山田あかねの一喜一憂日記

スィーツいろいろ
(記事数:17)

深夜のお菓子づくり

2014年03月27日(木) 01:56
夜になると突然、お菓子を作りたくなる。

それで今夜は、ホットケーキミックスを使ってパウンドケーキを焼くことに。



材料は、ホットケーキミックス150gとバター75gとミルク大さじ2と卵1とバナナ2本と砂糖50gです。



適当にまぜる。溶かしバターは最後。



型に長しこんで焼く。170度で45分ほど。



焼けた! ちょいとアタマが焦げた。



冷ましている。

ナツは気が気ではなく、ケーキを見張っている。



冷めてから切った。切り口。

うすくスライスした1枚を味見。

たいへんうまい。すごいうまい。

制作には10分くらいしかかかってない。あとはオーブンで焼いただけだ。簡単だ、簡単すぎる。

自分で作ると美味しいし、楽しいしなー。

裁判以来、日記書いてなかったので、書いて見た。

最近見た映画を備忘録的に描いておこう。

「LIFE」 日本橋のTOHOシネマズで。よかったなー。

いちばん良かったシーンは、ショーン・ペン演じる写真家が、「一番大事なシーンは撮影しない」っていうところ。

なんかすごいわかる。

映像制作や作家業やっているとどんなものもネタになる。

ズキッときたものは、いいものであれ、いやなことであれ、作品にすることで昇華されることがある。

なので、「いやな目」にあったり、「ひどい人」にあっても、どこかでいつも、これはいつか書こうと思うことで救われる部分はある。

(もちろん、事実をまんま書いたりはしない。作品のなかに、溶かして使うから)

でも、一方でショーン・ペン演じる写真家がいう気持ちもわかる。

自分にとって、すごく大事な瞬間はそのまま味わうってこと。

いえ、「LIFE」ってそれがテーマの映画ではないですが。

最近、DVDなどで見たモノ列挙。

「時計仕掛けのオレンジ」
「ペイフォワード」
「ベルベッドアンダーグランド」
「ホットファズ」
「ハートブルー」
「モンスター」(ハリウッドの映画のね)

あと邦画を1本見たけど、あまりにひどかったので、タイトルは書かないでおきまする。

体調上向きになってきたので、今月はあと、書き物ダッシュする予定です。

春だ。

それでも、パンケーキの。

2013年02月28日(木) 03:18
AV男優の映画「セックスの向こう側」、連日満席だそうです。よかった、よかった。

ところで、また、パンケーキの話。

先日、billsのレシピを試す→たいしたもんじゃないと思う→自分史上最高の粉で焼く→あれ?これだっけ?

というところまで書いたかと思います。

その後、じわじわと再び、billsレシピのパンケーキが恋しくなり、リコッタチーズ求めて、近所のスーパーに行ったら、売り切れ。

リコッタチーズブームとかきてるんでしょうか?

で、かわりにフロマージュブランを購入。

さっぱりして、脂肪分が少ないところは、リコッタチーズに近いし、なにより、安かったので、(1パック200円くらい)即決。

試してみました。



このレシピの要のひとつは、卵の白身を泡立てること。卵黄とミルクと粉は混ぜておく。

今回、使用したのは、このフロマージュブラン。



さっくり、混ぜたところ。



焼く。

このレシピだと、焼き色はいつもこんな感じ。

ちょっとまだら模様になってしまうのは、材料のせいかな。



この日は、リンゴをトッピングして、食す。

ううむ。味は似ているが、やっぱり、リコッタチーズのが全然おいしいぞ。

ということで、翌日、リコッタチーズで、リトライ。

生地はふわふわ。



フライパンにのせても、生地が流れないくらい、ふわっとしているのが、おわかりか。



焼き色はこんな感じ。



本日は、スーパーで見つけた、「レモンクリーム」というものをトッピング。



レモンクリーム、一瓶1200円だったんですけど、これ、セール品なんです。

セールで1200円ってことは、普段、もっと高いのか?じゃ、1200円って高いけど、お得なの?

という葛藤があって、迷い過ぎて、時間もったいないから(そんなことで、人生の有効な時間を使ってる場合なのか、我)という、突っ込みがあって、購入。

味はバタークリームにレモン風味がついたもので、なかなか美味。

なぜか、懐かしい味でもある。

パンケーキとの相性もなかなかよかった。

最近は、billsのレシピのよさに開眼しました。

軽いってところが一番の魅力かな。あと、市販のホットケーキミックスのような甘さがない。

薄力粉とミルクとリコッタチーズとベーキングパウダーで焼くので、「砂糖」の入り込む余地がない。

そこがいいのかもしれん。

もはや、このレシピのファンである。

そして、トッピングは、バター+ゴールデンシロップにバナナ+生クリームが最強と思われる。

レモンクリームもいいけど、くどいので、ちょっとしか食べられない。

なわけで、パンケーキ求道の日々は続く。

(いや、しかし、ダイエット考えたら、やめたほうがいいよねー)

しかし、パンケーキは。

2013年02月20日(水) 04:03
先日は、billsのパンケーキを「それほどでも…」と言ったくせに、前言翻したくなる事件がありました。

事件といっても、自分のキッチンにおける、小さな小さな出来事であります。

以前より、この粉が一番うまい、と思っていた粉を入手。



オーストラリア製で、このボトルに水を入れて、よく振って焼くだけという、お手軽な代物。

しかし、粉が細かくて、たいへんうまい!と思っていたのである。

自分の場合は、ちゃんとボールに卵とミルクを入れて作っていたのだけど、うまいなーと思っていた。

で、先日のbillsのレシピと比べるために焼いてみたわけですよ。



普通に、卵とミルクを入れて攪拌。



ミルクが多くて、フライパンの上で生地が流れました。



焼き色はばっちりだったけど、ひっくり返す時に気を抜いたせいで、しわが寄りました。

長いこと生きてきた女性の肌みたいに、しわがざっくりとね。

何事も気を抜いちゃいかんですね。

で、いつものトッピング。



ちなみに、ホイップクリームはこの赤いボトルのものを愛用しております。

ドイツ製なんですかね、名前からすると。あまり甘くないし、いちいち泡立てないですむので、気に入っております。

で、お味。

久しぶりに食べたら、「おーまい、あまい!」

生地本体が甘い上にうっかり、ゴールデンシロップ(メイプルシロップじゃござーせん)、かけてしまい、甘い、甘い。

で、ふと考える。

この間食べた、billsのレシピが懐かしい。

甘みなしだけど、リコッタチーズのおかげでリッチな味わい。

今思うと懐かしいしっとり感。今日のパンケーキは粉っぽいというか、少し食べると水分がほしくなる感じ。

ああ、そうか。

以前、豆腐を入れて焼いた時、すっごい美味しいと思ったのは、billsのレシピと近かったのではないか。

豆腐とリコッタチーズが同じような役割りをして、甘みはないけど、風味を加え、しっとりしている…。

そんなわけで、billsのレシピ、結構、好きかもしれない、と思い直しました。

ホントにもう、毎日、パンケーキ焼いて、なにやってるんだ!って話でもありますが。

世界一の朝ご飯に挑戦なのか。

2013年02月17日(日) 20:25
今日は日曜日なので、世界一の朝ご飯とか言われる、billsのパンケーキでも焼いてみようと思い立つ。

もちろん、調理開始時間は夜の7時。ちっとも朝じゃないが…。

webで検索すると、レシピをひろうことができた。

材料は以下のごとし。



特徴は、リコッタチーズを入れること。その分、ミルクと粉は少量である。



もうひとつのポイントは、卵を卵黄と卵白に分け、卵白を泡立てること。

ひと手間ではあるが、電動泡立て器があるとさもない。



泡立てた卵白と、他の材料をざっくり混ぜた感じ。



焼く。

最近、パンケーキを焼くとき、学んだこと。とにかく、フライパンをとことん、熱する。(サラダオイルなどをひいたあとに)。

でもって、焼く前に火からおろして、濡れ布巾の上で休ませる。

こうすると、よい焼き色になる。



が、おっと、このレシピだといつもより、キツネ色っぽくないなー。

まあ、いいか。レシピでは無塩バターで焼けとあるが、有塩しかないので、サラダオイルで焼きました。

焼き上がり。



いつものように、バター、ゴールデンシロップ、バナナ、生クリームをトッピング。



で、夜の8時頃、世界一の朝食と言われるパンケーキを食べる。

ううむ。

どうなんだろう。ちっとも世界一じゃないんですが。

自分のパンケーキランキングのなかでも、3位か4位くらいではなかろうか。



リコッタチーズが入ってるせいか、非常にしっとりしている。

いわゆる、もちもちの食感である。

こういう、美味しいっていうのか?

自分はこの手の「とろけるような」とか「ふわふわ」とかいう食べ物が苦手である。

ふわふわプリンとか、とろけるプリンとか、暗殺したくなる。

プリンはしっかりオーブンでやいた、焼き色の付いたトラディショナルなものがすきだ。

パンケーキもしっかり、ケーキらしさを主張してほしい。

実は、billsは七里ヶ浜店に、開店当初行ったのだ。



この時もいまひとつ、味がわからなかった。

ふわふわしていて、ややもすると、生焼けちゃうんかい?という気分で。

つまり、自分は古い、遅れている人なのでしょうか。

とろけたり、やわらかい、ケモノが好まぬ食べ物をありがたがることができない。

うちの犬なんて、スペアリブの骨をですね、ガシガシかじるのが好きなんですよ。

やはり、ケモノ(自分、含む)は、しっかりかみ応えのあるもんを食べるべきだ。

…というわけで、夜に作った朝食ですが、(そのせいなのか?)、いまひとつでありました。

リコッタチーズが入っているので、とても軽く、いわゆる「粉もの」を食べた時のもたれるような感じがなく、ハッと気づくと3枚も食べてしまいました。

……え?

じゃ、美味しかったんじゃないのか…テヘペロ。

オーマイ!パンケーキ!

2012年12月17日(月) 18:43
日本中が選挙にわき、私のまわりはがっかりするひとが多い昨今。

再び、パンケーキネタです。

これまで、パンケーキに豆腐を入れることばかりに熱心でしたが、初心に戻って、普通に作って見ました。

使用したのは以下の粉。



レシピ通りに牛乳、卵×2を入れた。

卵×2が案外ポイントかもしれないと、のちほど思う。



普通に焼く。



焼く焼く。



1度やってみたかった、アメリカのテレビドラマでよく見かける、パンケーキの山盛り。

下のほうはちょっと焦げた。

写真撮りながら、焼いていると犠牲者が出るのだ。



普通に食べる準備。

が。



せっかくなので、バナナと生クリームをトッピングしてみた。

これが、うまかったー!

この粉、けっこう、かなり、イケるのではないか。

とても軽くて甘さもちょうどよく、ホットケーキっていうより、まさにパンケーキ。

うすいので、何枚でもいけそうになる。

その間、犬たちは、棒を食べていました。

その後のホットケーキ

2012年11月17日(土) 03:28
再び、豆腐入りホットケーキを作ってみた。

材料はこんな感じ。



前回も使用した、成城石井の粉と牛乳、伊勢丹の豆腐半丁、卵。

前回、おぼろ豆腐一丁入れたら、豆腐臭が気になったし、水分多すぎて、ぺたっとしてあまりよろしくなかったので、半丁にしてみた。



豆腐を泡立て器でとことんつぶしたあとに、牛乳を入れ、卵も加える。

今回は大丈夫なんでしょうね、と見守る犬たち。



大丈夫さ、見ておいで、と宣言して、粉投入。



さらに思いついて、生クリームもいれる。(偶然、あったから)



そして、焼きを入れる。



香ばしい匂いに、はるるが近寄ってくる。



だめだめ、と追い払うとすごすごと退散。

それぞれの形で焼き上がるのを待っている。



なかなかいい焼き色がついた。



再び、偵察にくる、はるるさん、推定2歳、独身。



さて、できあがり。



この日のために、石井で買った、高いバター(ワンパックで1000円くらいした)と、イギリス製のシロップ。(ゴールデンとついてたので、買った。ゴールデンってすごいって意味でしょ?ゴールデンレトリーバーとかさー)



全体にぺったんこである。

だいたい、豆腐を入れるとふくらまなくなる。なにか化学的根拠がありそうだけど、しっとりはする。



テレビ屋らしく、断面図も見せよう。

味はねー、ううむ、いまいちであった。

初めて豆腐を入れて作ったとき、こんなに美味しいなんて!と感激し、以来3回目なんですが、最初の時ほどの感動がない。

そんなに美味しくない。豆腐が入るとさっぱり味になるけど、よく言えばしっとり、悪くいうとべっちゃりして、ホットケーキ、パンケーキの持つ、あのケーキ感が失われる。

ふわふわ、やわらか…な食感が好きなひとにはお勧めだが。

自分はちがうのだ。なめらかプリンとか嫌いというか憎んでさえいるからな。

プリンはちゃんとオーブンでしっかり焼いたやつが好きだ。ホットケーキもそうだ。

じゃ、豆腐なんか入れるなよってことだが。

呆れて、寝込むはるる。



そんなに気にいらないなら下さい、とテーブルの下でねばる、なつ。



日本が変わろうとしている時(?)に、お目出度いことであった。

グレープフルーツ入りワインゼリー

2010年08月27日(金) 04:10
本日は、以下のものを見に行って来ました。

ギャラリー展示「縦シネマ×身体×日本語」
立教大学大学院・デジタルサイネージ・アート・グループ展

期間:8/24(火)から9/3(金)日曜休み
   11:00〜19:00(最終日17:00)
会場:ギャラリー・トモス
 地下鉄(銀座線・半蔵門線)三越前より3分A1,A3出口
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町1-3-1 渡辺ビル地下

友人で、元・テレビディレクターの佐藤一彦さんが、立教大学の教授になっていて、その教え子さんの展示。

縦型のモニターという不思議なものを見ました。

映像をめぐる技術は日々、ものすごい進歩を遂げている。なので、少ないお金でも、いろんな映像を作ることが可能になっている。これはとても良きことだと思う。

中身のほうは、進歩しているかどうかわからんけど…。中身って要するに「人間のお話」だから、人間の中身が進歩しない限り、お話も進歩できないよね。しかし、中身の進歩って何?ってことになるけど。

深夜になりまして、グレープフルーツ入りのワインゼリーの創作を始めました。ツイッターにも乗せたけど、ここにもまとめておきます。


こちらが、材料でございます。ワイン、グレープフルーツ2コ、ゼラチン、あと、映ってないけど、砂糖少々。



グレープフルーツは、ひとつひとつむいておきます。結構、手間のかかる作業ですが、これをすると、部屋中にグレープフルーツの香りがして、気持ちがよくなります。



ワインを軽く沸騰させ、アルコール分をとばします。そこへ、砂糖とゼラチンを入れて溶かします。



ゼリー液が少し、醒めたら、グレープフルーツの実を少し入れます。1度に全部入れちゃうと、実が浮いてきてしまうのでね。

自分の理想としては、グレープフルーツがぎっしり入っていて、それらをつなげるようにワインの香りのするゼリーが取り囲んでいる感じがいいのね。それを、スプーンでざっくり盛り分けていただく…。そうなるためには、ゼリー液は2度に分けていれました。

明日は、近所にお住まいの女性の先輩監督のお宅に遊びに行くので、お土産用にゼリーを作っているのだ。あと、明日、ちらし寿司も作る予定。

ふふふ。楽しみじゃー。

とはいえ、明日の午前中に脳のMRIを撮るという、大事もあるのだけど…。

頭、壊れてたら、どーしよ。

ま、いいか。その時はその時じゃ。

形は大事だ。

2009年06月07日(日) 23:42


神楽坂名物、ペコちゃん焼き。マンゴー味だ。

今日は、神楽坂で編集。なので、念願のペコちゃん焼きを買ってもらった。ここでしか買えないものらしい。小豆味、クリーム味、チーズ味、チョコレート味がある。味は、いわゆる今川焼きと同じなのに、形が変わると食べてみたくなるから不思議だ。形って大切ね。

編集も大詰めを迎えており、なにがなんだか…。テレビとはいろんな部分で勝手がちがうので、時々戸惑う。まあ、しょうがないけど…。

明日は早朝からロケなので、今日はもう寝ることにする。明日、晴れるといいな。っていうか、晴れてほしい、っていうか、晴れてくれないと困る…。

そんなわけで、おやすみなさいまし。

真夜中のアップルパイ

2008年11月29日(土) 01:48


本日も昼夜を問わず、仕事。しかし、夜中にアップルパイを焼いた!(写真)。

リンゴをたくさんいただいたけれど、食べきれず、日に日にリンゴが弱っていくのがしのびなく、アップルパイ作ってみたいなーと思ったのだった。リンゴを煮て、食べることがあるけど、アップルパイは初めて。冷凍のパイシートを使いました。

で、ものすご〜く簡単だった。リンゴ2個をむいて、ブランデーと砂糖とシナモンパウダーで煮た。その間に、パイシートを解凍し、適当に切り分けた。オーブンを200度に温め、リンゴの煮物をパイシートに載せて、焼くだけ。ホントはリンゴ煮のあら熱がとれてから詰めるべきだったけど、時間短縮のため、まだ温かいうちにつめてしまった。たぶん、問題なし。

美味しかった!ひとつ反省点があるとしたら、リンゴって焼くと縮むんだなーってこと。ぎっしり詰めたつもりなのに、焼けて見るとすかすか。次回はもっとぎっしり詰めるとしよう。

写真だと大きさわかりにくいと思うけど、長方形の長い方が20センチくらいの大きさ。ざっくり大人4人分くらいかな。これを2本焼きました。楽しかった。所用時間30分(オーブンに入っている時間は除く)。

明日は、ジャパンカップです。府中まで行くのだ−。

夜なべ仕事とマフィン

2008年06月03日(火) 23:42


前から一度買って見たかった、マフィン。
色とりどりで楽しい。ノッテイングヒルってところのもんでやんす。
味ではなく、見た目で買いました、ほっほ、もちろん。



雨続きで、お散歩に行けなくて、ふてくされるミニ。玄関のタイルが冷たくて好きみたいだ。



アップにするとこんな感じ。すっぽりはまってる。かわいい。

飼い主のほうは、頑張って仕事しているつもりだけど、どうも思うように進まない。これから、いろんな計画があって、イメージとしては、どんどん、ばしばし、仕事を片付けていきたいけど、実際は、牛歩のごとしです。格好いいキャリアウーマン(死語か?)みたいには、働けないのでした。

ひとつひとつ作るのですから、手間もかかるし、悩むし、思い直すこともあるしー。

と言い訳していてもしかたないので、カワイイマフィンでも食べながら、今夜もよなべするのであった。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:山田 あかね
読者になる
作家・TVディレクター・映画監督
趣味・犬・海
2014年03月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31