赤霧島の希少価値の高さ

赤霧島は原料にこだわりを持った
次世代の芋焼酎。


今もかわらず高い人気を誇っています。


赤霧島の原料となっている芋は、
新たに開発された品種の芋で


その新品種「ムラサキマサリ」のもつ
独特の香りに着目。


赤霧を初めて
売り出したときから人気が高く


ムラサキマサリの生産量に合わせての
赤霧島生産ですので出荷限定され、


希少価値の高い焼酎になりました。


その希少価値の高い赤霧島2011が
こちらのお店ではあと数本の販売です。

>>>赤霧島 芋25度 900ml 販売店














 

赤霧島の原料はあの幻の…

赤霧島 2011が相変わらず
大人気で売り切れていましたね。


そもそも赤霧島の原料「芋」は
どんなものなのか調べてみました。


鹿児島県の山川町で
偶然に発見された「山川紫」。


「山川紫」は芋の中心部まで
濃い紫色素が入り込んでいるという


非常に珍しい芋だったので
品種改良が行われ、


醸造特製を高めたものが
「ムラサキマサリ」。


赤霧島に使われている原料です。


この「ムラサキマサリ」は
限られた量しかとれないので


赤霧島の生産も限定されているんだとか。


その赤霧島がこちらの販売店では
あと数本売っているのを見つけました。

>>>赤霧島 芋25度 900ml 販売店















 

赤霧島ってどんなもの?

赤霧島 2011が相変わらず
予約販売の時点で売り切れが続出しました。


定価での購入がなかなか
難しくなっている焼酎ですよね。



その赤霧島の原料は
平成14年に品種登録された
ムラサキイモ「ムラサキマサリ」。


幻の芋とまで言われていおり、
この原材料が手に入りくい為


生産に限界があるんだとか。


このムラサキマサリの成分
「ポリフェノール」が


焼酎麹のクエン酸と反応して
もろみが真っ赤になるから


「赤霧島」と名付けられた焼酎。


後を引くような甘みと
気品高い香りが特徴です。


その幻の焼酎、赤霧島 2011春が
こちらでは数本ありましたよ。


残り2本です。

>>>赤霧島 芋25度 900ml 販売店


















 
セントラル短資FXの特徴