皮膚のメラニン色素をつくる機能が低下して肌の色素が抜ける病気で

August 31 [Fri], 2012, 16:03
マイケルが患っているとされる病気は、尋常性白斑(vitiligo、vulgaris、しろなまず、白皮)という父方の病気で、皮膚の色素の一部分がぬけて、それが徐々に広がっていく(全身に広がってしまう事もある)自己免疫疾患である。よく聞く病気だと思いますが、原因はストレスでしょうか?

全て真っ白になると森光子のようになるんです。
直射日光に当たってはいけないそうです。
直す方法はありますか?色素が抜ける病気 尋常性白斑は、皮膚のメラニン色素をつくる機能が低下して肌の色素が抜ける病気で、一般に「しろなまず」と呼ばれています。一見、皮が向けたようにも見えますが、色素が抜けただけで外傷はなく、患部に痛みやかゆみを感じることはありません。白斑は全身のどの部位にも発生し、分布の程度によって限局型、汎発型、全身型に区別されます。
また、白斑のタイプを大きく分けると2種類あり、それぞれ経過や治療法が違います。日本ではほとんど知られていないが、黒人の罹患率は2%強にもなる。原因としては免疫障害、自律神経障害、ストレスなどの説がある。本来免疫というのは体の外部から侵入してくる非自己(ウイルスなど)と自己を区別して、非自己を排除する働きをするのが一般的なのだが、自己であるはずのメラニン細胞を攻撃、破壊または機能が低下してメラニンを作れなくしてしまい、その結果、皮膚が色抜けして白くなるというもの。メラニンを作れなくなった細胞は紫外線に対し無防備になり、皮膚癌などを防ぐため日焼け止めを塗布等の処置をしなければならない。治療法は、レーザー治療(白斑付近のメラノサイトを刺激し白皮膚に色を甦らせる)、ドライアイス凍結療法、紫外線療法、外用薬などがある。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:akanpo
読者になる
2012年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/akanpocda/index1_0.rdf