海の見える公園 

2004年07月21日(水) 12時56分
昨日に引き続き、今日もデート♪

お昼過ぎまでお互いの用事をすませて、今日は車で海が見える公園まで。
知り合いのイベントを見る為にむかいました

夕方とはいえ、まだ5時。外は暑かったなぁ。でも、海沿いを歩くと、心地よい風が吹いてきて、ぬるい風も気持ちよかった

公園内にある手作り風のおもちゃ屋さん。小さな子供づれのお母さんたちがたくさんいて、あたしが幼い頃に読んだことのある絵本もたくさんあった。懐かしいね、これ知ってる?なんて、彼と話しながら。
木で作られたおもちゃは、ビー玉が転がって行って、角にあたる度に音がするの夢中になってる子供がいててね、何度もやってるのにビー玉を入れる穴を捜してて。それを彼が「ここだよ」って教えてあげてて、優しい目をしてるなぁって横からみてました。

外にある浅いプールにでね、子供たちがきゃぁきゃぁいってて。真っ裸で走ってるんだよねあんなの、許される歳なんてすぐ終わっちゃうんだし。でも、とっても気持ち良さそういぃねぇって。二人でその姿を眺めてました。

一緒に親になれたらいいな…これは、ずっと思ってること。

本音なんだよね。あんな風に自分の子供とも、遊ぶんだろうな。きっとかわいくてたまらないんだろうな。そんな姿を横で見ていたいの。

また今日もそう思いました。

Tシャツとスカート 

2004年07月18日(日) 13時03分
今日はデート待ちに待ったやっと二人の時間♪

一緒にお買い物をしました。
夏物、今年はそういえばまだ一枚も買ってなかったなぁ、ってことで、買いたい衝動がいっきに爆発しちゃって。

普段あまり着ることがないTシャツ。ちょうどいぃサイズと、きれいな色合いがあって、これ、どうかなぁ?って見せたら「いぃんじゃない?かわいぃよ」って。何を見せてもそういうのかと思いきや、店員さんがすすめてくれたボーイッシュなのには、あんまり反応がなくて。
ってことで、かわいぃTシャツをゲット

その後、彼の服を一緒に見ながら、ぶらぶらしてて同じお店でやわらかい素材のスカートを見つけました。そしたらあたしよりも彼の方が好反応で「似合いそうやねぇいぃんじゃないぃ?」と。
ただおしりが大きいのを気にしてるあたしとしては、すとーんと落ちてるそのシルエットがなぁと。。。そのままそれを横目に歩き出したとき、同じような素材でシルエットの違うのを見つけて

二枚の色違いを見せて、どっちがいぃかなぁって。もちろん選んでくれた方をget!

自分の好きな服買えば…と思う反面、こうやって選んでくれることなんてめったにないから、うれしくてたまらなかったんだ。そしてそれがまた、あたし的にもおぉと思えるのだったから。

そして夜、寝る前に入ってきたメールは「あのスカート、似合うやろうなぁ」って。

もちろん見た瞬間、おもいっきり笑顔になって抱きしめてしまいました

何気ない言葉たち 

2004年07月13日(火) 16時25分
毎日のメールがこんなに自分の元気の素だったなんて、思わなかった。

それくらい、一つ一つに何気ない日常の会話が、あたしを笑顔にさせてくれる。

でもね、あたしはこの言葉を伝える手段を上手に使いこなせなくて、大きな失敗をしたんだあまりに何でも書けたから、一人よがりな不安を押し付けてしまうことになってしまった。

大切なことはメールで言っちゃダメだよ。ホント、そうだね。大切なことは顔見て、目を見て、話さなくっちゃ。きっと目を見たら、その奥にある感情が伝わるから、言葉少なくても気持ち伝えられるかもしれない。

ただね、毎日の他愛のない、小さな幸せという意味では、大切なんだよね。

よしっ、あたしも頑張るよそう言える。やってることは違うことかもしれないけど、一緒に頑張ろうねって。

そしてポケットに入ってるが震えるのを、今も待ってたりするんだ

スキンシップ 

2004年07月11日(日) 11時22分
今日はデート
先週のことがあったから、ちょっとぎこちなくなりそうだったんだ。
どんな話をすればいぃんだろう、自然でいられるのかなって。

映画を見に行こうって、話してたの。でもね、寝たのが朝の8時だったらしく、夕方4時にやっとおはようって(笑 まぁいつものことだし。起きれたら映画に行こうって話だったから、あんまり期待もしてなかったんだ。

うまく映画の時間が合わなくて、また来週にしよかぁって。
それで御飯食べて、うちで一緒にレンタルビデオ見ようって話になって。

ぎこちなかったなぁ。お迎えにきてくれて近所にできたばっかりのちょっとお洒落なラーメン屋さんに行って、ビデオ借りにいって帰ってきました。丁度オールスターやってて、それを途中まで見てから、二人でビデオ見始めて。

ちょっと痩せた?なんていわれて、確かめるようにあたしの腰を触る。それだけでもなんだか恥ずかしくて、「そうかなぁ?」とかって、すぐ離れちゃって。

でもね、並んでビデオ見てて、ベッドに寝っころがってる横にあがれず、もたれかかるように正座して座ってたら、足がしびれてさぁそれを理由に横に並んで寝っころがって。

ビデオ見ながら、ごつごつした指があたしの手に触れてきて。

その後はご想像におまかせしますただ、手に触れたり、髪を撫でてもらったり、包んでもらうように抱きしめてもらったり。言葉じゃなくてもとっても安心したの。

ずっとこのまま、こうしていたい。

不安がなかなか消えなかったのがウソみたいで。こんな簡単なことだったんだって。

でも、恋人なら普通なことも、今日は特別緊張してて。まるで付き合い始めたあの日みたいだった。

不安なの。 

2004年07月06日(火) 11時37分
今日はバイト帰りに仲良しの友達と御飯を食べに行った

あたしのことをもう丸4年くらい見てきてる子で、ここ最近だけど恋愛の話、相談をよくするんだ。

同い年て似たような不安がある二人。でも今までの恋愛のスタイルはまったくといって違う。その子があたしに言った。「変わったね」って。

別れ話を持ち出されて、でもとりあえず別れずにすんだって。その話をずっとしてたんだけど。今までのあたしを見てきたから、本当に変わったねって。

そう。今までのあたしなら、
何であたしが相手にあわせなきゃいけないの?そんなことするくらいなら別れるよ。らくちんでいられる相手じゃないわけでしょ?頑張るのは仕事だけでいぃわ。恋愛まで頑張りたくないもん。
と言ってた。

それが今は違う。

よかったね。そんな風に思える人と出会えたんだよって。


でもね、本当は不安なの。

離れてしまった気持ちは元に戻らないかもしれない。一度別れをとりやめてしまったことが、しんどいって思いを持ち続けさせてしまうようになるのかもしれない。ぎこちないまま二人で過ごすことになるのかもしれない。

あのまま別れてた方がよかったのかもしれないなんて。

すごく矛盾してる自分がいる。どっちがよかったのかなんて解らなくて、本当にあたしは別れたくなかったのかなぁって、それすら自信がもてなくて。

でもね、後悔はしちゃいけないよね。あたしがそう思って引き止めた別れだもん。

別れたくない!! 

2004年07月04日(日) 11時46分
「話したいことがあるから、行ってもいい?」

実家で夕御飯を食べて帰ってきたら、そんなメールがきた。彼も土曜日から地元へ戻ってて、さっき帰ってきたばっかりなのに。疲れてるだろうに。いつもならそんな状態の時に来たりしないのに。

「うん、いいよ」そうメールを返して、心の中は不安でいっぱいだった。
イヤな予感がしてた。

そしてイヤな予感…的中

別れようって言われた。その理由をなかなか言ってくれなかった。
重たいと思った。しんどかった。あたしの思いに応えられない。そして心が離れていった。

多分そんなことを言ってた。

あたしはいつもその時、その時で感じたことをメールや電話で伝えてきた。でも、彼はあまり言わない。うまく言えないって、前にもそんなことは言ってたけど。解ってるつもりだったけど、それがあたしの不安を更に膨らませていて、あたしのメールはどんどん『不安』でいっぱいのメールに変わっていってた。

それが重たい。うん。よくわかる。

理解したうえで、あたしの思いを伝えた。

やっと本音が聞けた。うれしかった。でも、それが最後の言葉なんてズルいよ。
あたしにもあなたの本音を聞いて、自分のことを見直す時間ぐらいちょうだい。
今までも本音が言えないでいたなら、今あたしと別れて、また誰かと付き合うことになっても同じことの繰り返しでしょ?

一度でも本音が言えた人といた方が少しは気が楽になるんじゃない?

他に好きな子がいるの? それにはNOと言ってくれた。
あたしのことがもう嫌い? それにもNOと言ってくれた。

なら、もう少し。今別れないといけない理由はないでしょ?


初めてだった。別れたくないと泣いたこと。相手を引き止めたいと思ったこと。今までにないくらいのみっともない姿をさらけ出しても、それでも離れたくないんだって、そう思った。

本音を言わないで、楽しいばっかりの付き合いなんて、うわべだけだと思った。それでもいい人もいるのかもしれないけど、あたしはほんのちょっと見えた「本音」を含めて、それでも傍にいたい。「本音」を言うってしんどいけど、それも時として必要なんじゃないかと。

こんなこと思うようになったんだ、あたしも。
そして彼も本音をやっと話してくれたんだ。

別れを引き伸ばした…そうならないように、今日の涙を無駄にはしたくない。

距離を感じる。。。 

2004年07月01日(木) 12時48分
最近、妙に距離を感じる。

手をつないだりしてないし、もちろんキスもしてない。

どれくらいだろう。もう3ヶ月くらいはそんな気がする

今は忙しいんだって。そう自分に言い聞かせながらも、何か不安が消えないんだ。

『オトコは忙しいっていうのを理由に、浮気してたりするんだよ』って、オトコの子に教えてもらった。

不安だった。他の子の傍にいるのかな。支えてくれる子がいるのかな。

あたしは彼のこと、何もわかってあげられない。何を考えてるのかもわからないし。

会えば嬉しくてたまらない。なのに、会えない時間はあたしの勝手な想像が不安を膨らませて、自分で自分の首を絞めてる。

信じなくちゃ。きっとそんなことない。もうすぐまた、前みたいになれる。きっと。」
2004年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:akane_love
読者になる
Yapme!一覧
読者になる