あきらめた 

2006年06月20日(火) 20時17分
私がいつも思っていたことは。

会えない分、どうして、せめてメールするくらいの時間を
私に使ってくれないんだろうって
いつも思ってた。

例えば、何か用事をしていて
その間に連絡がとれなくなるのは仕方ないよ。
でも、用事の合間、ではなくて
全部の用事が終わったあと、メールが来る。

それが嫌だった。
私は、全部の後回しのようで。
私の我侭だけど、嫌だった。



それが、嫌で
何度も何度も嫌だって言って
伝えてきた。
そのたびに、彼は謝ってそうしないよう、努力する、という。

でも、いつも同じことの繰り返し。
何度も何度も何度も何度も繰り返す。


結局、どうでもいいんだなあって
最近やっと、諦めがついた気分だ。


今までは、この人と離れたくないって思って
離れてしまう要因になりそうなことが嫌だったけど。
今では、離れるときは離れるんだから
仕方ないかと思うようになった。



どうなんだろう。
今日、一人でぼーっとしてる時に
他に、もっと好きな人がいないから付き合ってるんだと思ってる自分がいた。
びっくりした。
つまり、もっと好きな人がいたら
あっさり離れていってしまうんだろうか。


悲しいな。
でもそう思ってる自分も、否定できない。

なんか、どうしようもない。

しかたない 

2006年06月18日(日) 17時03分
お互いに、お互いの状況を
仕方ないと思っていて

それで終わっていくんだったら
ほんとに仕方ないんだと思う


自分が、頼りにされているとは
思わなかったといわれた。
それはそれで、仕方ないんだと思う。

傷は増えていく一方。
それは、それで、仕方ない。


メールだと、どうしてもタイムラグがある。
お互いに返さなかったりで
間があいて、その間が苦しい。
苦しいってなんどもいっても、仕方ないってなるから
そっか、仕方ないんだって諦めて。


諦めるのが、本当に嫌だった。
でも、それも、仕方ないんだろうか。


私が不器用だから、仕方ないんだろうか。

きづいて 

2006年06月17日(土) 18時45分
腕を切る、自傷癖がまた、でてきた。

昨日は、車にのって
本気でこのまま死んでもいいような気がしてた。



きづいて、わたしのたすけてに



そう、思いながら、なんでもないふり。
いつもどおりのメール。
私の「変化」に気づかない彼。
気づいていても、気づかないふりをしてるのか。
自分が、それどころじゃないから。



この人と一緒にいたら
腕をきることもなく、どうしようもないような、自己嫌悪に負けることなく
生きているけると信じてた。






信じてたよ。
今までは。


やっぱり、私は
一人で生きたほうがいいみたいだね。

おもうこと 

2006年06月11日(日) 16時37分
わたしも、かれも
どっちも我侭いってるんだと、思ってた。

でも、俺のは我侭じゃないよ
100%努力してるよといわれて
それが、精一杯で
私が満足できないのは
ただ、私が我侭なのか
彼のいう努力が、ハードルの低いものか。
悩む。

そうやって、悩んでほしい。彼にも。
でも悩んでないのをしって、ショックだった。

疎外感・・・ 

2006年04月27日(木) 23時30分
部活の先輩である彼は
後輩である私の同級生たちをマイミクにいれてる。

私は、はいってないから。

なんか、いつも、疎外感。
でもいれてとも言いにくい。

やだな 

2006年04月25日(火) 21時27分
就活のため、彼が地元に帰るというと
私の機嫌は急降下。

地元には、元カノさんがいるから
いやだ
なんて。


言わないけど。

ないた 

2006年04月24日(月) 21時03分
だめだなあ・・・


週末は、幸せにすごした。
ずっとぴとってくっついて、一緒にいた気がする。


帰りね。
彼を途中まで車で見送りした。
彼が、彼の車で前を走ってて
私は、私の車でついてく。
彼の車は、後部座席のガラスにスモークがかかってて
中の様子はわからない。
でも彼からは、私の様子がバックミラーで見えるというから。
ずっと手をふってた。

最後に、交差点で彼が右を曲がる。
私は左。
右に曲がる瞬間、ハザードをチカチカさせて
彼は彼の帰る場所へ車を走らせていった。
私は、左に曲がったけど、曲がりながらすでに泣いてしまった。

バックミラーで、彼の赤いテールランプが見えなくなるまで。
ずっと見てた。
多分、ふらふら運転してたと思う。




ね、でも幸せだったけど
うまくいかない。
mixiを、彼も私もやってるのだけれど。
お互いにマイミクにはいれてない。
たまにメッセージ送りあって、たまにのぞくだけ。


今日、久しぶりにのぞいてみたら
彼の日記に、バトンが書いてあって。
恋愛バトン。


へこんだわ。
かなり。

忘れられない人がいる。
元カノとの思い出の品をまだ持っている。
元カノと、はたせなかった約束がある。


あたりのくだり。



また泣いて、不貞寝した。
しばらくひきずりそう。



過去を、忘れてとはいえない。
それがあるから、今の彼があるのはわかってる。
でもやっぱり、私だけを見て欲しいから
過去を振り返って欲しくないと思うのは。


やっぱり、どうしても我侭なんだろうか。

・・・けっ 

2006年04月22日(土) 11時52分
今日、久しぶりに私の家に彼がくる。
片道5時間。
会うのは約一ヶ月ぶり。

しかも、明日は彼の誕生日。

だからさ、そりゃ私ははりきるわけですよ。
夜につくけど、あいにく用事があって
私が帰って来るのはもうちょっと遅いので
おなか減ってるかもと思って、おにぎり用意しておくつもりだった。
ケーキだって、焼くし
前にすでにあげたけど、今回もプレゼントちゃんとあげるし。
正直、お金だって大分かかるわけですよ。

なのに。
昨日。
彼は久しぶりに研究室が早く終わったから
映画をみてたらしい。
夜中二時。
私は飲み会帰りにレポートしてた。
体調が悪くて、頭が痛かった。
そのことをメールで言ったのに
頑張ってね。俺はもう休みます。

だって。
・・・けっ。
もっと心配しろ!
と思ってしまった。
朝もメールこないし。



やる気、低下。
おにぎりは却下。

急に 

2006年04月17日(月) 21時05分
ずっと一緒にいたいとか、
そういうあまったるいメールがくると
なんかやましいことでもあるの?って
ちょっと疑ってしまったことを

許してね。
あいしてるよ。

いえない 

2006年04月12日(水) 20時26分
つらい
なきたい


そういったことが、いえなくて
結局、前と同じ



付き合うってなんだろう
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:akaneuta
読者になる
Yapme!一覧
読者になる