山田あかねの一喜一憂日記

お知らせ
(記事数:90)

ザ・ノンフィクション phaさんと小林銅蟲さん

2017年06月18日(日) 16:48
そんなわけで、「ザ・ノンフィクション 会社と家族にサヨナラ ニートの先の幸せ」前編、無事、放送になりました。

phaさんから新刊をいただきました。



銅蟲さんの「めしにしましょう」はこちらですね。






来週、後編が放送で、彼らの「今」が明らかになります。

phaさんに初めて会ったのは、2013年の夏だったと思います。

「ニートの歩き方」(2012/技術評論社)にしびれて、こんな風に考える人がいるんだと、衝撃を受けました。

自分は1980年代に青春を過ごしておりまして、当時、「働くこと」はとてもカッコいいことで、特に女性にとっては、

社会に出て、何者かになることが大きな憧れであったと思います。

85年には男女雇用機会均等法も施行されて、「女のひとでも頑張れば、何にでもなれる」という空気がありました。

自分もすっかりその空気に染まり、テレビ制作会社で一生懸命働きました。

当時は、女性でテレビディレクターになる人は少なく、道は厳しかったんですが、頑張りまして。

で、20年以上の歳月が流れ、テレビ作ったり、小説書いたり、映画も作ったりして、いろいろやって充実はしてたのですが、

基本的には、

「朝は起きられない」
「時間は守れない」
「怒られるのが嫌い」
「人から指図されると死にたくなる」
「人とうまくコミュニケーションとれない」

という病(?)は抱えていまして、

だから、phaさんの本に共感するところが多かったんです。

「もう、がんばりたくないなー」

「好きなことだけやって暮らしたい」

「お金のために働くのはもういやだ」

……でも、彼は私よりずっと若い。

なんで若くして、そんな境地にたどり着いたのだろう?

聞けば、シェアハウスに暮らし、いろんなものを仲間と共有しながら、

「出世」とか「結婚」とか

多くの人が縛られる社会的な常識からとても自由に生きていました。

この人たちをもっと知りたい。

この人たちの生き方には、なにか新しさがある。

そう思って、取材を始めさせてもらいました。

最初は、東日本橋だったかの一軒家に暮らしていて、

その頃、「オイコノミア」(eテレ)で、「シェア」の回として取材させてもらいました。

この時、phaさんを訪ねていったのが、又吉直樹さんだったんですね。

そのつながりで、今回はナレーションをお願いしました。

そのあと、練馬区に引っ越し、さらに、台東区へ。

同時に、和歌山県熊野にある、シェア別荘も何度も伺いました。

泊めてもらったことも在りました。

(今回の放送では、熊野は紹介できなかったんですが、いずれ、ちゃんとお見せしたいです)

phaさんの仲間達はみんな個性的で面白く、そして、とても心のあたたかい人達。

何度もカメラを持ってやってくる私たちを受け入れてくださいました。

…ということで、来週もよろしくお願いします。

今回の放送分は、2013年12月から2016年夏までの記録です。

次回は、2016年夏から2017年3月

今年の春までがご覧いただけます。

よろしくです。

注:現在、なぜかリンクが貼れません。phaさんや銅蟲さんの本のリンク貼りたいのにごめんなさい。




ザ・ノンフィクション 会社と家族にサヨナラ ニートの先の幸せ

2017年06月15日(木) 21:28
お知らせです。

4年間撮り続けてきた、
日本一有名な、京大卒の元・ニート、phaさん(ふぁ)のドキュメンタリーができました。

「働きたくない」「すきなだけ寝て暮らしていたい」と綴った「ニートの歩き方」(2012/技術評論社)を読み、その考え方にとても共感し、取材を始めました。
なかでも、「弱いものは集まっていると死ににくい」というフレーズに惹かれ、
これまで知らなかった考え方に触れた気持ちになりました。



いろいろな境界線をぶちこわすphaさん。



phaさんの仲間でwebで漫画を発表していた小林銅蟲さんも同時に追いかけました。
彼の人生の転機も取材しています。

ナレーションは、又吉直樹さんが、あたたかく、語ってくださいました。

「働き方」に注目の集まる昨今、
「あくせく働かない」「好きなことだけして暮らす」彼らの実験的な生き方をご覧下さい。

今回も、プロデューサー、構成、演出、ADと、ひとり4役で制作しております。

「ザ・ノンフィクション 会社と家族にサヨナラ
 ニートの先の幸せ」(フジテレビ)

6月18日(日)14時〜14時55分 前編
6月25日(日)14時〜14時55分 後編

フジテレビのページ


コミックナタリーで早速、記事になりました。


ご高覧いただけると幸いです。

違法コピー商品、その後。

2016年12月17日(土) 15:18
朗報です!!

今、Amazonのサイトから、違法コピー業者の出品はなくなりました。

Amazonさんが取り下げてくれたのか、
違法業者が自らやめたのか、詳細は不明です。

これで、弊社が販売している正規品DVDが、
きちんと告知されるようになりました。

警察にも連絡しましたが、
「土日なので、担当者がいないから、月曜に来て」と
言われ、なすすべもありませんでした。

自分でできる範囲で、違法をSNSで発信し続けた結果かと思います。

また、「違法商品を売る」ことについて、
Amazonに連絡してくださった方たちのおかげでもあります。

みなさま、本当にありがとうございました。

違法業者が捕まるかどうかは不明ですが、
違法なものが正規品のふりをして売られている、という理不尽さは
ひとまず、解決しました。

これは動物保護の現場でも感じたことですが、
小さな力でも信じて、
自分で闘うことが解決につながる。

思いをあらたにしました。

ありがとうございました。

現在のAmazonのページを貼っておきます。

違法コピー商品、つづき

2016年12月17日(土) 03:58
違法コピー商品が、Amazonの販売ページでは、優先的に表示されています。

わかりにくいので、掲載します。



ご確認いただけるでしょうか。

映画のホームページや、このブログからリンクを貼った、Amazonの販売ページに行くと、

上記のものが出てきます。

この時、違法コピー商品があたかも正規品のように売られてしまっているんです。

それは、価格が3600円なので、価格の安いものが表示されるというルールのためのようです。

私にはなんともできないのです。

(株)スモールホープベイプロダクションが売っているものは、下の方に出てきます。

まったくおかしな話ですが、現実です。

どうか、正規品をお求めください。

3600円と安くなっていても違法コピー商品なので、商品自体が劣化しています。

みなさまのご理解とご協力をよろしくお願いします。



コピー商品が堂々と販売されています。

2016年12月16日(金) 15:10
映画「犬に名前をつける日」の違法コピー商品が販売されていることがわかりました。

Amazonで「新品」として売っておりますが、違法コピーです。

3600円で売っている商品です。

違法コピー商品であっても、価格が安いため、正規品より、上位に掲載されるという現象が起こっています。

新品DVDの正規品は3990円(定価)で(株)スモールホープベイプロダクション(=出品者)が販売しているもののみです。

試しに違法コピー商品をAmazonのサイトから買って見たんです。

すぐに届きました。



まず、背景の黄色の色が違います。

違法コピー商品は、黄色が薄いです。



裏面も薄いです。

そして、見慣れぬバーコードと「新品」とわざわざ印刷してあります。



弊社のバーコードではありません。

そして、パッケージもちがいます。




フタの部分の形状が違っています。




包装の素材も違っています。


この時点であきらかに違法コピー商品であることが判明しました。

販売しているAmazonさんに連絡をとり、対処をお願いしています。

おって、ご報告します。

新品の定価は3990円で、(株)スモールホープベイプロダクションがAmazonを通して、販売しております。

新品と称して、3600円で販売しているものは、違法コピー商品です。

内容が劣化している可能性があります。

この映画は犬や猫の命のために、懸命に活動する人達を
5年間に渡って撮影し、
多くの方の協力によって、完成した、
自分にとって、宝のような作品です。

それがこのような形で違法コピーされ、
それが、堂々とAmazonのような大手サイトで
売られてしまう現実に、驚いています。

監督として、作者として、
犬や猫を愛する者として、

断固として闘います。


映画「犬に名前をつける日」 監督

山田あかね

映画「犬に名前をつける日」DVDコピー商品にご注意下さい。(新品)

2016年12月12日(月) 14:41
1)ブログ構築中です。

このブログがおかしなことになっております。

プロバイダをodnから変更したことに伴い、日記も移行すべきでしたが、

よくわからなかったので、へんてこなことになってしまいました。

現在、プロのお力を借りて、あらたなhpをつくるべく、相談中です。

ご面倒をおかけします。

このブログは生きているようです。

2)映画「犬に名前をつける日」については、

映画「犬に名前をつける日」の公式ホームページ、

facebook、ツイッターがありますので、そちらをご覧ください。

映画「犬に名前をつける日」公式ホームページ

自主上映の申し込みなどもここからできます。

3)映画「犬に名前をつける日」の新品DVDについて。

現在、AMAZONにて、映画「犬に名前をつける日」DVDの新品DVDを販売しています。

自主上映会をのぞき、新品での販売は、監督山田あかね(=わたし)が経営する(株)スモールホープベイプロダクションのみで販売しています。

弊社は新品を値下げして販売しておりません。
また、自主上映会の主催者以外では、新品を委託販売しておりません。

Amazonさんに対応をお願いしていますが、まだ対処は終わっておりません。

コピー商品にどうぞ、ご注意ください。


犬も私も元気です。




メリークリスマス! でお願いします。

やまだ☆あかね

渋谷昶子さん 旅立ちました。

2016年02月08日(月) 01:34
2月7日(日)、映画監督・渋谷昶子さんの葬儀がありました。

前日には雪が降っていたというのに、抜けるような青空。



会場に向かう車中から、くっきりと富士山も見えました。

そういえば、「私は晴れ女なのよ」と言ってたことを思い出しました。

監督にとって、天気が味方してくれることはとても重要。

さすが、渋谷さん!



「見送る会」のメンバーと近しい人達で、静かにお見送りしようと始めたのですが、

次々と弔問の方がいらっしゃり、お花も届き、渋谷さんらしい、にぎやかな葬儀になりました。

会場には、渋谷さんの作品や、大切にしていた本、お気に入りの服などを並べて、ありし日を忍びながら、時間を過ごしました。

葬儀の間中、渋谷さんの作品の多くの撮影をつとめた、カメラマンのs氏が、ずっと撮影していました。

そんな、葬儀の様子をいったいに、何に…と思ったけど、

「撮る」ことが、最大の弔意なんだ…と思えてきて、

渋谷さんは最後まで、映画監督なんだ…と思いました。

斎場の近くには、昨日の雪が残っていたけれど、小さな春が来たような、

明るくて、ほんのり暖かい、不思議な一日でした。

本当に行ってしまわれたんだなあと思うと、さみしい気持ちになりました。

けど、

自分の心のなかには、いつでも渋谷さんが生きてる、教えてもらったことが生きてる、

そう思い、さよならをしてきました。



思い出に、渋谷さんが使っていたポーチとクマのストラップをいただきました。

なに、泣いてるのよー、クスッと笑われるような気がしました。

笑顔ばかり思い出します。

すてきな方でした。



渋谷昶子さん 葬儀

2016年02月03日(水) 11:25
 渋谷昶子さんの葬儀、決まりました。

2月7日(日)になります。

詳細は、私宛にメールいただければ、ご連絡します。

  山田あかね akaney720*gmail.com
(*を@に変更してお送りください)
               

また、3月の初旬に「偲ぶ会」(仮称)をやる予定です。

さきほど、詳しいことをアップしましたが、あまり公表しすぎてもいけない気がして、変更しました。

月曜日に渋谷さんが亡くなり、同時にいろいろ、案件をかかえていました。

その過程でびっくりするような目にあいました。

けど、

「自分の映画を守りなさい」って渋谷さんに言われている気がしました。

渋谷さんには、作り手としての矜持も学んだ気がする。

ね、渋谷さん。



映画監督・渋谷昶子さん

2016年02月02日(火) 02:07
悲しいお知らせです。

2月1日(月)18時すぎ

映画監督の渋谷昶子さんが、逝去されました。

久しぶりのお見舞いに伺い、一緒にでかけた親しいひとたちと、ご飯を食べたすぐあとでした。

あまりに突然のことで、どうしていいかわからなくなりました。

苦しまれた時間は短かった…と思いたいです。

いつも通り、ニコニコされてました。

今日は、鰻を食べたので、

鰻、美味しいね、と言って、次はハンバーグ食べに行こうねって言ってて。

次は私が手作りハンバーグ持ってくるから…と約束したのに。

春になったら、お花見行こうね、って話していたのに。

その矢先でした。

最後に一緒にテーブルを囲ませてもらって。

渋谷さんからはいろんなことを学びました。

ドキュメンタリーの作り方。

「撮れば、見えてくる」

「撮れば、次に何を撮ればいいかわかる」

「撮り始めなければ、何もわからない」

「編集はひたすら素材を見ろ」

女性が仕事をして、ひとりで最後まで生きていく覚悟とか。

でも、厳しいばっかりじゃなくて、お酒が大好きで、恋愛も大好きで、

いつも明るく、冗談を言って笑ってました。

私の映画にも喜んで出てくれました。

映画ができて、DVDを持って見せに行ったら、

病室のベッドにいるのに、きりっと座って、プロの顔になって、じっと見てた。

そして、いろいろダメだしされました。

本当に強くて明るくて楽しくて、立派なひとでした。

女性が映画監督になるなんて、無理と言われていた時代に、颯爽とデビューされて、ずっと第一線で監督をやってきた。

渋谷さんに映画に出てもらった時の写真です。



この時、渋谷さんがいったセリフが胸に刻まれています。

「何を強く思って、生きていくか」

台本にはない、渋谷さんの言葉でした。

大好きでした。

渋谷さん、おつかれさまでした。

葬儀などについては、有志による「渋谷昶子さんを見守る会」にて、相談中です。

まだ、何も決まっていません。

こちらにアップしていきますが、詳しいことをお知りになりたい方は、私あてにメールをください。






ドラマ「461個のありがとう」

2015年03月11日(水) 17:31
3月1日(日)に放送になった、「ザ・ノンフィクション 生きがい 千匹の猫と寝る女」、とても注目されているようで、ありがたいです。

面白かった、感動したというメールを友人、知人から数多くいただき、この日記のアクセス数も普段の10倍くらいになりました。

うれしいことです。

さて、その舌の根も乾かぬうちに、次作のご案内です。

犬猫ものから打って変わって、シングルファーザーとその息子の物語です。

実はまだ、できたばかりなんですが、なんだか、評判よろしいです。

試写して下さった方々が、キラキラと光る涙を…。

わたくし、父親でもないし、息子だったこともないので、実感はなかったんですけど、なぜか楽しく撮影できました。

初めてリラックスしてドラマが撮れました。

それが今週末、放送です。

じんわりします。

ぜひ、ご覧ください。

「461個のありがとう 愛情弁当が育んだ父と息子の絆」(NHKBSプレミアム)

3月15日(日)よる10時〜11時

主演 別所哲也 望月歩
  
原作 「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」
    渡辺俊美 著 (マガジンハウス)




渡辺俊美さんは、超かっこいいヒップホップバンド 「TOKYO NO.1 SOUL SET」のギター&ボーカルです。



わたくし、35歳のとき、文學界(又𠮷直樹さんが小説家デビューしたことで、最近注目された文芸誌ですが、純文学界では、くらいの高い文芸誌です。@文藝春秋)で小説デューして、この小説を映画化するときは、SOUL SETに音楽やってもらおうと誓ったんですねー。

当事、映画化してくれる…というpの方が現れて…、いろいろあったなー。

結局、映画にできなかったけど。

それが20年の歳月を経て、作品は違うけど、一緒にドラマを作れて、本当に良かった。

MA(ドラマに音楽をつける作業)は、実は、とても大変だったんですが、でも、TOKYO NO.1 SOUL SETの曲をいっぱいかけることができて、すごい幸せでした!

とくに、主題歌にした曲が、とってもよくて〜♪

ぜひ、ご覧ください。

(ノンフィクションで「猫」の回をご覧になって、ここへいらした方々へ。)

 これもまた、ある命の物語です。

 生きる、ということは、身の回りの小さなことを大切にすることなんだなーって気づきました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:山田 あかね
読者になる
作家・TVディレクター・映画監督
趣味・犬・海
2017年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30