山田あかねの一喜一憂日記

パリでお仕事
(記事数:2)

パリでお仕事2

2004年11月08日(月) 03:57

エッフェル塔です。

でも、もうすでに東京に戻ってきてしまいました。
あっという間の一週間。さすが、お仕事だとhpに書き込んでいる暇も体力もなく、すぐに時は過ぎるものなり。

パリって日本より一か月くらい早く冬になる。太陽はめったに顔を出さないし、乾燥しているのに雨はよく降る。たとえば、先月遊びに行ったハワイなどと比べると、とんでもなく生活しにくそうなんだけど、これが違うらしい。

パリと東京を行ったり来たりしている、同世代の友人は、パリのが東京よりずっと楽だし、ストレスも少ないと言う。おかげで酒量も減って、体重も減って、ついでに仕事量も減って、毎日ハッピイらしい。

ちょっと考えると、フランスって物価が高そうだとか、お洒落だから服装に気を使わなきゃとか想像しがちだけど、彼に言わせると、全然ちがうらしい。
まず、市場などで売っている食材がみんなとても美味しくて安い。さすが農業国。ついでにワインも安い。だから、レストランに行かなくても楽しくて幸せな食生活が割と簡単に送れる。
ここで、写真挿入。


「アメリ」で有名になったモンパルナスの観覧車でござい。(しかし、「アメリ」はあまり好きな映画じゃない。気持ち悪いんだよ)

で、なぜパリが楽かというと、別の知人に言わせると新聞読んでいる人が少ないからだって。



パリでお仕事1

2004年11月02日(火) 04:05
パリに来ている。
今日は、撮影で使う小道具を探しにのみの市へ行く。こんなものが売り物になるのか、というほど何でも売っている。すでに目的を果たした物たちがもう一度なにかの役に立とうと寒空の下に並んでいる。当初の目的は過ぎても、物たちにはまだ使命がある。現に私が探しに来たのは、19世紀末の再現ドラマに使う旅行鞄や水指しなどである。あっという間に見つかって、彼等に新しい役を担ってもらうことになる。
のみの市を歩きながら、いつものように犬をチェック。古道具を売る人々の傍らでひっそり店番をしている奴ら。

写真は、段ボールに入ったジャックラッセル。名前を教えてもらったけど、フランス語全くわからず。エスニックな毛布が良く似合う。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:山田 あかね
読者になる
作家・TVディレクター・映画監督
趣味・犬・海
2004年11月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30