茜会の口コミや評判は?40、50代女性の再婚にオススメの理由とは?

March 19 [Sat], 2016, 20:51
仕事に打ち込んで、いつしか40代。

結婚を考えた頃に親の介護が始まって、気づいたら50代。

そのような事情から婚期を逸する人は、
男女を問わず少なくありません。

添い遂げようと一緒になったものの、
価値観の違いから離婚したり、
パートナーを病気や事故で失うことになった人も、
けっして少なくありません。

「結婚」から遠ざかった人に、
家族を求める心が芽生えた時、
いくつになっていても、
それは、結婚適齢期。

「結婚適齢期」を迎えた人を後押ししてくれるのが、
結婚相談所です。



【大手の結婚相談所では40歳を過ぎた女性のサポートはイマイチ】
数ある結婚相談所。
結婚相談所は、
仲介者がいるかいないかで、
大きく2つに分けることができます。

自分のデータと相手に望む条件を入力して、
相手を探すタイプ。
この場合、
料金は、比較的安くて済みます。

スタッフの人件費が抑えられるためです。

もう一つは、仲介者がいるタイプ。
お見合いのセッティグから結果への対応まで、
仲介者がしてくれます。
人を見る目があるスタッフが必要になるため、
料金は高めになります。

初婚が40歳代以上になった場合はもとより、
再婚を考える場合も、
仲介者はいるタイプの方が無難です。

遅咲きのため、
異性とどのように交際したら良いのか、
なかなか分からないというケースもあります。

すでに作られた家族観に縛られ、
次の一歩を踏み出せずにいることもあります。

仕事では積極的に行動できるのに、
異性とのお付き合いとなると、
途端に臆病になってしまうのが、
中高年。

自分の人柄を理解して後押ししてくれる仲介者がいる結婚相談所を選ぶようにしましょう。

ところが、
大手の結婚相談所の多くは、
40歳を過ぎた女性のサポートは、
イマイチです。

さまざまな結婚相談所の口コミを見ると、
中年と呼ばれる年齢になった女性たちの不満や嘆きが書き込まれています。
特に、嘆きを生むのが、
婚活パーティ。

30歳代前半までは、
男性参加者が多数を占めていますが、
35歳を過ぎたところで、
男女比は逆転。一気に女性が多くなります。

「婚活パーティに出てみたら、周りは同性ばかり…」
「結局、誰とも話せずに帰ることになった」

そうした不満や不安を抱いた中年女性のサポートは、
中高年に特化した結婚相談所でないと、
なかなか受けられません。

【中高年に特化した茜会ならノウハウが豊富】

中高年に特化した結婚相談所として長年サービスを提供してきているのが、
茜会です。会員は、男性は60代、
女性は50代が最も多く、
それぞれ約4割を占めています。

そのため、40代の会員も、
十分なサポートを受けることができます。

また会員の7割は、
パートナーとの死別や離別を経験しています。

離婚歴がある、
前のパートナーとの間にできた子供がいるなど、
大手の結婚相談所ではマイナス要因になりかねない条件が、
茜会なら、
全く問題になりません。

中高年ならではの事情を熟知したスタッフが対応してくれます。

婚活パーティも茜会では、
男女比が同じになるように調整されています。

また男性の年齢層は、どのパーティでも指定されているため、
女性は、自分が納得した年齢層の男性が参加するパーティに出席することができます。

参加してみたら、
同性ばかりという嘆きを味わうことはありません。
中高年に特化した結婚情報サービスを受けられるのが、茜会です。

創業50年の結婚相談所はコチラ!
↓  ↓   ↓   ↓