山田あかねの一喜一憂日記

カワイイもの
(記事数:2)

カワイイ印鑑ケースの存在理由

2008年09月24日(水) 04:33
九月が音を立てて終わる。…まだ、夏みたいに暑いのに。

今日、久しぶりに時間があって、恵比寿のアフタヌーンティーで小物を見ていたら、カワイイ印鑑ケースがあった。始め、ペンケースにしては小さいな、お財布にしても小さい…いったい何用だ?と思って、開けたら印鑑ケースだった。しみじみした。

なんでしみじみしたかというと、印鑑ケースってカワイイものがかつては少なかった。もしくは、なかった。なぜかと言えば、印鑑を持つのは男、しかも、ビジネスマン、あるいはおっさんアイテムだったのだ。女子供に印鑑はいらなかったのだ。

ところが、女性でもひとりで生きていくひとも増えたし、バリキャリのひとも増えた。で、自動的に印鑑が必要になってきて、「女性向けのカワイイ印鑑ケース」というものが存在し始めたのだ。ううむ。こういう風に、女性の生き方が変わったことで、生まれたビジネスチャンスっていろいろあるんだろうーなー。

あんまし、ビジネスの側面で物事を見ていないけど、ホストクラブだって、そのうちのひとつかもしれない。わかりやすいところでは、A4サイズがはいるバッグなど。かつては女子のバックって小さいものが主流だったんじゃないかなー。今は、ある程度の大きさないと、使いもんにならないでしょ。

自分も小さいハンドバック的なものは好きですが、結局、そんなものを持って歩く日って滅多にない。毎日がパーティーってわけじゃないし、常にA4書類がついて回るし。

そんなことをですね、少し時間に余裕ができたので、ぼんやり街中を歩きながら、考えました。あと、久しぶりに英会話にいって、先生と「NIP/TUCK」について、盛り上がった。人間の顔における美とはなにか、なぜに整形するのか…などについて、案外深く考えてしまった。この話題は、明日とかにゆっくり書きたい。

今日は遅いし、眠いし、明日早起きなので、このへんで。

カワイイその1。

2008年04月17日(木) 19:38
昨日、カワイイものが好きと書いたけど、早速、今日、カワイイものが届いたので、紹介する。

じゃじゃじゃ〜ん!


カナ・モチーフのハンコセット!
大ふたつ、小ひとつ。大は重ねて押すと、中身ありになるのだー。キャワイイー。
ネットで注文しましたー。

ちなみに押した感じは…ポン!


きゃわいい!

これをですね、自分の本にサインをしたときなんかに(そういう時もたまに、ごくたま〜にあるんです)、サインのとなりにポン!と押す。著名な作家の方たちはもっと立派な印鑑をお使いでしょうけれども、いいんだー好みで。カナだし。

あと、ちょっとした手紙の脇に押したり、封筒に押したり、そうだ、ロケ台本なんかにもいいですねー。台本には自分の名前を書くんですけど、(他のひとと混じらないように)、このハンコが押せたら、ロケもうまくゆきそうだわ。(まわりからバカかと思われるとしても)。

ということで、浮かれていますが、実はスタンプ台がなくて、まだちゃんと試せてないのであった。
ちなみにこの印鑑で印鑑証明とって、実印にできるのかなーまた、バカだと思われるか。そもそも、現在の実印も実にバカっぽい印鑑を用いているため、税理士さんに、「ちゃんとした印鑑を持たないとお金が貯まりませんよ」と言われています。仰るとおり!お金貯まりません!

と、そんなことが自慢になる年齢でもありませんが、カナのハンコが届いて、なんだか幸せな気分の木曜日でございます。今日は「ラストフレンズ」見たいなー。ショートカットの上野樹里さんがかわいい。

軽めのブログにワンクリックを!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:山田 あかね
読者になる
作家・TVディレクター・映画監督
趣味・犬・海
2008年09月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30