分リバウンドもしやすいタイプと言えます。



このタイプの人は、糖質を制限した食事を摂りつつ、糖質を燃焼すると思われるビタミンB1をいっぱい摂取することで、減量効果が望めるでしょう。このタイプなら、脂質を制限した食事を摂ると共に、唐辛子またはショウガといった温熱食材と呼ばれている食材をなるべく摂取して体を温めるようにすると減量の成果が期待できます。

肥満のタイプには四種類あり、肥満遺伝子変異によるものが三種類と遺伝子の変異はなくて生活習慣によるものに分けられています。







まず一つ目はパン及びごはんなどの糖質の代謝がうまくできないリンゴ型と呼ばれているタイプで、内臓脂肪がつきやすく、女性に比べて男性に多いのが特徴です。







二つ目は揚げ物やジャンクフードなど脂質の代謝が上手にできない洋ナシ型と言われているタイプで、皮下脂肪がつきやすいタイプで、男性に比べて女性に多くみられます。

このタイプにおいては、痩せようと頑張ってもなかなか痩せづらいタイプなのです。まず最初に、検査を受けることができる企業から検査キットを取り寄せてください。



次に、検査キットには綿棒が入っているので、この綿棒を利用してほほのあたりの粘膜を取ります。最後にその綿棒を返送するだけです。自分がそういう体質であるか、どうすれば減量可能かを「遺伝子検査」という方法で調べられるのです。以前なら遺伝子検査においては医学上のものだったのですが、今日では誰でも手軽に家にいながら遺伝子検査ができるようになりました。


P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アヤカ
読者になる
2017年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる